« 暗黒流動、“宇宙の外側”の証拠を発見 | トップページ | 今日の読了本『第一次世界大戦 忘れられた戦争』 »

2010/03/25

マイク・レズニック『スターシップ2 海賊』

『才気煥発で有能な軍人であり、数数の勲章を授与された英雄ウィルソン・コール。共和宙域辺境に左遷された彼は、やがて腐敗した共和制政府と航宙軍に嫌気がさし、仲間とともに老朽巡視艦<セオドア・ルーズベルト>を奪取、星図すらない辺境宙域へと脱走した。これからは海賊として生きるのだ!だが狙うは無辜の商船ではなく、同業者の海賊船だった。難破した貨物船を装い、海賊船をおびきよせた初仕事はうまくいったが……!? 』

 今一番TVドラマ化して欲しいSF小説シリーズ。マイク・レズニック版スタートレックの第二巻登場!
 1巻のラストで部下ともども軍を離脱して宇宙海賊へと華麗な転職を遂げたウィルソン・コール中佐と巡視艦<セオドア・ルーズベルト>のクルーたち。
 とはいえ、艦長もクルーも腐敗した政府を嫌って飛び出すほどのモラルと職業意識を持つ宇宙戦士です。力無き開拓民やまじめにお仕事に励む船乗りを襲撃することなんてできるわけがない。そんなわけで海賊専門の海賊として活動を開始するコール一党。しかし、なれない海賊業は問題が山積み。自分の倫理を曲げずに金を稼ぐために辺境宙域を縦横に駆け巡るコール艦長の明日はどっちだ?金勘定はもういやだ!!

 どんな苦難にも負けないスペースマンたちのスカッとさわやかな冒険。古きよきスペースオペラを感じさせる懐かしい雰囲気の一冊。相変わらずのクルー同士の軽妙なやり取りが楽しい。
 さいごにまたもや新たな職業に転職を決めた<テディ・R>。彼らの新たな職場とは?ああ、続きが気になる。


倫理規定
1 <セオドア・ルーズベルト>は、どの種族であろうと、無辜の一般市民を襲撃しない。
2 <セオドア・ルーズベルト>は、軍艦であろうと商船であろうと、任務遂行中の無辜の船舶を攻撃しない。
3 <セオドア・ルーズベルト>は、無辜の個人あるいは集団の財産を略奪しない。
4 海賊は無辜の市民ではない。

 

|

« 暗黒流動、“宇宙の外側”の証拠を発見 | トップページ | 今日の読了本『第一次世界大戦 忘れられた戦争』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/47910490

この記事へのトラックバック一覧です: マイク・レズニック『スターシップ2 海賊』:

« 暗黒流動、“宇宙の外側”の証拠を発見 | トップページ | 今日の読了本『第一次世界大戦 忘れられた戦争』 »