« 今年の映画・ドラマ | トップページ | 今年のゲーム »

2009/12/31

今年のアニメ・コミック

・コミック
 1月25日に久正人の『ジャバウォッキー』と佐藤明機『パラダイスバード』(が連載されているピアニッシモ誌)が同時に最終巻/号を迎えるというたいへん勘弁願いたいスタートを切った年でした。
 そして今は『メロウガイン』の三巻の発売が危ぶまれるというたいへんピンチな状況なんですよね。
……来年っ!来年こそはきっといい年になるっ!!

 とにかく、いい方を見よう。
 久正人の読切「フォービリオンナイツ」がジャンプSQに掲載!
 速水螺旋人がTRPG『迷宮キングダム』のサプリメントに連載していた『オープンダイス・キングダム』が一冊にまとまって単行本化!
 長谷川裕一『マップス・ネクストシート』はついにやつらが帰ってきた!銀河に風が吹きあれる!
 岩代俊明『PSYREN―サイレン―』も連載初期から丁寧に仕込んでいたシナリオギミックがついに発動!熱い展開を見せます!
 モデグラ誌で連載していた宮崎駿の堀越ニ郎物語『風立ちぬ』は円満に完結。

都戸利律『環状白馬線 車掌の英さん』
森薫『乙嫁語り』
一文字蛍『転生神機メロウガイン』
ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』
綱本将也・ツジトモ『GIANT KILLING』
OYSTER『男爵校長』『光の大社員』『毎週火曜はチューズデイ!』
 といった作品にも楽しませてもらいました。ここで上げた漫画はいまだに感想レポートを書いてないんだよなぁ。早めに紹介記事のひとつも書いておけば良かったよ。宣伝的な意味で。


・アニメ
 まず『バッカーノ!』につきます。ただひたすらに面白いアニメでした。1930年代のアメリカ横断鉄道を舞台にした群像劇。時系列が入り混じる物語構造を見事に制御した演出の妙技!
 次点が『イブの時間』かな、ステキな近未来ロボット交流アニメ。SF好きはマスト見れ。
 『マリー&ガリー』は結局二月くらいで切っちゃいました。著名科学者と同名のキャラクターがゴチャゴチャ騒ぐだけのアニメという風にしか見えなくなったので。振り返って考えるに、ぼくが見たかったのは『ミーム』だったんだろうなぁ。

|

« 今年の映画・ドラマ | トップページ | 今年のゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/47172172

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のアニメ・コミック:

« 今年の映画・ドラマ | トップページ | 今年のゲーム »