« 岩永亮太郎『パンプキン・シザース10巻』 | トップページ | また日記ツールが吹っ飛んだ。 »

2008/09/17

太陽系外惑星を初めて撮影か

http://www.sorae.jp/031003/2579.html
ネタ元:星が好きな人のための新着情報さん

>これは地球から約500光年離れた恒星「1RXS J160929.1-210524」に
>対して行われた観測で、画像中央に写っているのが恒星で、
>その上に写っている小さい天体が系外惑星だと考えられている。

>この恒星は太陽とほとんど同じ質量だが、太陽に比べて遥かに若い。
>一方、惑星の方は木星の約8倍の質量を持ち、恒星から約330天文
>単位離れている。太陽系の場合、最も遠く離れている海王星でも
>太陽から約30天文単位なので、もしこれが惑星であれば、この
>惑星系がいかに大きいかが伺える。

>また、もしこれが系外惑星だと証明されると、惑星系形成理論の
>再構築にとって、大きな挑戦となるかもしれない。なぜなら、
>主星から非常に離れた場所でも大きな惑星が形成でき、惑星の
>形成は予想以上により多様であることを示しているからだ。

 すげぇ!スケールが大きすぎる!キャプテン・フューチャー、あんたの出番だ!
 いいなぁ、超巨大太陽系の謎。話を聞くだけでワクワクしてきますよ。

|

« 岩永亮太郎『パンプキン・シザース10巻』 | トップページ | また日記ツールが吹っ飛んだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/42511138

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系外惑星を初めて撮影か:

« 岩永亮太郎『パンプキン・シザース10巻』 | トップページ | また日記ツールが吹っ飛んだ。 »