« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/27

【ダブルラリアット】 ダブルオーライザー / recog 【替え歌】(ニコニコ動画)


ネタ元:三元の間さん

23.4度傾いて見渡すこの惑星はいつの日にか平和を目指し変わっていくのかな?

 ネタ歌だとばかり思っていたら……全力で泣かしに来やがった!!
 後半の歌詞が本気で素晴らしすぎる。泣けるよ畜生!

半径6300kmがこの声の届く距離

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Giant Octopus vs Shark


ネタ元:辻旅籠さん

 なんという鮫フルボッコ
 タコ強ぇ!?すげぇ怖ぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機を迎えると再分化する不死のクラゲ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090202-00000002-natiogeo-int
ネタ元:辻旅籠さん

>年齢をさかのぼる能力をもった“不死の”クラゲが世界中の
>海で静かに繁殖し、次々と群れを成していることが最近の
>研究で明らかになった。

 はっ!あなたは超人ロックさん!?

 クラゲといえば、イタリアの海岸付近の海底に生息しているベニクラゲ(Turritopsis nutricula)もTurritopsis dohrniiと同じようにある程度成長したら幼生に戻ってテロメアをリセットして、またある程度成長しては幼生に戻ってテロメアをリセットしてという若返りと老化のプロセスを何度も何度も繰り返す生き物でして……その推定年齢は三億歳とも五億歳ともいわれています。
 生命はすごいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『トータル・リコール』のリメイクが決定

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/02/26/050/index.html

>1990年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演、
>ポール・バーホーベン監督のSFアクション映画『トータル・
>リコール』がリメイクされることがわかった。

(中略)

>しかし、ファンの反応はほとんどがブーイング。「やめてくれ…
本当にやめてくれ…」と静かに絶望する人、「ふざけるな!
リメイクなんてやるだけ無駄だ!」と怒りをあらわにする人など様々

 ファンの多様性に富んだ反応に大笑い。
 せっかくだから、新作は 原 作 版 でつくろーぜ。
【最大限に引き伸ばしても、30分の短編にしかならんだろう】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/26

ダイヤモンドはもはや世界で最も硬い物質ではない

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080225_diamond/
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

>長らく天然で最も硬い物質とされてきたダイヤモンドですが、
>ダイヤモンドより硬い天然物質が存在していたようです。
>「Lonsdaleite(ロンズデーライト:結晶学者キャサリン・
>ロンズデールにちなみ命名)」と呼ばれ天然では極めてまれな
>物質が、ダイヤモンドより58%硬いことが明らかになりました。

 なん…だと…
 そんな!それじゃぁ硬度10を誇る悪魔将軍のボディが砕かれちゃうじゃないですか!?
 つーか、昔の特撮ガジェットみたいだ。ダイヤモンドの一万倍固いドリルとかそんなノリ。

>意外なことにWBNの硬さの秘密は原子間の結合の「しなやかさ」に
>あるとのことで、圧力がかかると結合の一部が90度ほど回転する
>ことによって緊張を緩和し、破壊されにくいそうです。

>2つの物質ではロンズデーライトの方が硬いのですが、WBNの方が
>高温の酸素中で安定している(燃えにくい)ので有用だと期待されて
>おり、工業利用の例としては高温下で使用されるドリルや刃の先端と
>して、また宇宙船の表面の腐食防止フィルムとしてなどが挙げられています。

 へぇ、これは面白いな。ただ固いよりもしなやかなほうが使いでがあるのか。
 この色々便利っぽいWBNの研究がカーボンナノチューブに――軌道エレベータの建造に役立ってくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリップ・ホセ・ファーマー氏死去

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200902260013.html

 階層宇宙シリーズやリバーワールドシリーズで知られるフィリップ・ホセ・ファーマー氏が亡くなられました。

>米SF小説家フィリップ・ホセ・ファーマー氏が25日、就寝中に
>死去した。91歳だった。

 大往生ですね。それにしても、90歳越えてたのか。もっと若いイメージだったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/25

東京行:食べ物屋メモ

 次に行く時のために。
 次の次に行く時のために。
 次の次の次に行く時のために!

○Pizzatolia Bocca (ピザットリア ボッカ)
http://r.gnavi.co.jp/a576300/

 新宿駅西口側、ヨドバシカメラやイエローサブマリンの近くにあるイタリア料理店。雑居ビルの2階なので油断してると見落としそう。小洒落た内装の落ち着いた雰囲気で居心地のいい店内。
 薄焼ピッツァとリゾットが美味。


○ルー・ド・メール
http://www.perignon.co.jp/kanda/

 神田駅近くの洋食屋さん。
 今回頼んだのはビーフカレー。やわらかく煮込まれた牛肉が口の中でとろける感じが素晴らしい。
 前に来た時に食べたオムライスも素晴らしかった。
 次回は友人が頼んで美味しそうだった「ドライカレーオムレツ」か「鴨カレー」を食べよう。


○ビア&カフェBERG
http://www.berg.jp/

 新宿駅地下、中央東口改札すぐのところにあるカフェスタンド。
 賑やかな大衆酒場といった感じ。あまり広くない敷地を最大限に生かす店内のレイアウトはお見事。スタンディングのカウンターで軽くつまめるのもそれっぽくていい感じ。
 ハムやソーセージのテイクアウトができるので、いくつか買って帰りました。レバーパテうまーい!もっと買っておけばよかったー!


○上野弁当
 上野駅限定の駅弁。
 内容はたいへんベーシックな鮭弁当ですが、基本を忠実に守った渋い一品。地味にいい材料を使っていて好印象。

090215f
090215g

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/24

今日の読了本『バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains』

・成田良悟『バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains』
 前二巻『獄中編』『娑婆編』でばら撒かれた謎が一点に収束していく!衝撃の事実と新しい謎!
 どうしよう、続きの話が読みたいけれど……ついに追いついちゃったから続きがまだ出てないよ!!1935の発売はいつですかっ!?


……さて、p225のアイザックの台詞が意味するところは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

今日の読了本『バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails』 『バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails』

成田良悟『バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails』
    『バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails』

 うは、予想外。ラッドとフィーロが意外に仲良くやれそうだよ!?
 グラハムもジャグジーたちと仲良くやっていてビックリ。つーか、あの後も交流は続いていたのか。
 あと、ロニーさんが色々気にしていてちょっと同情。いっつも「まあいい」とか言ってスカしたポーズばっかり取ってるからそういうことになるんだよ。インパクトは大事よね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エア新書 世界で最も薄い新書。

http://airbook.jp/
ネタ元:袋小路さん

 くわっ!なんか美味しそうな材料だけど、ネタがさっぱり思いつかぬ!全然だ!
 無念、だれか頼む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行:二日目その2

<前回までのあらすじ>
 福島から東京までテオ・ヤンセン展を見に行ったら休園だった。

 テオ・ヤンセン展が休園という衝撃の事実に打ちのめされたぼくでありましたが、気を取り直して東京都庭園美術館で開催中の「ポワレとフォルチュニィ展」を観るために目黒へ。

続きを読む "東京行:二日目その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/21

デュマレスト・サーガの最新刊33巻“Child of Earth”が昨年発売され、物語が完結したらしい。

http://georgekelley.org/?p=8
ネタ元:デュマレスト・サーガスレ

  タイトル的に、今度こそついにアールは地球にたどり着くことができたんだなぁ!おめでとうアール!
 いったいどんな結末を迎えたんだろう……あぁっ!読みたいっ!読みたいよっ!!お願いです東京創元社さま!どうかぼくらにデュマレスト・サーガの32巻と33巻を読ませてくださいっ!どうかっアールの冒険の旅を最後まで読ませてやってください!!あとたったの二冊だけなんですっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京行:二日目その1

 一晩明けて15日。
 朝起きて、まずシンケンジャーとディケイドを見るところからスタート。
 シンケンジャーはヒーロー側に下っ端戦闘員がいるのが新しいですね。ハリケンジャーの黒子みたいに早い段階で存在を忘れられそうな気配ではありますが。
 そして、見るものを見た後はさっさとチェックアウトを済ませて街へ。


続きを読む "東京行:二日目その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/20

今日の読了本

・菊池たけし『ナイトウィザード The 2nd Edition ファンブック オペレーション・ケイオス』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京行:一日目

 さて、14日の土曜日は学生時代からの友人Z氏の結婚式です。今回の東京行きの一番の大目的です。
 そんな大事なイベントですが、前日の大風の影響でいきなり電車の接続に失敗。予定の新幹線に乗り損ねて、結婚式自体への出席も危ぶまれる大ピンチ状態からのスタートでした。なんとかギリギリ(本当にひどいギリギリ)で間に合いましたが、いきなりものすごい不義理をしてしまうところでしたよ。

 福島は二月相応の気温だったので、それ相応の格好をして出かけたのですが、具体的には東ドイツ製の大外套(でかくて分厚い)とか……東京の気温21度とかふざけてんの!?福島の最高気温の二倍以上じゃねぇか!もうちょっと俺に気を使えよ天候!!

続きを読む "東京行:一日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達人級の2匹のネズミによる緊迫した戦い

http://www.kotaro269.com/archives/50777391.html

 おお、なんというクンフー!
 可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/19

今日の読了本『リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集 』

・東雅夫編『リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌え絵で読む虚航船団

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/3529/oebi_kyokousendan1.html
ネタ元:真理省さん

 こいつはすげぇぜ!!
 あの気が狂った世界をただコミカライズするのみにとどまらず、女の子で描こうなんて既知外の発想ですよ!あのひと癖やふた癖ですまない文房具たちを見事に料理してしまうとは!まったくたいしたものです。
 ぜひこのまま第二部、第三部まで続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/18

英仏原潜、大西洋で衝突=ソナー機能せず? 放射能漏れなし

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200902/2009021600902&rel=j&g=afp
ネタ元:黒書刊行会さん

>英仏両国の国防省は16日、核ミサイルを搭載した両国の原子力
>潜水艦同士が今月初め、大西洋を潜航中に衝突事故を起こしていた
>ことを明らかにした。

>衝突したのは英海軍の「バンガード」と仏海軍の「トリオンファン」。
>英各紙の報道によれば、3日深夜から4日未明にかけて、別々の任務で
>潜水航行していたところ、何らかの理由でソナー(水中音波探知機)が
>機能せず衝突した。事故後、両艦はそれぞれの母港に帰還した。

 ソナーの事故と偽装してはいますが、これは英仏両国がそれぞれに開発した新型アンチソナーシステムを実際に運用した結果、双方が相手を確認できなくなってしまったため起こった事故なのです。
 そしてこの事件でそのシステムの存在が明らかになってしまい、ドーバーの両岸でシステムの奪取/防衛を狙うイギリス、フランス、そしてその他の国から送り込まれたエージェントたちによるスパイ大作戦が展開されるのですよっ!

……とか妄想してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[プラモ]キュベレイでカブトムシを作ってみた(ニコニコ動画)


ネタ元:三元の間さん

>友人が冗談で「キュベレイって、カブトムシに似てるから作ってみろよ」と
>言いました。「じゃあ作るか」ということでカブト虫を飼っている友人に
>アドバイスをもらいながら作りました。

 確かにこれはカブトムシだー!
 そもそものその発想が無茶なのだけど。無茶を押し切る勢いと、それを支える確かな技術力がすげぇですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleマップ無茶すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww

http://fsokuvip.blog101.fc2.com/blog-entry-1119.html
googleマップ
ネタ元:三元の間さん

 ポイントは旅行手順の中ほど。
 見た?
 ちゃんと見た?

