« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

今日の読了本『レモン月夜の宇宙船』『世界平和は一家団欒のあとに5 追いかけてマイダーリン』『ミラクルチロル44キロ―Aパート・チロルアレンジ』

・野田昌宏『レモン月夜の宇宙船』
・橋本和也『世界平和は一家団欒のあとに5 追いかけてマイダーリン』
・木村航『ミラクルチロル44キロ―Aパート・チロルアレンジ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クモがヘビを捕獲した衝撃的なシーン

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091127_spider_caught_snake/

 うわぁ!?
 クモの糸が強靭だとはよく聞きますが、いくらなんでもこれは想像外。同じページで鳥を捕獲するクモが紹介されていて、こっちにも驚愕。
 クモつえー!クモこえー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/28

ジャック・マクデヴィット『探索者』

『すべては、若き古美術商アレックス・ベネディクトと、その相棒の美人宇宙船パイロット、チェイス・コルパスのところに持ちこまれた、ひとつのカップから始まった。一見したところありふれたカップだったが、コンピュータの解析によれば、およそ9000年前に造られたものと判明したのだ。しかもそこに描かれている古代文字から、抑圧的だった当時の地球を脱出してユートピアを築くべく出発したものの、その後消息を絶ち、いまでは伝説と化している宇宙船〈探索者〉の備品であることが確定したのである!もし、いまも銀河のどこかを漂っているこの宇宙船を発見できれば、巨万の富は約束されたようなものだ。しかも〈探索者〉が見つかれば、彼らが移住したといわれる植民星マーゴリアも発見できる可能性はきわめて高い。そうなれば、史上空前の大発見だ!かくて調査を開始したアレックスは、かすかな手掛かりから次々に新事実を手繰りだしてゆく。そしてアレックスの指示のもと、チェイスは愛機〈ベルマリー〉を駆ってリムウェイを飛び出し、テレパシー能力を持つアシユール人の惑星や、人類の故郷である地球にまで赴いて調査を続けるが……!?2007年ネビュラ賞最優秀長篇部門受賞作』

 一つの古びたカップからはじまる大冒険。わずかな断片から真実を探り出せ!
 一万年後の遠未来を舞台に、失われた歴史の謎を解き明かすSF歴史ミステリー。SFならではの壮大なハッタリの利いた歴史発掘小説。宇宙翔けるインディ・ジョーンズ。
 気持ちよく読める一冊です。ああ、面白かった。

 主人公は『ハリダンの紋章』でも活躍したアレックスとチェイスのコンビ。ですが、物語としてはまったく独立しているので前作を知らなくてもまったく問題ありません。とはいえ、『ハリダンの紋章』も素晴らしいSF歴史ミステリーなので機会があればぜひ読んでみてください。200年前の英雄の時代から現代までの様々な人間の思惑が入り乱れる重層的な歴史推理SFで、複雑に絡まってしまった謎をほぐす過程を追っていくのが楽しい一冊です。
……邦訳版が出たのが1991年だから入手困難だけどな。ハヤカワもこの機会に再販かけてくれればよかったのに。
(ためしにググってみたらずいぶん懐かしいものが引っかかったよ。せっかくだからおれはこの文章をコピペるぜ)
 
 登場人物といえば、宇宙船<ベル・マリー>のAIベルが地味に萌えAIで素晴らしい。注目の的になるのが大好きだったり、コスプレ趣味だったり、作業の邪魔されて癇癪起こしたりもするし、「マーゴリアの月」を発見したときのものすごいやっちゃった感とかもう最高!出番は少ないけど、その出番のすべてをつかってぼくらを萌えさせてくれますよ!畜生、かわいいなぁ。次回作『The Devil`s eye』ではもうちょっと出番が増えてるといいなぁ。

 物語とはまったく関わりありませんが、作中に登場する歴史書『アルクトゥルスで左へ』はタイトルの時点で何かに勝利していると言わざるを得ない。本屋でこんなタイトルの本を見つけたら絶対に手にとってしまうよ。


……(エジプトの墳墓の)真の古さを示しているのは共通暦二〇〇年ごろにアテネ人訪問者がその壁にした落書きだ。わたしたちにとってその落書きが古代の遺物であるのと同様に、アテネ人にとってもその墳墓は古代遺跡だったのだ。
        ――ウォルフガング・コービン
『蛮族と奴隷娘』(共通暦六六一二年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/27

今日のカルドセプトDS

 ナジャランキター!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツで着脱可能な「ビール腹」、女性向けに「ワインブラ」も

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-32384320080623
ネタ元:アンゼロットスレ

>腹部にビールを入れた容器を装着する着脱可能な「ビール腹(Bierbauch)」と、
>ワインを入れた容器を収納した「ワインブラ(Getraenke-BH)」が
>発表された。

……あれ、これトリンプ謹製じゃないの?ネタ下着だし、ドイツだし、てっきりそうだとばかり思ってたんだけど、どこにもメーカー名が書いてないな。

>「ビール腹」の容量は2.3リットル、「ワインブラ」は
>0.7リットルとなっている。

 実際に使用した場合のビジュアルがあまりにもヤバすぎる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/26

佐藤明機『パラダイスバード 006:To Ride The Storm』(ピアニッシモ誌連載)

 第六話は個人情報確認編。メインメンバーのフルネームが公開ですよ。
 家出王女の百合科・玉竜・ドミポルタさんは『ザ』がついていることが判明!いいなぁ『ザ』!GUNG-HO-GUNSみたいで格好いいぞ。ザを!ザをぼくにもよこせ!
 のびのびと羽をのばす境さんちのまもるちゃん(下戸)は可愛いなぁ。あと、表情がエロい。すごいエロい。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘリコプター動画×2

○こんなヘリには乗りたくない!

ネタ元:イヤ展スレ

 これ、ラジコンじゃないんだぜ!?止めてー!そんな低高度ででかいバンク角つけないでー!!


○ヘリコプターの 凄い テクニック!

 おわわー!!下の人たちが動き出すまでなにやってるのか気がつかなかった。これはほんとにヤバイ。失敗即死亡とまでは行かないけど、地味に命がけのマニューバじゃないですか!!上の人も下の人も無事でよかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙空間で行方不明になった工具箱、アマチュア天文学者が地上観察に成功

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200811251023

 先日、ISSで宇宙飛行士が船外活動中に誤って修理道具を紛失した(個人的には“落っことした”と言いたい。上も下もないけど)事件の続報です。

>今回、行方不明になった工具箱は大きさが30センチ前後の普通の
>バックのような形をしたもの。フェトラーさんによると明るさは
>8等星位としており、こうした小さな物体であってもアマチュア用の
>天体望遠鏡でも地上からははっきりと追跡できることが明らかに
>なった形だ。

 拡大画像をよく見ると、きちんと長方形なのが確認できますよ。アマチュアの機材でもここまでできるんだ。びっくり。

 そして、この情報をもとに作られたのがこれ、REAL TIME SATELLITE TRACKING(リアルタイム軌道表示)です。工具の現在位置がしっかりトレースされています。これをもとに行動すれば工具箱に衝突することもありません。宇宙船乗りは必見だ!
……まあ、その宇宙船乗りがほとんどいない現状では「だからどうした?」ですが。


 ドラマ的にはあれですよ。数年後、工具箱がただのデプリとして忘れられた頃……
 宿敵権力大王の陰謀で、推進装置を破壊されたコメット号とともに地球低軌道を漂うキャプテン・フューチャー。平和に暮らす太陽系の人々のためにも急いでコメットを修理し悪党どもを追跡しなければならない!
(中略:例の指輪で簡易トーチを作って溶接作業をしたりしたと思いねぇ。だが、サイクロトロン推進器の修理は終わったがフラップとかラダーとかそんな感じの部品が動かない!)
 その時である。視界の隅で何かが光った。あれは何だ?工具箱だ!あれこそは国際宇宙ステーションから流された工具箱ではないか!!そして、カーティスは知っていた。あの工具箱の中には太陽電池パネルに注入するための潤滑油が入っているということを!
 こうして太陽系は救われた。ありがとうハイディマリー・ステファニションパイパー宇宙飛行士。もう落とすなよハイディマリー・ステファニションパイパー宇宙飛行士。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/25

日本の空中聴音機

http://www17.big.or.jp/~father/aab/kikirui/soundlocator.html
ネタ元:イヤ展スレ

 最初期の空中早期警戒システム。飛行機のエンジン音を捉えて相手の位置を捕捉する巨大な聴診器。『馬車馬戦記』(速水螺旋人)第一回のネタになってるアレです。飛行機の急激な高速化のせいでレーダーに取って代わられたかわいそうな子。
 このページで紹介されているのはどれも巨大なラッパ型ですが、以前知り合いに見せてもらった本に載っていたどこだかの聴音機は集音部が花のように見える洒落たデザインで、音を集める器械には見えないことに感心した覚えがあります。や、その代わりに物は大きいわパーツは多いわで移動したり再設置したりするのが大変だろうなという印象も抱きましたが。
……ああ、とするとフランスかイタリアのものなのかも(偏見)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もえる年賀状2009丑

http://www.mediaboy.co.jp/c7/60601_56.html

……見てのとうりのデンジャラスな代物です。まったく、世も末だぜ。
 ところで、経験者(被害者側)として言わせていただきますが、実際に使用するときはせめて相手の実家に送りつけるのだけは止めてやろうな?止めろよ?すげぇ困るんだよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャーッ!

雪がすげぇ積もってますよっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

ジャン・フランソワ・パロ『ニコラ警視の事件1 ブラン・マントー通りの謎』

『イギリスとの戦に明け暮れていたルイ15世治下のフランス。ブルターニュから上京し、パリ警察総監の下で見習い警視を務める若きニコラ青年は、ある警視の失踪事件の担当を命ぜられ困惑していた。なぜ経験もない自分が任命されたのか?悩みつつも捜査を開始したニコラだが、失踪事件はやがて陰惨な殺人事件へ、そして
王宮をもおびやかす一大事へと発展する……。18世紀のパリを鮮やかに描いたフランスの人気シリーズ登場! 』

 1761年、七年戦争真っ盛りなルイ十五世治世下のフランス。洗練と猥雑が混在するパリの街で、一人の警視の失踪事件の捜査を命じられた若き捜査官ニコラが謎と陰謀だらけの殺人事件を探る。
 18世紀のパリを舞台に正々堂々ストレートに刑事小説をやっていて驚きました。これが実におもしろい。
 捜査の過程で遭遇するパリの住人たちの生活、食べ物や衣服、住居といった生活関連の描写が丁寧かつ豊富で、われわれになじみの薄い18世紀フランスを繊細に描き出しています。特に料理の描写が秀逸で、高級な手の込んだ料理、庶民のシンプルな料理、貧民層の口に入れるだけの料理、どれもが味や食感まで感じられそうなくらいリアルに描きだされています。つーか、読んでいてたいへん腹が減りました。明日は「ジャガイモの煮込み」か「豚足のフリカッセ」を作ろう。
 時代小説の醍醐味といえば有名同時代人のゲスト出演です。もちろんこの本にも実在の人物がかなりの人数ゲスト出演しています。いますのですが……正直、時期が微妙すぎてググル先生なしでは名前を聞いても何をやった人なのかさっぱりわからねぇ。死刑執行人のサンソンはかろうじてわかりましたが、後はぜんぜんだめでした。現地人的には有名な人たちなんだろうなぁ。
 このシリーズ、フランス本国ではTVドラマ化されるほどの大人気だとか。確かにこれは映像栄えしそうな物語です。ぼくもぜひ見たいので、日本でもTV放送なりDVDリリースなりしていただきたいところ。

 捜査の中でニコラを助ける年上の部下ブルドーがいいキャラでした。経験豊富な捜査官で食事と酒が好きで、庶民の立場から上流階級に対して批判的。ちょっと甘いところのあるニコラをしっかりと支え、ベテランとして多くを教える。それでいて主人公を立てるべきところはしっかり立てる。PC2の鑑のようなプレイヤーキャラクターです(TRPG脳)

「真実を暴こうとするなら、火薬に火を点けてしまいなさい。火打石(ブリケ)を持っていないなら、持っているふりをするのだね」
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の検索ワードランキング(右サイドバー下部のやつ)

081124

 うは、さすが発売直後、見事にシャルノス一色だ。おまけに、マルシンのグロックさえなければエロゲ縛り完成ですよ。惜しかった。

 そのシャルノスですが、我慢できなくてインストールはしましたが、まだ起動していません。だってほら、ゲームする時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあ(後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/23

今日の読了本『ニコラ警視の事件1 ブラン・マントー通りの謎』『世界平和は一家団欒のあとに 4』

・ジャン・フランソワ・パロ『ニコラ警視の事件1 ブラン・マントー通りの謎』
・橋本 和也『世界平和は一家団欒のあとに 4』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は「裁判員制度ブラ」 てんびんとしても使えます

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/05/news115.html
ネタ元:コメント欄

>「裁判員としての心構えを訴えます」――トリンプが「裁判員ブラ」を
>開発した。裁判の象徴・正義の女神が持っているてんびんをデザイン。
実際にてんびんとして使える。

 さすがはトリンプ!あいかわらず実用とバカを同時に追求する阿呆なメーカーじゃあ。そこにしびれる憧れる。
 カップが硬すぎて下着というよりは80年代系ビキニアーマーのようですな。
……いいよなぁビキニアーマー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪風のためなら死ねる(ニコニコ動画)


ネタ元:戦闘妖精雪風スレ

バーガディッシュ少尉「みんなは真似しちゃDA☆ME☆DA☆ZE☆」

 歌詞のシンクロっぷりがひでぇ。出来があまりにもパーフェクトすぎて腹痛ぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「着けるとやさしくなれる」…男性用ブラジャーが人気、楽天市場で売れ筋1位に

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1193019.html
ネタ元:裏界魔王総合スレ

……購買層をいったいどの辺りに設定しているんだ、これ?女装用のツールでもないんだろ?

>楽天市場のページによると、「どうしてメンズブラはないの?」
>という客の声を聞いて作ったという。

Q:どうして男性用のブラジャーがないのですか?
A:必要ないからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/22

今日の読了本『ダブルクロス・リプレイ・エクソダス(2) 愛しきプレシャスタイム』

・伊藤 和幸『ダブルクロス・リプレイ・エクソダス(2) 愛しきプレシャスタイム』

 エミリアのヒロイン力すげぇ!ガブリエルかっけー!展開がハードになってきたけど、三巻でもアイヴィのなんともいえない表情(すげぇ好き)は収録されるのか?
そして……

<ネタバレ>
 王子はFEARリプレイでは割とよくキャラロストする印象になってきましたね。
 トランにせよユースにせよ真也にせよ、最悪の状況で最適解を出したうえでのことなのでこれはもう運が悪かったとしかいえないわけですが。ああ、いや逆か。根本的に運を頼れない人だからマンチの道に進むんだな。
 空砦の柊やアリアン・サガのアルが無事に生き延びられるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願の漆黒のシャルノス(FC通販)を受け取ったぞー

 だが、まだ手は出さない。
 インストールする時はね、誰にも邪魔されず自由で、
 なんというか救われてなきゃあダメなんだ、独り静かで豊かで……


……ヒャア!我慢できねぇ!インスコだ!(本棚の整理を放り出して)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『棚』が『崩』れると書いて……

参考:みちかアクセス!第二十話直接リンク

 というわけで、廊下に置く用に本棚を一つ買いました。背が高くて薄いの。
……だめだ!高さはあるけど横幅と奥行きがないからさっぱり本がおさまらねぇ!もう一個だ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャバウォッキー 永遠の火種編第8話

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/zoo/zixyabau01_0001.html

恐竜たちが、人類に仕掛けた壮大な罠、それは───「自動車」だった!!? 人類史上最大といっていい「文明の利器」が人類にどんな不利益をもたらすのか? 恐竜の底知れぬ陰謀がついに火を噴く!!

 やっぱりアレな人だった"どんなしくみだぁ!?"フォード隊長かっけー。跳ね飛ばされても屁でもないぜ!
 今回のシリーズはモブVSモブの激突が実に派手で素晴らしい。ラストページのわやくちゃっぷりが最高。あと、いい顔で自動車を乗り回してる見開きののっぽとちびの二人組みがちょっとツボでした。畜生、名もない脇役の癖にイイ笑顔しやがって。ステキだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンテンドーDS版カルドセプト

 とりあえず、一回エンディングまでは行きました。そして、ここからが本当のゲームだぜ!いまカード収集190種くらい、先は長いよ。

 携帯ゲーム機の小さな液晶画面になったことで遊びにくくなったんじゃないかと心配していましたが、操作感はサターンの頃と変わらず一安心。DS移植ゲームということで無理にタッチペンをメインに使うように改変して微妙な操作性になったりもしてないし(重要)。
 あと、あいかわらず良くしゃべる。

 ゲーム自体は多少カードの追加やバランス調整があったほかはSS版とほとんど同じです。ですが、インターフェイスのつくりがすごく丁寧。この十年間に出たシリーズ作品の良いところやDSの二画面構造を上手く活かしていて、全体的にプレイヤーにストレスが溜まらないような親切なつくりになっています。

 あとはワイアレス対人対戦の使い勝手がどんな具合かだよな。近所の人、誰かぼくと遊んでやってください。月初めなら対戦相手がいたんだよなぁ、惜しいことをした。
 Wi-fi対戦はたまにやってるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

オーストラリア軍、戦闘シミュレーションに武装したカンガルーを登場させる

http://news.livedoor.com/article/detail/3905453/
ネタ元:イヤ展スレ

 カンガルーつえー!すげー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/18

I・アシモフ傑作SF「永遠の終わり」ついに映画化

http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d00000g8gmx.html

>米インディペンデント製作会社ニュー・リージェンシーが、
>アイザック・アシモフのSF小説「永遠の終わり」
>(原題“The End of Eternity”)の映画化権を獲得した。

 おお、映画化するのか!楽しみだ!!

