« アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』 | トップページ | この週末は »

2009/06/12

峰守ひろかず『ほうかご百物語5』とそのほかあれこれ――或いは、ビキニアーマーが嫌いな男子なんていません!の事

『多々羅木兄妹の騒動が一段落し、2年生への進級を控えた春休み。学校の裏山で蛇を助けた僕の身にまたまた事件が降りかかってきた!?
「つーわけで、嫁にしなさい」
 そんなセリフと共に現れた、この綺麗なお姉さんは一体何者!?
 しかも『謎の花嫁事件』のあと、イタチさんが何者かに、“デート”に誘われたからもう大変!多々羅木家の妹・美生さんと一緒にイタチさんを尾行することになった僕なのですが……?
 ピュア可愛いイタチさんと僕の放課後不思議物語。第14回電撃文庫大賞<大賞>受賞作第5弾登場です!!』

 OK、わかった。ちょっと蛇を助けに山にいってくる!
 長身貧乳長髪ノーパンお姉さんだとっ!?しかも「メイド服でも割烹着でも着てやるわよ!」ですとなっ!?どこだっ割烹着鱗さんのイラストはどこに載ってる?畜生、見つからねぇ。この本は落丁だ!!

……まあ、それはさておき、今回もあいかわらずのゆったり空気の安心ペース。
 新年度になってメンバーも増員。フレッシュ(?)な新人さんが増えましたー!よりにぎやかになった美術部妖怪対策班(仮名)の明日はどっちだ!

 今回は女の子たちのコスプレっぷりが実に華やかで素晴らしい!
 女性陣ほぼ全員集合で着物を着てみたり(「鱗さんと委員長とイタチさんについて詳しい報告を求める」)、レスリングのユニフォームを着てみたり、フルアーマーイタチさんになってみたり、新米女スパイ(あまりにもタイミングバッチリすぎて噴きましたよ)が追跡術を披露してみたりと、まったくもって素晴らしい読者サービスです。ありがとう、作者の人!

 ところで、口絵のディケイドガンダム(仮名)のガンダムっぷりに「ああ、"目が二つあってアンテナがついていればみんなガンダムだ"と言うのは本当なんだなぁ」と思いますた、まる。


 以下、今月のスーパーミネモリタァイム(巻き舌)について
○電撃文庫マガジン版『ほうかご百物語5』短編『ユー、ロボット?――或いは、活人形の事』
 今回のテーマは、特撮ヒーローもの定番の変身怪人編でした。
 主人公が(珍しく)まっとうに活躍ですよ!

……しかられて小さくなる滝沢さん(外見)だと?(ざわ…ざわ…)
 堪らねぇな。


○電撃文庫マガジン新連載 対談エッセイ『べにたま・みねもりのぐっとくる話』
 ぐっとくる新連載。なんというか、こう、実に……ひどい有様です。
 正面きっての殴り合い。手加減無用のガチバトル。腹を抱えて笑いましたよ。
 
 ラノベにー! 乾杯☆

……それにしても、やはり作品だけでは人間は分からないものなんだなぁ(遠い目で“雪蟷螂”をそっと抱きしめながら)


○電撃文庫折込チラシ「電撃の缶詰」コラム『わたしと一億』
キーワード:「藤子F」「卵泥棒」「パルデス」

……すげぇ。この男……本当に好き勝手に書きやがったー!?
 怒られなかったのかしら?

 

|

« アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』 | トップページ | この週末は »

コメント

気合いの入った感想ありがとうございます、「良き青空を」を広める会(嘘屋非公認)会長、峰守です。改めて見るといろいろ出たなあ、今月。
 
>長身貧乳長髪
>割烹着
ピンポイントな食い付き、ありがとうございます。上のはともかく割烹着に萌えられるとは思いませんでした。

>新米女スパイ
僕も吹きました。いろいろ出しましたが、よりによってこれが実在するとは(しかもこのタイミングで)! 
金髪怪力ガールとかビキニアーマー女子高生とか貧乳蛇女房とかもそこらへんにいませんかね。

>この男……本当に好き勝手に書きやがったー!?
だって一億年ってお題を振られたらやらざるを得ませんでしょうが! これでも削ったんですよ、「さよならダイノサウルス」とか超獣ガラン(別名3億年超獣)とかのネタを!
……まあ、冷静になってみるとやりすぎた気もするのですが、もう遅い。大っぴらにあの挨拶ができただけで僕はもう満足です。

良き青空を!(一点の曇りもない笑顔で)

投稿: 峰守 | 2009/06/13 22:17

>割烹着に萌えられるとは
 割烹着のお女中さんはジャパニーズ・トラディッショナル萌えガジェットですよ!日本人としてこれに萌えずして何に萌えるというのですっ!!

>金髪怪力ガールとかビキニアーマー女子高生とか貧乳蛇女房とかもそこらへんにいませんかね
 います。もちろんいますとも。いないわけが無いじゃありませんか。むしろいるべきだっ!!
……だからそろそろぼくの前に出てきてくれてもいいと思うんですよね?

>大っぴらにあの挨拶ができただけで僕はもう満足です。
 なんという恐るべき男。美事なり!

 では、よき青空を!

投稿: Johnny-T | 2009/06/16 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/45322694

この記事へのトラックバック一覧です: 峰守ひろかず『ほうかご百物語5』とそのほかあれこれ――或いは、ビキニアーマーが嫌いな男子なんていません!の事:

« アーサー・C・クラーク『太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1)』 | トップページ | この週末は »