« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

The Wind From the Sun(太陽からの風)

http://www3.ec-lille.fr/~u3p/bd/bda.html

 昨日の『ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク3 メデューサとの出会い』を読んでいて、紹介しようと思っていたのに忘れていたサイトを思い出しました。『メデューサとの出会い』にも収録されている「太陽からの風」のコミカライズ。
 太陽光を背に受けて帆走するヨットを使用した地球-月間のレースにすべてをかける男たち。これまでどの船が広げたよりも広い帆に、小指よりなお弱い力を受けて月とその彼方を目指す。
 派手なアクションこそありませんが、これぞSFレースという物語です。エンディングが綺麗なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/29

今日の読了本『メデューサとの出会い (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3)』

・アーサー・C・クラーク『メデューサとの出会い (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3)』
 クラークベスト短編集その3.今回のテーマは「太陽系めぐり」。逆転の鍵を握る“ちょっとした物”の使い方が魅力。
 というわけで、お気に入りは「彗星の核へ」と「メイルシュトロームII」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライアーソフトファンクラブ会報『月間うそ。』が届いた。

 クセルクセス!そして《時間人間》?セレナリアとインガノックと西亨に関わる《大機関時計》!?このあたりの物語もセレナリア・セカンドとしてまとめて読みたいなぁ。

 ぼんふりの1ターン目にのみ使える裏技は盲点でした。今度使おう。
 七海さんはかわいいのだけど、彼女のルートはメタトロン聖人さんやステゴロさんやクヒオみたいなぼく好みのキャラクターが大量に出てくるからどうしても印象が薄くなっちゃうんですよね。
 触手はエロイな。鉛筆削りはコワイな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

若干予定を変更して、

 『大決戦!超ウルトラ8兄弟』と『イングロリアス・バスターズ』を見てきました。どっちも面白かったです。まったく真逆の方向性で。

 『クリスマス・キャロル』は次回のお楽しみに回しました。
……上映時間的に『イングロリアス・バスターズ』の直後に見ることになるからさ。なんだか消化不良を起こしそうじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/28

サッカーの試合中にネコを助けて「イエローカード」、クロアチア

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2666988/4953717

>試合前半20分、メジムリエ・チャコベツ側のゴール付近に1匹のネコが
>迷い込んできた。驚いたゴールキーパーのイワン・ボノビッチ
>(Ivan Banovic)選手は、ネコを拾い上げスコアボード付近の安全な
>場所へ避難させた。だが、これを見た主審は、「審判の許可無く
>ピッチを離れた」として、ボノビッチ選手に対し即座に
>イエローカードを出した。

>しかし、心ない制裁に観客らはかんかん。主審には容赦ないやじが
>浴びせられたという。

 なんといい人だ。外見はフランケンシュタインの怪物みたいだけどいい人だ!
 まあ、審判は審判で自分の仕事をしたわけで、やじられたのはちょっと可哀相ですね。

関連:写真とか動画とか
・写真La Repubblica
 画像クリックで次の写真へ移動。
 「あによ」とでも言いたそうなにゃんこの顔がステキ。

・動画

 ねこの毛が白黒だから、最初はサッカーボールを抱いてるのかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H2Aロケット成功 情報収集衛星を追加投入

http://www.asahi.com/science/update/1128/SEB200911280008.html

 おお、格好良い
 これで連続11回目の成功かな?初期の失敗連続が嘘のよう。そろそろ油断が生じるころなのでご用心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は休み。

 おれ、明日の朝に起きれたら『クリスマス・キャロル』と『イングロリアス・バスターズ』を見に行くんだ(寝坊フラグ)
 愛車スガラ号も修理に出さないとだなぁ。


……むむ、福島ワーナー・マイカルでは『大決戦!超ウルトラ8兄弟』のアンコール上映とな?500円均一とな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/27

「ナチの双子」伝説、事実無根か

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=88341863&expand
ネタ元:Xuerenさんの日記

>記録が始まったのは1927年からで、メンゲレが到着したとみられる
>時期よりかなり前から調査することができた。そこから研究チームが
>見出したのは、昔から双子の出生率が異常に高いという事実
>であった。

>しかもその比率は、メンゲレが実験を行ったと言われる1960年代に
>“急上昇”したわけでもなかったという。そして、メンゲレの影響が
>なくなったと考えられる現在でも、出生率は依然として高いまま
>なのである。

 うは、事実は都市伝説より奇なり!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅途中に

 自転車のクランクが、

091127

……へし折れました。
 停止状態から走り出そうとしたらその勢いのままストンと落下。ビックリ。すごくビックリ。よく走ったもんなぁ、そりゃあ金属疲労も起こすか。
 またひとつオリジナルパーツが失われました。クランク修理のついでにブレーキの交換もお願いするつもりだから、この後に残るオリジナルパーツはフレームとフロントフォーク、それにハンドルだけになります。残ったオリジナルパーツには長生きしていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/25

「プリズナーNo.6」リメイク版予告編

ネタ元:GMとものさんの日記

 先週、11月15日(日)から3日連続で放送された名作TVドラマ『プリズナーNo.6』リメイク版の予告編です。6時間のTVミニシリーズでジム・カヴィーゼル、イアン・マッケランが出演だとかなんとか。日本でも放送してくれないかしら。せめてDVDは出してください。買うから。
 吹き替えなんて贅沢は言わない、まともな字幕さえあればいい。

 その予告編はこんな感じです。

 おっと、間違えた。これはファン作品の“プリズナーくまさん”だ。
 ホントの予告はこちら。

 地図でかっ!?
 地図のネタもそうですが、旧作を知っている人向けのちょっとした小ネタもいくつか仕込まれているようですね。どちらかというとサスペンス性をメインにもってきてるのかな?ちゃんと全長版で観たいなぁ。
 公式サイトを見に行ってみたのですが、詳細な”村”の地図をはじめとしたコンテンツに力が入っていて素晴らしいできばえです。スタッフも『プリズナーNo.6』のことが好きなんだなぁというのが感じられてうれしい。そんな彼らの作った作品を見るのが楽しみです。
……だから観たいんだよ!

参考:旧シリーズのオープニング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お届けします!あなたのメッセージ、暁の金星へ」~「あかつき」メッセージキャンペーン~

http://www.jaxa.jp/event/akatsuki/index_j.html

 「かぐや」や「はやぶさ」や「のぞみ」と同様に、金星探査機「あかつき」にあなたの名前やメッセージを金星まで運んでもらおうというキャンペーン。みんなでドゥーアーレーに手紙を送ろう!
 締め切りは一ヵ月後の12月25日。忘れるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/23

生食用では国内初?中まで赤いリンゴ

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091123-OYT1T00021.htm

>赤いリンゴをむいたら、中まで赤い――。長野県中野市
>厚貝(あっかい)のリンゴ農家吉家一雄さん(52)が、
>そんなリンゴを作り出した。

 厚貝(あっかい)のりんごはなかまで赤(あっか)いということですね。分かります。
(今、誰か俺を笑ったか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑務所で囚人を助け続けたネコ!ついに捕まり独房に監禁

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1122&f=national_1122_005.shtml

>囚人がネコに手紙やパンなどをくくりつけると、ネコは移動して
>目的の囚人へとそれを届けるのです。つまり、郵便配達や
>食料補給などを刑務所内でネコが行っていたわけですね。

>ネコは空腹の囚人にパンを届けたり、内密に伝えたい事を
>囚人から囚人へと伝えたり、とにかく大活躍。囚人の間では、
>このネコは英雄的存在となっていたでしょう。しかし、
>そのようなネコの仕事が続いて6ヶ月目のある日、
>ついに刑務官によって物を運んでいる事がばれてしまいました。

>このネコは命こそ奪われませんでしたが、刑務所内の独房に
>閉じ込められることになってしまったのです。刑期は
>どれくらいかわかりませんが、処刑されない限り独房から
>出られない可能性もあります
>(逃がせばまた物を運びだす可能性があるため)。

 頭が出てるから脱走は簡単そうね。
 どこまでがネタなのかよくわからない記事ですが、なかなかにドラマチックですよ。小学生のころに読んだ児童小説にこんなのあったような気がする。
 パンを途中で食べたりせずにきちんと配達したというのならそれは賢いにゃんこですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道に迷ってたら600キロも離れた所に到着

http://rocketnews24.com/?p=19288

>ニューサウスウェールズ州のサファイアコーストにいる妻と
>合流するため、自動車で家を出ました。しかし、気がついて
>みるとそこは知らない街並み……。なんと、600キロも
>遠く離れたメルボルン近郊に行ってしまったのです。

 アブダクションだ!エイリアンの仕業にまちがいない!

>走行時間は9時間だったといいます。そんなに走ったなら
>ガソリンスタンドで給油もしたでしょうし、なおさら
>「おかしいと思えよ!」と言いたくなる

 記憶操作の痕跡も見られる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/22

イノシシ・イヌ・アヒル… 風変わりワニの化石発見

http://www.asahi.com/science/update/1121/TKY200911210262.html
ネタ元:泡沫の日々さん

> 「イノシシワニ」というあだ名がつけられた新種は、体長が
>約6メートル。3対の鋭い牙を持ち、小型の恐竜を食べていたと
>考えられる。地面をはって動く現在のワニと違い、4本の
>脚で立って走っていたとみられる。

>犬に似た形の鼻を持つ「イヌワニ」は体長約1メートル。
>走って敵から逃げる能力を持っていたらしい。脳が大きく、
>知能が比較的高かった可能性もある。「アヒルワニ」は
>アヒルそっくりの平べったい鼻を持ち、水辺で魚や虫を
>捕って食べていたらしい。

 想像図がかなり“怪獣”な感じで素晴らしいですね。これは確かに強そうだ。

>ワニは恐竜に近い爬虫(はちゅう)類で、突き出た鼻や水に
>潜る能力などに特徴がある。恐竜が約6500万年前に
>絶滅したのにワニが生き延びた理由はよくわかっていない。

 「生き延びた」ということは、今のワニは恐竜絶滅後に生き残った爬虫類がああいう形に進化したのではなく、あの当時の種がそのまま今につながってるのかな?

>三畳紀より大きさの違いはあれ、形態的にはほとんど変化していない。
(ワニ:Wikipediaより引用)

 へぇ、これはまったく不思議ですね。恐竜達と一体なにが違っていたのやら。


 ・National Geographicのページでは動画で想像図が紹介されていますが、木の洞を覗き込むあたりの動きでアナグマとかキツネザルとかを連想しました。ちょっとかわいい。
 つーか、動画で紹介されていたクロコダイルさんのダッシュにびっくり。意外と走れる方なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/21

なだいなだ『夢をみた海賊―間切りの孫二郎とそのクルーの物語』

『江戸時代、長崎の町に、孫二郎と名乗る奇妙な若者が現われた。「俺は人の住める豊かな無人島に、上も下もない自由な国を造る」という夢を胸に、こともあろうに長崎代官の片腕、島谷市左衛門の下に弟子入り。キリシタン禁令、大型船建造の取締りなど、厳しいしめつけの中で、彼の夢は八丈島の南二百里の無人島へ、果てはインド洋マダガスカル島へと広がる。時代に逆らい、ユートピア建設を夢みた若き海の男の冒険ロマン』

 江戸幕府が鎖国令を発布していた時代に、自由なき日本を捨てて「平等で対等な国」リベルタリヤを目指した若者たちの航海記。
 「その時代に生きていて、その国の噂を聞いたら、私はきっと旅立ったと思う」 というくらいにリベルタリヤの理想に惚れ込んだなだいなだが取材旅行までして書いた一冊。夢とは、理想とはなんぞや?

――りべるたりや。開放サレタルモノノ国。
 リベルタリヤ。と、孫二郎はおうむがえしに、その名を口にした。奇妙なひびきの名前だった。
――ソノ国ハスデニツクラレタノカ。
 まだ、できていない。つくろうとするものは、行けばよい。色が白くても、黒くてもいい。誰でもいい。上も下もない。王もいない。ドレイもいない。そういう国をつくりたいものは、いけばいい。


……ところで、すでに発売されているはずの『そして船は行く 完全版』の一巻がどこにも見つかりませんよ?(リベルタリアつながり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願の【白光のヴァルーシア】を手に入れたぞー!

公式サイト

 プレイできるのはまだ先だけどな。正月までには遊びたいなぁ。
 ちなみに、特典しおりは《鋼鉄姫》ヒルド嬢でした。

――さあ、物語を紡ぎましょう。
――喜びと悲しみと、星空の下で紡がれる夢とを込めて。
――歌に乗せ、言葉に乗せ、機関と幻想が入り交じる、砂漠の白光のまぼろしを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/20

「こんなこともあろうかと!」探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


ネタ元:とんがりさんの日記(mixi)

……まとめて見ると、本当にとんでもないミッションだよなぁ。どんなに絶望的な状態でも決してあきらめなかったJAXAのスタッフの汗と努力(とか言う生ぬるいレベルではすでにないよな)には頭が下がります。
 どうかはやぶさがかえってこられますように。ぼくも彼女におかえりなさいと言いたいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ

http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20091119-OYT1T01282.htm?from=main7

>4台あるエンジンのうち3台が停止し、小惑星イトカワから
>地球への帰還が危ぶまれていた日本の探査機「はやぶさ」に
>ついて、宇宙航空研究開発機構は19日、故障していた2台の
エンジンを組み合わせて、1台分のエンジンの推進力を
得ることに成功したと発表した。

>もう1台のエンジンの温存が可能となり、予定通り来年6月に
>地球へ帰還できる見通しとなった。

>エンジン復活に向け、宇宙機構は、故障した3台のうち、
早い段階で運転を中止したエンジン2台に着目。
正常に動く部品同士を電子回路でつなぐ「離れ業」で、
互いの故障を補う形でエンジン1台分の推進力を出す
ことに成功。
>電子回路は、万一に備え、「エンジン間をつないでおいた」
>ものだった。

>復活したエンジンは、順調に作動している。電力、燃料の
>消費は、2倍になるが、電力は太陽電池によって補給できる
>見通し。燃料にも余裕があるという。

>宇宙機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャは「動いている方が
>奇跡的だ。予断を許さないが、万一に備えた回路が功を奏し、
>電力補給できるという幸運にも恵まれた」と話している。

 なんという「こんなこともあろうかと」!素晴らしいプロの仕事を見せていただきましたっ。

 JAXAの公式サイトでは図解つきで解説されていますが、電流の迂回ルートがすごいです。こんなのよく思いついたよ。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/18

今日の読了本『ファンタジーRPGクイズ3 五竜亭の挑戦』『ファンタジーRPGクイズ4 五竜亭の激突』

・冒険企画局『ファンタジーRPGクイズ3 五竜亭の挑戦』
・冒険企画局『ファンタジーRPGクイズ4 五竜亭の激突』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意思を持った黒い霧のような30万羽の鳥の群れ

http://www.kotaro269.com/archives/50942560.html

……なんだかグロテスクで気持ち悪い。
 ハムナプトラの砂とか水とかが動き回るシーンがこんな感じだったよな。これはちょっと生理的にダメ。わたしこの先素直に『スイミー』に感動できそうにないよ。これならヒッチコックの『鳥』の方が“鳥”として見られる分まだ怖くない。

 そしてさらに上の段階の動画。ここまで来ると何がなんだか。
・15億羽もの鳥が空を覆い尽くし、黒い霧のようになっている映像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/17

今日の読了本『ファンタジーRPGクイズ2 五竜亭の冒険』

・冒険企画局『ファンタジーRPGクイズ2 五竜亭の冒険』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「サッチャー死んだ」

 なん……だと?あの鉄の女が!?

・「サッチャー死んだ」?ネコの死を知らせるメールにカナダ政府騒然
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2663687/4908672
ネタ元:イヤ展スレ

>「サッチャーが死んだ」――10日にカナダの軍人の家族のために
>開かれた晩さん会の最中、出席者の1人がこのようなメールを
>受け取った。その情報が会場にいた約2000人に広がると、全員が
>マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相が
>死去したと思いこみ一時騒然となった。

……デマはこうして広がっていくんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽く仮眠するつもりが

……目が覚めたら朝だった。
(18日朝5時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/16

今日の読了本冒険企画局『ファンタジーRPGクイズ―五竜亭の一夜』

・冒険企画局『ファンタジーRPGクイズ―五竜亭の一夜』
『今夜も「五竜亭」には陽気な冒険者たちが集まり、酒を酌みかわしている。初めてこの酒場を訪れたきみがまだ冒険に出たばかりと知るや、彼らはあっというまに取り囲み、冒険にみつわる質問を次々と浴びせかけてきた。「スライムに絡みつかれたら、どうすればいいか知ってるかい?」うーむと考え込んだきみの顔を、冒険者たちはおもしろそうにのぞき込む。質問のたびに沸き起こる歓声。「五竜亭」の夜は、こうして更けていくのだ…。ファンタジー・ロールプレイング・ゲームをプレイしていると必ず出くわす、困ってしまう場面のあれこれ。それにちなんだ難問珍問を集めたのがこの「ファンタジーRPGクイズ」だ!きみも自分の「RPG感覚」を試してみよう』

 冒険者の宿「五竜亭」に集う冒険者たちのにぎやかな冒険話。「正解のないクイズ」集。そこにあるのはただの「誰かの答え」だけ。
 初めて読んだ中学生のころは金にうるさい女魔法使いガルフネットや抜け目ない盗賊"蛇の目"ダイスの機知に感心するばかりでしたが、今(おいおい、あのころの倍以上の年齢だぜ!?)は騎士フンバルトの愚直なほどに己を曲げない生き方にちょっと憧れます。
 
 ちなみに、ぼくがTRPGルールブックのアイテム表を防具の項から読むようになったのはカールス師父のおかげですよ。

Q:朝は四本足、昼は二本足、夕方は三本足の者はなんだ?
A:ボンボエリカ虫や!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白光のヴァルーシア通販在庫僅少

http://www.liar.co.jp/fc.html

>白光のヴァルーシア通販に、多数のご注文をいただき、
>誠にありがとうございます。

>当方の予測を上回る注文をいただきました結果、発売日お届け分の
>通販在庫に関しては確保できておりますが、現時点で弊社在庫が
>僅少となっており、発売日以後、追加で多数のご注文を
>いただきました際、再生産が間に合わず、お待たせしてしまう
>可能性がございます。

 喝采せよ!喝采せよ!おお、おお、素晴らしきかな!

 ああ、善哉。自分の好きな物作りをしている人たちが評価されるとうれしくなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/15

これは夢のマシンだ!カナダ人アーティストが実際に走行できる『OutRun』筐体を制作中

http://gs.inside-games.jp/news/209/20903.html
ネタ元:武装神姫スレ

 カナダ人すげー!?端的に言うとアホだがすげー!!

>正面部分はモニタで完全に覆われているので実際の走行は
危険極まりませんが、カーブでかかる遠心力や体に受ける風は
>まさに本物。非常に臨場感溢れるOutRunが体感できそうですね

 臨場しているからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/14

猪原賽&横島一『伴天連XX(バテレンダブルエックス)』

http://www.famitsu.com/comic_clear/se_bateren_xx/

猛き侍は、神に魅入られ、神に背く――
 江戸時代を舞台に紡がれる、新感覚クトゥルーバトル開幕!!

町人文化が花咲き、隆盛を極める江戸の町――。しかし、その栄華の影で、闇に蠢くものたちがいた…。ある日、瓦版に書かれた河童の噂に興味を持った浪人の獅子緒は、河童を探しに佃島へと向かう。瓦版屋の番太郎も、自分の書いた記事の真相を確かめるべく獅子緒に同行するが、そこで彼らを待ち受けるものは河童ではなく…!?
 鬼才・猪原賽が大胆な解釈でクトゥルー神話を綴り、実力派・横島一が豪快なアクションで描く、問答無用のエンターテインメント!!』

 解説でいきなりでかいネタバレを食らってる大江戸クトゥルー時代劇漫画。クセの強い材料をどう料理するのか。次回以降がちょっと楽しみです。
……固有名詞をもって来た“だけ”の話じゃないことを心から祈る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊4 巡航戦艦ヴァリアント』

『戦闘準備を整えたギアリー大佐ひきいるアライアンス艦隊は、ふたたびラコタ星系に突入した。ギアリーの思惑どおり、敵は戦闘能力を保持する全艦船を追撃艦隊につぎこんだため、そこに残っていたのはスターゲートを警備する小艦隊だけで、あとはおびただしい損傷艦とそれを修理する民間船だけであった。敵損傷艦の撃破、味方捕虜の救出、補給物資の強奪など、ギアリーの立案した作戦はことごとく成功するかに思えたが……!?』

 前巻に続く激戦に打ち勝った艦隊は故郷アライアンス宙域に一歩近づき、シンディック市民にもギアリーの行動に共感してくれる人達が生まれはじめる。そんな中、味方であるはずのアライアンス艦隊内では"ブラック・ジャック"ギアリーの人気を恐れた勢力が反乱を企てていた。

 いやもう、あいかわらずバトルも謎解きもそれ以外も盛りだくさんです。ギアリーに心の平穏が訪れるのはいつの日なのやら。
 最大の問題であるところのギアリー大佐をめぐる三角関係もたいへんホットな展開になったし。あとがきによるとリオーネ副大統領は本国ではあまり人気がないようですが……副大統領可愛くね?超☆可愛くね?

 謎のエイリアンの輪郭もだんだんと見え始めてきました。あとがきで最終巻が6巻(予定)であることが明らかにされましたが、この広げた風呂敷が後二巻で畳めるわけが無いよね。アライアンス宙域に戻ってとりあえずのファーストシーズン終了かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早川ライブラリー 野田昌宏文庫

http://www.hayakawa-foundation.or.jp/php/MagazineList.php
ネタ元:myougayaさんの日記

>野田昌宏文庫には、作家・翻訳家として著名な野田昌宏氏より、
>早川記念文学振興財団に寄贈された書籍が収められています。
>当財団では、寄贈された書籍の整理を行ない、順次、
一般読者に閲覧公開してまいります。

 喝采せよ!喝采せよ!おお、おお、素晴らしきかな!

……まあ、神田にある早川記念文学振興財団まで行かないと閲覧できないから地方民にはあんまり関係ないけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/13

今日の読了本『彷徨える艦隊4 巡航戦艦ヴァリアント』

ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊4 巡航戦艦ヴァリアント』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくわかるプルサーマル計画

http://mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-9925.html
ネタ元:掃き溜めさん

 なるほど!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/12

犬が不明児童を発見 出動から3分で

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=4281243&newsMode=article
ネタ元:yumblr.さん

>会津若松署で行われた贈呈式では渡部さんの左腕につかまって
>起立するなどかしこまった様子。

091112

 くわっ!これは良い写真!実にかわいいな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木のロボットアーム2009 Wooden robotic arm


ネタ元:とんがりさんの日記(mixi)

 七歳の息子さんへの手作りプレゼント。
 たった二本のレバーでこの動きですかっ!?お父さんの技術力とデザイン力がすげぇ!
 動くたびに木の音が響くのがいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォービリオンナイツのアンケートがよろしくないらしい

久正人(ジャバウォッキー)コミュ(mixi)より

……うん、まあ、アンケートを送る習慣がついてないファンが多そうな気配はある。ぼくを含めて。
 むう、SQを買った人は不精せずにきちんとアンケート葉書を送ろう。立ち読みで済ませた人はきちんと買ってアンケート葉書を送ろう。運が良ければラブプラスとかもらえるぞ。だけど、ホームスターピュアを狙うのはやめてくれ。競争率が上がるからな。


 ところでここで懺悔をひとつ
 出したと思ってたアンケート葉書、「1番目に良かった」の項目にでっかく「16」と書き込んだアンケート葉書……まだ鞄の中に入ってました。orz
 明日こそ……とか言ってるとまた忘れそうだから今すぐ投函しに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/11

今日の読了本『マジカルパンプキン44キロ』

・木村航『マジカルパンプキン44キロ』
 『ミラクルチロル44キロ』のスピンオフ。
 三人の小学生と三人(?)の悪魔と一個のでっかいカボチャの物語。今回は前作よりも明るめのタッチ。
 前作登場の皆さんのその後もちょっと触れられています。みんな元気そうで良かった。

 悪魔組メインで『44』ものシリーズ化を期待したいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3次元】宇宙の画像張ってけ

http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-11446.html
ネタ元:狼牙堂さん

……んで、見上げた先にはこんな綺麗なものがあるわけですよ。素晴らしいよな宇宙。


 ちなみに、>25はおとめ座にあるソンブレロ銀河です。命名理由は見た目がソンブレロ帽に似てるから。そのままですね。
 地球から見てちょうど銀河面を横から見る向きに位置しているからこんな風に見えます。地球からの距離は実に4600光年。どっちを向いても宇宙、どこまで行っても宇宙。
私信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年地球滅亡説は「でっち上げ」、NASAが異例の声明発表

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2662082/4877955

>地球は2012年12月21日になっても滅亡しない――。
>米航空宇宙局(NASA)は9日、インターネットや新作映画の
>公開で高まる地球滅亡説を沈静化すべく、異例の声明を出した。

>製作費2億ドル(約180億円)をかけたSF超大作『2012』が米国で
>13日から、日本では21日から公開されるが、これはマヤ暦に
>基づいた地球最後の日をテーマにしている。

 映画タイアップのネタコメントだと思ったらマジのコメントでした。
 信じがたいことですが、NASAがわざわざマジレスしなくちゃいけないくらいにおバカちゃん達が騒いでるようです。コールセンター大忙しですって?ホントのホントかよ?

>地球最後の日というストーリーは、ニビル(Nibiru)と呼ばれる
>正体不明の惑星X(Planet X)が地球に向かって来ている、
>または地球と衝突して地球は滅亡するという話が主軸になっている。

>動きを予測できないこの惑星の存在を隠しているとしてNASAを
>責めるサイトまであるが、NASAはそういったストーリーは
>「インターネットで横行するでっち上げだ」と非難した。

>「そういった主張を裏付ける事実は何もない」ホームページの
>Q&Aコーナーにこのように掲載したNASAは、衝突の話が事実なら
>天文学者が少なくとも10年前からその惑星を追跡しているだろうし、
>現在では肉眼でも確認できるほどになっているはずだと主張。
>「明らかに、そんな惑星は存在しない」と断言している。

>「世界の信頼できる科学者は誰も、2012年に関する脅威などないと
>分かっている」

 騒いでる人たちは一度くらい自分の目で空を見上げてみるべきだと思います。ちょっとした双眼鏡ひとつでどれだけ多くの星を見ることができるのか。
 NASAをはじめとする研究機関が隠していようが見落としてようが、いまどきのアマチュアの観測能力なら危険レベルの高い天体の接近くらい軽く見つけられますよ。物が物だから隠しようもない。


 危険がどうのというなら、世の中には観測される天体よりも危険度の高いアマチュア天文家とかいますよ。
(超新星の発見数で世界記録を持つアマチュア天文家の板垣公一さんは、その圧倒的な発見数から「彼が超新星を観測しているのではない。彼が観測するから恒星が超新星爆発を起こすのだ」と言われています。頼むから日食の観測とかはしないでいただきたい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年恒例

 ピンゾロデーのピンゾロチェック

091111

……今年もダメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/10

小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について

http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091109_hayabusa_j.html

 トラブル続きのはやぶさがまた新たなピンチに見舞われたようです。

>小惑星探査機「はやぶさ」は平成22年6月の地球帰還に向けて、
>第2期軌道変換を実施中でしたが、11月4日(水)(日本時間)に、
>作動していた主たるイオンエンジン1基(スラスタD)の中和器の
>劣化による電圧上昇により、自動停止していることが確認されました。
>以降、同スラスタの調査及び復旧を試みてきましたが、
>現時点では、まだ再起動に至っておりません。

 ガンバレはやぶさ。後もうちょっとで故郷なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Road Warrior remake trailer

ネタ元:イヤ展スレ

 あのバイオレンスアクションの傑作マッドマックス2が新たな構想で蘇る!!

……なんてことはまったくないネタ動画です。
 ぼくも小学生のころ似たようなことやってたよ。

参考:Mad Max 2 - Road Warrior Battle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

『ロリータ』作者の未発表小説、英米で17日発売

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2661205/4866737
ネタ元:イヤ展スレ

>小説『ロリータ(Lolita)』で知られるロシア人作家の
>ウラジーミル・ナボコフ(Vladimir Nabokov)が死後に
焼却してほしいと遺言していた未完の小説
>『The Original of Laura(ローラ)』が17日、死後32年
>経って出版される。

>遺稿を破棄して欲しいとの願いは、ナボコフに限ったことではない。
>作家フランツ・カフカ(Franz Kafka)も、友人のマックス・
>ブロード(Max Brod)氏に未発表作品をすべて破棄してほしい
との遺言を託した。
>その中には未完の長編『審判(The Trial)』も含まれており、
遺言に逆らって死後に発表された

 遺物の処理は生前にやっておけってことだよなぁ(ハードディスクを見つめながら)
 後は、誰かに預けなくちゃいけないなら口の堅くて約束を破らない相手を選びましょうねと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しさにかまけてすっかり忘れていたけれど

 このサイト、開設10周年を迎えてましたよ!
……一ヶ月も前にだけどな(1999年10月8日開設)
 われながら、よくもまあこんなに長く続いたものです。最初は3年も続けば上等だと思ってた。

 まあ、だからといってメモリアルがどうとかで何かをやろうとは思いませんが。特にネタは思いつかないし、めんどくさいし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/11/08

河嶋陶一朗『シノビガミ弐 刃魔激突』

『二千年の長きに渡り、血みどろの戦いを繰り広げてきた二つの忍法流派、鞍馬神流と隠忍の血統。不倶戴天の間柄である両者は、その永い戦いの歴史に終止符を打つべく、「刃魔の契り」という協定を結ぶ。それは、互いの代表三名による戦いを行い、勝者が敗者の流派を吸収するというものだった。流派の存亡を賭け、妖人魔人の戦いが、今、始まる!』

 現代の裏側に潜む影の住人、忍者。彼らの虚々実々の忍術バトルを描いたTRPG『シノビガミ』の第二巻。「刃魔の契り」をめぐる忍者同士の激闘を扱ったリプレイと追加ルールを収録。

 リプレイ『刃魔激突』は“鞍馬神流”と“隠忍の血統”の血戦をテーマにした、山田風太郎の忍者小説や少年ジャンプの異能バトルもの定番のチーム対立バトル。
 前作同様、なにが現れるか分からない虚々実々の忍者大戦と欄外の問答無用の突っ込みコメントをゲラゲラ笑いながら読んでいたら……ラストで不意打ちを喰らいました。畜生、まさかここで泣きが入るとは!

 参加プレイヤー・キャラクターはほぼ前巻と同じですが、シナリオ構成の都合上"斜歯忍軍"所属のルツボさんが新キャラクター"鞍馬神流"所属の京八葉(かなどめ・やつは)さんと入れ替わり、新ルールで作られた『一般人』PCのプレイヤーとしてイラスト担当の七原しえさんが新規参入。
……七原さんは色々とすごかった

 都会派忍者少女あばんはより健気になってさらにかわいくなりました。
 幻蔵先生は幻蔵先生病をさらにこじらせてしまった模様。おかげで萌えキャラ度がさらにアップですよ。
 八葉のあの方言は……個人的には割とアリだと思うんだよ。カワイクね?(目を逸らしながら)
 今回プレイヤーキャラクターとしての登場は無しのルツボさん。彼女が意外な形でこのシナリオに関わっていたと知ってびっくりです。コイツは一本とられました。
 そして、影斗と祭莉……綺麗なエンディングでした。

前巻の感想
セッションの感想


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NECの「翻訳メガネ」、互いに母国語での会話が可能に

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2660182/4854442

>NECは5日、都内で開いた同社の展示会で、相手が話す言葉を自動的に
>自国語に翻訳し映し出す眼鏡型翻訳装置を発表した。ブラザー工業が
>製造したメガネ型網膜走査ディスプレイシステムを利用したユビキタス
>業務支援システム「テレスカウター(Tele Scouter)」を活用したもので、
>日本語と英語の翻訳に対応している。一般発売は来年の予定。

 なにこのステキQ課謹製?なにこのステキ翻訳装置?なんだよこのステキガジェット!?一個欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/07

沖ノ鳥島に「港」建設へ 中国の「岩」主張に対抗

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091107/plc0911070159000-n1.htm
ネタ元:泡沫の日々さん

>政府は6日、日本最南端の無人島、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)
>に港湾施設を設ける方針を決めた。平成22年度予算に必要経費を
>計上し、調査や設計に着手する。沖ノ鳥島周辺にはレアメタル
>(希少金属)などの海底資源が存在するとみられているが、
>中国政府は排他的経済水域(EEZ=海岸から約370キロ)を
>設定できない「岩」だと主張している。政府は沖ノ鳥島に調査・
>開発などの経済活動の拠点を設けることで「島」であることを
>内外に示す構えだ。

 んー、こんな展開をどこかで聞いたような……って、そのまま大石英司の『沖ノ鳥島爆破指令』だー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/05

今日の読了本『魔王子シリーズ3 愛の宮殿』

・ジャック・ヴァンス『魔王子シリーズ3 愛の宮殿』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速水螺旋人『オープンダイス・キングダム(迷宮キングダムコミック)』

『どこまで行っても無限の迷宮が広がる世界、百万迷宮。 その片隅に、拷問具が大好きな女王様に治められた国があった。 その国の名は、オープンダイス! ダンジョン国家の不条理でスラップスティックな日常絵巻がはじまる!』

 世界のすべてが迷宮と化した"百万迷宮"世界を舞台にしたダンジョンハック物TRPG『迷宮キングダム』のコミカライズ。元のゲームを知らなくてもこれ一冊で単体として楽しめるシニカルでポップなファンタジー漫画です。
 処刑と拷問が大好きなカチューシャ姫とその宮廷に仕える一同――常識人の大臣スタニスラフ、賭け事好きで怠け者のメイドリリィ、ウォーモンガーの手本“ビクトリー教(※1)”の神官テオドラさん(※2)、高潔で勇敢だけど一本抜けてる騎士バグラチオン――が挑む、何が出てくるか分からないびっくり箱のような大冒険。
 サプリメント『迷宮クロニクル』や『ロール&ロール』誌などに掲載されていたものに、33ページの書下ろしと関連イラストや用語解説を加えて一冊に詰め込んだもの。かなり豪華ですよ。

※1ビクトリー教:『鋼と油の妙なる香りッ 剣が骨をたたき割る手触りッ 炎上する王宮 崩れる洞窟ッ 迷宮に響き渡る銃声音楽ッ 傷口にウジがたかる痛み 瀕死の戦士があげるうめき 体に食いこむ具足の重み 捕虜の身代金で積まれる金貨の山ッ これら全て我がビクトリー教の讃えるところ 戦いは美しい 美しさは戦いッ』
……こんな宗教。

※2神官テオドラさん:グルグル目とキジルシっぷりがかわいい。

 書き下ろしは「前の話」と「後の話」。綺麗に始まりと終わり(とその先)が描かれていてちょっとホロリ。
 それにしても、リリィがまさかあんな~~だったとは!? そしてスタニスラフはがんばった!本当にがんばった!感動した!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/04

久正人『フォービリオンナイツ』(ジャンプSQ掲載)

 待ちに待ってた久正人の新作ですよー!ここにジャンプ作家様がおられますよー!

 舞台は現代。
 長野の田舎町で発生した化け猫騒動。事件の解決のために出動するのは国立科学技術博物館所属植物園「環境実験園」所属の二人組。子供なのに園長の神戸(かみと)と自衛隊から左遷出向してきた上木(うえき)三等陸曹。
 山中で彼らが目撃するものとは!?

 アッと驚く展開も、情報量の多い画面構成も、躍動感あふれるアクションも健在。ぼくらの久正人が帰ってきたぞぉー!
 663ページの天狗っぷりがカッコイイ!烏天狗モチーフのマルチガジェット一個欲しい!

 あと、ヒロインの上木さんがそれはもう大変にかわいいです。ジャージ、制服、浴衣(ノーおぱんつ?)と各方面の需要にも対応。ウエット・アンド・メッシィィ!?(歓声)

 さあ、みんな買え!読め!そしてアンケートを出そう!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は、

 『アルビン号の深海探検3D』を見てきました。近所のワーナーマイカルで3D映画を見るのは初めてですが、いまどきの3D映画スゲーと言わざるを得ない。すごい勢いで飛び出てきてますよ!?昔の赤青メガネとはレベルが違いますよ!?これ触れるんじゃねぇの!?


 後、こんなの作ってました。

091104

 最近、神姫用の布服作りが楽しくて仕方がありません。
 ちょっと前に出てたDAKARAのオマケTシャツに合わせてスカートなんかを作っていたらいつの間にか裁縫の楽しさに目覚めていましたよ。
 はじめたばかりでまだ何が作れると言うわけではないけれど、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら手探りで布を切り張りし、そこから新しい型紙を設計するのが面白くって面白くって。自分にまったくノウハウがないから行く先がまるで見えなくてワクワクするのですよ。
 さて、1/12サイズのネクタイってのはどう作ればいいのかな?(画像のネクタイはサイズ確認用のビニールテープを貼り付けただけ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/02

今日の読了本『シノビガミ弐 刃魔激突』

・河嶋陶一朗『シノビガミ弐 刃魔激突』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑君保プ先生の漫画が完全版で復活!「そして船は行く 完全版」

http://g-bri.com/modules/news/?p=4935
関連「そして船は行く 完全版」特設サイト

 マジで?マジで!?

Friend Yuke<ユーク第172爆撃中隊だ、その漫画は我々も大好きだ>
Friend Osean<こっちはオーシア第502戦術航空中隊だ。購入させてもらうからな>

>第4巻目はおよそ一冊分の描きおろしを加え
>真のエンディングが明らかになるまさに
>完全版な内容となっているのだ。

 最高だ!素晴らしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事帰りに、

 『ゲーマーズ・フィールド』誌やら『オープンダイス・キングダム』やら『シノビガミ弐巻』やらを買ってきました。
 あと、『Boilerplate: History's Mechanical Marvel』も到着。

 明日は休みだからゆっくりと読めるぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/01

アーノルド・シュワルツェネッガー州知事、カリフォルニア州議会の財政改革法案AB 1176に対して拒否権を発動

http://jp.techcrunch.com/archives/20091028schwarzenegger-gives-california-legislature-a-hidden-finger/
ネタ元:RADIO*IRENEさん

>知事、アーノルド・シュワルツェネッガーは、カリフォルニア州議会が
>可決し、発効のための知事の署名を求めて送付してきた財政改革法案、
>AB 1176に拒否権を発動した。

 うは、なんという問答無用の返答だろう。ステキだ、惚れる!
 それにしても、英語で縦読みとは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖のフライト、機長が乗客に「どうか祈ってください」

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2658259/4834585
ネタ元:イヤ展スレ

>イランの旅客機で29日、飛行中の技術トラブルが発生した際に、
>イラン人の機長が乗客に祈りを捧げるよう求めていたことが
>明らかになった。

>国営イラン学生通信(ISNA)によると、トラブルが起きたのは
>テヘラン(Tehran)発のAseman Airlines機。6時間の遅延後に
>ようやく出発したものの、技術的な問題が発生したために
>テヘランに引き返したという。

>乗客の1人によると、同機は現地時間29日午前0時15分、
>テヘランを出発。しかしそこでトラブルが発生し、機長は
>乗客に対し「技術的な問題に直面しているため空港に
>引き返さなければいけません。どうか祈ってください
>と求めたという。同機は、出発から45分もしないうちに
>テヘランに舞い戻った。

 まあ、人事を尽くした後は神さまに祈るしかないものね。


>イランは過去数年にわたって国際社会の経済制裁を
>受けているため、航空機大手のボーイング(Boeing)や
>エアバス(Airbus)などから最新型の機体を購入する
>ことができず、また、部品の交換もできない
>状況が続いている。

 神さまに祈るしかないものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アイドルマスター】ガン・スモーキー・ベイベ(ニコニコ動画)

「千早ちゃん、パリのマクドナルドでさ。クォーター・パウンダー・チーズの呼び方知ってる?」
「呼び方が違うの?」
「"チーズ・ロワイヤル"」
「"チーズ・ロワイヤル"?」



ネタ元:とんがりさんの日記

 パルプでレザボアなタランティーノ・テイストのオープニングに始まり、どこかで見たようなネタ満載の大馬鹿トンチキアイドル動画。殺戮もあるでよ。とゆーか殺戮ばっかりだ。
 イラスト力とテキスト力とかっこよさの無駄使いにもほどがある!最高だ、愛してる!

……ふと『(エリック)アイドルマスター』などという謎単語が頭をよぎった。とっくに誰か作ってそうな気がするが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »