« トーマス・M・ディッシュ死去 | トップページ | でづ 「第一次世界大戦の撃墜王が、愛機ソーピースキャメルに向かうところ」 »

2008/07/09

ニンテンドーDS『無限航路(仮)』

http://infinite-line.sega.jp/
ネタ元:いつでも人生、明るい方を眺めていこうやさん

無限の、宇宙へ。
宇宙戦艦を、造ろう。
自分の思いのままに、自分だけの船を造り上げて、広い宇宙に旅に出よう。

ベースとなる船を手に入れたら、あとはモジュール化されたパーツを組み合わせてどんどん改造してゆくだけ。
とっても単純明快なインターフェイスだけれども、その結果は千差万別。
そこには無限の可能性が詰まっています。

どうせ長い旅になるのだったら、自分好みの船で冒険する方が楽しいに決まってる。
どんどん新しい船を手に入れて冒険をするのも良し。
とことんまで改造し尽くして楽しむのも良し。
150種類を超える艦船をどうやって操るかは、あなたの自由です。


「広大な宇宙」
この作品に触れたときに、この言葉の意味を肌で感じることになるでしょう。
冒険の中で出会い・別れる人々は、あなたの旅にどこまでも深く関わってきます。
艦船のクルーとして共に旅をすることになる人々もいれば、冒険の壁として立ちふさがる人々もいます。
旅をする、という言葉に相応しい臨場感あふれる壮大なストーリー。

 買う。絶対買う。「旅」とか「広大な宇宙」とか「自分の船」とか魅力的過ぎる単語を出されたらガード不能ですよ。
 あと、なつかしのPC98ゲームみたいな操作画面にもちょっと惹かれた。シュバルツシルトとかもう一度やりたいなぁ。

|

« トーマス・M・ディッシュ死去 | トップページ | でづ 「第一次世界大戦の撃墜王が、愛機ソーピースキャメルに向かうところ」 »

コメント

>無限の、宇宙へ。
>宇宙戦艦を、造ろう。
うわー、なんという好事家ホイホイ! 危なく店に走るところでしたが来年発売か。やれやれ。

ちょっと調べてみたら、船のデザインはけっこうバリエーションあるようですけど
http://www.famitsu.com/interview/article/1215324_1493.html)……オオエド艦隊は再現できるかなあ。しかし、このインタビューはいいなあ。
「実在のおもしろい天体や事象を紹介して、宇宙に興味を持ってもらいたい」
「ロードムービーみたいな感覚」
「超新星爆発が起こっている場所などを通過したときに、ムービーでその映像が観れたり」
「広大な宇宙へと想いを馳せていただきたい」

……買う!絶対買うよ!

投稿: エム | 2008/07/09 23:54

何と言いますか、見た瞬間購入即確定なのでした。来年が待ち遠しすぎる。

投稿: 鮎方 | 2008/07/10 09:22

・エムさん
 インタビュー教えてくださってありがとうございます。
 ゲームのコンセプトがすばらしいですね、

>「アルカディア号を作るゲームをやりたいんです」
>「あ、それやりましょう」

 何をやりたいのかすげぇわかりやすい(笑)
 じっさい、あのインタビュー記事はいいですね。この人たちが作るなら期待しても大丈夫だと思える。

>オオエド艦隊は再現できるかなあ。
>「文化が違っているから戦艦のデザインも違うんだ」

……竹やり戦艦の実装ですとな!?


・鮎方さん
 よいものを紹介してくださってありがとうございます。そちらの記事がなければ気付かずにスルーしてしまうところでした。
 ぼくも今から発売日が楽しみです。

投稿: Johnny-T | 2008/07/10 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/41790231

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドーDS『無限航路(仮)』:

« トーマス・M・ディッシュ死去 | トップページ | でづ 「第一次世界大戦の撃墜王が、愛機ソーピースキャメルに向かうところ」 »