« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »

2008/12/31

今年の映画

 確認してみて驚いた。なんと、今年映画館で見た映画は14本。去年の30作品に比べて半分以下ですよ。
 上映期間に風邪ひいてぶっ倒れてたとか、上映期間に出張がかぶって映画館どころじゃなかったとか、そもそもその映画を福島で上映しなかったとか色々理由はありますが、ここまで行ってないとは思わなかった。記録によると一年間に見た映画が25本を下回ったのは2003年以来、20本を下回ったのは1998年以来になるようです。
 まあ、その分今年は悲惨な映画に遭遇することも無かったから良しとする。

 今年のナンバーワン映画は……うーん、一本に絞るのは難しいなぁ。圧倒的な緊迫感で見ているこちらの心臓が痛くなる『ノーカントリー』か、宇宙を目指す農夫の姿を描いた『庭から昇ったロケット雲』か、それとも何かを失いながらも己の信じる道を進む男たちの物語『ダークナイト』か。
 楽しさだけで言えば、にぎやかなトンチキアクションを正面から大真面目にやってのけた『スピードレーサー』がナンバーワンでした。製作者の原作への愛がいいほうに作用していて素晴らしい。
 原作愛といえば『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』もなかなかの物。ナルニアとその住人たちの描写が原作をきちんと消化して作っていていいよねぇ。
 怪獣に襲撃されたニューヨークを逃げ惑う市民の手持ちカメラの映像だけで描いた異色作、ゴジラ・ウィッチ・プロジェクトこと『クローバーフィールド』の手法は面白かったなぁ。

 うん、今年はいい映画が多かった。

<今年見た映画>
椿三十郎
ラスト、コーション 色|戒
クローバーフィールド
ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛
ノーカントリー
スピードレーサー
ダークナイト
ハムナプトラ3
スターウォーズ・クローンウォーズ
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
庭から昇ったロケット雲
ゲット スマート
アイアンマン
ウォンテッド

|

« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/43595947

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の映画:

« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »