« 秘密兵器スリーブガン びっくるくん | トップページ | 今日の読了本『七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!』『七人の武器屋―結婚式をプロデュース!』『七人の武器屋 天下一武器屋祭からの招待状!』『七人の武器屋―激突!武器屋VS武器屋!!』 »

2010/02/07

侍戦隊シンケンジャー:最終幕 侍戦隊永遠

 協力モジカラ『縛』をみてGS美神を思い出した人挙手ー。 ノシ

 一年間積み上げてきたものをきちんと描ききったいい最終回でした。ドウコクさんが割とあっさりやられて逝ったのが残念だけど。
 ジイや黒子の皆さんに敵側を含めた登場人物たちについての詳細な設定とそれを設定倒れに終わらせない丁寧な演出が印象的な作品でした。いやもう、どこまで伏線を張り巡らせていたのかと。最初に見たときは黒子さん達はすぐに消えるもんだとばかり思ってましたよ。まさかあんなにドラマの前面に出張ってくるとは!
 うん、一年間よい物を見せていただきました。
 しかし、こんなさわやかな最終回に限って「CMのあと、みんなで一緒に歌を唄おう!」がないという……。


 それはそれとして、来週からの『天装戦隊ゴセイジャー』。 彼らの「侵略者に立ち向かう見習い天使の戦隊」という“設定”を聞くたびに『アリアンロッド・リプレイ・レジェンド』を思い出して吹き出しそうになります。

|

« 秘密兵器スリーブガン びっくるくん | トップページ | 今日の読了本『七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!』『七人の武器屋―結婚式をプロデュース!』『七人の武器屋 天下一武器屋祭からの招待状!』『七人の武器屋―激突!武器屋VS武器屋!!』 »

コメント

>見習い天使の戦隊
 『DQ9』ですかね?

 『シンケンジャー』は関わった人たちみんなに感謝したくなるような名作だったと思います。役者もよかったので、TVドラマだ、映画だ、とちょくちょく顔を見たいと思います。
 やっぱ、小林靖子さんはいいよ~。ガンダムも小林さんに書いてほしいよ~。

投稿: もり | 2010/02/11 02:16

>『縛』をみてGS美神を思い出した人
ノシ ドウコクが「点」になるんですね! 合成モヂカラはもっといろいろやってほしかったなあ。「山」と「風」で「嵐」くらいだったのがちょい残念。そしてゴセイジャーは敵怪人の元ネタがSF映画ってところが気になりすぎてもう。

シンケンは確かに名作でしたけど、今の好評っぷりを見るにつけ、ここ最近の戦隊って毎年コンスタントに名作揃いなのになーと、とも思います。「毎年ちゃんとやることやって綺麗に終わってる」ってのは(ライダーと比べると安心感が違うと言うかなんというか)、もっと評価されてもいいよね、と。

投稿: エム | 2010/02/11 18:16

・もりさん
>役者さん
 いわれてみれば、シンケンの役者さん達はみんなレベルが高かったですねぇ。後半には生身アクションも普通にこなしてましたし。

>小林靖子さん
 安定していい物を見せてくれますよねぇ。しかし、小林ガンダムってどうなのかしら?


・エムさん
>ゴセイジャーは敵怪人の元ネタがSF映画
 せっかくネタに使うんだから、名前の元ネタ作品が怪人のキャラクター性や作戦内容に多少の影響があるといいなぁ。しかし、最大52体の怪人に行きわたるほど(それなりに有名な)SF映画ってあったかしら?

>最近の戦隊って毎年コンスタントに名作揃い
 確かにその通り(うんうん)
 ですが、安定しすぎて、同時期に放送されるライダー終盤展開の“話題になるレベルのひどさ”に毎度インパクトを持っていかれて印象が薄くなってるんじゃないかと思います。

投稿: Johnny-T | 2010/02/13 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/47508976

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー:最終幕 侍戦隊永遠:

« 秘密兵器スリーブガン びっくるくん | トップページ | 今日の読了本『七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!』『七人の武器屋―結婚式をプロデュース!』『七人の武器屋 天下一武器屋祭からの招待状!』『七人の武器屋―激突!武器屋VS武器屋!!』 »