« 小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」の姿勢制御デバイス(液晶デバイス)による姿勢制御成功について | トップページ | 刑務所長が囚人を一時解放し18人の市民を殺害させる…メキシコ »

2010/07/28

ほぼノーミス「天才ラット」誕生 東海大、30年かけ

http://www.asahi.com/science/update/0727/TKY201007270578.html

 ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください

 知性化ネズミ一族による人類への反乱ですとなっ!?

|

« 小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」の姿勢制御デバイス(液晶デバイス)による姿勢制御成功について | トップページ | 刑務所長が囚人を一時解放し18人の市民を殺害させる…メキシコ »

コメント

この人、ねずみの品種改良に半生を捧げたんですね。

投稿: おぞん | 2010/08/01 00:17

まさに生涯をささげた研究ですよ。

投稿: Johnny-T | 2010/08/01 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/49000160

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼノーミス「天才ラット」誕生 東海大、30年かけ:

« 小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」の姿勢制御デバイス(液晶デバイス)による姿勢制御成功について | トップページ | 刑務所長が囚人を一時解放し18人の市民を殺害させる…メキシコ »