« 卵のピクルス | トップページ | 名状しがたいGoogle マップ »

2008/11/12

南極の“アルプス”をめぐり深まる謎

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081110-00000000-natiogeo-int
ネタ元:クトゥルフスレ

>これまでほとんど調査されていない南極のガンブルツェフ(Gamburtsev)
>山脈は、地球上のほかの山脈でみられる地質学的パターンに
>対して大きな難題を投げかける存在のようだ。

>ガンブルツェフ山脈が5億年以上昔に形成された古い山脈で
>あることが判明した。

>ヨーロッパのアルプス山脈を超えるような大きな山脈を
>形成するほどの規模の火山活動があったとしたら、氷河期前の
>“地球化学上の指紋”が現在の堆積物にまで残っているはずだ。
>しかし、そのような“指紋”は発見されなかった

>残された謎は、なぜ侵食が少ないのかということだ。収集した
>データでは年代から考えて侵食率が異常に小さかった。氷が
>岩石を侵食から守ったという可能性もあるが、それでも氷の
>なかった古代からの侵食がないことは説明できない

……これは旧支配者でショゴスで恐怖山脈でしょう。どう考えても。
 いやホント、あの界隈には絶対何かあるって。(参考

|

« 卵のピクルス | トップページ | 名状しがたいGoogle マップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/43096644

この記事へのトラックバック一覧です: 南極の“アルプス”をめぐり深まる謎:

« 卵のピクルス | トップページ | 名状しがたいGoogle マップ »