 酷いでしょう、 太平洋をカヤックで渡れだなんて。アンタいくらなんでもそんなべらぼうな……。トール・ヘイエルダールだってそんな無茶はやらないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアの若者のクレイジーな無賃乗車

http://www.kotaro269.com/archives/50776183.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 なんというレイチェルさん@バッカーノ的無賃乗車!命知らずにも程がある!!
 あんまり悪いことばっかりやってると伝説の怪人「レイルトレーサー」に喰われちまうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/17

ドロッセルお嬢様、figmaに参戦!

http://ga.sbcr.jp/mreport/012326/

 figmaだから空手のポーズも思いのまま。買う、絶対に買う。
 それで、同スケール・ゲデヒトニスの発売はいつですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風色サーフ

http://www.w-russell.jp/kazeirosurf/index.html
ネタ元:バカ一スレ

 主人公の女の子が整備兵で、航空機パイロットの男衆と仲良くなることを目指すミリタリーテーマの乙女ゲーム。設定年代がまんま第一次世界大戦直後のグデグデの時期で、そのあたりの世界情勢をどう料理するのかちょっと興味があります。
……登場人物名の「とりあえず割り振ってみました」感からするとそれほど丁寧な世界設定は作ってなさそうな気もするけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

東京行のその後

 東京でカロリー高めなものをさんざん食べたり飲んだりしてきたおかげで、ビクビクしながら体重計に足を乗せるはめに陥りました。人それを自業自得という。
 まあ、あちらではなるべく足を使った移動をするようにしていたこともあって、余分なカロリーは身に付く前に消費し尽くせたようです。
 ありがとう東京の交通機関。君たちの使い方がよく分からないおかげで、ぼくの体重は救われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/15

いま帰ってきただよ

 というわけで、やっとこ帰宅。この二日間ずいぶんと密度が濃かったから、ずいぶん長く家を空けていたような気分です。

 レポートは後で書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/13

今日の読了本『ほうかご百物語4』

・峰守ひろかず『ほうかご百物語4』
 世界はラブに満ちている。ちゃっちゃと爆発しろ世界(穂村っツラ)
 あと、カバーの作者コメントに悶絶しますた。やられたっ、こいつはひどい不意打ちだ。彼奴め、やりおる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

THUNDERBIRDS ARE GO!

ネタ元:黒書刊行会さん
・『航空自衛隊演奏のサンダーバード』

 航空自衛隊音楽隊による演奏とドリル。格好いいなぁ。
 よし、この際だから空自の航空機をサンダーバード色にしようぜ。E-2は1号色でE-767は5号な。C-130Hの緑のやつはそのままの色でも2号っぽいかな?

・『Thunderbirds Theme Tune - Royal Marines Band』

 こっちは「劇場版サンダーバード」のエンディング。
 情報元のみずせゆうさんも言ってますが、指揮者の人の面構えがいいですよねぇ。いかにもって感じで。
 ぼくもこの映画で一番好きなシーンを上げろといわれたらこのエンディングを挙げます。いや、本編はかなり微妙だし。

○オマケ:お前はそれでいいのか……

……いや、格好いいんだけどさ。その、なんと言うか……。だってその曲、宿敵のテーマソングじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採用率が格段に上がる驚きの面接テクニック

http://www.kotaro269.com/archives/50774035.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 なんという就職戦線異状なし!?
 これは確かに高感度アップだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/12

今日の読了本『自伝と書簡』

・アルブレヒト・デューラー『自伝と書簡』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

マップス愛蔵版4巻をとらのあなで購入すると……

http://www.toranoana.jp/info/comic/090212_flex/

>コミックとらのあな各店で上記をお買い上げの方に先着で
>1冊につき1枚、特製しおりをプレゼントいたします。

 よし、4巻購入は週末まで我慢だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末の予定

 今週の土曜・日曜に友人の結婚式のために東京に行ってきます。
 式は土曜日だけなので日帰りもできたんですが、せっかく大都会東京まで足を伸ばすからには遊ばないと損だと思ったので、もう一泊することにしました。丸一日を遊びの時間として確保したので色々と見て回れるぞ。
 というわけなのですが、いま何か面白そうなイベントってやってますかね?

 とりあえず東京都庭園美術館の「ポワレとフォルチュニィ展」と日比谷パティオの「テオ・ヤンセン展」に行くことは確定しています。
 これがあと一ヶ月ずれてくれればなぁ。

 そうだ、せっかく新宿にホテルをとったんだし、新宿住友ビルディング裏の妖精の輪(Forest)をはじめとした『森』の関連ポイントを巡らなきゃウソだよな。後で月刊うそ。の『森』記事で紹介されてた新宿マップをコピっておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインギフトにおすすめ。男爵位:£6.36

http://www.redsave.com/show/valentines-day-gifts
ネタ元:イヤ展スレ

090211

 今だけの大サービス!たったの800円であなたもお貴族さまにクラスチェンジ!

……まあ、所詮シーランド公国なんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/10

マップス ネクストシート 第25話 リープの花園

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『ツキメ達・銀河の勇者を退けたナユタ達が、次にやってきたのは、リープタイプだけの惑星「翼の星」。なんと住民は全員女の子。こりゃ一波乱は必至!?』

 新型リープタイプはバンバン出るは、設定はドカンと明かされるは、シアンはかわいいはと今回はものすごいサービス回ですよ!!
 ついにメアリ先生をはじめとした小説版の皆さんも本編に登場!素晴らしいです長谷川先生!
 そして今回のオチがあまりにも壮絶過ぎる!!直前に重要な秘密が明かされたというのに、お侍さんに全部持っていかれましたよ!これは女性サービスに当たるのかしらん?

 さて、今回のタイトルページで三人が着ている羽根付き服は彼らの新しい宇宙服かな?カッコイイ肩の角がありませんよっ!?


<ネタバレ>
 しかし、もうひとつの銀河、光が届かないので誰も気付かない という設定にはやられました。ネタ自体はクロノアイズのファウンデーションの使いまわしっぽいですが、いいものはいいのだ。この宇宙サイズの発想はすごいよなぁ。
 今にして思えば、第一話の「いつもより…星が…多いな…」がすでに超☆重要な伏線だったんですね。すげぇよ先生。
 まあ、細かいところに突っ込むと、60年前に発生した銀河――直径約十万光年の天体の集まり――の全体の姿を一目で観測できるようになるには、それぞれの星から観測点までの距離を光が移動するだけの時間が必要なんじゃないかという気もするけど。

 この後舞台が「あっちの銀河」に移るとして、もしかすると前作ラストで「こっちの銀河」を出て行ったオルシスさんたち第八軍の皆さんやダード&ラドウの最強カップルあたりが「あっちの銀河」。に居たりしないかな。いまこそ再登場のチャンスですよ。
<ネタバレ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷はアイルランド

http://muraji-zare.blog.so-net.ne.jp/2009-01-20-1
ネタ元:狼牙堂さん

>「戦場で迷子になって一人きりになった無人軍用機が、自分の判断で
>はるか彼方の故郷アイルランドを目的地に設定して、バッテリーの
>続く限り故郷に向かって飛び続けた」

>「チャドでの戦いがイヤになって上層部からのリンクを断ち切って
>脱走して、故郷アイルランドに帰ろうとしたが途中で行き倒れ」

>「遠征地で味方部隊とはぐれてしまった兵士、もしくは遠征地での
>生活に耐えかねて脱走した兵士が、故郷に帰ろうとするが道半ばで
>行き倒れる」
>というのは昔から世界のドコにでもある話ですが、それと同じ事を
>ロボットがする時代になったんですね。

 くわっ!(感涙)
 素晴らしい。これが「電線に、電気を通すと、そこには意識が生じるんです(C)E.G.コンバット」ということかっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログレス(32P)、発射台へ

http://www.sorae.jp/030607/2823.html
ネタ元:みづせゆうさんの日記(Mixi)

 一番上の写真の秘密メカっぷりが素敵。いや、ただのソユーズロケットなんですけどね。
 普通の打ち上げ準備中のロケットの写真だというのに、どれも特撮秘密兵器っぽくていい感じに禍々しいですね。大きな画像で見たいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/09

実際に公道を走ることができる世界最小の車

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090209_smallest_car/
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 すげぇ!リアルチョロQだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いや気づけ、そんなありえない建築ミスいろいろ

http://www.paropunte.net/archives/165913.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 4番目の「小鳥専用」のやつ、懐かしの『プリンス・オブ・ペルシャ』っぽくね?これを使って下のエリアに降りるんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株で貯金の100万を20万にしたいんだが

http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1774.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 これはひどい。声が出ないくらい笑いました。
 うむ、実にひどい。

「って言うかお前らが何をしたいんだよ!?」
「決まってるじゃないか。お前の力になりたいんだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

今日の読了本『世界の中心、針山さん2』

・成田良悟『世界の中心、針山さん2』
 二人の男、ヒーローと戦闘員がそれぞれに素晴らしい男たちでした。しびれる、あこがれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村航『ミラクルチロル44キロ Bパート・ミラクルフレーバー』

『死んでしまった恋人を蘇らせるために「いのちの募金」を集めていた田丸くんは、つぼみを助けたため大きなペナルティを背負うことになる。一方、責任感と恋心で田丸くんに協力しているつぼみは、自分の「1生」分のいのちの募金をどうすべきか、ますます逡巡する。決断のタイムリミットは2月14日のバレンタインデー。キュートでホットで、ちょっとミラクルなラブストーリー、ここに決着!バレンタインデーに奇跡は起こる!?』

 チロルチョコ1個で一生を投げ捨てた少女があれこれ悩むお話((C)暁に、死す!!さん)。
 四十四キログラムのチロルチョコとそれに振り回される人たちの物語もついに決着。ちょいと切ないけれど、優しいお話でした。
 つまり、「何か」を選ぶ話だったんだなぁ。いや、それこそAパートの最初からそう言われているんだけどさ。

――チロルチョコをひとつぶ
――君と僕で選ぶよ

 さて、明日はひさしぶりにチロルチョコを食べようかな、ミルクフレーバーのやつ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

畠中恵『アイスクリン強し』

『ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト。南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。そこには今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と……。』

 いまだ旧時代を引きずりながらも新時代を歩もうとする明治23年の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる「スイーツ文明開化」騒動記。

……すごく惜しいなぁと思います。
 せっかくキャラクターや舞台の設定にいい材料をたくさん集めてきたのに、その材料をバランスも考えずに全部まとめて鍋に放り込んだものだから、まとまりの無い、ひどく中途半端な話になってしまってる。連作短編なんだからエピソードごとにテーマをはっきりと切り替えて材料の取捨選択をしていればどのエピソードもすっきりしたいい物語になっただろうに。せっかくそれぞれのパーツはよいものなのに。もったいないなぁ。
 作者の人は、賑やかな若者たちのドタバタ物語がやりたいのかラブコメがやりたいのか明治維新の変革の影のほろ苦い話をやりたいのか、はっきりしてください。ミステリーをやる気が全然無いのはよく分かったけどさ。
 続きが出るのならもうちょっと物語の着地点を見据えた話作りをして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲葉義明『トーキョーN◎VA The Detonation リプレイ ビューティフルデイ あるいはヒュー・スペンサー最後の事件』

『新種のドラッグパッチ『フラッシュ』を頬に付けて歌うバンド、『ブラックウイング』は、災厄の街トーキョーN◎VAのストリートで今注目の的だ。しかし、そんな彼らのライブで、観客の青年が飛び降り自殺をする事件が起こる。青年の頬には、黒い謎のフラッシュ。余命幾ばくもない不良探偵ヒューが、相棒殺しの名を持つ悪徳警官の京司、天才ハッカーの囚人グリム、そしてバンドと親しいトーキーのユエと出会ったとき、黒いフラッシュが見せる真実とは――! ユエの過去に関わる事件『ビューティフルデイ』も収めたトーキョーN◎VAリプレイ、久々の登場! 』

 三人の道を失った男が少女に助けられる話であり、三人の男が道を失った少女を助ける話。後編では『男』が一人減っているって?いいや、彼はそこにいて彼らに力を与えている。そうだろう?
 トーキョーN◎VAを遊びたくなる素晴らしい物語でした。


 あとね、稲垣司政官(N◎VAのアイドル)がたった1ページの登場の癖にインパクトが強過ぎる。悪徳警官のレンズがこんなすごいキャラになるなんて予想できなかったなぁ。

「この街で生き様(スタイル)を貫くには、覚悟が必要だ。ときにはそのために、生命を捨てなきゃならない。ときにはそのために、大勢の人を死に追いやることになる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

科学アニメ マリー&ガリー

http://www.toei-anim.co.jp/tv/marie_gali/

ネタ元:護国卿さんの日記(Mixi)

 うはっ、これはいい感じだ。NHK教育「すイエんサー」内にて2009年3月31日(火)より放映開始だそうです。色々と分かった上でのバカをやってくれそうで、本放送がすげぇ楽しみですよ!女の子も可愛いしなっ!

 ちなみに、左手の法則は『長い方から「電」「磁」「力」』と覚えるとイイぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪大でテルミン: 21世紀懐徳堂企画

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1233810752
ネタ元:魚石庵さん

「過去からきた未来の音 --テルミン・レクチャーコンサート--」
[日時]  3月3日(火)18:30開場、19:00開演、20:30終了予定
[場所]  21世紀懐徳堂多目的スタジオ (豊中キャンパス イ号館1階 )
[参加費] 無料 (当日会場へ直接おこしください)
[内容]
テルミン演奏(クラシックからオリジナル曲まで)
レクチャー(テルミンについて)
テルミン体験

[出演者(演奏とレクチャー)]
児嶋佐織 (フレンズオブテルミン) 
安藤亮 (大阪大学文学部音楽学研究室研究生)
菊池誠 (大阪大学サイバーメディアセンター)

主催 大阪大学21世紀懐徳堂
共催 大阪大学文学部音楽学教室
協力 フレンズオブテルミン

 うわぁ!いいなぁ行きたいなぁ!
 せめて東京なら何とかなったんだけどなぁ。いいなぁ。行きたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

エア焼肉

http://airyakiniku.cosaji.jp/
ネタ元:i486sxさんの日記(Mixi)

 あったまわりぃぃ!!

 よし、明日の夕飯はこれにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

今日の読了本『バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad』『世界の中心、針山さん』

・成田良悟『バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad』
・成田良悟『世界の中心、針山さん』

「こいつが――俺の魔法のステッキだ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「おかあさんといっしょ」着ぐるみキャラ9年ぶり交代

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090203-OYT1T00742.htm

>現在、番組内の着ぐるみ人形劇「ぐ~チョコランタン」に登場しているスプー、
>アネム、ズズ、ジャコビらは、4月から「BSおかあさんといっしょ」に移行。

>代わって、新人形劇「モノランモノラン」が始まり、3人の小鬼ライゴー、
>スイリン、プゥートが登場する。

 この番組も相当長く続いてますよねぇ。ぼくが物心付いた時にはもう長寿番組だったし。今何周年だろ?
 ぼくが初めて見た「おかあさんといっしょ」は「にこにこぷん」のそのまた前のシリーズなんですが、さてタイトルはなんと言ったっけ?メインキャラクターが三人いて、口がメガホンになっている鳥のごじゃえもんとキツネのツネキチと……あと一人が思い出せないなぁ。どんなやつだったかな、犬か狸かそのあたりの動物だったような、なかったような。適当にググれば一発で答えが出るんだろうけど、それも無粋だよね。
 幼少時のぼくはごじゃえもんが好きだったような記憶がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/04

今日の読了本『ミラクルチロル44キロ Bパート・ミラクルフレーバー』

・木村航『ミラクルチロル44キロ Bパート・ミラクルフレーバー』
「笑い飛ばせばかっこいいなんてガキっぽい考えだ。笑うのは戦ってない証拠だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな強引なやり方あり?一瞬目を疑うオランダの架け橋

http://labaq.com/archives/51161304.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 トレーシーアイランドか光子力研究所かという素敵ギミック。ちょっと豪快すぎやしませんかっ!?
 ああ、素敵メカだなぁ。ぼくがビル・ゲイツのような金持ちなら、家に一基設置するところですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが格差社会の現実って奴か・・・・

http://www.kotaro269.com/archives/50771204.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 格差社会非道なりっ!!

 はっ!もしかして機械伯爵のお城の大広間の裏っ側にはエロスの国がっ!?たいへんだよ鉄郎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

褐色矮星 生まれる「ゆりかごの場」を撮影 国立天文台

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090130-00000001-maip-soci
拡大写真

>太陽に比べて質量が10分の1以下の「褐色矮星(わいせい)」が
>多数生まれている「ゆりかごの場」を、国立天文台の研究チームが
>とらえた。褐色矮星の存在は95年に確認されたが、発光しないため
>発見が極めて難しい。

 おお、これは美しい。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

成田良悟『デュラララ!!×2』

『「私は、人が好きよ。誰が好きかって?違う、違うわ!私は人間がみんなみんなみんな好きなのよ!どこが好きかって?野暮なこと聞かないで!全部よ、全部!なにもかも、なにもかもが好きなのよ。だけど、あなたを愛する事はできないわ。だけど、あなたは私を愛して」東京・池袋。そこには人を愛することが不器用な人間が集う。自分の立ち位置を悩む女子高生、池袋を取材する三流雑誌記者、セクハラ疑惑の教師、黄色いバンダナを巻いた黄巾賊、池袋最強のチンピラ、様々な裏情報を操る青年、そして漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”。そんな彼らが連続通り魔事件に巻き込まれ、池袋が壊れ始めていく――。 』

 あの三人の関係ががこんな風につながっていくとは、まったく予想外の展開でした!なんという天下三分の計!三巻がすげぇ楽しみだ。
 さりげなく『越佐大橋』シリーズと世界がつながっていてびっくり。あの人一族そろってあれだったんだなぁ。
 
 リトルグレイにおびえたり、偽検証番組に騙されてアポロ宇宙船の月着陸をウソだと思い込んだり、ウイザードリィが好きだったり、アイコンがにゃんこだったりするセルティさんは本当にかわいいなぁ。どうすればセルティさんと結婚できるんだろう?闇医者に転職するしかないのか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ガリレオの望遠鏡」発売へ 天文科学館学芸員監修

http://www.asahi.com/science/update/0131/OSK200901310066.html

 おおー、いいなー。
 もちろん性能的には同じ値段の現代式の望遠鏡には及ばないわけですが、コレクターズアイテムとしてはかなり魅力的ですね。
 誰か買って、ぼくに覗かせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MKさん(仮名)さんが書き込んだレビュー (東京都お台場)

http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A2FKLH6PUHDFTT?ie=UTF8&ref_=cm_pdp_reviews_see_all&sort_by=MostRecentReview
ネタ元:From dusk till dawn of the deadさん

「……(無言で空を見上げる。おお、ムックよ!)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

今日の読了本『アイスクリン強し』

畠中恵『アイスクリン強し』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7と20

 映画を二本見てきましたよ。

・007/慰めの報酬
 ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド第二弾。
 前作「カジノ・ロワイヤル」の完全続編で、前作で出てきた人物が説明なしに登場してくるのでので、未見の人や細かい部分を忘れている人は前作を観直しておいたほうがいいでしょう。
 テーマは前作に引き続いて、若きスパイが真のエージェントに成長する物語。シナリオは前作ほど手の入ったものではありませんが、その分アクションが多めです。陸に海に空にと場所を選ばぬ激突っぷり。

 妙にいい味を出していたボスの側近があれで退場したのはもったいないなぁ。チョイ役でもいいから次回作での復帰を希望。


・K-20 怪人二十面相・伝
 第二次世界大戦が起こらなかった『戦後』、1949年の帝都・東京の街を怪盗が跳ぶ!
 んー、面白かったんだけど、色々な問題がさっぱり解決していないのがちょっと気になります。
 この映画の舞台、わざわざ架空世界にしなくてもよかったんじゃないかなぁ?全体に丁寧に真面目に作っているだけに、この設定周りの部分だけ取って付けた感が強くて、どうしても最後まで違和感が残りました。別にウソ技術によるトンチキガジェット大活躍というわけでもないしさ。
 この世界、このままかりそめの平和が続けば『平成イリュージョン/平成COMPLEX』、60年代にアメリカと核戦争を始めたら『サタスペ』ですね。さて、彼らはどちらの道を選ぶのか。
……オオサカの夜に舞う怪人ビリケン面相を追うシナリオなんてどうだろう?サタスペ的に。

 オープニングアニメは『ワイルド・ワイルド・ウエスト』や『サンダーバード(2004年)』に並ぶ格好よさ。この部分だけ繰り返して見たいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »