« メッセンジャー、最後の水星スイングバイを終了 | トップページ | サマーウォーズ »

2009/10/09

ロバート・R・マキャモン『遙か南へ』

『はずみで人を殺してしまったヴェトナム帰りのダンは、余命いくばくもない身ながら逃避行に出た。道連れは顔半分に痣のある美少女に、ダンを追う三本腕の賞金稼ぎとプレスリーのそっくりさん。アウトサイダーにされてしまった者たちは、癒しを求めてひたすら南へ向かう。温もりと恐怖が混ざり合う不思議なロード・ノヴェル』

 一人のベトナム帰還兵と異形を抱えた三人の男女の奇妙な旅。どうしようもない問題を抱えた4人の“アウトサイダー”たちがそれぞれの道にたどりつくまでの物語。
 マキャモンを読むのはこれが2冊目のぼくが言える台詞ではない気もしますが、実にマキャモンらしいさわやかなロードノベルです。まあ、普通に人死にとか出るけどな。残酷だけど、さわやか。

|

« メッセンジャー、最後の水星スイングバイを終了 | トップページ | サマーウォーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/46441114

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・R・マキャモン『遙か南へ』:

« メッセンジャー、最後の水星スイングバイを終了 | トップページ | サマーウォーズ »