« フィリップ・ホセ・ファーマー氏死去 | トップページ | 『トータル・リコール』のリメイクが決定 »

2009/02/26

ダイヤモンドはもはや世界で最も硬い物質ではない

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080225_diamond/
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

>長らく天然で最も硬い物質とされてきたダイヤモンドですが、
>ダイヤモンドより硬い天然物質が存在していたようです。
>「Lonsdaleite(ロンズデーライト:結晶学者キャサリン・
>ロンズデールにちなみ命名)」と呼ばれ天然では極めてまれな
>物質が、ダイヤモンドより58%硬いことが明らかになりました。

 なん…だと…
 そんな!それじゃぁ硬度10を誇る悪魔将軍のボディが砕かれちゃうじゃないですか!?
 つーか、昔の特撮ガジェットみたいだ。ダイヤモンドの一万倍固いドリルとかそんなノリ。

>意外なことにWBNの硬さの秘密は原子間の結合の「しなやかさ」に
>あるとのことで、圧力がかかると結合の一部が90度ほど回転する
>ことによって緊張を緩和し、破壊されにくいそうです。

>2つの物質ではロンズデーライトの方が硬いのですが、WBNの方が
>高温の酸素中で安定している(燃えにくい)ので有用だと期待されて
>おり、工業利用の例としては高温下で使用されるドリルや刃の先端と
>して、また宇宙船の表面の腐食防止フィルムとしてなどが挙げられています。

 へぇ、これは面白いな。ただ固いよりもしなやかなほうが使いでがあるのか。
 この色々便利っぽいWBNの研究がカーボンナノチューブに――軌道エレベータの建造に役立ってくれるといいな。

|

« フィリップ・ホセ・ファーマー氏死去 | トップページ | 『トータル・リコール』のリメイクが決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/44185828

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドはもはや世界で最も硬い物質ではない:

« フィリップ・ホセ・ファーマー氏死去 | トップページ | 『トータル・リコール』のリメイクが決定 »