« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

今日の無限航路

 第8章終了。そして少年は新たな天地へと旅立つ。
 第一部最終話に相応しいクライマックスに心震えました。惚れるなぁ。
 携帯からの入力だとネタバレを隠せないのでここでは語れないのですが。

 最終戦闘の厳しさに心くじけそうになりました。金髪の小僧めっ!貴様の実力ではなく戦艦の力のおかげだということを忘れるなよー!!(負け犬の遠吠え)
 敵旗艦との戦いで、艦隊が壊滅すること実に15回。あと5回負けが続いていれば、第8章を終わるまでは戦艦・空母使わないという誓いを捨てて、戦艦を購入するところでしたよ。だが、とにかく勝った。おめでとう俺っ!
 これで大手を振って大艦巨砲主義に走れるというものです。
・・・・・・でも、今乗ってる巡洋艦の見てくれ、かなり気に入っているんだよな。これを乗り捨てるのは惜しいなぁ。好みのデザインの戦艦があるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

今日の読了本『女騎兵の手記』

・N・A・ドゥーロワ『女騎兵の手記』
 19世紀初等のナポレオン全盛の時代のロシア軍に実在した男装の女騎兵将校の手記。
 信じられるか?これリアルの人物なんだぜ?

 しかし、ドラマチックで魅力的な人物ではあるけれど、この人と軍務を共にしたくはないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の午後を

 水戸は偕楽園の心地好い梅の香りの中でのんびりと読書してすごしました。
 なかなかに贅沢な時間です。


 あと、こっちの古本屋の意外な品揃えの良さに驚いたりしたのですが、単に同好の士がいないから壮絶に売れ残っているだけかもだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河乞食軍団・合本版(と黎明篇)買いました

 これはたしかにありえないほどでけぇ!!
 つーか、出張に来て何買いこんでるんだよおれは!?このあいだのピンクパンツァー他といい、荷物を増やしすぎたよ。もういっぺん郵送しなくちゃだ。

 水戸駅前の古本屋でR・マキャモンの小説を何冊か入手。こちらも楽しみ。

 これから、本屋を巡りながら偕楽園へ移動して読書と無限航路にいそしむ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

今日の無限航路

 えっちらおっちら第8章に突入しましたー。

 七章ラスト、ナヴァラの月モアでの三連戦は本気で厳しかったです。ちょっとばかり艦隊運用に自信を持ってたんですが、これはつまり自信過剰というものだったようです。畜生!
 だがぼくはまだ負けてないぞ!この程度で心を折ってたまるかよ!戦艦はまだ買わねぇぞ!
[人それを意固地になっただけという]


 七章ラスト・八章冒頭とでかいスぺオペガジェットがでてきてうれしいですね。さらっとロシェ限界なんて単語が出てきてさらにうれしい。
 そして、ここにいたって漢をみせてくれるモルポタさんに涙。

 さあ、これからぼくらはどんな宇宙を飛び回る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゃー!?

今週末は家に帰れねー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

エリック・ガルシア「さらば、愛しき鉤爪」

『おれの名前はヴィンセント・ルビオ。ロサンジェルスが根城のケチな私立探偵だ。
 つまらない仕事のかたわら、謎の死を遂げた相棒アーニーの死因を探っている。そんなおれを<評議会>がけむたがっているのは承知の上だ。
 ところでおれは、人間じゃない。人間の皮をかぶり、人間にまぎれて暮らしているヴェロキラプトル――恐竜だ。
 ああ、それにしても昔はよかった・・・・・・。
 世界中で熱狂の渦を巻き起こした恐竜ハードボイルド、ついに登場!』

 や、面白かったですよ!
 現代に恐竜が生きていたという頭の悪い(誉め言葉)コンセプトと派手な派手なアクション、ハードボイルドなかっこよさと真面目に構成された謎解きを高いレベルで融合させた素晴らしい物語。これはまったく面白い。


 あと、久正人の「ジャバウォッキー」が始まったばかりの頃に、みんながこの作品の名前をあげていた理由がちょっとわかった。あれは、単に人間世界に生きる恐竜の物語という部分だけを見ての話じゃなかったんですね。話に似たところはないけれど、空気がちょっと似てる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探索の結果

ねんがんのピンクパンツァーをてにいれたぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

レイルソフトヴィジュアルノベル第二弾「紅殻町博物誌」紙の体験版

「世の中には、いわゆるインチキ商品というのがある。たいそうな性能、効能を謳っておきながら、中身は全く実を伴わない、いわば詐欺まがいの品々だ。
 そういった怪しげで胡散臭い品々ばかりが当たり前のように出回っている町が、この日本の片隅に存在していたとしたなら? そしてその町では、それらの品々が本当に謳い文句の通りの力を発揮しているとしたなら? どうしてその町に限ってそんなことが起こりうるのかーー
 それは、その町には、けして世間の表には出てこない、とある秘密が隠されていたからーー」

 レイルソフトから近日発売のノベルゲーム「紅殻町博物誌」体験版を小説の形に整理して、文庫サイズにまとめたものが嘘屋さんから届いたわけですよ。
 こんなエロゲの体験版初めてだ。

 少年の日に出会った「星のかけら」を探す青年の物語。
 この日常と接している幻想的な雰囲気は心地好いなぁ。

 俺、福島に帰ったら「紅殻町博物誌」のFC通販の申し込みと体験版のDLをするんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

また出張ってきます

 帰還は金曜日の予定。
 連絡などございましたら携帯かmixiかこのトピックへのコメントでお願いします。

 今度はDSを持っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスフォーマー/リベンジ

公式サイト

 もう最高。素晴らしい。
 分かりやすいまでの男の子映画。ロボットプロレス大激突だ!ドカーン!バキューン!ダダダダダン!映画を見ながら手元で書いてたメモを読み返して見たら「かっけー」と「可愛い」の連発でしたよ。
 今回は色々とハリウッド映画というよりもロボットアニメでした。ストーリーはもうすっきりと分かりやすく整理されていて、しかも1作目のようなだれる部分がほとんどないアクションまたアクション。ふと気がついたらターミネーターだったり、インディ・ジョーンズだったりするけどそれもまたよし。
 画面の情報量はかなりのものなのだけど、見落としたら見落としたでストーリーを追う上での問題はほとんどなし。気がつけたらニヤリと出来るねというレベル。こういうところの余裕があるつくりがうれしい。
 そうそう、前作の一番の問題点。ロボットバトルの情報量が凄すぎて激しい動きがあるシーンでは何やってるのかよく分からないという点にも色々と手が加わって(キャラの配色、カメラワークなど)非常に分かりやすくなってます。特に感心したのが、トランスフォーマーたちのアクションがキャラごとに個性をつけられていて、バトルシーンが分かりやすくなっただけではなく、それぞれのキャラクター性も見て取れるようになっているところです。
 デストロン三巨頭(メガトロン、フォールン、スタスク)にはもうちょっと色をつけて欲しかったな。メガトロンをガルバトロンの青にするとかスタスクに赤をつけてやるとか。トップ3があのなりだと判別しにくくて困る。
……雑魚デストロンの皆様に関しては、あれはショッカー戦闘員だからしかたが無いと言うことでよろしいか?

 トランスフォーマーたちのキャラ性を活かした活躍シーンの作り方がどれも素晴らしい。
 チョコマカ動くウィリーや家電ボットたちは可愛い。
 ジャガーさんのゾイドっぷりもステキ。しかもこまめによく働く。さすがは旧作アニメ版でもっとも有能なTFの座をコンドルと競うだけのことはある。
 良い掛け合い漫才を見せてくれる双子のTFツインズと、その双子をまとめるバンブルはお兄ちゃんっぷりを見せてくれます。でもサムの前では忠実なわんこ。大学に連れていけないと言われて大泣きしたみり。
 そしてオプティマスの戦闘中の言動とスタースクリームが、物凄く初代アニメ版テイストで噴きました。今回のスタスクさんは初登場シーンからして「よくもわしを置いて逃げてくれたな」とメガトロンさまにボコられるんですが、デザインやカラーリングが全然違うのに完全に「このスタースクリームめが!」に見えるんですよ。やっぱりスタスクさんはこうじゃなくっちゃ。
 そして僕らのイボンコさんは「このブリキのクズめ!」とか「貴様の顔を剥いでやる!」とか、言い回しが実に玄田哲章。吹き替え版だと「おおおおぉ!」と叫び声を上げてたのかしら?森での3体を相手取って一歩も引かない肉弾戦の格好良さときた日には!輸送機から空中投下されるコンボイさんもかっけー!!

 しかし、今回の一番の良キャラはスミソニアンで眠る老兵士ジェットファイヤーお爺ちゃんでした。ブラックバード(好きな飛行機)から変形するお爺ちゃんロボ(ツボ。チャーとか大好き)と言う時点でクラクラきてるのに、その上ああいう人格ですよ。しかも、再登場時には……登場時から好きでたまらなかったのにあそこまでやられちゃったら惚れるしかないじゃない!!8月発売のおもちゃも注文しちゃったよ。

 サイバトロン戦士と共にデストロンと戦うために組織された人間の秘密部隊NEST。前作のトランスフォーマー対GIジョー展開を継承する設定で大興奮。つーか、基本アサルトライフル一丁でデストロンに立ち向かおうとするNEST部隊があまりにもスタシトパすぎる!なんという男前!惚れそう。
 前作では嫌なやつだった(でもぼくは好きだったんだ)シモンズ捜査官が再登場して、しかも活躍してくれたのがうれしい。いいアメリカンお馬鹿でしたよ!


 けなすようなところはほとんどありませんが、残念だったのは、第二次攻撃隊のディセプティコンズがせっかく空母を直撃したのに空母ロボもF-18ロボが出てこなかったことと、その空母のオペレーターのお姉ちゃんが可愛かったのに(多分)死んじゃったこと。それにデバスターが裏方作業ばっかりで主戦線に参加できなかったのも残念かな。いや、双子相手のバトルや海軍のアレがらみの見せ場シーンはすごく良かっただけどね。
 ああそうだ、一つだけ本気で残念なことがあった。パンフレットに登場TFの解説ページが全然無かった。オプティマスやバンブルの紹介さえないのはノーグッドだよ。


 とにかくあれだ。とにかく素晴らしい映画なのでみんな見に行くように。

"Because I believe."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の無限航路

 いくつもの出合いと別れを繰り返しながら、いつの間にやら第七章に突入していましたよ。
 ここで大きなストーリー分岐に遭遇。ここでの選択が世界をどう変えていくのか楽しみです。とりあえずはこれから4隻ばかし沈める予定の敵輸送艦がどのくらい硬いのかが気になるところなんですがね。直前に三連戦で撃破してきた敵戦艦のことを考えると楽勝とはいくまいなぁ。

 ところで、そろそろ戦闘が厳しくなってきたのでいいかげん新しい船を購入しようかとも思うのですが、それでもがんばれば割となんとか戦えてしまうので買い換える踏ん切りがつきません。金銭的にはかなり余裕があるからどの船だって買えるんだけどねぇ。
 うむむ、買い替えを楽にするために船の命名テーマを揃えたというのに、こんなところでけちんぼな性分が仇になるとは。これでは名前のストックが無駄になってしまうじゃないか。

 ふと思い出したのだけど、接着剤ってカッコイイ名前が多いですよね。アラルダイト、アロンアルファ、セメダイン、クエトール、レゾルシノール……。
 もうちょっと早く思い出していたら戦艦の名前に……いや、さすがに使わないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スティーヴ・ホッケンスミス 『荒野のホームズ、西へ行く』

『仕事にあぶれたおれたち兄弟はふとしたきっかけで鉄道会社に雇われ、鉄道保安官の職に就くことに。荒野に出没する強盗団から列車の乗客と鉄道会社の財産を守るのだ。ところが、乗りこんだ急行列車にはワケありの乗客と怪しげな荷物が満載。はたせるかな、サンフランシスコ目指して列車が走り出したとたん、手荷物係が何者かに殺害された。もちろん、かの名探偵の魂を宿す兄貴のオールド・レッドが、この事件を見逃すはずもない。体調不良にもめげず、さっそく調査と謎解きに乗りだすが……痛快カウボーイ探偵が、愛馬を列車に乗り換えて大活躍』

 名探偵シャーロック・ホームズに憧れる兄グスタフと、ワトソン役の弟オットー。カウボーイのアムリングマイヤー兄弟が無法の大西部で怪事件に挑む。ウェスタン・ホームズシリーズの第二弾が登場ですよ。
 今回の舞台はシカゴ・オークランド間を走る特別列車パシフィック・エクスプレス。サンフランシスコに向かう車内で発生した謎の殺人事件。乗り合わせた乗員乗客はどいつもこいつも一癖も二癖もある曲者ぞろい。しかもこの列車は強盗団に狙われていて……。
 推理あり、アクションあり、ロマンスあり、男たちのドラマもあり、もちろんホームズネタもそこかしこに仕込まれてるぞ。面白さ満載の盛りだくさん。主人公アムリングマイヤー兄弟がいつもの絶妙のコンビネーションを見せてくれます。ピンチの連続に兄弟の絆で立ち向かえ!
 撃ち合いありチェイスありと派手目のイベント目白押しの展開は実に画面栄えしそう。映像化してくれないかなぁ。

 ピンカートン探偵社の老エージェント、若い頃にはダイムノベルのモデルとしてもてはやされたこともある男バール・ロックハートがいい味を出しています。古い、荒々しかった西部のやり方しか知らないカウボーイ探偵。世界の変化に取り残された時代遅れのヒーロー。この物語は彼の物語でもあります。

関連:スティーヴ・ホッケンスミス『荒野のホームズ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

今日の読了本 『荒野のホームズ、西へ行く』

・スティーヴ・ホッケンスミス 『荒野のホームズ、西へ行く』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー 他のヒーロー戦隊とコラボ!

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/06/20/04.html

>仮面ライダーとヒーロー戦隊によるコラボレーションが実現する。
>7月12日と19日放送のテレビ朝日「仮面ライダーディケイド」
>(日曜前8・00)に、「侍戦隊シンケンジャー」の戦士が出演。
>予想外の強大な敵に、力を合わせて立ち向かう。

 噂には聞いていたけれど、まさか本気だったとは。
 しかも、放送期間が2クールしかないっていうのに、終盤の2話を使ってしまうとは……。本編ちゃんと纏めるつもりあるのかよ?
 それでなくても井上敏樹の参入でみんなハラハラしてるんだぜ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の無限航路

 暴虐の限りを尽くす悪の地方領主を打ち倒し、物語の根幹に関わってきそうなイベントを交えつつ6番目の星系へ。謎が謎を呼んでいますよ?
 男の子組が気のあったチームワークを見せてくれていい感じ。トスカお母さんの気分でほほえましく見つめています。宇宙は元気な男の子たちのものだよ。
 うん、確かにこれは80年代スメルだ。ソノラマ文庫の緑の背表紙の匂いだ。

 艦隊構成はまったく変化無しの巡洋艦1&駆逐艦2。一発当たればおしまいの薄っぺらい装甲でどうにかやってます。そろそろ戦艦とか造ってみようかしら。
 そういえば、惑星アイナスのVSゼーベンスト親衛隊戦で初めて旗艦以外の船を落とされたんですが、撃破状態でも港まで運んでいけば修理してもらえるんですね。ありがたやありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長~い鼻に常緑樹の緑色 これが新型東北新幹線だ

http://www.asahi.com/travel/rail/news/TKY200906170078.html

>国内最速の時速320キロで走る東北新幹線の新型車両(E5系)が
>17日、宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで
>報道陣に公開された。長く突き出た先頭部分と、常緑樹をイメージした
>車体上部の鮮やかな「常盤グリーン」が特徴だ。
>今後、東北地方で試験走行を重ね、11年3月から営業運転を始める。

>JR東によると、デビュー後、時速300キロから段階的に高速運転を
>実施。13年春からフランスの高速列車TGVと同じ時速320キロで
>走行し、東京―新青森間(来年12月開業)を3時間5分で結ぶ。

 例のネコミミ新幹線(個人的にはあれは狐耳だと思う。鼻長いし)がついに実戦参加ですよ。ちなみに、360キロ営業運転はしないのでこの車両にはネコミミ・エアブレーキは装備していないのだそうです。
 鼻っ面が長くて尖ったデザインのこの車両にメタリック・グリーンはよく似合ってますね。


090620

 運転席のデザインが非常に素晴らしいのですよ、昔のSFチックで。素晴らしき哉21世紀!


……なんかデジャヴを感じるなーと思ったら、これか!色合いとか、尖がってるとことか!
  (↓)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきましたよ

 週明けからまた出張ですが。

 今回は、ブログの更新にSH-04Aを活用。
 今まで小さい使いにくいと思っていたキーボードですが、ちょっとしたコツに気がついたら今度はその入力しやすさにびっくりですよ。メモ帳がもうちょっと使いやすければさらによかったのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

古本屋で

 ねんがんの「きくたけまいり(無印)」をてにいれたぞー。
 まさかこんなものが無造作に転がっていようとは・・・・・・。

 これで噂に聞く田中天の「あの」シナリオが遊べるわけだな!じつに楽しみだ!!
注意:周辺のプレイヤー諸氏は関連ワードでググったりしないことよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿の近くの古本屋

 一軒が、いつの間にか(具体的には二年半の間に)ペットショップになってた。悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/17

水戸より愛を込めて

 主に古本に対する。

 というわけで、早速宿の近くのブックオフに突撃してきたわけですよ。こんな役得でもないと出張なんかやってられませんからね。
 閉店間際の飛び込みだったのでろくにチェックできませんでしたが、それでもかなりの収穫がありました。エリック・ガルシアの「鈎爪プレイバック」シリーズの三巻目とか。これでやっと前の二巻も読めますよ。(一巻二巻は買うだけ買って積んでました)
 ちゃんとチェックするためにも明日はもうちょっと時間を作ろう。近くにもう一件古本屋があることだしね。

 関係ないけど、自販機で売っているドクターペッパーを見ると、関東に来たんだなぁという気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

明日から週末まで

 海の方に出張ってきます。
 急ぎの連絡などありましたら携帯の方にヨロ。

……DSは……置いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の無限航路

 これから5番目の星系に移動するぞーというところで鉄の精神力を奮ってゲーム中断。くそ、面白いなこのゲーム。

・戦闘メモ:VS空母・戦闘機
 戦闘機に絡まれたからといって慌てる必要は無い。対空戦闘中にも通常の戦闘行動は継続しているのだから、そちらから意識を逸らさないこと。
 被ダメージ量によっては戦闘機は完全に無視してもよい。
 ただし、戦闘機と遭遇する位置(=足止めされる場所)には細かく気を使うこと。
 回避機動>>>対空迎撃

……ということをクモの巣で三回ばかり旗艦撃墜されて学習しましたよ。畜生。


・今日の関東異次元一家艦隊(仮名)
 特に変化無し。
 宙佐どのが、これから戦闘機と戦うことになるぞー、対空官制に気をつけないと危ないぞー、と散々脅してくれるものだから、ちょっと新規に対空船能力が強いのを建造しようかとも思ったんだけどね。なにせ三隻中二隻が対空砲搭載不可だし。
 でもまあなんとかなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB電子レンジ

http://www.techeblog.com/index.php/tech-gadget/usb-powered-microwave-is-world-s-smallest

 えー?
 売り物にするんだから動作に問題は無いんだろうけど、なんだかすごく負荷がかかりそうなイメージがあってイヤだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マップス・ネクストシート 第29話 撃沈

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『コンパスを持つリプリリスに対し、どう戦えばいいのかわからないミュズは防戦一方。果たして、このピンチを脱する手はあるのか!?』

 わわわ、いつの間にか更新されてた。
 ナユタのガジェット満載の宇宙服がいいなぁ。ツノは無いけどな。
 お侍さんの戦闘スタイルが昔のままなのもステキだ。
 さて、リリスの謎は今回も明かされませんでしたが、さてその正体はいったいどのような……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水着:かなづちも泳げる器具発表…大阪の会社が米社と開発

http://mainichi.jp/select/today/news/20090616k0000m050095000c.html
ネタ元:イヤ展スレ

 写真を見る限りかなり薄くて動きやすそうですし、海で働く人たちのユニフォームにいいんじゃないでしょうか。いや、ライフジャケット機能としては弱いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

今日の読了本『キャプテン・キッド――権力と海賊の奇妙な関係』

・別枝達夫『キャプテン・キッド――権力と海賊の奇妙な関係』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無限航路

 星間戦争を食い止めたり海賊艦隊を倒したりしながら4番目の星系カルバライヤ・ジャンクションまでやってきました。

 戦闘についてのメモ
・彼我の距離と武器射程、コマンドタイムをよく見ながら前進・後退を活用すること。射程距離は最強の盾である。
・大技を撃つときは決して外れない状況を作ってから撃つこと。具体的には相手が大技を使った直後の<回避機動>を取れないタイミング。
・この宇宙にラッキーヒットなど存在しない。いきなり後衛艦を狙わず、最前列の敵から丁寧に落とすべし。

 とりあえず、今の所はこの方針でなんとかやれてます。この手ごたえならもうしばらくは艦の買い替えもしないでよさそうね。
 いま設計できる戦艦はデザインが好みじゃないのさ。

<現在の艦隊構成>
・オル・ドーネ級巡洋艦:スパローホーク(旗艦)
・アリアストア級駆逐艦:ウッドペッカー
(ジュノー級駆逐艦:クックロビンと入れ替え)
・アリアストア級駆逐艦:キングフィッシャー
(アルク級駆逐艦:スカイラークと入れ替え)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのゲームを映画に……

○ゼルダの伝説

 このゼルダは見たいぞ!
……って、残念ながらこれは去年のエイプリルフールのネタとして作られた予告編だけの物なのだそうです。惜しいなぁ。本編を見たかったなぁ。


○テトリス

 見てぇぇぇぇ!
 この発想はねぇよ!すげぇ、頭がおかしいとしか思えねぇ。すげぇ見てぇ!!


ネタ元:ハリウッドに映画化してほしいゲームランキング/1位と8位がアレだった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツで100足以上の靴泥棒、犯人は母キツネと判明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000433-reu-int

>ドイツ西部の小さな町、Foehrenで100足以上の靴が盗まれる
>事件があり、その犯人が1匹のキツネだったことが分かった。

>森林作業員がキツネの巣近くにころがっていた靴を偶然発見。
>さらに巣穴の中からは、最近盗まれた靴も見つかった。
>地元警察のスポークスマンは、「婦人靴からスニーカーまで
>あらゆる種類の靴があり、これまでのところ110─120足が
>見つかった。母キツネが子どもの遊び道具にと盗んだようだ」と話している。

 くわっ、なんという新美南吉っ!?
 ううん、想像するだに可愛いなっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時雨沢恵一『学園キノ3』

『もうここまで来たら、誰も彼を(←誰?)を止められない!?
これは、謎の正義の味方に変身する腰にモデルガンを下げてちょっと大飯喰らいなだけの普通の女子高生・木乃と、人語を喋るストラップのエルメスが繰り広げる、硝煙反応たっぷりの連射乱射な物語。静先輩やサモエド仮面、陸太郎にワンワン刑事、茶子先生とティーが登場しちゃってます。
そしてそして、今回は「え~!? その人出しちゃうのーー?」という人が出たりします。
――この小説は最初から最後までフィクションです。実際の内閣総理大臣、日本国政府、防衛省、東京都、神奈川県、「キノの旅」とは一切関係ないです』

 口絵からあとがきまで、あいかわらずの無茶苦茶っぷり!好き勝手にやりすぎだろう!?いまさらメンナクかよっ!?
 指セイフティの重要性についてこんなに熱く語るあとがきを読んだのは生まれてはじめてだっ!!

 見開き茶子先生の「 まだ終わってないぞぉ!」にちょっと感動したのは内緒よ?


 制服の下にジャージを着る謎のキノにはがっかりですよ、畜生。制服の下にジャージを着ることを禁止する法律を作ってくれよ麻生タロー首相(注・第九十二代内閣総理大臣。空を飛ばない者だけを指す)
 彼女が着てた「?」と「!」の文字がすてきなミゼラブルTシャツどこかに売ってないかしら?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話からの投稿

つまりはテストですだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/14

シノビガミ遊びましたよ

『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』公式サイト

現代社会の裏側に潜む影の住人たちーー忍者。機密文書や秘伝書、時にヒロインの心すら奪い合う、忍者同士の血戦を楽しむテーブルトークRPG。プレイヤーとプレイヤーがしのぎを削る、非情な忍法合戦が幕を開けるッ!

 タイトル通り忍者ものTRPG。現代を舞台に山田風太郎の忍者小説や少年ジャンプの異能バトルもののような複数対立バトルを楽しむゲームです。

 システムがたいへんエッジで面白い。
 表裏になっているハンドアウトを使用したプレイヤー同士の"秘密"を探りあう情報戦ルールや、戦闘開始時のイニシアティブ決定で相互の間合いが変わるというアイデアには感心しました。シンプルなシステムなのにゲーム的な深さがあります。
 読み合いや駆け引きが熱いんだ!

 今回はPC人数が少ないので本格的な対立シナリオではありませんでしたが、次回はガチの多人数PvPをやってみたいな。殺したり殺されたりしたいぞ。


 ぼくの使ったPCは忍術流派「隠忍の血統:星の智慧派」に所属する学者(?)、三ツ角大学の内原(ないばら)先生。
 「忍法“古き印”(『遁甲符』相当。つーかお前が使っちゃイカンだろ)」「秘術“エイボンの印”(GMのファンブル時に割り込んで宣言。つーかお前がry)」や「秘奥義“クルーシュチャ方程式”(『絶対防御』相当)」などの名状しがたき忍法を使いこなす探索者。世界のすべてを知りながら未知を楽しむ矛盾の男。どこが忍者だとか突っ込むのはノーグッドだっ!
 何かあると「それについて、わたしはすでに知っているのだよ。だが、君が知るにはまだ早いな」とか「フムン、では講義を始めよう。つまりこれは……(「GM、解説ヨロ!」)……と、言うわけだ。納得いったかね?」とか「面白い、わたしに分からないことがあるぞ!これはわたしの知らないことだ!面白い!実に素晴らしい!」とか、適当なことを言いながら負けないロールプレイを満喫してきました。
 もちろん、プレイ自体は真っ当に展開して、きちんと忍務を果たしましたよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無限航路

公式サイト

 はい。というわけで念願の『無限航路』を手に入れたぞー!
 今は三つ目の星系でウロウロしているところです。

 ベタベタなスペオペ展開とスペオペガジェットの影で、押さえるべきところをきっちり押さえている良いゲームです。この宇宙航路を飛び回っている感じが素晴らしいですよ。ゲートの先にはまだ見ていない何かがある。だからぼくはそこへ行く。もっと遠くへ!
 なつかしの名作スペオペエロゲ『LOVE SEED』のゲーム性をより高めたような……と言って何人に通じるだろう?


 ううん、でも操作性がちょっと癖があって慣れるまでつらいなぁ。
 行動選択のコマンドからゲームスタートやセーブにいたるまですべての選択がタッチペンで、ボタンは一切使用不可。ボタンは文章送りくらいにしか使われないという、大変に漢らしい設計です。予告編動画のように、ディスプレーを直接叩いて操作しろってことですね。そういう雰囲気重視なのは嫌いじゃないですよ。ないのですが……操作方法が完全に固定されるのはちょっと残念だなぁ。
 とっつきにくいところはありますが、操作系は大変シンプルに分かりやすく作られていて「すべての操作はタッチペンを使用するものである」という基本を受け入れてしまえば、以後は間違える要素が一切無いのはよい設計です。
 でも、文章の読み直し機能は欲しかったかな?

 そういえば、操作性関連で残念なことがもう一つありました。
 トレーラーを見た時点で、タッチペンを使わずに指で操作しようと心に決めていたんですよね、わたし。だって、そのほうがよりインサイドできそうじゃないですか?
 それで、いざゲームを手にいれて、スタトレ気分で直接指操作をしようとしてみたら……指が太くてタイトに操作できねぇよ!畜生ハーマン。畜生。


 ゲームの華である艦隊戦闘も操作すること自体は大変シンプル。言ってしまえば奥の深いジャンケンです。いかにして相手のパーを出せなくするか。グーを出すしかない状況に追い込むか。システムがシンプルなだけに戦術に集中出来て面白い。
 そうそう、戦闘シーンでは皆さんよくしゃべってくださいます。にぎやかで大変楽しい。スペオペ艦隊戦と言えばこういうのが欲しいよねぇ(←ギリギリヤマト世代)

 いかにして強力なパーツをブロックサイズに合わせて有効に組み込むか、というパズルゲーム要素の強い戦艦カスタマイズはこれまたやりがいがあって楽しい。セレナリアのときもこれで盛り上がったもんだよ。


 この手のゲームの最大の難敵と言えば艦船名ですよね。自分の乗船にはいい名前をつけてやりたい。色々考えては見たんですよ、ファンタジー地名とかブーメラン戦隊の13機とかクトゥルフの神様とかナイトウィザードの二つ名表を振って決めるとか。結局、ギリギリまで粘って考えた結果、駆逐艦は小鳥、巡洋艦は猛禽といった感じに戦闘艦カテゴリごとに方向性をまとめることにしました。全体でどのくらいの戦闘艦カテゴリがあるのか、最終的にどのくらいの数の船を手にすることになるのかがまだ見えないので、とりあえず無難な方向性で。以後、海洋生物、爬虫類、哺乳類を各艦種に割り振っていきます。戦艦は恐竜がいいかしら?

……やっぱり一隻目はブリタニア号にしたかったなぁ(未練)
 まあ、最初の船の名前はスミスから持ってくると言う条件は満たせたからよし。

 関東異次元一家艦隊(仮名)所属艦(現在3隻)
・アルク級駆逐艦:スカイラーク
・ジュノー級駆逐艦:クックロビン
・オル・ドーネ級巡洋艦:スパローホーク
(製造順)

続きを読む "無限航路"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この週末は

 TRPG『シノビガミ』を遊んだり、『無限航路』を遊んだり風邪を悪化させたりしていました、まる。

 あ、ターミネーター4とトランスフォーマーの先行上映のことをすっかり忘れたた。まあ、この雨ではどっちみち行けなかったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/12

峰守ひろかず『ほうかご百物語5』とそのほかあれこれ――或いは、ビキニアーマーが嫌いな男子なんていません!の事

『多々羅木兄妹の騒動が一段落し、2年生への進級を控えた春休み。学校の裏山で蛇を助けた僕の身にまたまた事件が降りかかってきた!?
「つーわけで、嫁にしなさい」
 そんなセリフと共に現れた、この綺麗なお姉さんは一体何者!?
 しかも『謎の花嫁事件』のあと、イタチさんが何者かに、“デート”に誘われたからもう大変!多々羅木家の妹・美生さんと一緒にイタチさんを尾行することになった僕なのですが……?
 ピュア可愛いイタチさんと僕の放課後不思議物語。第14回電撃文庫大賞<大賞>受賞作第5弾登場です!!』

 OK、わかった。ちょっと蛇を助けに山にいってくる!
 長身貧乳長髪ノーパンお姉さんだとっ!?しかも「メイド服でも割烹着でも着てやるわよ!」ですとなっ!?どこだっ割烹着鱗さんのイラストはどこに載ってる?畜生、見つからねぇ。この本は落丁だ!!

……まあ、それはさておき、今回もあいかわらずのゆったり空気の安心ペース。
 新年度になってメンバーも増員。フレッシュ(?)な新人さんが増えましたー!よりにぎやかになった美術部妖怪対策班(仮名)の明日はどっちだ!

 今回は女の子たちのコスプレっぷりが実に華やかで素晴らしい!
 女性陣ほぼ全員集合で着物を着てみたり(「鱗さんと委員長とイタチさんについて詳しい報告を求める」)、レスリングのユニフォームを着てみたり、フルアーマーイタチさんになってみたり、新米女スパイ(あまりにもタイミングバッチリすぎて噴きましたよ)が追跡術を披露してみたりと、まったくもって素晴らしい読者サービスです。ありがとう、作者の人!

 ところで、口絵のディケイドガンダム(仮名)のガンダムっぷりに「ああ、"目が二つあってアンテナがついていればみんなガンダムだ"と言うのは本当なんだなぁ」と思いますた、まる。


 以下、今月のスーパーミネモリタァイム(巻き舌)について
○電撃文庫マガジン版『ほうかご百物語5』短編『ユー、ロボット?――或いは、活人形の事』
 今回のテーマは、特撮ヒーローもの定番の変身怪人編でした。
 主人公が(珍しく)まっとうに活躍ですよ!

……しかられて小さくなる滝沢さん(外見)だと?(ざわ…ざわ…)
 堪らねぇな。


○電撃文庫マガジン新連載 対談エッセイ『べにたま・みねもりのぐっとくる話』
 ぐっとくる新連載。なんというか、こう、実に……ひどい有様です。
 正面きっての殴り合い。手加減無用のガチバトル。腹を抱えて笑いましたよ。
 
 ラノベにー! 乾杯☆

……それにしても、やはり作品だけでは人間は分からないものなんだなぁ(遠い目で“雪蟷螂”をそっと抱きしめながら)


○電撃文庫折込チラシ「電撃の缶詰」コラム『わたしと一億』
キーワード:「藤子F」「卵泥棒」「パルデス」

……すげぇ。この男……本当に好き勝手に書きやがったー!?
 怒られなかったのかしら?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』

『太陽は七時間後にノヴァと化し、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが、一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた!人類のために奮闘する異星人たちを描いた表題作のほか、名作『幼年期の終り』の原型短篇「守護天使」、作品集初収録の中篇「コマーレのライオン」、大戦中の空軍士官クラークの体験をつづるエッセイ、年譜などを収録した日本版オリジナル短篇集第一弾』

 指定テーマ無しの初期作品短編集のはずなのですが、それでもそこに一本筋の通ったテーマが見えるのがよい。クラーク的な時間・空間を超えたというか、人類を相対化するような圧倒的なヴィジョン。
 収録された短編では人間離れした異星人たちの地球探索ミッション『太陽系最後の日』と『幼年期の終り』の原型になった短篇『守護天使』が気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英BAEシステムズ、「FX」採用ならユーロファイターの技術情報を開示

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090611AT1D1106Y11062009.html

>英BAEシステムズのアンディー・レイサム副社長は11日都内で記者
>会見し、日本の次期主力戦闘機「FX」の候補機である欧州のユーロ
>ファイターについて、日本が採用を決めた場合、日本でライセンス生産が
>しやすいよう詳細な技術情報を開示する考えを明らかにした。

>日本の戦闘機は代々、米軍機をライセンス生産してきたが、詳細な
>設計情報を開示しない「ブラックボックス」化が進んでいる。
>日本の防衛産業は先端技術に触れられず、生産や整備面での障害に
>なっている。レイサム副社長は「我々はブラックボックスを設けない」と
>述べ、米国との違いを強調。ユーロファイター採用のメリットを強調した。

 改造を施した部分についてはその改造についての情報をBAEに開示する事が条件だそうですが、それでもタイフーンを選ばない理由はもう無いよなぁ。
 せっかく「ユーロファイターの開発仲間になろうぜっ!」 とラブコールを送ってもらえたんだから受けちゃえ。


……あ、ちなみにぼくは「ラファール買おうぜ!見た目が可愛いから!」派なので、ラプターだろうがタイフーンだろうがフランカーだろうがどうでも良いですよ?

 ほら、こんなに可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表! 創元SF文庫を代表する1冊は何か?――読者投票によるベスト20結果発表

http://www.webmysteries.jp/sf/sfbunko0906.html

 や、残念ながらぼくが票を投じた『サンティアゴ』は入選できませんでした。残念無念。
 まあ、『レンズマン』も『キャプテン・フューチャー』も『デュマレスト・サーガ』も『火星』も入選したので良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/11

今日の読了本『学園キノ3』

・時雨沢恵一『学園キノ3』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪を

 こじらせた。
 今日はもう寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

今日の読了本『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』『ほうかご百物語5』

・アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』
・峰守ひろかず『ほうかご百物語5』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Terminate Yourself

http://terminateyourself.com/
ネタ元:あさけのさんの日記(mixi)

 肖像写真をターミネーターにしてくれるサイト。
 早速なので自分の写真で試してみました。

090610_iamterminated

……おかしいな、あまり変わった気がしないぞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利用方法に困る超巨大コンドーム

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090607_super_giant_condome/
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 『裸のガンを持つ男』の二作目だか三作目だかにこんな感じの全身コンドームのネタがあったような……なかったような。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

引退した畳職人が作ったへクスシート畳

http://gin.ajigasawa.jp/archives/2005/06/post_103.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

>亀甲模様なゴザをはってるというわけではなく、ひとつひとつが
>30cmくらいの六角形の畳で…。
>二畳分のスペースに40数個のちっこい畳が…。

 なんというへクスマップ!!つまりこれはスケールモデルを並べてシミュレーションゲームを遊べと言うことですね!?
 1/72スケールで『騎士十字章』とか『空戦マッハの戦い』とかやってみてぇ!!
【どんだけ広い部屋が必要なんだよ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

今日の無限航路

 発送メールがこないなー。おかしいなー。

 と思って確認してみたら、注文未確定のままショッピングカートに入ってました。そういえば自転車のチューブをいっしょに買うかどうかで悩んでそのままにしてたんだっけ。
……よくあることだよね!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YANS! GANS! (MEAT OR DIE) #01 OPEN BETA


ネタ元:Keep It Simple Stupidさん

 うは、これは残虐非道だけど可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

ICOでYAWARA! OPパロ(ニコニコ動画)


ネタ元:吉井徹さんの日記(mixi)

 クオリティが高すぎる!?密度が尋常じゃねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

今日の読了本『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』

・入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸』

 軽やかに無残で爽やかに残酷な物語。
 続きも出てるのか……読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スター・トレック

公式サイト

 素晴らしい!情報という情報を片っ端からシャットアウトしておいてよかった!
 新しいキャプテン・カークの冒険は、旧作のファンにもこれが初スタトレの人にもお勧めできる素晴らしいスペースオペラでした。娯楽SF映画かくあるべし!いやもう、どのシーンを切り取っても素晴らしいのですよ!!
 巨大宇宙船とUSSケルヴィンの激戦の中、誕生する一人の男の子。という印象的なイントロシーンからはじまる若きカークとスポック、そしてマッコイの冒険と友情の物語。
 アクションありメカありコメディあり。危険な惑星での巨大生物との追いかけっこもあり!それらが旧作をイメージした、それでいて古臭くはない丁寧な演出でぼくらを楽しませてくれます。
 旧作ファンへのサービスもそこかしこに仕込まれていて、しかもそれがイヤミじゃない。トレッキーの人もそうでない人もみんな見に行くのがよいよ!
 新しいエンタープライズとともに星の海に漕ぎ出そう!!


……ああそうだ、あとで親父にメールしておかなくちゃ(←親子二代トレッキー)

 以下ネタバレ

続きを読む "スター・トレック"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

路面列車が走る街

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=80295
ネタ元:狼牙堂さん

 げげーっ!レギュラーサイズだとー!?
 これはまさに……
>蒸気を逸している

 なかなかにインパクトのある光景ですが、現代の街中を蒸気機関車が走っているという“絵”は良いね。惚れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/06

今日の読了本『食前絶後!!』

・ろくごまるに『食前絶後!!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーディケイド 第19話終わる旅

 前半戦終了。九つのライダーの世界を巡る旅もこれで一区切り。第一部の最終回にふさわしいよいエピソードでした。
 受け継がれていく鬼の力。師匠と弟子。手を取り合う若き世代。というドラマ力の高い展開で十分にうれしい話なのに、その最後にはライダー全員参加の、鬼たちとディケイド&ディエンドによる同時音撃ですよ!初めて同時音撃が一つの曲になりましたよ!
 太鼓とギターとラッパによるハーモニー。きちんと合奏演出が入ると、燃え度も効果の説得度も段違いですよ。本放送のオロチ戦もこういう音撃であるべきでしたよ!

士「俺の台詞奪ったな!」
海東「言っておくけど、ボクは君よりもずっと前から通りすがりの仮面ライダーだ!覚えておけ!」

 なんだか、先週に引き続いて海東さんが一気に株を上げましたね。その分割を食った人もいましたが。具体的に言うと主人公。
ユウスケ「今回はヤケに爽やかだね」
夏海「そうですねー」
士「奴は只の泥棒だ」

 海東はたいへんなものを盗んでいきました。あなたのセリフです。(銭型っツラ)

 ところで……
あちゃくらさん「ああ……祭りの場所はここか」
……あなたが参加したのは何の祭りだったんですか浅倉さん?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/05

今日の読了本『さむらいの刀はどうして折れない?――数の世界を楽しむ』

・アンナ・チェラゾーリ『さむらいの刀はどうして折れない?――数の世界を楽しむ』

 9歳の男の子と元数学教師のお爺ちゃんが何気ない日常の中に潜む『数学』についてあれこれ話すのを読みながら『数学』的思考について学んでいける、読みやすくて分かりやすい数学の入門本です。計算式はほとんどなし。簡単かつ具体的な例を示しながら『数学的な考え方』を示してくれるので数学アレルギーの人でも安心。
 トトカルチョの話題からは『累乗』について、日本の刀がどうして堅いのかと言う話から『指数』を、カードの並べ方からは『順列』『組み合わせ』を学ぶことが出来ます。そのほかにも論理的思考や統計の話についても日常に関わるテーマと結びついた具体的な解説がなされています。

 元々が(イタリアの)小学生対象の本なので、数学につまずき気味の文系中高生に読ませるとよいかも。数学知識が錆付いた大人がおさらいするのにも最適。児童書を読むのに抵抗がないのならだけど。

統計の公式があるんだ。38500人を調査すれば、その人たちから出た結果が国民全体を調べた数値と一致することが、95%まで確実なんだよ。これはスイスでも中国でも同じなんだ。38500という数字は、調べる国の人口には関係がないんだよ。


・成田良悟『世界の中心、針山さん』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイヴィッド・キャラダイン、事故死

『キル・ビル』のキャラダインさん、自慰中の事故死か

……(微妙な表情)。

 ええと、なにはともあれいい役者サンでした。あちら側でも暴れ続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイヴィッド・エディングス死去

http://www.fictionmatters.com/2009/06/03/david-eddings-dead-at-77/
ネタ元:いつでも人生、明るい方を眺めていこうやさん

 うわぁ、『ベルガリアード』や『エレニア記』のエディングスまで……。

 記事内容もショックですが、ネタ元の鮎方さんがコメント欄で言っていた言葉でダブルにショックですよ。
>ムアコックとか筒井康隆とかももう70代な訳ですよ!
 ぎゃぁ!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日の新製品

 今日、まったく別のところで聞いた、まるっきり別ジャンルの新製品があまりにもがっしりと噛み合いすぎていてどうしようかと思いますた。
その1:カテキン入り&緑茶風味のコカ・コーラが登場!
その2:機動戦士ガンダム00 幸せのコーラサワーグラス

 カテ(ィ・マネ)キン入りコーラ(サワー)ですとな!?幸せグラスで飲めってことか?
 これ、狙ってやったわけじゃないんだろ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「007」ダニエル・クレイグの水着姿がアイスキャンディーに!

http://e-days.cc/cinema/news/200906/27335.php

 MI6つながりで。
 セクハラすれすれのデザインが挑戦的過ぎるだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

そそっかしい女工作員 MI6真っ青の「大惨事」

http://news.goo.ne.jp/article/facta/world/20090601-02-00-facta.html
ネタ元:黒書刊行会さん

>英対外諜報機関MI6の女性工作員「T」(32歳)が、メモリースティックの
>紛失で大失態をしでかした。スティックには北米や南米から欧州に及ぶ
>年間500億ポンド(約7兆5千億円)規模の麻薬密輸網に関する情報と、
>情報提供者のリストが記録してあったのだ。コロンビアでの初任務に
>向かう途上で紛失、Tを任命した英重大組織犯罪対策機関(SOCA)の
>存在意義まで問われている。

>メモリースティックに記録されている情報が表沙汰になれば、数百人もの
>情報提供者の命が密輸組織に狙われるため、事情に詳しい情報筋も
>「MI6最大の惨事」と嘆いた。

 なんという大失態!今頃ダニエル・クレイグがフォローのために世界を飛び回っていることでしょう。

>「人柄は悪くないものの、向こうみずでそそっかしい。バッグごと
>なくしそうなタイプ」とSOCAの調査員までが評するTを、そもそも
>なぜこのような重要な任務に就かせたのか。

 どじっ娘スパイ……だと?
 それは新手のハニートラップですか!?なんて危険な罠だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/04

今日の読了本『世界の中心、針山さん2』

・成田良悟『世界の中心、針山さん2』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/03

念願の漆黒のシャルノスを始めたぞー!

 第一話だけ。

「――すべては、ここから始まるのです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

ロケットおっぱいの持ち主であるテニスプレイヤー、邪魔なので縮小手術を受けることに

http://blog.livedoor.jp/domesaka/archives/853817.html
ネタ元:イヤ展スレ

 そりゃ、邪魔だよなぁ。重いし揺れるし。

 ところでこの記事、一見ただの笑い話ですが、実は割と真面目な問題を含んでませんか?だって、競技に勝つために肉体改造をしようという話なんだよね?
 この記事のおっぱいだと、元々そこにある物を削るだけだからズルをしていると言う印象をあまり受けませんが、例えば骨を接いで手足の長さを伸ばす手術であるとかは分かりやすくスポーツマンシップにのっとっていないじゃありませんか。
 最近の医学の進歩を考えると、旧来のドーピング検査だけでは近いうちに公正な競技は出来なくなってしまうのではないかしら。より厳密なレギュレーションを設定しないと競技プレイヤーの能力と無関係なハードウェア的な技術力だけで勝負がついてしまうのではないかと心配になってしまいます。
……スポーツ競技は制限ガチガチにかけて正々堂々人間力だけで競うのがよいのですよ。オリンピア山で。全裸で。


 そして、それはそれとしておいといて……今、今こそ!このテクノロジーが恐竜的新化を遂げつつある現代にふさわしいスポーツ・カテゴリを創るのですよ!制限ナシナシ、ドーピングあり、人体改造もありのすっげく派手なヤツをっ!!
 つまりは人体改造アリアリのサイボーグ規格パラリンピック(C)攻殻機動隊 ですよ!普通のスポーツにはあまり興味ないけど、こっちなら見てぇ!
【色々とダメな結論だな】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もはやコントローラなど不要!? “次世代”が垣間見えたXbox 360発表会

http://news.dengeki.com/elem/000/000/168/168501/

>同社は立体的な動きを感知するセンサー“Project Natal
>(プロジェクト ナタル)”の開発に成功したという。
>これを使えば、コントローラを使用せずにパネルを操作したり、
>ゲームを遊んだりといったことが可能になる。このセンサーは、
>これまで発売されたソフトでも使えるとのこと。

 映画『マイノリティ・リポート』のインターフェイスみたいな感じかな?
 趣味的にはパントマイム操作の代表作は『JM』であると主張したいけど、あれはデータグローブが必須なんだよなぁ。

……そういえばTec(後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子の目線で考える 男の部屋着ベストチョイス!

http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/110000007046?vos=nr25an0000001
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

>逆にNGなのは、(中略)「作務衣、バスローブは狙いすぎ」

090602
 なん……だと?

 浴衣はセーフだよね?だよね?ジャパニーズ・トラディッショナル・ホームウェアは日本人のソウル・ユニフォームですよっ!?
【とりあえずマスクが確実にアウトじゃね?】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国の年金受給者ら、客船からデッキチェア投げて海賊を撃退

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2604961/4180605
ネタ元:みづせゆうさんの日記(mixi)

>クルーザーで旅行中の英国の年金受給者たちが、ハイジャック
>しようと襲ってきたソマリアの海賊を、デッキチェアなどで撃退

 さすがは世界に冠たる海洋国家イギリス!つーか海賊の大先輩。ぽっと出の新米なぞ恐れるに足りないということですね!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/01

今日の読了本『メグとセロン1~4』

・時雨沢恵一『メグとセロン1~4』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊2 特務戦隊フュリアス』

『命運を賭けた決戦に大敗し、満身創痍となった艦隊を敵本拠星系から無事に脱出させたギアリー大佐。次々と策を用いて敵の裏をかきながら故郷をめざす途中、シュトラー星系で捕虜収容所を発見、救出に成功した!だが、その捕虜の中には、ギアリー同様“伝説の英雄”と讃えられるファルコ大佐がいた。野心家の彼は艦長たちを扇動し、39隻の艦をひきいて艦隊を離脱、一路故郷の宙域をめざすがそこには怖るべき敵の罠が!?』

 コールドスリープから起きてみたら、我が身を盾に味方を守った伝説の英雄として祭り上げられていて、目覚めたとたんに敵勢力のど真ん中で満身創痍の艦隊を司令官として故郷へ帰還させる任務を背負わされ、次から次へと発生する問題に立ち向かう羽目に陥った気の毒なギアリー大佐の奮闘録の第二弾が発売されましたよー。どんどんぱふぱふ♪

 あいかわらず艦隊戦はカツカツです。ギアリー大佐の必死の教育のおかげで艦隊の戦闘力を強めることは出来たけれど、敵方もその戦い方を分析し学習して手強く進化している。そんな中で救出してやったカリスマ仕官はギアリーへの対抗心から部下を扇動し、貴重な艦艇を奪って艦隊から離脱して行く。
 そして前作では匂わされるだけだった謎の異星人の存在もおぼろげながら現れてくる。彼らは地球人領域への侵攻を目論んでいるのではないか!?
 内にも外にもトラブルだらけ。どっちを向いてもエネミー。どこまで行っても敵地。とんだキャプテン未来もあったもんだよ。四面楚歌のアライアンス艦隊は本当に故郷に帰ることが出来るのか!?
 今回も見せ場一杯で目が離せません。そして、ピンチのまま迎える次の巻の展開が楽しみだ。
 そうそう、副大統領(あと<ドーントレス>艦長も)の萌えキャラっぷりはずるいと思う。

 というわけで、本編はたいへん楽しめたのですが……ちょっと気になったのは、この巻から本のサイズがトールサイズになっているんですよね。字が大きくなって読みやすくなっているのはありがたいのだけれど、本棚に並べたときに一巻だけ旧版サイズなのがどうにも落ち着きません。グインやローダンみたいな長期シリーズだけじゃなく半端な巻数のシリーズも旧版サイズで通してほしかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島の すごい 焼酎

http://www.geocities.jp/yasunobu1217/sake/imo/s_0016.html
ネタ元:クトゥルフスレ

 いや、単に商品名がクトゥルーなだけですが。ありがちといえばありがちだわね。
 なんか、飲んだらひどい夢を見そうな気がしますよ。海底でごろごろしながら目覚めの日をだらだらと待つ感じの。

 つーか、むしろこっちが気になります。→百年の孤独
……って、本当にガルシア・マルケス由来なのか。
 興味はあるけど、ちょっと高いよなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »