« 「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督 | トップページ | 今日の読了本『ラヴクラフト全集 (1)』 »

2010/01/21

むりかぶし望遠鏡がとらえた、奇妙な彗星

http://www.astroarts.co.jp/news/2010/01/19linear/index-j.shtml

>石垣島天文台の「むりかぶし望遠鏡」が、今年1月6日に発見された
>リニア彗星(P/2010 A2)を観測し、コマや核がなく尾だけが
>伸びているという奇妙な姿をとらえた。

>奇妙なことにこの彗星は、まっすぐとした長い尾をもちながら、
>コマとよばれる淡く広がった領域も、明るく輝く核とよばれる部分も
>ありません。一般に、彗星は、ほとんどが氷とダスト(塵)で
>できているとされています。太陽に近づくと熱や太陽風によって
>表面が蒸発し、周囲にはコマを作り、吹きだした塵やガスは
>太陽風に流されて尾を作り“ほうき星”になります。

>今回のように、明らかなコマや核の部分がなく、尾の部分しかない
>といった彗星は、たいへんめずらしいものです。

 つまり、リニア彗星の正体は白色彗星だったんだよ!
【その理屈はおかしい】

|

« 「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督 | トップページ | 今日の読了本『ラヴクラフト全集 (1)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/47356315

この記事へのトラックバック一覧です: むりかぶし望遠鏡がとらえた、奇妙な彗星:

« 「デューン/砂の惑星」再映画化に、「96時間」ピエール・モレル監督 | トップページ | 今日の読了本『ラヴクラフト全集 (1)』 »