« 米西部で「恐竜の踊り場」、母子連れなど足跡1千個以上 | トップページ | 新型ダンゴムシ型ゾイド「ヴァルガ」の動きがやばい »

2008/10/23

ジャバウォッキー『永遠の火種』編第七話

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/zoo/zixyabau01_0001.html

19世紀末当時、無用の燃料とみなされていた「石油」その石油を扱う巨大プラントがはらむ“陰謀”の正体に迫ったサバタ&リリーの背後から、発明王が放った特殊部隊が密かな“侵攻”」を始めていた…。

 エジソン特殊部隊VS恐竜秘密結社の大バトル勃発!

 扉ページのテリジノサウルスの人とそのあおり文句の組み合わせに吹きました。テリジノさんはダーティカコイイ。でもあの爪で鉄砲撃てるのかな?それともあの爪でも持てるようなビッグなマグナムとか持ってたりするのかも。「99」部隊の突入シーンを見るとあの爪だけでも何とかなりそうな気もするけど。
 「99」部隊がすげぇ格好良くてどうしよう。まあ、同時にものすごいかませ臭も漂わせてるわけですが。このエリートかませ部隊っぷりがたまらない。


 「5人か……」のコマの一枚絵、タンクの上の5人がこいつら只者じゃないぜー的な雰囲気を出していて実に格好いい。
……まあ、その内実はいじめられっこサバタんといじめっ子たちな訳ですが。がんばれサバタ。

|

« 米西部で「恐竜の踊り場」、母子連れなど足跡1千個以上 | トップページ | 新型ダンゴムシ型ゾイド「ヴァルガ」の動きがやばい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/42885424

この記事へのトラックバック一覧です: ジャバウォッキー『永遠の火種』編第七話:

« 米西部で「恐竜の踊り場」、母子連れなど足跡1千個以上 | トップページ | 新型ダンゴムシ型ゾイド「ヴァルガ」の動きがやばい »