« 教授と貴族と平八郎 | トップページ | ベイルートに「戦争」レストラン、十代に人気 »

2008/07/04

ジャバウォッキー Buck&Dick編第6話

http://www.kodansha.co.jp/zhp/zy_jbwk.html

 白鯨編最終回。スカッとしたいい結末でした。
 ラストのサバタのどうにもやるせない表情が素敵です。今回のシリーズのサバタのいいとこなしっぷりは最高。


 ところで、mixiの方で作者ご本人が単行本5巻に仕込まれたあれやこれやのネタについて解説されています。読める環境の方はぜひ一読を。
 「捨てキャラにするのはもったいないと思い~」と言うのは、そのうち小林清志声のナイフ使いとか登場したりするのかしら?

>アングレーム社のマッチの箱に描かれているウサギっぽい絵
……猫だと思ってた。

|

« 教授と貴族と平八郎 | トップページ | ベイルートに「戦争」レストラン、十代に人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/41736758

この記事へのトラックバック一覧です: ジャバウォッキー Buck&Dick編第6話:

« 教授と貴族と平八郎 | トップページ | ベイルートに「戦争」レストラン、十代に人気 »