« 9年の歳月と約11億円をかけて作られた電車のミニチュアセット | トップページ | 今日の読了本『宇宙をぼくの手の上に』 »

2009/03/27

今週のガンダム00 第24話 BEYOND

090327
 最後に出てきたリボンズロボが、アングル的に下半身が見えないせいもあってガラットにしか見えないわけですよ。腕の外側に足になりそうなパーツもついてるし。ピンチになったら逆立ちしてパワーアップだ!


「ずっと君のことが好きだったのに……」
「言ってくれなきゃ……なにもわからないじゃないか……!!」

 ただの賑やかしのネタ要員だと思っていただと思ってたビリー&小熊さんですが、このセリフで評価大逆転。人と人が触れ合ってそれぞれを変革してきたこの物語の重要なテーマの一つ、「相手と正面から向き合い、共に乗り越える」ことの難しさをそれぞれの形でぼくらに示してくれた彼らはこの物語に不可欠な人物でありました。
 そう、どんなに思っていたって、それを表に出さないと伝わらないんだよね。ぼくらはツインドライブやオーライザー無しで相手の気持ちを理解する能力をもっているけど、それは相手の声なり表情なりが見えていないと役に立たないものだから。分かり合うために必要なものはすごく簡単なものだけど難しいものでもあるんだよね。
 ビリー&熊さん親子と好対照なのがコラ沢さんですよね(いや、まったくネタでなく)。最初の最初から思ったこと感じたことを全部素直に表に出しちゃう彼は想いを伝えるのにGN粒子なんてまるで必要なかったわけで。……改めて考えてみると、コラ沢さんは刹那たちを陰画に焼き付けたキャラなんだな。

|

« 9年の歳月と約11億円をかけて作られた電車のミニチュアセット | トップページ | 今日の読了本『宇宙をぼくの手の上に』 »

コメント

いい線行ってましたねえ<ピンチになったら逆立ちの予想
まさか裏表変形だとは思いませんでしたが。

投稿: Nachbar | 2009/03/30 23:53

>ガラット変形
や、半分とはいえ的中しちゃって自分でもビックリ。変形シーンを見てて噴出しましたよ。
リボンズさん、そんな操縦システムで乗りにくくないんですかー!?

投稿: Johnny-T | 2009/03/31 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/44486541

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のガンダム00 第24話 BEYOND:

« 9年の歳月と約11億円をかけて作られた電車のミニチュアセット | トップページ | 今日の読了本『宇宙をぼくの手の上に』 »