« 今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈二〉』 | トップページ | マウスの記憶の選択消去に成功、PTSDの治療に有効か »

2008/10/25

月周回衛星「かぐや(SELENE)」搭載の地形カメラによる南極シャックルトンクレータ内の永久影領域の水氷存在に関する論文のサイエンスへの掲載について

http://www.jaxa.jp/press/2008/10/20081024_kaguya_j.html

>今回サイエンスに掲載された地形カメラの論文においては、次のとおり、
>水氷がシャックルトンの底部表面で露出した形で多量に存在する
>可能性がないことを明らかにしました。
>地形カメラによって得られたシャックルトンクレータの地形情報から、
>クレータ内部は90Kより低い極低温状態であることが示しています。
>このことは、水氷が存在していれば40億年でも数cmも昇華しない
>はずです。その一方で、地形カメラが映し出したシャックルトン
>クレータの内部には、水氷と見られる高い反射率の場所は存在しません
>でした。このため、クレータ底部の表面付近には、水氷は露出した形で
>大量に存在する可能性はないことになります。

 ああ、残念。ここで水が見つかれば有人基地を造るのがすごく楽になるのになぁ。やっぱり月面は過酷なんですねぇ。まったく、月は地獄だ!
【お前、その台詞を言いたかっただけだろう】

|

« 今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈二〉』 | トップページ | マウスの記憶の選択消去に成功、PTSDの治療に有効か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/42903021

この記事へのトラックバック一覧です: 月周回衛星「かぐや(SELENE)」搭載の地形カメラによる南極シャックルトンクレータ内の永久影領域の水氷存在に関する論文のサイエンスへの掲載について:

« 今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈二〉』 | トップページ | マウスの記憶の選択消去に成功、PTSDの治療に有効か »