« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

自動車のライト用睫毛

http://www.autoblog.com/2010/08/28/yes-this-is-real-carlashes/
ネタ元:ceramicGIRLIEさん

 なんに使うんだよこんなの!?

(思考中)はっ!そうか!
 恐竜スティラコサウルスのように、巨大な目に見える部分があると、顔がでかいと相手は身がすくんでしまうという。つまりこの睫毛を装着することにより敵を威嚇し……敵?

「人間もやっぱり動物じゃな わが友デミトリーよ…おまえのザクレロは…正しかったぞ!」(C)機動戦士クロスボーン・ガンダム・スカルハート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボコップが本当にロンドンをパトロールする時代が現実に

http://www.gizmodo.jp/2010/08/post_7576.html

 うっは!リアルフチコマ!?

>まるでSFの世界のような「Cybernetic Autonomous Remote Barricade」
>(C.R.A.B.)ロボット警察が、実は本当に真剣なる研究開発段階にあり、
>もう間もなくイギリスはロンドンの市街地にテスト運用のため投入される
>計画であることが明らかになりました。

>デザイナーのマーティンさんがC.R.A.B.を初披露した時、その場に
>居合わせた皆が、素晴らしいコンセプトロボットですねと感想を述べた
>のに対して、実は単なる空想の産物でもなんでもなく、Omni Consumer
>Productsが武器製造メーカーとタッグを組んで、過去12年間に及ぶ
>開発努力が傾けられ、人工知能の仕上がりを待って、いよいよ実用化を
>目指した最終段階に入る

 展開が面白すぎる!これは本当にリアルの話ですかっ!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/29

今日の読了本『ティターンズの旗のもとに〈上〉―ADVANCE OF Z』『ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z』

・今野敏『ティターンズの旗のもとに〈上〉―ADVANCE OF Z』
    『ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z』

 電撃HOBBY誌の記事は飛び飛びで読んでましたが……なるほど、まとめて読むとこういう話でありましたか。
 しかし、あれだけ画像資料が多い作品だというのに、MS解説ページがないどころか挿絵も口絵も無しとはどういうことか!(プンスカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ&天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー

公式サイト

 見てきましたよ。昨日、先週録画した最終回一話前を見たら、これはもう最終回を見る前にそれ以前の二人の事件を、つまりは劇場版を見なくてはならない!……と思ったので。

「嫌いじゃない! 嫌いじゃないわ!」

 や、すばらしい作品でした。
 再生怪人と、TVシリーズでライダーにかかわった風都の人たちの再登場。アクションまたアクションの展開。ライダーらしいバイクアクション。バトルとバトルとバトル!おまけに、全変身フォームに新ライダー披露と劇場版にふさわしい大サービスっぷり!
 メインメンバー全員に見せ場が用意されているのが実に好印象。


……ホントは『月に囚われた男』にもいく予定だったのだけど、家賃を払いにいったついでに大家さんと話していたら開始時間を逃したよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/28

今日の読了本『キャプテン・リリスと猫の宇宙船』『流血の夏』

・林譲治『キャプテン・リリスと猫の宇宙船』
 猫と宇宙船と女の子船長のスペースオペラ。個性豊かなクルーと猫型AI。逃亡中のお姫様と宇宙規模の大ピンチ。そしてがんばる女の子。古きよきソノラマ文庫のテイスト。古臭いのではなく懐かしい空気。

『いつも思うのだが、船長はAIに対して理屈以外に何を期待しているのか?』
「可愛い猫(はぁと)」


・梅本弘『流血の夏』
 第二次世界大戦のフィンランドとソビエト連邦の二度目の戦い『継続戦争』。フィンランドの独立を守った戦いの、その最後の、最も激しい夏の激戦を、豊富な資料と写真で詳細に解説されています。
 北欧の小さな国が起こした奇跡。その奇跡を起こすために奮戦した男たちの姿。

1943年の夏以来、終戦まで、ロシア軍が発起した戦略目標で、当初の目的を達しないまま終了したのはこのフィンランド侵攻ただ一つであった。懸絶した破壊力を持ったロシア軍に対する自暴自棄にも思えたフィンランド軍将兵の捨て身の抗戦が、ぎりぎりのところで起こりえるはずのないことを成し遂げたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/27

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 公式設定画集

 買ってきた。
……しかし、いまだに第5層の上の方をウロウロしているぼくはクラスデザインのページしか読めないのであった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/26

大変だ!マガモのクチバシに注目すると…もうこんな風にしか見えない

http://labaq.com/archives/51494815.html

 中に誰も……いるー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人ブログ『ライアーランド王国公文書館』

http://oviraptor.blog103.fc2.com/

 いつのまにか久正人の公式サイトが開設してましたよ?
……そして、開設早々の記事があまりにもショッキングすぎる。すごいな中華街。エロいぞ中華街。
 勘違いしないでよね、別にうらやましくも何ともないんだからねっ!いいなぁ中華街。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/25

中島諭宇樹『ひまスペ兎! 第2羽 無重力だるまさんがころんだ』(ジャンプSQ.19夏号収録)

 ぎゃあ、第二話!?中島諭宇樹の新連載が始まっていて、それもスペーストラッカーものだったとは!ガッデム、完全にノーチェックだった!どうして俺はジャンプSQ.19の創刊号を読まなかったんだ!!

 これは恒星間貨物船「いなば1号」のクルーである4人の少女たちがその英知と好奇心の限りをつくして暇や退屈と戦う日々の物語である!!

 というわけで、このエピソードはサブタイトルそのままに、最後に残ったスイーツをめぐって4人の女の子が無重力「だるまさんがころんだ」で競い合うというお話です。ただそれだけ。ですが実に内容の濃いSFでした。

<だるまさんがころんだ無重力版追加ルール>
・その1
 オニが振り返っている間プレイヤーは体を動かしてはならないが、慣性によって動く分はよしとする(ただしその間オニに触れてもノーカウント)
・その2
 オニが振り返っていられるのは10秒間まで(プレイヤーが慣性でどこまでも流されていかないように)
・その3
 プレイヤーがオニにタッチできれば+1点で離れて仕切りなおし。動いているところを見つかれば-1点でオニと交代。
・その4
 オニは中空に張られた支持棒をつかんでいなくてはならない。またプレイヤーはその棒をつかんで移動してはならない。

 無重力と慣性の法則というネタを十二分に生かしたテクニカルな攻防を物理に疎い読者にもわかりやすいビジュアルで描く!
 もともとこの作者のファンではありましたが、しばらく見ない間にさらにわし好みの男になりおった。次回の暇潰しが楽しみですよ。

 漫画本編のあとに1ページの科学コラムが掲載されていて、そのタイトルが「銀河暇潰しガイド(英文タイトル:The Time killer's Guide to the Galaxy)」でもういっちょニヤリ。

 あとね、ビビちゃんがあまりに良い子なので数学的劣情を抑えきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人『デュカタンの娘』(ジャンプSQ.19夏号収録)

 星々の彼方からきた男と地球人女性の間に生まれた少女。彼女が一人の男に出会ったとき新たなラブストーリーが始まる。

 久正人の新作は宇宙人ハーフの少女の恋物語。もうちょっとぶっちゃけると、<すごいネタバレ>バルタン星人の娘とウルトラマンのラブストーリー</すごいネタバレ>。そんな反則スレスレな現代(?)のロミオとジュリエット。
 今回は原作担当ということで作画は別の方ですが、それでも匂い立つような久節は健在。軽快でダイナミックなアクション、パズルのように緻密でスリリングなバトル。そして張り巡らされた複線と心に染みるストーリー。
 地球にただ一人のデュカタン星人になってしまった親父が娘の彼氏と語り合うシーンや、「70億の針」に絶望する宇宙人デカの嘆き。娘を思う父と父を思う娘の絆。そして親父の膝。あんまり俺を泣かせるな!

 作画担当の山本ヤマトさんの絵も悪くありませんが、やっぱり白黒全開の久絵で見たかったにゃー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何このスピード感!遠近感とんでもねぇ新幹線型の箸「ハシ鉄」

http://www.gizmodo.jp/2010/08/post_7523.html

 うは、これはデザインの勝利。こいつは速いゼ!

……なんか、すごく使いにくそうな気もする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/24

中国の高速道路で大渋滞、9日間の立ち往生も

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-16901420100824?rpc=122

>北京へ向かう高速道路で全長100キロの交通渋滞が発生し、
>車が9日間立ち往生する事態になった

 桁が違うというかなんというか。ドライバーたちの生活インフラとかはどうしてたんだろう?

>車の列は隣接する河北省から内モンゴルまで及んだ。貨物トラックの
>運転手たちがトランプで暇をつぶしたり、渋滞につけ込んで
高額の食料を販売する地元住民の文句を言い合ったりする光景が
>みられたという。

 おお、大陸的光景。

>中国政府は巨費を投じて道路や鉄道などの交通インフラ整備を
>進めているが、経済成長とともに交通渋滞は日常化している。

 いや、日常化にもほどがあるだろうっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チリ鉱山事故 地下で33人が17日間も生存

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100823/amr1008230932003-n1.htm

>南米チリからの報道によると、同国北部コピアポ近郊の鉱山で5日に
>起きた落盤事故で、ピニェラ大統領は22日、閉じ込められた33人
>全員が、事故から17日がたった今も地下避難所で生存していると述べた。

>地下約700メートルの地中に掘り進んだドリルを引き上げたところ
>「33人は避難所で元気でいる」との手書きのメッセージが付いていた
>という。避難所に水の備蓄や通気孔があったため、17日間にわたって
>生存が可能だったとみられている。

>避難所が深い場所にあるため、救出にはさらに4カ月程度かかる見通しだが、
>その間チューブを避難所に差し入れて水や食料、酸素を供給するほか、
>カメラやマイクを届けて連絡が取れるようにする方針。大統領は「再び、
>日の光を見て、家族を抱き締めるために、彼らは結束している」と述べ、
>閉じ込められた人々をたたえた。

 人間力すげぇ!
 どうか33人全員が無事に脱出できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/23

タミヤのラジコンを実車化したドイツ人

http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/483-sandscorcher.html
ネタ元:イヤ展スレ

>このマシン、ドイツのレストア&カスタムショップBUG BOXで働く
>タミヤファンたちが手がけたスペシャルマシン。
>実車のワーゲンとFRPカウル等のオリジナルパーツを組み合わせて
>開発されたこのマシンの仕上がりは、まさに1/1ワーゲンオフローダーの
>たたずまい。さすがはドイツと言わざるを得ません!

……ドイツ人は馬鹿だなぁ

>しかも10倍サイズとおぼしきプロポつき!

 すばらしく馬鹿だな!!最高だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートストーム EX合金 スターウルフ バッカスIII世

http://m3.rakuten.co.jp/digitamin/ff70/-/2/4q0c/6yvcc/1/4rfiq/

参考

 うっは、クオリティたけぇ!!かっけぇ!
 サイズがちょっと微妙なところだけど、このぐらいのサイズなら置き場には困らずにすむかな。
 フムン、購入考慮リストに加えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/21

マイクロ破壊兵器

http://skmwin.net/archives/004250.html
ネタ元:掃き溜めさん

 サイズは小さいけど破壊力抜群すぎる!
 つーか、国によってはこれ普通に逮捕されるレベルじゃないですか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゃあ

 デスクトップ機のグラフィックボードが逝ってしまったでゴザルよ。こまった。
 5年も前に組んだマシンだからグラボだけ交換するよりも中身全部交換した方が効率がいいのだけれど、給料日前なんだよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/20

今日の読了本『シノビガミ・リプレイ戦1 事無草、咲く』

・河嶋陶一朗『シノビガミ・リプレイ戦1 事無草、咲く』

 あいかわらずげんぞー先生のアイドルっぷりはハンパねぇな!
 修羅之介の 意外な PC1力(ちから)。
……中の人田中天なのにね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<民主党>「平賀源内研究所」構想 国がタイムマシン助成?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000052-mai-soci

>奇想天外、反主流の研究大歓迎--。民主党の文部科学部会が、
>こんな科学研究拠点の創設を提言した。
>その名は「平賀源内記念研究所(仮称)」。新たに発行する
>「科学宝くじ」の収益を、タイムマシンなど実現不可能と
>される研究や常識にとらわれない研究に投じる。事業仕分けで
>「投資に見合う研究成果を」と強調してきた民主党が、
>成果主義で買えない「夢」を育てることができるか。

……ごめんなさい。こういう時、どんな顔をすればいいのか わからないの。
 いや、マジで!

>新たに「科学宝くじ」を創設して年間10億円程度を調達。
>国内外から50人程度の「異才、奇人」を集め、自由に研究してもらう。

( ´_ゝ`)フーン

>実現性は未知数だが、首藤議員は「タイムマシン研究でもいい。
>欧米に追いつけ追い越せの理工学以外から、新たな分野が
>開かれる可能性がある」と夢を膨らませる。

( ´_ゝ`)フーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/19

まもなく90歳のSF作家R・ブラッドベリ氏、「デジタル書籍」を批判

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2748823/6086074

>怒りの矛先は、膨張し続ける現代テクノロジーにも向けられた。
>「携帯電話にインターネット、われわれの身の回りには電子機器が
>多すぎる。これらを駆逐していかなければならない」

>自著のデジタル書籍化の提案を拒絶したことも明らかにした。
>「去年、デジタル書籍化のオファーを3度受けたんだが、ヤフー(Yahoo)には
>こう言ってやったよ。『いいかよく聞け、地獄に落ちろ』とね」

 これがほかの人なら老害乙というところですが、ブラッドベリ御大では納得せざるを得ない。
 内容がデータ化されて手に取れるツールとしての本が無くなってしまうと『華氏451度』が成り立たなくなるものね。あの名言の価値も半減ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/18

送電塔は巨人たち:アイスランドのデザイン案

http://wiredvision.jp/news/201008/2010081718.html
ネタ元:myougayaさんの日記

>米国の建築設計会社Choi+Shine社は、巨大な人間の形をした鉄塔で、
>アイスランド各地にわたる電線をつなぐことを提案している。

>Choi+Shine社のウェブサイトによると、送電塔の巨人はさまざまな
>姿勢を取ることができる。例えば、坂道に設置される場合は、
>あたかも坂を登っているような姿勢がとれるという。また、
>「男女ペアで設置することもできる。同じ方向または逆の方向に
>歩かせたり、すれ違うときにお互いに視線を交わしたり、それぞれが
>ひざまずいて町の方に頭を下げたりもできる」

>頭部、胸部、脚などの基本パーツと、加工ずみのジョイントを
>使うことで、製造プロセスが複雑になるということはないという。

 ほう、いいなぁ。楽しそう。
 夜中に見るとびっくりしそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海洋モンスターパニック映画「シャークトパス SF恐怖タコザメラの襲来(←命名:友野詳)」


ネタ元:GMとものさんの日記

 これはあまりにもひどすぎる!最高だ!!

 いまどきここまでひどいコンセプト(←賞賛)の映画を作る馬鹿はどこの独逸かと思ったら……よりにもよってあんたがプロデューサーかよロジャー・コーマン!!大納得だ!愛してる!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/17

今日の読了本『天空のリリー』『アップルジャック2 Pousse‐caf´e』

・千田誠行『天空のリリー』
 第二次世界大戦期のソ連に実在した女性戦闘機パイロットリディア・リトヴァグを主役にした成長物語です。
 面白かったのだけど、ちょっともにょもにょ。
 なんと言うか、空にあこがれる少女たちの爽やかな青春小説としては悪くないのですが、歴史知識に没入を妨げられます。実在の人物・時代をモデルにしてるけど、実際の歴史・出来事とはほとんどリンクしない。それでいて、無視できるほど史実のウェイトが軽くない。物はいいのに、仕込みが裏目に出てるよなぁ。もったいない。


・小竹清彦『アップルジャック2 Pousse‐caf´e』
 オサレなサタスペかと思ったらサイバー要素のないトーキョーN◎VAだったでござるの巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

今日の読了本『ガンヘッド正伝―蘇る機神』

・会川昇『ガンヘッド正伝―蘇る機神』
……三巻はもう出ないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桂令夫『空中軍艦大和1944』

『夢か!?……大日本帝国海軍技術大尉、白瀬堅一郎は疑った。彼の前に現れた怪老人アオシマ氏は、日本海軍の大軍艦≪大和≫に、まったく新しい能力を与えようというのだ。
 あらたな力を得た≪大和≫は、同型艦≪武蔵≫、≪信濃≫とはまったく違う軍艦として進水した。電子頭脳のはたらきで、瞬時に大砲のたまの軌道計算をおこなう、アオシマ式照準器。軍艦の前後左右のかたむきを調節する器械、アオシマ機関。それはまさに二十世紀科学の粋をあつめた、世界最大最強の軍艦であった。
 だが≪大和≫をまつ運命はけして平らかでない。海から空から、津々として太平洋を侵し来るもの。それは世界一流の大国アメリカ合衆国がその科学、技術、産業、国力のすべてを注いだ大海軍である。そして米軍の猛将ハルゼー率いる空母部隊が、≪大和≫に致命の一撃を加えんとした瞬間、一つの隠された力が明らかになる!
 鋼鉄の巨艦が太平洋せましと暴れまわる、血わき肉おどる軍事冒険活劇、ここに堂々開幕!』

 さすが桂令夫だ。きちんと考証に則った頭悪い文章を書かせたら右に出るものがねぇ!
 ちょっと冒頭の文章を引用しますと、

「あっ、これはどうしたことだ!」
 白瀬堅一郎技術大尉は、思わず、そうさけんだ。
 呉海軍工廠(海軍でつかうための軍艦をつくるところ)での、たいへんいそがしい仕事をおえて、秋の夜汽車にゆられていたところだった。

……と、全編こんなノリですよ。なんて素敵なトンチキテイスト。
 仮想戦記というよりは昭和冒険活劇のノリで展開する大戦艦活劇。表紙を見れば一目瞭然の「大和」が空を飛ぶという奇想天外な物語。ゲラゲラ笑いながら楽しみましたよ。
 ただ、挿絵には不満がありますよ。あれは本文のノリに合わせて真鍋博画伯に依頼するべきだったと思うね。
【とうに故人だ】


 さて、久しぶりに読みたくなったぞ。『亜細亜の曙』はどこにしまったかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木村航『ななめカンナヅマ』

『忘れ去られて消えゆく神を、故郷へ送るお届け巫女――”神無妻”の七芽。彼女が辿り着いたのは、時が停まった楽園に、子どもだけが暮らす百地島。そこで時を動かし大人になろうとする“反逆児”に出会い、七芽は助っ人の神を呼ぶ。「力になるよ。願い事があるんだろ?」――だが顕れたのは神か鬼か、秩序を壊す暴れ者。次々と巻き起こる騒動の中、楽園の秘密が暴かれてゆく。甦る悪夢、不吉な隠喩、その先にあるのは――。お伽話から今、神話が生まれる』

「何かの支度を調えるには賢さが必要だ。しかし始めるのは、いつも愚かさだ」

 八百万の神を胸に宿らせた神無妻の巫女七芽と名簿の神クレクレが、時の小舟で世界から世界を巡り、忘れられ消えていく神さまを故郷へ運ぶ旅路の物語。"神"さまと人の物語。新しい御伽噺。
 子どもしかいない島の奇妙で意地悪でやさしいボーイ・ミーツ・ガールのお話。空気のジャックはいいやつだ!
 仕事帰りに電車の中でクライマックスをハラハラしながら読んでいたら、集中しすぎて終点についたのにも気がつかなかったのも良い思い出です。いや、危なかったんだけどな!?

≪どこへ降りる?≫
「どこだっていいんだ!立ったところがちょうどいいところだ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レナード・ウイバーリー『小鼠 油田を掘りあてる』

『われらが愛すべき小鼠――グランド・フェンウィック大公国がオイルショックに襲われた。石油の供給を削られたため、マウントジョーイ伯爵はご自慢の公用車を乗り回すことも、大好きなお風呂に入ることもままならなくなってしまったのだ。さて、今回はいかなる手を用いて、この深刻な局面を打開するのだろうか?好評シリーズの悼尾を飾る作品』

 わずか数名の弓兵でアメリカ合衆国を下し、世界初の月旅行を達成し、卓越した経済センスを見せつけた、偉大な小国グランド・フェンウィック大公国が今回挑むのはエネルギー問題!
 世界中を震撼させる石油問題にグランドフェンウィックが誇る偉大な政治家マウントジョーイ伯爵が立ち向かう。
 世界最大のコングロマリットの支配者をして「あの男はマキャヴェリ以来最も賢明な政治家か、でなければかつて公職についた最大の愚物だ。わたしはいまだにどちらとも判断しかねている」といわせるほどの政治感覚を有する伯爵の、空前絶後の外交手腕に驚愕せよ!

○過去作感想
レナード・ウイバーリー『小鼠、ニューヨークを侵略』
レナード・ウイバーリー『小鼠ウォール街を撹乱』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/15

今日の読了本『10ドルだって大金だ』『ダイアルAを回せ』『クトゥルフ神話TRPGリプレイ みなせゼミの名状しがたき夏休み』

・ジャック・リッチー『10ドルだって大金だ』
         『ダイアルAを回せ』
・内山靖二郎『クトゥルフ神話TRPGリプレイ みなせゼミの名状しがたき夏休み』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2 第6話「空より高く」


(8月21日土曜昼ごろまで、公式チャンネルで無料配信)

 二次大戦のイタリア戦闘機がこんなに出ばるアニメなんて初めて見た。戦争映画でもあまり見かけないフォルゴーレ戦闘機だの、反跳爆弾を放り出すランカスター爆撃機(これはイギリス機)だの、特定方面へのサービスが過ぎるってもんですよ。ぼくにはわからないけれど、艦艇もディープなところを突いてきてるんだろうね。
 フムン、ロシア娘を打ち上げる話だから多段式クラスターロケットだったのかしら? 通常エンジンとロケットエンジンの混生三段打ち上げとかいろいろなところを刺激されます。畜生、あざといな。ありがとう!

 無音の世界の台詞なしクライマックス戦闘はよかったですね、そのあとの骨伝導会話のシーンも含めて。あんまりきれいにまとまってるんで最終回かと思いましたよ。


 でもまあ、本当言うとそんなことは割とどうでもいいんだ……

100815a
 
 あとシャーリー&ルッキーニの母子っぷりもヤバいですね。ニヤニヤせざるを得ない。
 まったくDVD版が楽しみです。

100815b


| | コメント (4) | トラックバック (0)

盆休みの間に遠出しようと

 今日は気合を入れて愛車スガラ号の整備。
 しかし明日は大雨らしい。無念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/14

今日の読了本『螺旋人リアリズム ポケット画集』

・速水螺旋人『螺旋人リアリズム ポケット画集』

 速水螺旋人が過去に描いたカットとコミックをこれでもかと詰め込んだポケットサイズ画集。ベッドサイドにおいてちまちま読もう……と、思っていましたが、ふと気がついたら最期まで読み終わっていました。
 ポケット画集というから小さな文庫本サイズくらいであまりページ数も多くないものを想像していましたが、そんなことはなかったぜ。なんと300ページを優に超える大ボリューム!判型はコンパクトですが、普段から文字いっぱいの速水レイアウトを見慣れているとゆったりしたレイアウトに見えますね。
 カバー下の装丁が大変良いですよ。小学校にあったお値段高い系児童文学の表紙みたい。
 コミックは完全書下ろし。カットは同人誌「KITTEHATTE」シリーズからの再録が多いのかな?持ってないのも多いからよくわからないや。
 
 以下、気に入ったとこについてつれずれと。

 “スクーターに乗ったトンチキ”シリーズ(命名ぼく)大好き。

 MIG-3のデザインはいかにも速そうで格好良いよな。
……いや、つい昨日ルーッカネンの『フィンランド上空の戦闘機』を読んだばかりだから、どうしても「カモ」のイメージがついて回るのだけど。

 抜刀!検挙ー!のおっかない憲兵さんスーツはおっかな格好いいな!こんなのが街をうろついてたら悪いことなんて出来ないよ。

 「官房」の主任さんかわいいなぁ。いっちょラブレターでも出してみるか!(届くのはいつになるやら)

 ロシア革命期のリョーシャとアリョーナの物語は読んでみたいなぁ。

 うっは、ヤロール(ノースウエスト・スミス)なんてのまでいやがる!螺旋人版ノースウエストはどんなやつなのかしら?

 特設ミサイルボートいいよね。ミサイル戦艦ゴーランド(愛すべき駄っ作戦艦。武装が全部ミサイルってどうよ?)風味で。ゴーランド大好き、アンドロメダの次に。

 ニ剣士シリーズの「クォーモールの王族」がお気に入りというので親近感。ぼくもあのエピソードが大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

今日の読了本『フィンランド上空の戦闘機』

・エイノ・アンテロ・ルーッカネン『フィンランド上空の戦闘機』

『神出鬼没
 白夜の静寂にエンジンを轟かせ、凍てつく冬の夜空を見上げ、かれらは戦った。
 フィンランド空軍の中堅飛行将校として開戦を迎えたルーッカネン中尉は、選りすぐりの戦闘機乗りで編成された独立L戦闘機隊を率い、凍結した湖を基地に極北の森を転戦、思いがけない場所でロシア機を襲った。苛酷な自然のなかで小さな戦闘機部隊を巧みに運用した名指揮官が描く、真冬の森の邀撃戦、北辺の制空戦。そして44年夏、カレリヤ地峡には地を覆うロシア空軍機の大編隊がやって来た』

 フィンランド空軍戦闘機パイロット中最多の出撃回数441回を誇る、フィンランド第三位のエース。戦闘機隊随一の名指揮官エイノ・アンテロ・ルーッカネンの回想録。豊富に掲載された写真資料がうれしい。
 筆者が1パイロットではなく飛行部隊の指揮官ということもあって、空戦自体についてよりも部隊運営のあれこれのために奔走している姿が印象に残ります。雪に埋もれた飛行場を何とか使えるように手を尽くして、雪上用に戦闘機の車輪をそりに換装したり、部隊移動のために飛行場の候補地を探しに行ったり、近所の湖で魚を釣って夕食に一品増やしたり、欠乏している飛行機の部品をどうにかして調達したり。
 何百キロも離れた三つの基地に分かれて戦っている戦隊が、プロペラハブを取り外すためにたった一本しかない工具を使いまわしていたというエピソードには涙を禁じえない。


……あとね、飛行第30戦隊団長、K・E・イランコ中佐の名前を見た瞬間ちょっと吹き出しちまいましたよ。本人はまったく悪くないのだけど、スオミでいらん子なんですもの。ネタ元だったりするのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/11

異種動物の仲良し画像貼ればいい

http://shibasoku.livedoor.biz/archives/51651145.html
ネタ元:狼牙堂さん

 これはひどいテロ。危うくかわい死にするところだった。

 >10が格好よすぎる。カラスもキャラ立ちすぎだ。
 それにしても>7のダンゴムシはすごいな。そりゃあ王蟲に進化もするわ。
 >80……盲点!?

 ここに載っていないやつではこれ(↓)が好きです。ドラマがあるよね。
100811a


 あと、HD内の動物画像フォルダをあさって見つけた仲良し画像をいくつか。
100811b
100811c
100811d
100811e

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/10

マップス・ネクストシート 第43話 各々の事情

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『ズザンガディクスの指定した期限まで残りわずか、果たしてゲンとナユタは、すべての銀河を救う手立てを見つけることができるのか!?』

 最近濃い話が続いたから箸休めの回……と思いきややっぱり濃かった!

 金子すげぇ!!マジスケールでけぇ!!お前がネクストシート最大のイレギュラーだ!
 あと、ついにアソウガさん家の家庭の事情に触れてしまったゲンに合掌。あと、その後ろで高笑いしてるリプミラを見て、やっぱりダインの姉妹なんだなぁと。そういえば、ミュズの服装がおへそ出しなのはお母さんの影響かしら?つーか、二号連続の読者サービス本当にありがとうございましたー!ミュズとリプミラの絡みは本当にかわいいなぁ。ずっとこのままでいられたらいいのに……。
 そして、貫禄を見せつけるお母さん。前作主人公ズが100%経験値だけで戦っているというのはうれしいよなぁ。やっぱり風と翼はそうでないと。
 で、ここで“あの”大容量ディスクが出てきてニヤリ。今回も意外な活躍を見せてくれるといいな。前作終盤、最後の最後の活躍シーンには痺れたよ。

 そして銀河の命運をかけた戦いが始まる!!


……って、ネムローネが本編にも登場だと!?

関連:夏コミで『長谷川裕一ひとりスーパーロボット大戦 大外伝』復刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

全人類以外待望の『ファイアボール』2ndシーズンが2011年に開始!

http://www.honeykicker.com/2010/08/post_785.html

 うは、ついに!ついに!
 たのしみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/07

今日の読了本『駿河城御前試合』

・南条範夫『駿河城御前試合』

 シグルイ完結記念(とはいっても読むのは単行本待ちなのだけれど)で半年ばかり前に購入した原作本(1983年の河出文庫版) を引っ張り出して読んでみました。

 侍同士、武芸者同士の意地とプライドがぶつかり合う残酷剣劇連作。
 読んでみて驚かされるのがその淡白な残酷描写。試合に至るまでの経緯、男たちの愛憎劇はどこまでも丁寧に、その情念が臭い立つほど濃く描かれているというのに、その情念ぶつかり合う御前試合そのものはせいぜい1ページそこらで淡々と起きた出来事を描かれるのみ。コミカライズ版であるシグルイの行き過ぎるほどの濃い描写とは真逆です。でもそれは決して薄さを意味しているわけではありません。暴力を暴力として正面から突きつけるような淡々とした描写が、斬られた男たちの淡白な死に様が、かえってその残酷さを増すのです。

 ところで、若先生は「被虐の受太刀」もコミカライズしてくれないかしら。すげぇ似合いのテイストなのだけど。読みてぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アストロシティ』が映画化されるらしいぞ!

http://www.deadline.com/2010/07/working-title-plants-flag-in-kurt-busieks-graphic-novel-astro-city/
ネタ元:GMとものさんの日記

 最高!
 数多くのスーパーヒーローが活躍する街『アストロシティ』。ヒーローだけではなくチンピラやOLといった『シティの住人』に焦点を合わせたアメコミ短編シリーズ。
 良いやつ、悪いやつ、強いやつ、弱いやつ、様々な人たちの人生の物語が魅力的なコミックですよ。この機会に3巻も翻訳してくれるといいな!


 「RECONNAISSANCE」のエピソードはどこかに挟み込んで欲しいな。
 別の惑星からやってきた侵略軍の斥候が心やさしい青年と触れ合って……という。未熟な若者に己(の種族)の未熟だったころを重ね合わせる老人の思いが泣かせてくれる名エピソード。
……と見せかけてギャフンなオチが最高

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/06

今日の読了本『ダブルクロス リプレイ・ジェネシス(4) 創世のメモリアル』

・伊藤和幸『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ジェネシス(4) 創世のメモリアル』
……ついに宇宙にまで手を出しやがった!最悪だ、ジャスティス(絶賛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

□に入る数字は?

http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-3052.html
ネタ元:のんでけ!バルサミコすさん

827 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 00:36:49.37 ID:jO6QJfut0

2→□→6→8→10
□に入る数字は?
文系:4
理系:決定できない


832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 00:39:54.22 ID:uwqug4Yv0

2→□→6→8→10→12
なら4で良いんだけどな


843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 00:58:19.22 ID:2XzBVuX+0

≫827ってなんで決定できないの?


859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 01:07:49.61 ID:V/dzQsUzO

≫843
y=(x-1)(x-3)(x-4)(x-5)+2x
という4次方程式がある。
この時、Xを1、2、3、4、5をそれぞれ代入した時、yの値はどうなるか?
みたいな問題の場合は4ではなく-2になる


861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 01:08:55.95 ID:o13Gzkpu0

≫859
感動した


865 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/25(日) 01:12:16.37 ID:dxICRPrN0

≫859
具体例wwwwwwww乙wwwwwww


 その発想はなかった。そういうものなのかっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

群馬超☆ヤバイ

100806
ネタ元:武装神姫スレ

 サハラ砂漠でもそこまではいかねぇよっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『狂気山脈』が映画化!監督はデル・トロ!

http://eiga.com/buzz/20100730/7/
ネタ元:辻旅籠さん

 うっは!あんまり俺を喜ばすな!
 確かに『狂気の山脈にて』は映画向けのタイトルです。しかも手がけるのがクリーチャー愛好家のデル・トロとなれば期待せずにはいられないですよ!
 スクリーンで盲目ペンギンやテケリさんを目の当たりに出来る日が楽しみだー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/05

ブルガリア角界トップが暗殺団組織容疑 マフィアと契約

http://www.asahi.com/international/update/0804/TKY201008040446.html
ネタ元:イヤ展スレ

>大相撲の大関・琴欧洲関を生んだブルガリア相撲連盟の現会長が、
>マフィアから金で殺人を請け負う暗殺集団を組織していた疑いで
>捜査当局に逮捕され、一大スキャンダルになっている。
>同国でも日本の角界の野球賭博事件が注目されるなか、相撲ファンの
>多い国民はさらに衝撃を受けている。

 不祥事のレベルが違いすぎますよっ!?
 つーか、事件にもビックリですが、ブルガリア相撲連盟の存在にもビックリデスよ。そんなワールドワイドな競技だったのか。日本とモンゴルにしかないものかと……。

>当局の調べによると、ストヤノフ氏らは6月下旬、同国のサッカークラブの
>会長を銃撃して殺害するなど少なくとも10件の殺人事件に関与した疑い

 相撲とサッカーの競技性の違いで刃傷沙汰ですか!笑えねぇよっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/03

平成狸合戦

http://2chcopipe.com/archives/51511463.html
ネタ元:武装神姫バトロンスレ

 狸マジ外道。
 だが、つい顔がほころんでしまったのも否定できない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

レオ様が映画化権持つ作品にSMAP指名→「獣兵衛忍風帖」

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20090406-479436.html

 ちょっと前の記事ですが、あまりにショッキングだったので紹介。実現したら、己は一生レオ公を許さない。

>レオナルド・ディカプリオ(34)が映画化権を持つ作品に、
>SMAPを主要キャストに起用するプランが浮上した。日本の
>アニメ映画「獣兵衛忍風帖(じゅうべいにんぷうちょう)」(93年)の
>実写版で、ディカプリオが昨年権利を購入している。

>「獣兵衛-」は日本の忍者同士の戦いを描く物語。関係者によると、
>ディカプリオの「キャストも日本人で」という意向で
>キャスティングが進行中。主要キャストの候補者として、
>SMAP5人の名前が挙がっているという。

 つーか、『主要5人』ってどういう配分なのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

『Boilerplate: History's Mechanical Marvel』をJ・J・エイブラムスが映画化!?

http://www.comicbookresources.com/?page=article&id=27550
ネタ元:Xuerenさんの日記

  1893年に誕生し、第一次大戦の最前線で消息を絶ったという世界初のロボット兵士ボイラープレート。彼の活躍を辿ったドキュメンタリー本『Boilerplate: History's Mechanical Marvel』。多彩な写真を眺めているだけでワクワクが溢れ出す名作本です。それが映画になるんですって!?しかも監督は『スター・トレック』のJ・J・エイブラムス!うっは!すげぇ楽しみだ!
 素敵なフェイクドキュメンタリーになるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソルト

公式サイト

 ぼくらの女ターミネーター。ザ・メスゴリラことアンジェリーナ・ジョリー姐さんが向かってくる男どもを片端から蹴り飛ばす!
 CIAの女エージェントが巻き込まれた謎の陰謀。真実はどれだ!

 陰謀とアクションのバランスが絶妙で、間延びなし退屈なしの良質なエンターテイメント映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRIGUN(トライガン)-Badlands Rumble-

公式サイト

 待ちに待ってた劇場版トライガン。
……のはずなんだけど、なんだか腰が落ち着かない感じががが。うまく連結していないというか、頭と最期が妙にチグハグした印象を受けました。敵役がいまいち腰の座ってない小悪党だからかなぁ。
 シーンごとに見ていくと、バッシュやウルフウッドのアクションは格好いいし、女の子たちはかわいい。荒くれどもは実に荒くれ、と大変にぎやかで楽しいものだったのだけどなぁ。料理が上手なデスコックとか素敵よね。
 あ、保険屋さんのアクションがなかったのは残念ポイント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪原賽&横島一『伴天連XX(バテレンダブルエックス)』一巻

『百鬼夜行の江戸の夜をそぞろ歩くは奇奇怪怪
 勇猛無比なる侍一人
 神出鬼没か異人が一人
 驚天動地 空前絶後
 妖怪変化に乾坤一擲
 奇想天外 和洋折衷時代劇 いざ いざ 開幕――!!』

 ファミ通コミッククリアにて(ぼくには)大好評連載中の新感覚大江戸クトゥルー時代劇。いつの間にやら単行本が発売してましたよ。というわけでチェイムバーズの『黄衣の王』といっしょに購入。クトゥルフつながりといえなくもないけど、なにこのテンションの落差。

 江戸の町に潜む怪異の影に、異形の「腕」持つサムライ・獅子緒が立ち向かう。
 第一話を読んだときには、クトゥルーと時代劇という出オチにしかならない組み合わせをどう展開するのかとハラハラしていましたが、話が進むにつれて少年漫画としてのよい盛り上がりを見せてくれます。叩きつけられる強烈なインパクトとそれだけに頼らないストーリー展開、さすがは『悪徒-ACT-』のコンビです。
 最初は江戸時代とクトゥルー神話の組み合わせについては言いたいことがいろいろあったのですが……もう全部許す。この熱さの前には許さざるを得ない!このままじゃんじゃんフカしていってください。ぼくは応援する!
 あと、“無貌の神”平賀源ナイには声出して笑った。確かにあの神様の偽名のセンスだー(腹を抱えて転げまわりながら)


 どうでもいいけど、このマンガ『天下繚乱TRPG』との噛みのよさが尋常じゃありませんね。2巻登場の葛飾北斎先生で基本4クラスが全部そろうし。発表時期的にただの偶然なのだろうけど。
 獅子緒は青龍・剣客・エレメンタラーかしら?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »