« エロゲ「タイムリープぱらだいす」の必要HDD容量がどう見ても頭おかしい件 | トップページ | 目で追い切れないハイスピードなロボットの動きに驚きの声 »

2009/08/24

未知素粒子の可能性 高エネ研、加速器実験で新現象

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090822AT1G2103921082009.html

>高エネルギー加速器研究機構は21日、大型加速器を使った
>国際共同実験で、素粒子物理の基礎である標準理論に
>当てはまらない新しい現象を発見したと発表した。
>「超対称性粒子」と呼ばれる未知の素粒子が存在する
>可能性を示し、新しい物理学の理論のヒントになるという。

>加速器実験施設のBファクトリーで大量に作った粒子「B中間子」が
>別の様々な粒子に変化する「崩壊」という現象を調べ、
>その中でごくまれにしか起きないパターンを詳しく分析した。

>その結果、崩壊で生まれた電子とその反粒子の陽電子のペアなどが
>放出される方向が、標準理論の予測値からはずれていることが
>わかった。むしろ、未知の素粒子を想定する新理論
>「超対称性理論」に近かった。

 おお、これで宇宙の真理に一歩近づきましたね!
 CERNの加速器LHCに先駆けて発見とはやるなぁKEK

関連:超対称性理論(Wikipedia)

|

« エロゲ「タイムリープぱらだいす」の必要HDD容量がどう見ても頭おかしい件 | トップページ | 目で追い切れないハイスピードなロボットの動きに驚きの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/46022193

この記事へのトラックバック一覧です: 未知素粒子の可能性 高エネ研、加速器実験で新現象:

« エロゲ「タイムリープぱらだいす」の必要HDD容量がどう見ても頭おかしい件 | トップページ | 目で追い切れないハイスピードなロボットの動きに驚きの声 »