« 信天翁号のクルーがみんな頭おかしい件について(信天翁航海録) | トップページ | 長谷川裕一 マップス・ネクストシート 第41話 カウントダウンが始まった! »

2010/06/10

福島第2原発:1号機トラブル 金属棒の破損が原因

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100603k0000m040049000c.html

>福島県楢葉町の東京電力福島第2原発1号機(沸騰水型、
>出力110万キロワット)で原子炉内の水位が低下した際に
>給水する機器の弁が全開しなくなったトラブルで、東電は9日、
>弁を動かす金属製の棒(長さ約150センチ、直径約5センチ)が
>折れたことが原因と発表した。振動を繰り返し受け、金属疲労を
>起こしたとみられる。

>棒は発電を開始した82年4月以来交換していなかった。
>前回定期検査(04年9月~05年6月)でも異常はなかったという。

 20年以上無理なく動いていたのはそれだけ安全マージンを大きくとっていたということで評価できるのだけど、使用年限考えようよっ!
 危なく原子のパウァーで緑の巨人になるところだったんだぜ。
【バカはそれも悪くないと思っている!】

|

« 信天翁号のクルーがみんな頭おかしい件について(信天翁航海録) | トップページ | 長谷川裕一 マップス・ネクストシート 第41話 カウントダウンが始まった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/48597236

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第2原発:1号機トラブル 金属棒の破損が原因:

« 信天翁号のクルーがみんな頭おかしい件について(信天翁航海録) | トップページ | 長谷川裕一 マップス・ネクストシート 第41話 カウントダウンが始まった! »