>米20世紀フォックスが米配給を行うが、出資は同社のみと
>なるかフォックスと共同になるかは未定。

……フォックスかぁ(期待度大幅ダウン)

>リドリー・スコット監督とトム・クルーズのコンビで
>パラマウントが企画開発を行っていたが、実現には至らなかった。

 むしろこのバージョンで作って欲しかったなぁ。今からでも作って欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土星の極冠にゆらめく謎のオーロラ

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2008111404&expand

>オーロラは、荷電粒子の流れが惑星の磁力線と相互作用して
>大気中で発光する現象だが、通常、これほど広い範囲で明るく
>なることはない。

>地球や木星で観測されるような単なる環状のオーロラでは
>ないようだ。土星でこれほど明るいオーロラが観測される
>とは驚きだ」と述べている。

 フジウルクォイグムンズハー様がお怒りですよっ!?

 つーか、先週から妙に旧支配者周りのニュースが続きますね。フォーマルハウトでクトゥグア様の写真撮影に成功したとか、南極が恐怖山脈でもう大変とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HJ文庫Gより空中幼彩氏ら参加の新たなゲームブック! 2冊が12月刊行

http://ga.sbcr.jp/mnews/011676/
ネタ元:日々是魚を蹴るさん

 あいかわらずホビージャパンは柳の下の泥鰌を絶滅させるようなことしかしやがらねぇなぁ。

>イラストや装丁に現代風のアレンジを加え、可愛いキャラクターで
遊べる冒険ファンタジーを目指していくという。ゲームファンや
>ライトノベルファンだけでなく、美少女キャラクターファンにも
>楽しめる内容となっているので、注目だ。

 ここにひどい詐欺師がいますよっ!!だってこれ『死のワナの地下迷宮』『地獄の館』なんだぜっ!!

>「デストラップ・ダンジョン」では、(中略)剣と魔法の世界で、
>富と栄誉を求めて「迷宮探検競技」に参加するヒロイン・フィリアの
>冒険を描く。迷宮での数々の危機と出会い、別れを体験しよう。

>「ハウス・オブ・ヘル」は、不気味な洋館に迷い込んでしまった
>女子高生・マキの物語。一般人に過ぎないマキは、果たして命がけの
脱出に成功するか!?

 嘘だとはいわないが、その表現では控えめすぎるんじゃないかね?ないかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈七〉』

・アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯〈七〉』 (岩波文庫・1957年)

 待て、しかして希望せよ!

 というわけで、『モンテ・クリスト伯』全七巻(岩波文庫版)を読了。
 全てを終え、水平線のかなたへと去ってゆく伯爵。ラストシーンの美しさには声も出ませんでした。

 この本を読み返すのは十代の頃以来なのですが、あの頃とはいろいろな部分の感じ方が違っていて、そんな自分の変化を観察するのも楽しかったです。なにしろダンテスがシャトー・ディフを抜け出した年齢にあとちょっとで手が届くところまで来て、彼の十四年を実感として感じられるようになっているから感情移入の度合いも高まるってものですよ。

 そういえば、あの頃は「腕木通信」なんてものがあること自体知らなかったから「信号機」を狼煙か手旗信号みたいな伝達速度の速くないものだと思ってたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』の前章製作決定

http://cinematoday.jp/page/N0015850

>新鋭ジョー・カーナハン監督が、豪華キャストを集めて製作した
>スタイリッシュ・バイオレンス・アクション映画『スモーキン・
>エース/暗殺者がいっぱい』の前章が製作されるようだ。
>カーナハン監督が自身のブログで明かしたところによると、
>ユニヴァーサル・ピクチャーズが『スモーキン・エース/暗殺者が
>いっぱい』の前章の製作にゴーサインを出したそうだ。
>「カメオ出演がいっぱいある予定だ。おれを信じて」
>と前作と同じく多くのカメオ出演があることをカーナハン監督
>自身が明かしている。

 おお!おお!素晴らしいぞ!ただ……

……いいか監督、おれたちが求めているのは前作のラスト十五分以外の大惨事気味のトンチキ・ガンアクションだ。お前は素直にバカ映画を作ればいいんだ。貴様が突然理性を取り戻しても誰も幸せにならないんだ!いいか、わかるな?頼むから分かれよ!!前作だってラスト直前までは神展開だったんだから!!頼むぞ!


関連1:劇場公開時のぼくの感想
関連2:次回作はこんな感じでお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

『シヴィライゼーション レボリューション』公式サイトの紹介漫画がいろいろな意味ではっちゃけている件について

http://www.cyberfront.co.jp/title/civ_revo/index.html

 さすがは核武装したガンジーが笑顔でミサイルを撃ってくるゲームだ。あまりにもフリーダム過ぎて手に負えねぇ!
 ネタもひどいが、書いてる人があまりにもひどすぎる。きっと仕事の依頼に二つ返事で応えたに違いない。最高だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

米社、物置サイズの小型原子力発電機の営業活動を開始

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200811121914

>物置サイズの小型原子力発電機

 なんという『パパの原発』!!

>原子炉本体は安全上の対策から完全密封状態で出荷され、地中に埋められる
>ことで運用が行われることが前提となっているが、燃料の交換も可能なよう
>に設計されており、寿命がきた場合には燃料を交換することで原子炉本体は
>最大50年間に渡って利用することも可能。また、原子炉本体はメルトダウン
>などは物理的に生じない構造となっており、炉心が外部環境に露出するような
>状況が発生した場合でも、燃料本体が外部に暴露状態になると自然に冷却が
>進み熱暴走などが生じることもないとも説明している。

……ええと、安全云々はとりあえず百歩譲って信じてみるとして、高レベル放射性廃棄物の処理はどうするのかしら?まさか埋めっぱなしじゃあるまいよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マップス ネクストシート第22話 断絶の日

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

ツキメたち銀河の勇者の包囲網に追い詰められたナユタたち。話を聞いて欲しいと叫ぶナユタだったが……!! 人気白熱のスペースオペラ漫画待望の22話!

続きを読む "マップス ネクストシート第22話 断絶の日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「一休さん」本放送の最終回(ネタばれ注意)

ネタ元:バカ一スレ

♪母上さま~お元気で~す~か~?
 夕べ杉のこづえに明るくひかる~星ひとつ
  見つけまし~た~ ♪

 泣いた。泣いたけど、確かにこれでは再放送ではなかったことになるわ。というか、本放送でもよく放送できたもんだ。「あけてくれ!」どころの話じゃないよ。

続きを読む "アニメ「一休さん」本放送の最終回(ネタばれ注意)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内で最新の防衛技術を集めたシンポジウム開催 コンパクトな偵察ロボットなど公開

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00143906.html
ネタ元:黒書刊行会さん

 ゼロ軍曹!?ゼロ軍曹じゃないか!!三目並べやらないか?

参考:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東洋のマタ・ハリ」は生きていた?=処刑逃れ、78年まで長春で

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008111500254
ネタ元:マスクド上海スレ

>満州国建国にかかわった旧日本軍のスパイで、1948年に北京で
>処刑されたはずの「東洋のマタ・ハリ」こと川島芳子が、処刑を逃れ、
>中国東北地方の吉林省長春(旧新京)市で1978年まで生きていた
>とする証言が飛び出した。

 信憑性はさておき、浪漫的には大変心躍るニュースです。ぜひとも歴史の影で大暴れしていていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

猫として飼われていた国家級保護動物とは…―新疆ウイグル自治区

http://www.excite.co.jp/News/china/20081113/Recordchina_20081113028.html

>新疆ウイグル自治区の牧畜民が、草原で2匹の“子猫”を拾い
>飼っていたが、成長するとまるで豹のような姿に…専門家の
>鑑定で国家1級保護動物の「ユキヒョウ(雪豹)」と判明した。

 すげぇ、まるで漫画だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家でできる蒸し鶏肉の作り方(デイリーポータルZ)

http://portal.nifty.com/koneta05/12/21/01/
ネタ元:卓ゲ者の食卓スレ

 あとで作るようメモ。
 お手軽で美味しいって素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまどきの作業着がオシャレな件について(鳶TOBI)

http://www.tobi.jp/catalog/vol.24/10-11.html
http://www.tobi.jp/catalog/vol.22/10-11.html
http://www.tobi.jp/catalog/vol.20/14-15.html
http://www.tobi.jp/catalog/vol.19/8-9.html
トップページ
ネタ元:TRPGイラスト欄スレ

 たいへんよっ!メンナクウィルスがものすごい勢いで侵食しているわっ!!
 いいぞ、もっとやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈六〉』

・アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯〈六〉』 (岩波文庫・1956年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

名状しがたいGoogle マップ

ネタ元:クトゥルフスレ

その1
その2

……これはどう見ても何かがいるね。
 絶対に目覚めさせたらヤバい何かが眠ってるよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南極の“アルプス”をめぐり深まる謎

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081110-00000000-natiogeo-int
ネタ元:クトゥルフスレ

>これまでほとんど調査されていない南極のガンブルツェフ(Gamburtsev)
>山脈は、地球上のほかの山脈でみられる地質学的パターンに
>対して大きな難題を投げかける存在のようだ。

>ガンブルツェフ山脈が5億年以上昔に形成された古い山脈で
>あることが判明した。

>ヨーロッパのアルプス山脈を超えるような大きな山脈を
>形成するほどの規模の火山活動があったとしたら、氷河期前の
>“地球化学上の指紋”が現在の堆積物にまで残っているはずだ。
>しかし、そのような“指紋”は発見されなかった

>残された謎は、なぜ侵食が少ないのかということだ。収集した
>データでは年代から考えて侵食率が異常に小さかった。氷が
>岩石を侵食から守ったという可能性もあるが、それでも氷の
>なかった古代からの侵食がないことは説明できない

……これは旧支配者でショゴスで恐怖山脈でしょう。どう考えても。
 いやホント、あの界隈には絶対何かあるって。(参考

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卵のピクルス

http://cookpad.com/recipe/348207
ネタ元:食物と酒、嗜好品の歴史スレ

 へぇ、こういうのもピクルスになるんだ。知らなかったよ。キュウリとかオリーブとかそういうのだけだと思ってた。
 面白そうだ、今度作ってみよう。かなり酸っぱそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

web漫画「堀さんと宮村くん」(読解アヘンさん)

http://opiumhero.web.fc2.com
 
 ある高校生の男女とその周りの人たちの日常を描いた漫画。続きが気になって、最後まで一心不乱に読みふけってしまいましたよ。
……おれ明日三時起きなのに。(今11日の1時。ピンゾロデーおめでとう。おれ仕事から帰ったらサイコロ振るんだ)

 単行本になってるのか、明日探そう。
 あと、バルタン星人ができません。畜生。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今週のガンダム00

……セルゲイ息子はやっぱりセルゲイ大佐の息子だったんだなぁ。

 あと、Mr.ブシドーをMr.ブシドーとして普通に受け入れてるアロウズの皆さんは本当にすげぇなぁ。噴き出しもせずに「Mr.ブシドーが~」で会話できるもんなぁ。流石はアロウズ、手練が多い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/09

今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈四〉』 『モンテ・クリスト伯〈五〉』

・アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯〈四〉』 (岩波文庫・1956年)
              『モンテ・クリスト伯〈五〉』 (岩波文庫・1956年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSゲーム『ラストバレット』

http://www.famitsu.com/sp/081107_lastbullet/
ネタ元:嘘屋ファンがいるとこあっちこっち(笑)

 本来なら嘘屋ファンの端くれとして、同じ文倉十さん原画でガンアクションものつながりの『ANGELBULLET』に絡めて話をするべきなのでしょうが……

>「……落ち着いて聞いて欲しい。君のお父さんは(後略)」

 このせりふ見た瞬間、速攻でウォンテッド思い出して、主人公の女の子が珍妙奇天烈超人ガンアクションに巻き込まれる展開を想像して吹き出してしまいましたよ。

……ジョリ姐とちんまり系女の子のキャットファイトだと!?


>さまざまな条件下で狙撃を行うミッションパート
>集中モードで狙撃をサポート!!

 あのメガネの人が「キミは弾丸は真っ直ぐ飛ぶという知識を持たぬままならどう弾が飛ぶと思うかね?」とか妄言を吐いて、動く列車の上から5番目の窓を通して狙撃したりするんですね。解ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「太陽帆船」実証機、惑星間航行へ=H2Aの重り代わりに搭載-宇宙機構

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008110900012

>太陽の光の粒子を大きな帆に受けて進む「ソーラーセール(太陽帆船)」
>の実現を目指し、宇宙航空研究開発機構は8日までに、近くの惑星まで
>航行する実証機の準備に着手する方針を固めた。近い将来に、H2A
>ロケットを打ち上げる際の振動を抑える重りの代わりに搭載する計画が、
>英国で開かれた国際学会で明らかにされた。

 天国のクラーク先生見ていますか。あともう少しです。

>実証機チーム代表の森治助教は「ソーラーセールによる惑星間航行に
>成功すれば、世界初。挑戦の意味を込めて『イカロス』と名付けた
>と話している。

「イカロスは神話で高く飛びすぎて落ちちゃった人のことですね」
「なんでまたそんな不吉な名前つけたのよ!」

(C)長谷川裕一『クロスボーンガンダム 鋼鉄の七人』

 挑戦の意味よりも縁起を担ごうよっ!
……まあ、基本的に太陽と反対の方向に行くものだからいいのかな?太陽帆に間切り走り(逆風帆走)はないしね。

>太陽帆船は燃料が要らず、低コストが長所だが、大きな帆を畳んで
>打ち上げ、宇宙で広げる技術が課題。

>一部に太陽電池を張った帆と、小惑星探査機「はやぶさ」で実用化した
>イオンエンジンを組み合わせ、木星とさらに遠くの小惑星へ航行する
>探査機の計画を立案。今回はその前段階として、木星より近い金星などを
>目標とし、まず帆だけで航行できることを実証することにした。

 まずは一番の課題である帆の展開がうまくいくように、そして良い太陽風が吹くように祈ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先週末のゲームレポート

 後で書くとか言っといて、すっかり忘れてた。

続きを読む "先週末のゲームレポート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笹本祐一『ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)』

『宇宙ヨット部の部活や、レトロ喫茶店でのアルバイトに忙しい元気印の女子高生・茉莉香は、突然、死んだ父親の部下だと名乗る二人の男女から、宇宙海賊船弁天丸の船長就任の要請を受ける。一世紀前、独立戦争のどさくさの中で発行された私掠船免状によれば、船長の死んだ海賊船の存続は、直系の継嗣による世襲が絶対の条件らしいのだが――。新シリーズの痛快スペースオペラ、華麗に登場』

 女子高生宇宙海賊ものというから「星のダンスを見においで」の続編かと思ったのですが、残念ながら直接的な関係はない様子です。「海賊航路」や「銀河帝国」といった微妙にどこかで聞いた覚えのある用語、それに中盤主人公が試射する銃器の描写を見るとお馴染みの笹本ワールドではあるようですが。もしかするとスターダスト・シティの面々くらいは出てくるかも(願望)
 『たう星系』の『海明星(うみのあけほし)』や『砂赤星(すなのあかほし)』という語感はかなり好きです。そういえば、大元帥の銀河乞食軍団は復刊しないのかな?

 今回は主人公が海賊船船長の座を継承するまでの話。にぎやかな女子高生たちと宇宙海賊のちょっとしたバトル。あのヨット部の面々を主人公にした女子高ヨット部ものスピンオフも読んでみたい気もします。
 あと、最後の最後で海賊側が選択する思い切りが良すぎる選択が大好きですよ。
「メイン動力さえ動いていれば、あとはなんだってできますよ。コンピュータだって宇宙船の部品の一つでしかないし、ないならないで、やることだいぶおおざっぱになっちゃうけど、できないわけじゃない」


<関連>
朝日新聞出版:エンタメ小説レーベルを創設 ライトノベル世代の読者ねらう
「ミニスカ宇宙海賊」 古き良きジュブナイルSF ソノラマの遺伝子は健在

……レーベル的なターゲットはどの辺りに設定してるんだろうねぇ。少なく見ても20代後半以降?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

ちまちまやってたスパロボZ

 やっとこさプレイヤー勢力――ヤーパンの天井のエクソダスに協力するザフト、エゥーゴ、エマーンのファクトリー、アイアンギアーとイングレッサ・ミリシャ、ブルーフィクサーとその協力者ならびにゲッコー・ステイト――の名前を決めるところまでたどり着きました。

「部隊の名前はどうします?こいつは…まだ名なしでさァ」
「名前か…名前なぞ最初からきまってる…
 私が指揮をとり、
 私が戦う場所だ…
 たった一つしかない。
 部隊名は異次元一家!!
 異次元一家がこの部隊の名前だ!!」

 多元世紀元年、僕らの世界は崩壊したが……
 ヤクザはなくならなかった!!

 ええ、第二次アルファのときからずっと、ぼくの指揮する部隊の名前は(関東)異次元一家と決まっているのですよ。
 つーか、今作のテーマと微妙にマッチしていて笑っちまいました。惜しいよなぁ、字数制限があと一文字多ければフルに入るのになぁ。惜しいよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

撮り溜めしていたガンダム00

 やっと最新話まで追いつきました。

……Mr.ブシドー、微塵も正体を隠す気がねぇ!?生き恥を云々というのはイカス仮面とカッコイイ陣羽織とステキな名前のことですかー!?


 それにしても、みんないいプレイヤーになったなぁ。前期の困ったちゃんっぷりが嘘のようだ。
 前期で影が薄かった姫様やサジ君も今回はストーリーにきちんと関わってきているし。まるで姫様がヒロインのようだ!(ヒロインだよ)
 前期と今期のプレイスタイル比較をすげぇ的確にあらわしてるレスがTRPG見立てスレにあったので引用。

330 名前:NPCさん 投稿日:2008/10/27(月) 23:59:29 ID:???
00リプは学校のTRPG部のキャンペーンというのはどうか。

前期
刹那PL:新入生。天然の困ったちゃんっぷりを発揮する。
ロックオンPL:部長。面倒見の良い比較的常識人
ティエリアPL:自キャラの設定を譲らず、姫気質。部長が気になるが素直になれない。
アレルヤPL:他のメンツに対抗するために厨設定を付けるも空回り気味。

後期
刹那PL:新部長を任され責任感が芽生える。気配りが出来るようになった。
ティエリアPL:前部長が卒業して冷静になり協力的に。
アレルヤPL:反省したかと思いきや相変わらず
ロックオンPL:前部長の弟で入れ替わりに入学してきた新入生。兄と一緒に遊んでいたせいか年の割に耳年増。
Mr.ブシドーPL:悪い病気にかかった


331 名前:NPCさん 投稿日:2008/10/28(火) 00:29:30 ID:???
コラ沢:

ティエリアPL「・・・やべえ呼ぶの忘れたww」


<関連>
今日、食堂でミスター・ブシドーの正体の話題で盛り上がった。
ミスター・ブシドーの正体の派閥系統樹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

だいたい正しい 世界最低速の計算機

http://www.chunichi.co.jp/article/technology/science/CK2008110402000183.html
ネタ元:袋小路さん

>世界がスパコンの速さを競う中、理化学研究所で「世界最低速の計算機」が
>開発された。そのうえ、単細胞でときどき間違えるのが特長という。
>まるで私のようだ-と思ったら大正解。人間の脳のように情報を処理する
>未来の計算機のヒントがその中にあるのだという。

>この計算機は「だいたい正しい答え」を見つける能力を持つのだ。

>原さんは「サッカーで最適なパスを厳密に計算すると時間がかかる。
>人間はだいたいよさそうなコースにパスを出し、十回に一回ぐらい
>得点を得る」と、その能力の重要性を説明する。今の計算機の苦手な分野だ。

 これは素晴らしい!実に未来形が気になる生体コンピューター。目指せよくできた人工知能!

081107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードディスクを買いました

 LAN接続のネットワークハードディスクが2種類しかなかったから容量が大きいほう買ってきたけど……1テラバイトなんて使いきれるのかよ?

 それにしても、これ一台に西暦2021年のファーマコム社が所有する全データの3倍以上も入るのかぁ。時代は進んだもんだよなぁ。(ジョニ助さんはコンピュータのデータ容量を記憶屋ジョニィ基準で計算する癖があります。つまり、1ジョニィが80ギガバイト。320ギガバイトが1ファーマコム。あと5年もしたら計算できなくなるんじゃね?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

ジャバウォッキー 永遠の火種編 第8話

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/zoo/zixyabau01_0001.html

「恐竜」達が人類に仕掛ける新たな罠。その鍵は「石油」にあった!! 石油を使った新たな発明の正体を巡って、アメリカ辺境の街に今“戦争”が勃発する。まるで20世紀を予言するかのように…。

 99部隊かっけー!

……ネーミングの由来はひどいけどさ。素晴らしいよエジソン、さすがは努力を忘れない男だ。このシリーズのエジソン、すげぇぼくの好みですよ。
 つーと部隊長はヘンリーかな?エジソンと付き合いがあったし。T型だし。って、部隊長がこれだとして、一般隊員が俺の発明した~とか言ってて……もしかしてこいつら全員が発明家なり技術屋なりだったりするのかしら?なんという文科系戦闘部隊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漆黒のシャルノス・マスターアップ!

http://www.liar.co.jp/sharnothtop.html

 ああ、めでたい。あとは心静かに発売日を待つのみですよ。楽しみだ。ああ楽しみだ。
 とくに、製品版のゲームパートが楽しみだ。

◎漆黒のシャルノスインストール容量変更のお知らせ
「漆黒のシャルノス」のご予約、ご購入をご検討いただき、誠にありがとうございます。
本製品のインストール容量は、「1.5GB以上」とパッケージ、マニュアルなどに表記しておりますが、
最終的にデータを纏めた結果、2.3GB前後の容量になってしまいました。
お詫び申し上げますと共に、空き容量の少ないパソコンをお使いのお客様は、お買い求めまでにデータの整理など、
御協力賜れますよう、お願い申し上げます。

 うは、50パーセント増しですとな!?これは豪勢ですよ!手が入ったのはゲームパートかな?ゲームパートだろうねぇ。楽しみだ。ああ楽しみだ。
 

ぎゃるっ娘通信(特集No.267):蒸気が覆う、空の下で「漆黒のシャルノス」特集!!
 こちらでは、シナリオの桜井光さんと広報の山原久稲さんののインタビューが掲載されています。これまたぼくらのワクワク感をかき立ててくれますよ。

>一方で、「難易度の高いプレーに挑戦した方へのちょっとしたご褒美」
>みたいなものも仕込んでみました。
>こちらは、製品のお楽しみということで…。(山原)

 うは、お楽しみだ!お楽しみだ!ちょっとしたご褒美だ!
 胸が、どきどきする!体ぜんぶ、わくわくする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB搭載のお墓、ドイツに登場

http://www.afpbb.com/article/economy/2534410/3482313

>このお墓は故人の人生を振り返る写真をディスプレイに表示する。
>写真はUSBメモリースティックで供給し、使わないときはディスプレイ
>カバーを閉じてロックすることもできる。

>この写真の墓は充電池で駆動するが、ソーラーエネルギーの利用も
>可能。

 へぇ、これは面白い。故人を偲ぶという目的には割と適してるのかもだ。データ保存メディアの寿命(機械的な意味とシステム的な意味の両面で)が問題になりそうだけど。
 最終的には竹本泉の未来ものに出てくるようなコピー人格を装備して、墓参りのたびに故人と対話できるお墓なんでどうでしょう?安らぎも何もありゃしないぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローマ法王庁、聖職者候補への心理テスト容認 同性愛指向をチェック

http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2534227/3478921

>ローマ法王庁は30日、カトリック聖職者候補の神学生に同性愛の
>指向があるかを調べるうえで、心理テストが有効である可能性が
>あるとの文書を公表した。

 つーか、神学生よりも現役の聖職者の皆さんについてチェックするべきじゃね?
 まあ、すげぇひどい結果が出そうな気がするけどさ。


 あとまあ、グイード・ボルジアとか連想してたいへん面白くなってしまいました、まる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甲虫の同性愛行為、繁殖に影響していた

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=21128776&expand

>コクヌストモドキという甲虫のオスは同性愛行為に及ぶことがある。
>この行為によって、実際には繁殖の機会が増えていることが
>新たな研究で明らかになった。

 ぼくの読解力が足りないのかもしれませんが、いったいなにがどう繁殖の機会が増えてるのかよくわかりません。
 最終的に雄雌の交尾をしなくちゃいけないのに『交尾の時間と手間をかけずに精子を受精させることができる』というのはどういうことなのか。『メスは交尾相手以外のオスの精子を受精する』ためにわざわざ同性愛行為をするっていうのは大いなる時間の無駄なんじゃないかしら?
 文章からは交尾役のオスは精子のキャリアーとしての役しか与えられてないように思えるのだけど、交尾役のオスの精子にプラスして運搬した他のオスの精子の分だけ受精卵が増えるとかそういうこと?

>この種の行為に言及している研究は多いが、すぐに人間の視点に
>置き換えて考察するものばかりだった。今回の研究はいたずらに
>同性愛行為をはやしたてるのではなく、昆虫の場合はどうなのかと
>いう冷静な観点で行われ、結果として素晴らしい成果が得られている

 ここは一つ、人間の同性愛を昆虫の視点から考察してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

中国の新型戦闘機

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081104-00000017-jijp-int.view-000

 どっかで見たようなデザインだなーと思ったら、おおむねラビ(イスラエルの試作戦闘機)なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペチャパイ女性のバイク運転が禁止!?

http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_world-200811042149_1.htm?s=app

>ベトナムにおいて、(中略)バストが71センチ以下の女性も多く

 平均身長がもう10センチ伸びればベトナムは神の国にもなれるぜ。アオザイもあるしな!
【その時には平均胸囲も増加してるんじゃね?】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性はコーヒーを飲むとおっぱいが小さくなる?

http://10e.org/mt2/archives/200810/272236.php

 ぼくが思うに、そろそろ国会はすべての成人女性はコーヒーを飲まねばならないという法律を作るべきではないでしょうか(ケン・イシカワアイ)
【理性本部!理性本部!応答せよ!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

新アニメーション企画『宇宙をかける少女』

http://www.sorakake.net/index.html
ネタ元:イヤ展スレ

 軌道暦311年。人類がその生活圏の中心を宇宙に移し、無数のコロニー群が宇宙空間に浮かぶ時代。
 少女「秋葉」は、宇宙開発に名を轟かせる獅子堂財団、獅子堂五姉妹の三女。コロニー生まれのコロニー育ち、スクールコロニーに通っている。そんな、ごくごく普通の少女である秋葉は、ある日ふとしたことから「レオパルド」と呼ばれる、人工知能搭載型(ブレイン)コロニーと出会う。
 人の心を持つと言われるその人工知能は、性格が悪く、利己的で、悪口ばかり言っている、人間の悪い所ばかりを集めたようなブレインコロニー。秋葉に対しても横柄で、召使いのように扱おうとすることに秋葉は反発を覚える。しかし、レオパルドにはある目的があった……。

 ちょっと気になるのでメモ。
 テーマはすごく魅力的。パーツがうまく咬み合えば良作にだってなれそう。

……『おいら宇宙の探鉱夫』、最後まで見たかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シドニーでサーファー用「防水聖書」登場

http://www.excite.co.jp/News/odd/E1225438126936.html
ネタ元:イヤ展スレ

>豪シドニー南部のクロヌラビーチで31日、サーファーが波乗りを
>しながら聖書を読む姿が撮影された。

>聖書協会とキリスト教徒によるサーファー団体「クリスチャン・
>サーファーズ」は同日、「サーファーズ・バイブル」の新版を
>発表した。同聖書は、ファスナー付き防水カバーが施された
>ポケットサイズとなっている。

 そこまでして持ち歩かんでもよかろうに。
……日本語版まで出てやがる(↓)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

今日の読了本『モンテ・クリスト伯〈三〉』

・アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯〈三〉』 (岩波文庫・1956年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この週末は

 約束の地キャメロット(つーか我が家)に日本全国(というほどは広がってもいないけど)から集結した学生時代の友人たちとともにボードゲームに打ち興じておりました。
 遊んだゲームのレポートはあとで書きます。『ウィング・オブ・ウォー』の8人バトルロイヤルは大変派手で楽しかったー。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »