« 竹本泉の原画展が9月19日から9月27日まで、代々木上原のギャラリーGALLERY IN Fieldsにて開催される。 | トップページ | ハッブル望遠鏡がとらえた「宇宙のチョウ」 »

2009/09/12

NASA研究所、地上でネズミの空中浮揚に成功

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-11458420090911

>米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所は10日、地上の
>実験装置でネズミを空中浮揚させることに成功したと明らかにした。
>無重力空間で宇宙飛行士の骨密度が低下する原因の解明につながる
>可能性があるという。

>この実験は、同研究所の科学者であるYuanming Liu氏らが、超伝導
>磁石で無重力状態を作り出す装置を使って行った。

>今後、ネズミを同装置内で1週間からそれ以上生活させて、骨などに
>どういう影響が出るかを観察するという。

 生体が磁力で空中浮揚するっていうのがどう言う理屈なのかよく分からなかったので調べてみたら、モーゼ効果っていうのがあるんですね。水は反磁性であるから、強力な磁場中におかれると磁場から遠ざかる方向に移動すると。
 楽しそうだ、ちょっと浮いてみたい。生き物一匹を宙に浮かばせるような磁力はそれだけで人体への悪影響が大きそうな気がするけど。

関連:モーゼ効果

|

« 竹本泉の原画展が9月19日から9月27日まで、代々木上原のギャラリーGALLERY IN Fieldsにて開催される。 | トップページ | ハッブル望遠鏡がとらえた「宇宙のチョウ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/46194507

この記事へのトラックバック一覧です: NASA研究所、地上でネズミの空中浮揚に成功:

« 竹本泉の原画展が9月19日から9月27日まで、代々木上原のギャラリーGALLERY IN Fieldsにて開催される。 | トップページ | ハッブル望遠鏡がとらえた「宇宙のチョウ」 »