« ものぐさな人向けのエスパードミノ | トップページ | 火薬の量を間違った?銀行を丸ごと爆破した強盗団 »

2010/05/26

「乳房爆弾」に英国警戒―自爆テロで豊胸手術利用の恐れ

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0524&f=national_0524_013.shtml

>英国情報局秘密情報局が、航空機を対象にした「乳房爆弾」を
>警戒している。女性による民間航空機を対象にした自爆テロで、
>整形手術により乳房に爆薬を埋め込む手口という。

 つまり、おっぱいは小さいほうがいいよねということですね。まったくその通りです。

>「乳房爆弾」による自爆テロを検討しているのは、アル・カイーダ系の
>組織という。人体内に爆薬を埋め込んでしまえば、現在の
>航空機搭乗時の安全検査では、見分けることが極めて困難だ。

 しかし、真面目な話、これをとめるのは至難の業なんじゃないか?チェックを厳しくするにしても、下手なことをしたら権利団体が怖いことを言ってくるだろうし。

|

« ものぐさな人向けのエスパードミノ | トップページ | 火薬の量を間違った?銀行を丸ごと爆破した強盗団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/48465894

この記事へのトラックバック一覧です: 「乳房爆弾」に英国警戒―自爆テロで豊胸手術利用の恐れ :

« ものぐさな人向けのエスパードミノ | トップページ | 火薬の量を間違った?銀行を丸ごと爆破した強盗団 »