« サマーウォーズ | トップページ | NASAのスペースシャトル輸送機には注意書きがある。 »

2009/10/09

今月のミステリマガジン

 ドイル生誕150周年記念のパスティーシュ特集。
 スティーヴ・ホッケンスミスの『荒野のホームズ』短編とキム・ニューマンの短編目当てで買ってきました。

・スティーヴ・ホッケンスミス『拝啓ワトスン先生』
 「荒野のホームズ」シリーズの短篇。ホームズに憧れ、探偵を目指すカウボーイのアムリングマイヤー兄弟。探偵の素質を試される兄弟が挑む試験とは?

 や、短編版を読むのはこれが初めてなんですが、短編だと言うのにあいかわらずの切れ味。ユーモラスな読み口としっかりした謎解き。その推理とシャーロック・ホームズが解決した事件を組み合わせる展開には毎度唸らされます。
 早く過去のミステリマガジン掲載版とあわせて単行本化してください。

・キム・ニューマン『ベルグレーヴィアの騒乱』
 犯罪界のナポレオン・モリアーティ教授とその右腕モラン大佐。犯罪コンサルタントたる彼らの元にやってきたのは“あの”アイリーン・アドラー。
 彼女の依頼はルリタニアの王子と撮った写真を大使館から盗み出して欲しいというものだった。

 さすがはミスター・クロスオーバーのキム・ニューマン。あらすじからして「ボヘミアの醜聞」のパロディなのは丸分かりですが、それ以外にもあれやこれやのネタが満載です。ただストーリーを追うだけでも十分に楽しい物語ですが、それにさらにつぎ込まれたネタの濃度と言ったらもう!
 つーか『ゼンダ城』のあれやこれやは全部貴様のせいかー!
 このシリーズももっと読みたいですよ。短編集を要求する!短編集を要求する!!


 ホームズ物以外では高殿円の『トッカン 特別国税徴収官』が面白かったな。単行本になったら買おう。

|

« サマーウォーズ | トップページ | NASAのスペースシャトル輸送機には注意書きがある。 »

コメント

おっとルリタニアン・テーマでジャック・ヨーヴィルですか。ちょっと買ってきます。

投稿: 鮎方 | 2009/10/10 09:22

 主な舞台がロンドンのルリタニア大使館なので本国の皆さんは直接は登場しませんけどね。サプト大佐は重要な役どころとして登場してくれますが。
 ぜひ読んでください。

投稿: Johnny-T | 2009/10/12 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/46442540

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のミステリマガジン:

« サマーウォーズ | トップページ | NASAのスペースシャトル輸送機には注意書きがある。 »