« ユカタン半島の地下でマヤ文明への入り口が見つかる? | トップページ | スティーヴ・ホッケンスミス『荒野のホームズ』 »

2008/08/31

イタリア便り 修道女コンテスト

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080831/erp0808310235001-n1.htm

>ローマは法王庁のおひざ元だけあって、多くの女子修道会の本部や
>修道院がある。時には街で目を見張るような美しい修道女に出合うこともある。

>ごく最近、ナポリ近郊出身の神学者のアントニオ・ルンジ神父が、
>まさか「尼僧物語」を思いだしたわけではあるまいが、18歳から
>40歳までの修道女を対象に「2008年度ミス修道女コンテスト」を
>提唱している。もちろん、水着姿で妍(けん)を競わせることなど不可能だけに、
>推薦者に修道服姿の写真を電子メールで送らせる方法をとるそうだ。

 おお!おお!素晴らしきかな!喝采するぜアントニオ!

>現代は視聴覚を通じての宣伝時代。これによって修道女への関心を
>高めることが目的の一つという。

>法王庁が昔なら「この罰当たりめが」と一喝したであろうこのコンテスト。

 そうだよな、昔なら怒られて宗教裁判でスペインがザ・ラックだったよなぁ。ああ、こんなイカスコンテストが開催できるなんていい時代だよなぁ21世紀!さあ、いつ、どこで、コンテストをやるんだ!詳細を!詳細を!ついでに参加者一覧もだ!
 さあ、早く!ハリーハリーハリー!


やはり非難の嵐の中、中止となった。

……おまえの言葉は糞にしか聞こえねえ (´・ω・`)ショボーン

|

« ユカタン半島の地下でマヤ文明への入り口が見つかる? | トップページ | スティーヴ・ホッケンスミス『荒野のホームズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/42336537

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア便り 修道女コンテスト:

« ユカタン半島の地下でマヤ文明への入り口が見つかる? | トップページ | スティーヴ・ホッケンスミス『荒野のホームズ』 »