« 恐竜SFドラマ「プライミーバル」集中再放送 | トップページ | 感動巨編『Cheers campaign ads』 »

2009/08/21

稲垣吾郎はこっちのひとだった

http://let-us-rock.air-nifty.com/kimagurezakki/2008/01/post_ffd4.html
ネタ元:掃き溜めさん

> 零戦の脚収納庫をみて、「この青竹色はこれっていう色が
>なくてね・・・調合が難しくて・・・・・・」

 なんという重みのある言葉だろう。どう見てもガチの経験者です本当にありがとうございました。

>お見合いの席でもプレゼントされたキットをみて「紫電の改良型、
>紫電改」と答えるあたり、ただの模型好きではなことをアピール。
>で、お見合い途中で箱をあけ、説明書に没頭

 これはゴローちゃんを見る目がかわりますねぇ。すごい親近感がわいてきました。いや、ぼくは戦艦とか戦車とかさっぱり分からないけど。

|

« 恐竜SFドラマ「プライミーバル」集中再放送 | トップページ | 感動巨編『Cheers campaign ads』 »

コメント

オタ系という意味で言えばキムタクと共にかなりオタよりの人だと思います。仮面ライダーGとかも色々な意味で素敵でしたし。
そういえば昔スマスマで「キムタクと吾郎ちゃんが交互に二人で漫画を朗読する」コーナーがあったのですが
1回目:エリア88
2回目:ブラックエンジェルズ
という素敵セレクトでした。
#人気がなかったのか3回目以降はなかった気が

投稿: Nachbar | 2009/08/22 10:52

>仮面ライダーG
 ああそうか、結局見られなかったものだから意識に無かった。それは確かにオタクの所業!

>「キムタクと吾郎ちゃんが交互に二人で漫画を朗読する」コーナー
>1回目:エリア88
>2回目:ブラックエンジェルズ
 ステキだ!!こんな素晴らしい企画が人気ないわけありませんよっ!!
【ファンの女の子は喜ばないだろう】

投稿: Johnny-T | 2009/08/25 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/45992573

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣吾郎はこっちのひとだった:

« 恐竜SFドラマ「プライミーバル」集中再放送 | トップページ | 感動巨編『Cheers campaign ads』 »