« はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について | トップページ | 米国防機関、「空飛ぶ軍用車」の開発に助成 »

2010/11/16

こんなんで飛べるの!? 防衛省、偵察用の新型無人航空機「球形飛行物体」を製作。

http://www.gizmodo.jp/2010/11/post_7974.html

>防衛省技術研究本部先進技術推進センターの佐藤文幸氏が
球形飛行物体を開発しました。

 プリズナーNo.6!?

>材料にはカーボンやスチレン、ペットボトルなど市販の物が
>利用されており、製作費約11万円でハンドメイドしたとのこと。
>直径42cm、重量35gのボディに、飛行機として必要な要素が
>収めてあります。...なんか色々と凄い。

>プロペラとモータ、空気の流れを整えるダクト翼、8枚の舵面に
>よって構成されていて、可能な空中停止時間は8分、
>最高速度は毎時60kmとのこと。市街地や森林での低空飛行や
>地上回転移動も出来ます。

 うっは、007の世界。というかスペック高けぇ!?耐久度と連続稼働時間を確保できれば本気で有用じゃないですか?
 つーか、このままでもラジコン玩具として売り出せば普通に売れそうね。

|

« はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について | トップページ | 米国防機関、「空飛ぶ軍用車」の開発に助成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/50046054

この記事へのトラックバック一覧です: こんなんで飛べるの!? 防衛省、偵察用の新型無人航空機「球形飛行物体」を製作。:

« はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について | トップページ | 米国防機関、「空飛ぶ軍用車」の開発に助成 »