« セッション後にグデグデ話していたらいつの間にか日付が変わっていたでござるの巻 | トップページ | 今、499988 »

2009/05/18

紅玉いづき『雪蟷螂』

『涙も凍る冬の山脈に雪蟷螂の女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を――。長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”とも言われるフェルビエ族の女族長アルテシアと、永遠生を信仰する敵族ミルデ族長オウガとの政略結婚だった。しかし、その約束の儀は、世代を超えて交錯する人々の想いにより阻まれる。果たして、山脈の地に平和は訪れるのか。そして、極寒の地に舞う恋の行方は…。『ミミズクと夜の王』『MAMA』に続く“人喰い物語”最終譚』

狂うことが、恋なのだ。

 真っ白い雪の世界を彩る鮮やかな赤が印象的でした。痛いほどに苛烈な、雪蟷螂の恋。
 強い想いの物語。

生命の色は極彩である。
雪国の女は古く、激情を持っている。
剣の舞は千変万化。
その血は炎。
果実よりも赤い唇は、舌なめずりがよく似合う。
それは愛した男を喰らうという激情の一族。
人々は彼女ら蛮族を蔑み、畏怖した。

――曰く、雪蟷螂。

|

« セッション後にグデグデ話していたらいつの間にか日付が変わっていたでござるの巻 | トップページ | 今、499988 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/45059759

この記事へのトラックバック一覧です: 紅玉いづき『雪蟷螂』:

« セッション後にグデグデ話していたらいつの間にか日付が変わっていたでござるの巻 | トップページ | 今、499988 »