« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/31

それでは、

 今年一年お世話になりました。
 よいお年とよき青空を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の本

 富永浩史と速水螺旋人のタッグによる馬車馬戦記外伝『小説馬車馬戦記 ディエンビエンフー大作戦』は歴史の間隙をすり抜ける見事な航空冒険小説でした。文章を読んでて自然に『絵』が思い浮かぶんだ。
 木村航の『ななめカンナヅマ』とジャック・リッチーの『カーデュラ探偵社』は、仕事帰りの電車の中で読んでたら集中しすぎてあやうく電車を乗り過ごすところでしたよ。なんという危険物。
 大量の書き下ろし追加で一冊にまとまった銅大の『放課後ワールドウォー 完全版』はその大ボリュームと裏腹に読みやすくてわかりやすいすばらしい戦史解説書でした。歴史を知っている人が思考を整理するための参考書としても、興味があるけれどどこから手をつけていいのか分からない人の入門本としてもお勧めです。
 峰守ひろかずの『ほうかご百物語』はついに本編終了。残るは1月発売の番外編のみ。全十巻お疲れ様でした。ホント言うと、もうちょっとあの連中のにぎやかな放課後を見ていたかったよ。レメゲドン金融とか。
 久正人の『びっくりモンスター大図鑑』。リアル生物にもファンタジー生物にも造詣が深い作者ならではのリアリティあふれるファンタジーは一見の価値あり。大人の目にも耐える……というか、主に大人が読むべき架空博物誌です。
 鍵開け馬鹿の突撃青春日記、池田朝佳『鍵開けキリエと封緘師』。ダークな雰囲気のスパニッシュ剣豪小説、アルトゥーロ・ペレス・レベルテ『アラトリステ』。今更新作を読めると思っていなかったうれしい大誤算、新規書き下ろしのショートノベル&コミック&ゲームブック、オマケにTRPGシステムまで収録の大豪華本『コトノハ通信 マンションズ&ドラゴンズ&ダークローダーズノベル』。あと、ちゃんと感想かいてないけど、カミ『機械探偵クリク・ロボット』、伊藤ヒロ『アンチ・マジカル-魔法少女禁止法-』、秋田禎信『ベティ・ザ・キッド』 、船曳和代・新海明『クモの網―What a Wonderful Web!』あたりの本も楽しんで読みました。

 本棚の奥からフィンランド関連の本を引っ張り出して読み返してたのは、明らかにストライクウィッチーズ2の影響です。おかげで未入手だったユーティライネンの『フィンランド空軍戦闘機隊』を買う踏ん切りもついたよ。

 今年は、亡くなった方の数はそう多くなかったけれど、その質においては昨年や一昨年に勝るとも劣らない損害ですよ。翻訳家の小隅黎(柴野拓美)と浅倉久志。デュマレスト・サーガの作者E・C・タブ。
 皆さんには本当にお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のゲーム

・電源あり
 『世界樹の迷宮Ⅲ』に尽きます。
 ダンジョン探索と海図作成という二つのテーマで進行する探索行。どちらかで行き詰ったときには別の作業でリフレッシュ。
 絶妙な難易度バランスとシンプルだけど奥深いシステムで非常に楽しめた……というか今でも楽しんでいるゲームです。

・エロゲ
 TECH GIAN誌に2ヶ月連続収録された穂高望&神宮寺りおの新作『chill out』と中村博文の『優しい図書館 第1巻』がそれぞれにたいへんエロティックですばらしかった。どちらの作品も実に作者らしい空気の作品で、ファンとしてはたまらないものでした。

・電源なし
 今年は参加したセッションの数はそれほど多くなかったけれど、『スターレジェンド』や『クトゥルフの呼び声』のセッションができたのがうれしかったな。さすがにこのあたりのゲームの卓はもう立てられないだろうと思ってたから。
 次はプレイヤーをやりたいね。

<今年遊んだシステム>
『シノビガミ』
『世界樹の迷宮SRS』
『迷宮キングダム』
『天下繚乱RPG』
『ダブルクロス3rd』
『ナイトウィザード2nd』
『スターレジェンド』
『クトゥルフの呼び声』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の玩具

 ガンダムXのHGプラモが発売。それもノーマルとディバイダーの2種類!
 スーパーカスタムザクF2000さんはその素敵設定もさることながら、一個のプラモデルとしてよくできたガンプラでした。無駄のない設計は見事の一言。

 そういえば、今年は2chの武装神姫スレにちょっと入れ込んでました。画像投稿とかチョコチョコやってたり。
 (一部)世間では月間武装神姫状態ででえらいことになっていたようですが、ぼくはまあマイペースに……箸・匙、アイネス、紗羅檀にアーク&イーダ……おおむねマイペースにやっていたので問題ないよね。ないのだ。

 近場でやっていた『ドールアート展 2010 in うつくしま』は創作意欲を刺激されるよいイベントでした。展示されてるドールの数は多いし、その作家さんたちは自分のコンセプトで自分の作りたいものを作っているから、まるで個性の展示会場のよう。
 その熱に当てられたあの日は、何かを作りたくて作りたくて仕方なくて、帰宅するなり針と糸を取り出して布服を作りだしたりしましたよ。こんなん。
101231
 割とイメージ(30年代のイベントポスターのお姉さん)通りにできたので気に入ってる。

 素敵実験室のマペット・ラボ(MUPPET LABS)は上の写真の背景になってるMAC SE/30と組み合わせてレトロ秘密基地っぽいレイアウトにしたいなと妄想中。

 近所のリサイクルショップで売れ残り続けているTVアニメーション版レンズマンのブリタニア号を見るたびにすごく心惹かれるけど……あれはだめだ!いまさらアレに一万円を払うならもっとほかに優先しなくちゃ行けないものがあるんだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のアニメ・コミック

・アニメ
 今年の年越しビデオは『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』。

 映画のアニメは割と見たけれど、TVアニメは『バトスピ』と『鋼の錬金術師』に『銀河美少年』、それにニコニコ配信の『ストライクウィッチーズ2』。レギュラーで見てたのはこれで全部かな?
 あとはOVAの『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』と『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』がどちらもクオリティの高いよいアニメでした。
  『CAT SHIT ONE (キャット・シット・ワン) 』のアニメ版は、それ自体できのいいアニメだったのだけど、それ以外の部分がさらに印象的でした。結局一色手は自摸(ツモ)れなかったなぁ。


・コミック
 今年終了した『転生神機メロウガイン』『ふおんコネクト』『「PSYЯEN』、それぞれにきちんと収まるべきところに収まるよい最終回でした。
 メロウガインの完全版単行本は何とかならないものかしら?

 クライマックス真っ最中の『マップス ネクストシート』に、勇者ライディーン35周年記念作品にして『ビクトリーファイブ』エピソード3でもあるスーパーロボット・クロスオーバー『ゴッドバード』。いつでもホットな長谷川裕一がさらに熱かった。

 新連載&読みきりマンガで印象に残っているのが、宮崎駿『駆けろ2馬力風より疾く』や猪原賽&横島一『伴天連XX(バテレンダブルエックス)』、久正人&山本ヤマト『デュカタンの娘』、中島諭宇樹『ひまスペ兎!』、速水螺旋人『靴ずれ戦線―魔女ワーシェンカの戦争―』といったあたりです。正直ね、『伴天連XX』がこんなに面白くなるとはまったく想像してなかった!
 連載開始は来年ですが、久正人の@バンチ誌での新連載。異形犯罪ピカレスク・ロマン『エリア51』も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の映画&テレビ

・映画
 『MOVIE大戦2010』を3本で計算すると27本、1本計算でも25本。後半ほとんど映画館に行かなかった(というか行けなかった)ので今年は20本を割るかなと思っていましたが、そんなことはなかったぜ。そういえば、2本連続視聴とかしてたね今年の前半は。
 今年はかなりアニメ映画の割合が多い年でした。『リリカルなのは』や『マクロスF』なんかは原作を知らないのに見に行ったり。せっかく福島に来てたのに『ブレイクブレイド』は時間が合わなくて見に行けなかったなぁ。無念。
 異性人とのコンタクト映画から素敵なアクション映画に華麗なジョグレス進化を遂げてぼくらの度肝を抜いた『第9地区』、武士道の狂気を見事に描きつつもエンターテイメントとして一級品だった『十三人の刺客』、そしてすばらしいファーストコンタクトSF『劇場版 機動戦士ガンダム00―A wakening of the Trailblazer―』。この三本が今年のベストですね。
 『仮面ライダーW ビギンズナイト』のおやっさんのかっこよさとか、『かいじゅうたちのいるところ』の見事な原作再現とか、『Dr.パルナサスの鏡』 の狂気スレスレの幻想世界とか、『シャーロック・ホームズ』の萌え男子っぷりとかもすばらしかったよ。


・テレビ
 恐竜SFドラマ『プライミーバル』と人形劇『新・三銃士』がどちらもすばらしい作品でした。
 『プライミーバル』のまったく先の読めない展開、『新・三銃士』の見事な原作アレンジ、毎回手に汗握りながら見ていました。


<今年見た映画>
『仮面ライダーW&仮面ライダーディケイド MOVIE大戦2010』
・仮面ライダーディケイド完結編
・仮面ライダーW ビギンズナイト
・仮面ライダーMOVIE大戦2010
『アバター』
『大怪獣バトル/ウルトラ銀河伝説』
『かいじゅうたちのいるところ』
『オーシャンズ』
『Dr.パルナサスの鏡』
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!』
『魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st』
『劇場版 マクロス 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』
『シャーロック・ホームズ』
『タイタンの戦い』
『Fate/stay night』
『アリス・イン・ワンダーランド』
『第9地区』
『パリより愛をこめて』
『アイアンマン2』
『アーマード 武装地帯』
『TRIGUN(トライガン)-Badlands Rumble-』
『ソルト』
『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』
『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
『ぼくのエリ 200歳の少女』
『バイオハザードIV アフターライフ』
『十三人の刺客』
『劇場版 機動戦士ガンダム00―A wakening of the Trailblazer―』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の宇宙開発

 速攻で下火になったとはいえ「はやぶさ」のブームは大いに盛り上がりました。
 もちろんそれ以外にも素敵な宇宙ニュースはいろいろありましたよ。
 民間宇宙船としては初となる地球周回軌道からの帰還を成し遂げた民間準軌道飛行船VSS エンタープライズの偉業。ルックスもイケメンだ
 ソーラー電力セイル実証機「イカロス」が一番の難関であったソーラーセイルを展開することに成功し、広大な宇宙への船出を果たしたこと。
 そうそう、「はやぶさ」の帰還カプセルが持ち帰ったサンプル収納容器からイトカワ由来の微粒子が確認されたのもうれしいニュースです。

 金星探査機「あかつき」の軌道投入に失敗したのは残念ですが、こちらはまだリカバーの可能性があります。まだ終わりじゃないぞぉ!


……宇宙とは関係ないけれど、イギリスの新型無人戦闘機の「雷神 タラニス(Taranis)」が再来年あたり暴走して人類に反旗を翻すんじゃないかと期待してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の総括

 そばを手繰りながら今年を振り返ってみる。

……あんまりいいことなかったな。
 年明け早々出張で2週間水戸に泊まりっぱで、帰ってきてみたら凍結した水道管がバーストしていて4万円持っていかれたんだよなぁ。
 夏になったらガラス片でふくらはぎをすっぱりばっさり切っちゃうし。怪我のせいであまり出歩かなかったから体重増えたし。
 『ビアトリクス・ポター展』は最終日ぎりぎりで飛び込めたけど、『ノーマン・ロックウェル展』と『北斎漫画展』は結局行けなかったしなぁ。県外のイベントなんかぜんぜん無理だし。
 結局、2010年なのにガルバトロンもユニクロンも来なかったし。
【あれ、作中時間は2005年らしいぞ】

……来年はいい年になる!なれー!


 そうだ、F島駅ビルにフレッシュネスバーガーが帰還してくれたのはよかったね。
……ぼくの大好きだったスパムサンドはメニューから消え去ってたけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の読了本『夜が運ばれてくるまでに』

・時雨沢恵一『夜が運ばれてくるまでに』
 面白いし、腹にズンとくる凄みもある。
 でも、この投げっぱなしな感じはあまり好きじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「重爆撃期」の衝突証拠=月からの隕石で初発見―生命起源研究貢献期待・東北大など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000035-jij-soci

>地球と月は約46億年前に形成された後、40億~38億年前に大量の
>隕石(いんせき)が降り注ぐ「重爆撃期」があったと考えられているが、
>月から飛来した隕石で初めて、この重爆撃の衝突を受けた証拠の
>鉱物が発見された。

>重爆撃の証拠は、地球の地表では大陸の生成・消滅や風化で
>失われたが、月面ではクレーターとして残っている。重爆撃期の
>隕石に含まれていた有機物が生命の起源との学説もあり

>分析した隕石は、南極・あすか基地近くで1988年に観測隊によって
>採集された。

 それで、物体Xは?物体Xは付着していなかったんですか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグバン以前の宇宙の存在に新説

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20101228001&expand

>目に見えないが、宇宙にはリング状のパターンがある。
>これはビッグバン以前に宇宙が存在した痕跡だと主張する
>研究結果が発表され、議論を呼んでいる。もしこの理論が
>正しければ、宇宙は絶え間なく再生しており、現在の宇宙は
>その“最新版”にすぎない可能性がある。

>宇宙マイクロ波背景放射(CMB)を新たに分析した結果、
>リング状のパターンが発見された。CMBはビッグバンの名残で、
>現在は宇宙の全域に広がっている。リングの多くはまるで
>波紋のように、入れ子になっている。その内部は、CMBの
>ほかの部分と比べ温度がより一定である。

 非インフレーション理論!
 内容の是非についてはこれからの調査の結果を楽しみにするしかありませんが、SFガジェットとしていろいろ期待せずにはいられない!

 そうそう、件のリングは多分ブゥアーとその配下の伝承族が生贄砲を作っている痕跡か、ダークマターが銀河を渦巻きグルグルにした跡だと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/30

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG

101230a

・「ビギニングガンダム、ぼくのガンプラだ!」
 なんとすばらしいプラモデル制作意欲増進アニメーション!
 丁寧に作られた現代版『プラモ狂四郎』。一人の少年がモデラーとして男坂を上っていくさまを熱く描くガンプラアニメ!1話あたり十五分の短編で3話という短い物語ですが、その短いエピソードの中身がとてつもなく濃い!ストーリーにせよ登場するガンプラの選択にしても丁寧によく練られたものです。
 ぼく自身、最初は「今時プラモ狂四郎かよwww」と笑っていたのですが、いきつけの(卓上ゲームも扱っている)模型屋で流されていた第1話を見て改心。以来、全話収録されたDVDの発売を心待ちにしておりました。
 これはみなに薦めねばならぬものだ!と来宅した友人たちにも見せてみたところ、彼らも最初は茶化しながら見ていたのが、だんだんと話に引き込まれ、初回視聴後即2週目視聴に突入するというわかりやすい高評価を与えてくれました。
 あと、ベアッガイ大人気。可愛いからな!あの動作とか効果音とかやばいよね。
 ガンプラが好きな人、かつて好きだった人にはぜひ見てほしい!


・「パチリというまではめないからっ!」
 戦闘アニメのクオリティが非常に高い。というか、コンセプトが丁寧。ロボットバトルではなくガンプラバトルであることを意識したつくりになっています。きちんとはめ込まれていなかったパーツがダメージを受けて分解してしまったり、ライバルの一人が「三個買いしてフィンファンネルを全部可動するようにしたんだ!」と叫んでみたり、あるいは武装強化のために貼り付けたパテの重量が戦闘の決め手になったり。まさに現代版『プラモ狂四郎』。
 脇役として登場するガンプラたちもさまざまな意味でリアリティのある機体ばかり。あるものは己の妄想力のすべてをかけて武装をデザインし、あるものはその機体を芸術品のレベルまで磨き上げ、そしてあるものは……

101230b

……1/144ザクレロを作り上げる。

 強いて残念なところをあげるなら、ラストエピソードのビギニング30へのパワーアップが(製作はハル自身の手によるものとはいえ)他者のアイデアによるものであり、純粋にハル自身の作品とはいえないことかな。
 その製作の描写で彼のモデラー力(ちから)が大いに進歩していることを示しているだけに、そしてその直前にタッツン師父から改造の(そして妄想の)手ほどきも受けているだけに、ちょっと惜しいなぁと感じました。あれはハル自身の夢(≒妄想)の結晶であってほしかったな。


・「だから……一緒につくろうよ、ガンプラ!」
 そうそう、結局作中では展開しなかったけれど、ボリス・シャウアーのガンプラ愛の深さからして、あのフォーエバーガンダムの装甲は除装しノーマルガンダムモードへの移行ができると思われる。いや、間違いなくできる!あいつがそれをしないわけがない!
 あと、ノリノリでシャアプレイをするシャウアー役の浪川大輔さんが、同時進行の『ユニコーン』でリディ役として似非シャア(中の人:池田秀一)にボコられているかと思うと笑みがとまらない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーハングオン

 Wiiのバーチャルコンソールで配信されている旧メガドライブゲーム『スーパーハングオン』の紹介動画。というか、メインはゲームプレイのためにセガサターン用レーシングコントローラーをいかにしてWii対応に改造したのかという部分ですね。さすがセガ製コントローラー。ゲームとの相性がバッチリです。
 より臨場感のあるプレイのために努力を惜しまないうP主の努力には頭が下がります。

 笑いすぎて腹が痛ェよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/29

今日の読了本『宇宙船ビーグル号の冒険』

・A・E・ヴァン・ヴォークト『宇宙船ビーグル号の冒険』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽系外の奇妙な15の惑星


ネタ元:レンズマンスレ

 宇宙マジはんぱねぇ!

 これまでに発見された奇妙なありようを持つ惑星の紹介動画。いずれ劣らぬスペオペ力(ちから)の持ち主です。
 というわけでヴァン・ヴォクトの『宇宙船ビーグル号の冒険』を読むぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざら『みちかアクセス!』25話

http://www.dokidokivisual.com/appear/#mitika

 久々更新来たー!!って、トマーック!?
 そして触手に絡まれる主任先生ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き下ろし『トゥインクルスターのんのんじー&ながるるるるるこ』新作(楽園web増刊)

http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol4/index.html
(『展開中のweb増刊はこちらから』→『24』)

 うっは、久々ののんのんじーだ!このましい。このましい。
 無論お風呂もあるのだ!

 あの状況で「大切にしろ」と言ってやれるトッツクネーがいいね。というか、全般にサルースは人がいいというか怒りを持続させないよな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/27

今日の読了本『航空救難隊』

・ジョン・ボール『航空救難隊』
 嵐の中、急病人と妊婦らを含む70人の避難民を乗せて飛び立つ輸送機。だがその機体は致命的な故障を抱えていた。
 民間航空巡察隊の二人のパイロットと彼らを取り巻くスタッフたちの奮闘を描いた一級品の航空ドラマ。元パイロットである作者の手による濃厚な、それでいて素人にもわかりやすい描写がたまらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶラジコントラックレース Truck Air Race Action


ネタ元:狼牙堂さん

 そうか、もともと揚力が発生するようにできてるのか。
……何でトラックで!?

 このトラックは『AirRace Truck』としてキットで売られているものだそうです。どういうコンセプトの商品だよっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンギンの疑いがあるネコ

http://naglly.com/archives/2010/12/penguin-cat.php

 写真にはペンギンしかいないけど?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少年サッカーのコーチ、プレミアリーグの元選手と間違えられセーシェル代表チーム監督に就任

http://gigazine.net/news/20101227_junior_football_coach_lands_national_gig/

>勘違いに気付いたセーシェルサッカー連盟では、(中略)寛大にも
>Amers-Morrison氏に6カ月の「猶予期間」を与えることにしたとのことで、
>この6カ月の間にAmers-Morrison氏が代表監督にふさわしい能力を
示すことができれば、その後正式に監督として続投することも
あり得るようです。

>インド洋の楽園セーシェルは、アフリカ本土から約1300kmに位置する
>115の島々からなる島国で、人口は約8万人。決してサッカー強豪国
>とは言えませんが、魅力的な環境を考えると、代表チーム監督は
>少年サッカーのコーチにとっては「夢のような仕事」と言えるのでは
>ないでしょうか。

 なんというGIANT KILLING!
 ここからのマンガ展開に期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/26

松田未来『天空少女騎士団』1巻

 時は二次大戦直前のヨーロッパ。ドイツ、イタリア、スイスに国境を接する回廊地帯に位置する小国マリーエンエーエに危機が迫る。ナチスドイツの仕掛ける謀略から国を守るは世界各国から集めた戦闘機を操るうら若き少女たち。
 彼女らが操縦する戦闘機は川崎キ28、フォッカーD21、フィアットCR32、ポリカルポフI-16、モラン・ソルニエMS406、グラマンF3F。そして敵か味方か、謎のハインケルHe112。
 なるほど、これは確かにレシプロ版エリア88だ!
 作者はリノのエアレース――高速で飛び回るレシプロ戦闘機のハイスピードバトル――を描いた航空レース漫画『アンリミテッド・ウィングス』の松田未来。迫力ある空戦描写は折り紙つき。飛行機と女の子が好きならぜひ読め!

 がんばるパン職人の娘さんと物資調達役のマッコイ婆さんことメアリ・スチュワートがお気に入り。

 作者サイト『天翔けるマントヴァ人』で「天空少女騎士団」第1話(<前半><後半>)が公開されています。購入の際の参考に。


 ところで、物語の舞台がケルンテン公国のご近所――というかまるで同じ――なので久しぶりに『鋼鉄の虹 パンツァーメルヒェンRPG』を遊びたくなりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタ姿で応戦…アフガン紛争中にクリスマス

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101226/asi1012261834007-n1.htm

>紛争中にクリスマスを迎えている人たちもいる。アフガニスタン東部で
>24日、駐留米軍の2人の兵士が警戒拠点でイブを祝っていたところ、
>イスラム武装勢力タリバンが急襲。2人はサンタクロースの帽子を
>かぶったまま応戦した。

 戦場のメリークリスマス。ハリウッド映画だと「やつらにクリスマスプレゼントだ!」とかいいながらグレネードを打ち込んでそうな絵面ですね。
 いや、さすがにヤラセ記事だとは思わないけれど……せめて帽子くらい脱ごうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MC☆あくしず 2011年 02月号

 小説馬車馬戦記の新作『小説馬車馬戦記 スエズ大作戦 帝国(主義)の逆襲』発売決定!マーシャの新しい戦いが読めるぞー!!
 今度の舞台はエジプト。ということは第二次中東戦争、スエズ動乱?

 メイン特集記事はバトル・オブ・ブリテン。となればぼくがいちばん好きな2次大戦戦闘機ボールトンポール・デファイアントの出番ですね!
……いや、ゴメン。本当にデファイアントにスポットライトが当たるとは思ってなかった。
 んで、藤沢孝の描くデファイアント嬢はすげぇかわいいと思うんですよ。あの「もうちょっとがんばりましょう」っぷりの再現度がたまりません。

 あと、付録のカレンダーは第二次世界大戦中の著名な軍人の誕生日や大きな戦闘が起きた日が書き込まれたもの。なるほど、カレンダーにそう書いてあった
 マイバースデー4月3日は塚原二四三トーマス・キンケイドの誕生日らしいです。海軍将官の日なのね。ちなみに次の日は山本五十六の誕生日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小2の算数が複雑すぎる」という噂

http://alfalfalfa.com/archives/09726.html

>45 オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :2008/09/22(月) 00:42:05 0
>普段10÷2は、10は1010なのでそれを1bit右にずらして5って計算してる

……101(5)か、なるほど。
 確かにその発想はなかったが……特に使いようも発展のさせようもないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/25

PC新調

 長いこと使ってきたデスクトップPCがついにオシャカった(微妙に息はある)ので新調しました。買い替え時期はもうちょっと引き延ばすつもりだったんだけどなぁ。
 今度も長く使う予定なので性能はそこそこ。

・スペック
Windows7 64bit
Core i7-950
6GBメモリ
1TB HDD
GeForce GTX470

 とりあえず、Windows7の操作性が違いすぎて右往左往の真っ最中です。
 マザーボードにeSATA端子が最初からついていることに感動。地味にありがたい。


 あと、いろいろ届いた。
 グーニーズとガンプラビルダーズのDVDとかCHOCOLATE GOUACHEとかその他。後でじっくり見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/24

今日の読了本『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえはいすくーる』

・内山靖二郎『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえはいすくーる』

 一巻『るるいえあんてぃーく』に続いて現代クトゥルフの参考書として良い出来のリプレイ。相変わらずホラー物のツボを押さえたシナリオで、シナリオ作成や恐怖演出の参考になります。
 ライトなノリでありながらクトゥルフ神話TRPGらしくえげつない部分は壮絶にえげつなく描くのはいつもの通りですが、しかし、収録されている3エピソード中最後の一話はやや毛色の違うハートフルなストーリー。これができるのもまたクトゥルフなのです。
 二話目の『ショゴス細胞』には吹き出したけどな!あまりにもネタ過ぎる!


 そういえば、本日はユールの日でございました。せっかくなのでお祝いムービー。

It was the Yuletide, that men call Christmas though they know in their hearts it is older than Bethlehem and Babylon, older than Memphis and mankind.
その日はユールの日だった。人は降誕祭(クリスマス)と呼びつつも、胸中ではそれはベツレヘムよりもバビロンよりも、エジプトのメンフィスや、そも『ヒト類』よりも古いことを知っている。
H.P.Lovecraft "The Festival(魔宴)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/23

マペット・ラボ(MUPPET LABS)

101223a

 近所のリサイクルショップで見かけて、その内容物があまりに素敵過ぎるので思わず購入してしまったドールハウス(?)。

 箱の記述によるとマペットショー25周年記念モデルとして発売された(らしい)、実験室。付属しているフィギュアはビーカー助手(動画の赤毛のほう)のもの。ということは相棒のドクターブンゼンの実験室というアイテムもあったのかな?
 マペット・ショーの放送は1976年からだから2001年の商品か。箱がボロボロとはいえよく未開封でのこってたなー。

(画像が多くなったので以下折りたたみ)

続きを読む "マペット・ラボ(MUPPET LABS)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

放課後ワールドウォー出張版:ニコニコ日露戦争(後編)

 筆者の銅氏自らが製作した、『放課後ワールドウォー出張版:ニコニコ日露戦争』が完結。
 戦争開始から旅順要塞陥落までの戦闘の流れを解説した前編に続いて、後編では旅順陥落後の、奉天会戦から日本海海戦、そして講和までを描きます。
 “どうしてそうなったのか”にこだわった歴史解説動画。前編とあわせてご覧ください。

 死兆星はやめてあげてー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛吹雪によって氷像のように灯台が凍りつく

http://labaq.com/archives/51534862.html

 あっ! キリンも象も氷になった!?
 つーか、なれ!今度こそUGMの出番ですよ!マーゴドン相手ならUGMでもいけるっ!

……かなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫が実は女性だった…結婚1年後に妻が知る

http://labaq.com/archives/51534773.html

……というか、少なくとも1年間もの間“男である”で通せたこの“夫”の外見が気になりますよ。
 上の写真の男性がそうなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/22

今日の読了本『スラン』

・A・E・ヴァン・ヴォクト『スラン』
『スランだ!殺せ!一瞬にして街路は阿鼻叫喚の坩堝と化した。敵意に満ちた人々の執拗な追跡のなかを、まだあどけない顔立ちの少年は逃げる。黒髪にまじる一房の金色の巻き毛を風になびかせながら。追いかけてくるのは死、待ちうけるのは恐怖!だがその幼い少年こそ、秘密の鍵――-- 並みはずれた知能と能力を持つがゆえに虐げられ、迫害される新人類スランの未来を開く鍵を握るただ一人の人間だった!壮大なスケールと錯綜するプロット、迫力ある筆致によって濃密なSFムードを醸しだす達人―― ヴァン・ヴォクトがみごとに描きだしたミュータント・テーマの不滅の名作! 』

 ヴァン・ヴォクトの処女長編。久しぶりに本棚から引っ張り出してみたけれど、二重の意味で『今』読んでもまったく色あせない面白さ。
 二転三転するスリリングなストーリーは、どう展開するのかまるで予想を許さない。結果を知っているのに手に汗握って読み込んでしまう筆力はさすがのヴォクト。最初に掲載されたアウスタンディング誌の読者アンケートで投票者全員が1位に投票したという伝説は伊達じゃない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥酔男 海に飛び込み人食いザメにキックし即死させる

http://news.ameba.jp/world/2010/12/95494.html

>一晩中酒を飲み朝方ビーチに出向いたドラガン氏は友人にビールを
>持っていてくれと頼むと、飛び込み台によじ登り友人が止める間も
>なく海に飛び込んでしまったそうだ。

>まさにその時人食いザメが海面下に潜んでいたのだが、幸運にも
>ドラガン氏はそのサメの頭に蹴りを入れる形で着水し、サメを
>即死させたのだった。ドラガン氏は水から上がると友人に
>「水が固かった」と呑気に痛めた足首を気にしていたという。

>さらにその後ドラガン氏は急性アルコール中毒で病院に入院すると
>いうオチまでついたハリウッドのコメディ映画顔負けのニュースだった。

……何言ってんの?
 あまりにも、あまりにもネタ度が高すぎて何からツッコんでいいのかわからない。

>そのサメの頭に蹴りを入れる形で着水し、サメを即死させたのだった。

 人の蹴り一発で死んじゃうくらい小さかったのか、ドラガンさんがすごく重かったのか。名前の響きだけで考えると大柄そうなイメージではある。
 しかし、これがモササウルスなら着水する前にパックンチョだったね(プライミーバル脳) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニの自動販売機が好評、しかも生きてます!

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47956&type=1

……それはUFOキャッチャーが10年前に通り過ぎた道だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオ・レオーニ『平行植物』の復刊

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68314601&tr=s

>『アフターマン』『鼻行類』とならんで“生物系三大奇書”のひとつに
>挙げられる本書。

>ツキノヒカリバナ、マネモネ、フシギネ…レオ・レオーニが創造した架空の
>植物群が、まるで実在するかのような生物図鑑の体裁で記述されている
>世にも奇妙な“学術書”です。

>世界最高の絵本作家である、レオ・レオーニが豊かなイメージで作りだした
>驚くべき植物群の数々、さらには時空を超えて別次元に棲息する“植物で
>ある前にことばであった植物たち”が、絵とともに本の中から浮かび上がる。

>虚実おりまぜながら組み立てられた不思議な世界は必見です!

 ぼくなら"生物系三大奇書"は『アフターマン』を切ってジョアン・フォンクベルタの『秘密の動物史』を入れますね。
 それはさておき、長らく入手困難だったレオ・レオーニの幻想植物図鑑『平行植物』が復刊ですよ。
 いまだ解明されざる奇妙な植物群について多数の引用文献と図版で詳細に解説したガイドブック。最高級の幻想ガイド、ぜひ手にとってごらんください。

関連:レオ・レオーニ『平行植物』

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/19

今月のリュウ

……というか『靴ずれ戦線 魔女ワーシェンカの戦争』

 12月発売号らしいテーマのほのぼの(というにはちょっと血なまぐさいが)としたお話でした。

 ワーシェンカとナージャはヒーローらしくかっこよく、美少女スネグーラチカはかわいらしい。おまけにソリとして登場するのはプロペラスノーモービルのNKL-16!最高だ、今月のエピソードはきちんとスクラップしておかねばならぬ。
 つーかジェド・マロース(ロシアのサンタクロース)を脅迫するナチスさんまじ悪党。

 それにしても、舞台が大祖国戦争真っ只中だからそっちにばかり目が行ってたけれど、この物語は実はロシア妖怪紀行でもあるんだね。そういえば、そもそも主人公からして“魔女”でした。
……この先バーンニク(風呂小屋の妖怪)の登場する話とかあるとうれしいな。すごくうれしいな!ビバ・読者サービス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上自衛隊公式iPhoneアプリ「SALUTE TRAINER~敬礼訓練プログラム~」

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/iapp/index.html

 何やってんスか海上自衛隊~~ィ!?
 エイプリルフール用のネタが流出したのかと思ったらマジネタだった。なにやってんだ海自ー!

関連:海上自衛隊iPhoneアプリ「SALUTE TRAINER~敬礼訓練プログラム~」HOW TO VIDEO

……すげぇ、ガチだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/18

ファイアボール チャーミング

http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/blog/2010/12/17111533.html

 ドロッセルお嬢様とゲデヒトニスが装いも新たに帰ってきた!
 モアセクシー・アンド・モアスパルタンな二人の新たの冒険はいかにっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASAが黒より黒い黒の素材を開発!

http://www.gizmodo.jp/2010/12/nasa_27.html

>NASAのゴダード宇宙飛行センターの科学者達が新素材を開発しました。
>なんでも今現在ある最も黒い塗料よりも10倍黒い黒なんですって。

 そんなに黒いならGA1年の大道雅キョージュも大喜びですね。

>この素材はチタンの上で成長させたカーボンナノチューブから作られています。
>さて、NASAはなんでもこんなにも黒い素材が必要なんでしょうか。

>この黒素材は宇宙空間で使用する望遠鏡やカメラの中心部分を
>コーティングするために使うのです。今現在はこのコーティングに
>NASAのZ306塗料が使われています。この黒い塗料が光を吸収する
>ことによって映像に光が混じるのを減らしているそうです。
>光のせいで計測がおかしな結果になってしまわないようにしてるの
>ですね。しかしZ306の黒さではまだ足りません。宇宙にあるカメラが
>とらえるデータの40%は光が混ざってしまい使い物になりません。
>今回開発されたより黒い黒素材なら99.5%もの光を吸収し、現在の
>問題点を排除するのに大きく役立ってくれます。

……だが、

101218

 100%の真っ暗闇にはまだ遠いもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒ってた猫が急に話しかけて来たけど、ネコ語だからわからない


ネタ元:クトゥルフスレ

 今すぐ毒の沼地に行ってラーの鏡を探すんだ!その正体である女の子の姿を現してくれるかもしれないぞっ!
……でも目がかなりイってるんだよなぁ。怖いよなぁ。

 あと、飼い主にはこの本を薦める。
つ『猫語の教科書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

今日の読了本『とどめの一撃』

・ユルスナール『とどめの一撃』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県の18市町で黒い粉が積もっているのが見つかる

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00189804.html

>神奈川県の18市町で黒い粉が積もっているのが見つかった。

>分析した県の施設によると、粉はケイ素が主成分で、人体に
>影響はないという。

>粉の正体について、横浜国立大学の浦野鉱平特任教授は
>「成分からみますと、土砂とか、何か燃やしたあとの灰と
>いう感じの成分なんですね」と語った。

>西の方角では、ある異変が起きていた。
>15日午前6時45分ごろ、富士山の東側・山中湖畔から撮った
>3合目付近の映像では、黒い粉じんのようなものが舞い上がっていた。
>毎日のように富士山を撮影しているという遠山喜一郎さんは、
>「今までに見たことのない規模の砂嵐で、大変なことになっているなと」
>と話した。
>1時間余り、断続的に見られたという砂嵐。

……UGMは直ちに調査を開始した!(ナレーション:屋良有作)

 まるで怪獣映画のイントロですね。富士山の中腹を突き破って怪獣が現れるのも間近?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トイレだって遊び場だ! トイレッツ

http://toylets.sega.jp/index.shtml
ネタ元:とんぷうさんの日記

 セガぁぁぁぁっ!?
 おしっこの勢いでゲームをしようだと!?なんという異次元の発想!お前ら正気じゃないよ!楽しそうだな!

……福島のゲーセンにも入荷してくれるかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/16

新作映画「宇宙ナチスのリベンジ」、ギャラリー

http://wiredvision.jp/gallery/201012/20101214113120.html

>第2次世界大戦の終盤、ナチスは空飛ぶ円盤で月に脱出した。
>そして2018年、リベンジのため彼らは地球に戻ってくる
>――SF映画『Iron Sky』を制作するチームが、数年間の準備期間を経て、
>ファンの提供資金による映画の完成に向けて動き出した。

 よし!やったぞ!
 予告編だけが公開されていたエネルギアの新作『アイアン・スカイ』が本格的に製作開始ですよ!やったー!
 完成がいつになるかはわかりませんが、じっくり待ちますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/15

放課後ワールドウォー出張版:ニコニコ日露戦争(前編)

 筆者の銅氏自らが製作した、美少女戦史講座『放課後ワールドウォー』の出張版動画。日露戦争編の再編集バージョンで、戦争開始から旅順要塞陥落までの戦闘の流れを女の子たちのやり取りでわかりやすく解説しています。
 この動画を見て興味を抱いた人は、ぜひ原作『放課後ワールドウォー』も読んでみてください。同じノリで、情報量が圧倒的に増量。ミリタリーに明るくない人にも読みやすいように丁寧に噛み砕かれた表現を使われているので初心者にも安心。大丈夫、ミリタリーだけど怖くない。

関連1:放課後ワールドウォー紹介記事
関連2:放課後ワールドウォー番外編:クリミア戦争
 日露戦争の少し前に起きた大戦争。最終的にロシアと日本が激突することになった原因のひとつです。動画や本編第二章とあわせて読めば情勢を理解する助けになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

今日の読了本『安楽椅子探偵アーチー』

・松尾由美『安楽椅子探偵アーチー』
 前代未聞の安楽椅子探偵小説。具体的に言うと探偵が安楽椅子

 安楽椅子の安楽椅子探偵というネタが、ただの一発ネタで終わらずに、きちんとミステリーを構成しているのがすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パキスタン、冒とく罪で医師拘束 ムハンマドの名刺捨て

http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121301000457.html
ネタ元:イヤ展スレ

>イスラム教が国教のパキスタンで、預言者と同じムハンマドと
>いう名前の男性の名刺を捨てたことが預言者への冒とく罪に
>当たる疑いがあるとして、イスラム教徒の医師が13日までに
>拘束された。

>警察によると、製薬会社で働くムハンマドという名の男性が10日、
>南部ハイデラバードの医師を訪問し名刺を渡した。医師が名刺を
>捨てたため、男性は預言者への冒とく罪だとして警察に告訴。
>警察は医師を拘束し調べている。イスラム圏ではムハンマドは
>男性の一般的な名前。

 虚構新聞のネタだと思ったらリアルだったでゴザル。
 子供に名前をつけるならムハンマドだね。何だってやり放題だ!最悪だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都青少年健全育成条例改正に反対する女性表現者の会が声明

http://www.labornetjp.org/news/2010/1292161525976staff01
ネタ元:イヤ展スレ

>マンガやアニメは社会を反映しつつ、時に過激に表現することで
>この社会を批判するといういたって“健全な”働きを持つ場合もあります。
>とりわけ、女性が好むボーイズラブというジャンルには、近親
>「過激な性的表現」が含まれていますが、これらは場合によっては、
>むしろ少女たちの精神的な発達に寄与すらしている場合もあると
>経験として感じております。

>なぜ小説や実写のビデオなどで描かれる近親相姦やレイプ等の
>「過激な性的表現」が許され、マンガやアニメのみ禁じるのか、
>全く理解できません。性的暴力を助長しているものは、マンガや
>アニメではない。むしろ、日頃から平気で女性を差別する発言をしたり、
>セクシャルマイノリティを否定するような態度をとる政治リーダーであり、
>それを許している大人が作り上げた社会のあり方そのものでは
>ないでしょうか。女性差別はや強姦は許されないことであり、
>子どもたちが傷つけられることがあってはならないというメッセージを、
>政治のリーダーが発言し続けることこそ、社会の健全な発展に
>必要なアクションだと思います。

 さすが貴腐人、俺達にできない事を平然とやってのける!シビれはするが、憧れない。
 まあ、何事も主張はするべきだとは思うんだが……思いはするんだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコムユーザーの97%が……

http://twitpic.com/3f7ojp

……リア充なんだってさ?

 旧DDI時代から使っていたウィルコム端末の解約方法を調べるために公式サイトを検索したら引っ掛かってきた重要秘密情報。
 まあ、どっちにせよ解約したんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水たまりに行く手を阻まれたペンギン

http://www.kotaro269.com/archives/51123302.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 君はその偉業を誇っていい。胸を張って行きたまえ。
 畜生、かわいいなぁ。

5. 名無しさん 2010年12月12日 09:49 # ID: 4SEGFJh.0
この先いくつもの、ナンキョクが待ち構えてるんだね

 なんと上手いことをいいやがる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

今日の読了本『ハイウェイ惑星―惑星調査艇ヒノシオ号の冒険』『ミミズクと夜の王』

・石原藤夫『ハイウェイ惑星―惑星調査艇ヒノシオ号の冒険』

・紅玉いづき『ミミズクと夜の王』
 紅玉いづきのデビュー作。なんという切なくも暖かい物語だろう。
……これをあの人が書いたんだよなぁ(『電撃文庫メゲェズゥィィン』の「ぐっとくる話」と見比べながら)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/12

今日の読了本『後世への最大遺物・デンマルク国の話』

・内村鑑三『後世への最大遺物・デンマルク国の話』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は、久しぶりの『クトゥルフの呼び声』セッションなり。

 山奥の博物館で起きた事件を追う冒険者たち。現場に残る蛆が意味するものとは?

 まず成功といっていい展開だったのですが、時間管理に失敗して予定時間をかなりオーバーしてしまったのが残念。
 PCも、一人も死なず発狂せず(気絶・一時的狂気は一人づつ発生)でしたが、これはまあ仕方がない。殺すための殺害はつまらないものね。

 BGMとしてはクトゥルフつながりで選んだ『漆黒のシャルノス』サントラが大活躍。本編をクリアするまでは聞くまいと思っていましたが、ついに封印を破ってしまったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/10

ドールアート展 2010 in うつくしま

http://l-pupe.com/doll2010

 めでたく営業再開なった駅前デパート、旧さくらの、現……なんだっけ?の4階イベント会場で開催中のドールイベントに行ってきました。
 デパート催事場でのイベントということで、多少の人形がおいてあるだけの小規模イベントだろうとたかをくくっていたら、量的にも質的にも充実した本格的なイベントでに空間で驚いた。
 さまざまな方向で至近からドールを鑑賞できるレイアウトになっているのでじっくりと鑑賞できました。あんまりいろいろな方向からじっくり見ていたもんだから、会場を出てから時計を見てみたら、軽く1時間以上が過ぎていていましたよ。それでも、もっとじっくり見てみたかったという気持ちのほうが強い。
 仕事帰りに寄ってみたのですが、時間的なものか、ぼくを含めて客に若い男性が多かったのが意外。……いや、別に意外でもないか。

 開催期間がこの週末までなので、ご近所の方は足を運んでみてはいかがでしょうか。入場料は無料よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースXの宇宙船、地球帰還に成功 民間では初

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2778451/6563814

>米国の宇宙開発ベンチャー、スペースX(SpaceX)の宇宙船
>「ドラゴン(Dragon)」が現地時間8日午前、米フロリダ(Florida)州
>ケープカナベラル(Cape Canaveral)空軍基地から打ち上げられ、
>地球周回後に無事帰還した。民間の宇宙船が地球の周回軌道から
>帰還したのは初めてで、宇宙旅行の実現に向けた大きな一歩となった。

>商業用ロケット「ファルコン9(Falcon 9)」に搭載されたドラゴンは
>現地時間午前10時43分(日本時間9日午前零時43分)に打ち上げられ、
>約10分後に地球軌道に乗り、地球を2周したあと大気圏に再突入。
>日本時間9日午前4時4分にメキシコ西岸沖の太平洋に着水した。

>今回は無人で打ち上げられたが、ドラゴンは乗員7人と大量の貨物を
>積めるスペースがあり、来年スペースシャトルが退役した後、
>国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ手段として使われる可能性がある。

 うーん、ドラゴン宇宙船が有用だというのは百も承知なのですが……こいつデザインが実用的過ぎて宇宙船ってイメージじゃないからつまらないんだよなぁ。“あの”スペースシャトルと入れ替わりと考えるとさらに。
 宇宙にあこがれる男の胸にはロマンがほしいのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

金星探査機「あかつき」、軌道投入に失敗。

http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html

 今回は残念でした。
 太陽の周りを回って6年後に再挑戦とのこと。太陽側をめぐるとなるとかなり厳しい環境にさらされることになるけど、次回のチャンスまでどうか無事でいてほしい。
 6年の間に太陽観測なんかもできればいいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呪いの鉛板:レバノン古代遺跡で発見 京大など調査団

http://mainichi.jp/enta/art/news/20101208k0000m040065000c.html

>京都、広島、国士舘の3大学によるレバノン発掘調査団は7日、
>中東・レバノンの古代遺跡で2~4世紀ごろの「呪いの鉛板」
>発見したと発表した。1000字を超えるギリシャ文字で
「彼らの体を衰弱させてください」などと刻まれている。
>これほどの長文がはっきり解読できたケースは珍しく、
>京大総合博物館(京都市左京区)で8~12日に展示される。

>呪いの鉛板は、現世の恨みを死者の魂に託して神々に伝えようと
>した鉛製の薄い板。紀元前6世紀から紀元8世紀ごろまで
>古代ギリシャ・ローマ世界で広く使われたとされる。

 初期のデスノートですね。わかります。
 書いた人も千年以上も後になって自分の恨み手帳が掘り返されるとは思わなかったろうなぁ。

>文章は「ラブララライン」という呪文に続いて「足のない神々、
>大天使たち」を呼び出し、名指しされた人物4人に「私が望む通り、
>猿ぐつわと恥の印と不名誉を与えてください」と呪う内容だった。

……ラブララライン、か。書いた人も千年以上も後になって(後略)
 そうだな、黒歴史ノートの処分はきちんとしておかないといけないよな。(ベッドの下を探りながら)

>結びは「イエスに勝利を、アーメン」と読めるという。
 呪いなのに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/07

ラヴクラフトのクトゥルフ神話の世界をタンタンが冒険したら

http://gigazine.net/news/20101124_tintin_meets_lovecraft/
ネタ元:Red Worm Sanatoriumさん

 タンタンならありえる!(大きく頷きつつ)
 なんといってもタンタンは神話生物と遭遇しているものね。(クトゥルフ神話TRPGのサプリメント『マレウス・モンストロルム』のイラスト)
 狂気山脈ネタの表紙がいちばん好み。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/06

ぬいぐるみ、図書館にお泊まり 翌日写真に 宝塚 

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0003651885.shtml

>子どもたちがお気に入りのぬいぐるみを一晩、図書館に預けると、翌日、
>夜の図書館でぬいぐるみが冒険している様子を撮影した写真がもらえる‐。
>こんなイベントが「ぬいぐるみの図書館のおとまり会」と銘打って
>11日夕から翌12日にかけて、宝塚市立西図書館(同市小林2)で開かれる。

>「国民読書年」を記念した企画の一環。本の読み聞かせ会にお気に入りの
>ぬいぐるみを持ってきてもらい、子どもたちは終了後、ぬいぐるみを
>置いて帰る。その後、図書館職員が館内のさまざまな場所でぬいぐるみが
>遊んでいる写真を撮り、翌日、迎えに来た子どもたちに、その写真や、
>ぬいぐるみが読んで気に入ったという設定の絵本を貸し出す‐という趣向。

 つまり、クトゥ様が『妖神グルメ』を読んでいたりするわけですね。
【何もかも台無しだ】

 新聞コーナーで古新聞を折って作った「傘びらき丸」で航海に旅立つ騎士殿。目指すは東の果て図鑑コーナー。偉大なライオンの王にまみえるために!
 そんな妄想もしてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラム 重装機兵レイノス 1/35 AS-5E3 レイノス(主人公機) プラモデル【2011年3月予約】

http://item.rakuten.co.jp/digitamin/gt00
ネタ元:でじたみんのメルマガ

……昨日の今日でこれというのは何か運命的なものでもあるんだろうか?
 『重装機兵ヴァルケン』の兄弟ゲーム『重装機兵レイノス』の主人公機レイノスがプラモデル化ですってよ?

◎メガドラの不朽の名作「重装機兵レイノス」が刻を越えてプラモデル化!ヴァルケンじゃないトコがポイントw
◆プラム 重装機兵レイノス 1/35 AS-5E3 レイノス(主人公機) プラモデル【2011年3月予約】
http://m3.rakuten.co.jp/digitamin/gt00/-/2/4q0c/7fy4s/1/4rfiq/

 ああ、これがヴァルケンであったなら迷いなく購入するんだが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マップス・ネクストシート第47話 敗北

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『銀河の命運をかけた戦いは、ナユタ達の勝利で幕を閉じた。だが、その代償はあまりにも大きかった。そしてズザンガディクスの言葉にナユタは……。』

 ああ、ここまで徹底的にやられるとは思わなかった。
 本気で恐ろしい敵だなズザンガディクス。想像以上に隙がない。
 何が恐ろしいって、やつの言うことは、その発言自体は何も間違っていないというのが恐ろしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/05

今日の読了本『重装機兵ヴァルケンのすべて』

・冒険企画局・編『重装機兵ヴァルケンのすべて』
 いわずと知れたSFCの名作ソフト『重装機兵ヴァルケン』の攻略本。
 ゲーム攻略記事以外のページの濃度がとてつもなく濃くて大感激。
 ハーマンとジェイクの出会いを描いた短編小説とか最高だろう。あんまり俺を喜ばせるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/04

今日の読了本『世界の駄っ作機5』

・岡部ださく『世界の駄っ作機5』

 珍作、奇作、今回もステキな駄っ作飛行機のオンパレード。飛行機にたいする愛にあふれたユーモラスなツッコミも相変わらずの岡部調。

 今回の一押し機体は、イタリア軍のCANSA FC20。偵察機として設計された機体を攻撃機に改造して無理やり重武装を施したらえらいことになったステキ飛行機。ガラス張りの機首の下に大口径の機関砲を設置したら発射のたびにガラスが割れまくったとか、爆撃機B-24を迎撃するために飛び立ったけど速度も上昇力も足りなくて追いつけなかった(ドンガメの爆撃機にだぜ!)とか、愉快なエピソードが満載。

 書き下ろしとして収録された1920~30年代のアメリカの民間機3機種が――もちろんこの本で紹介されるんだから失敗作には決まっているんですが――それぞれに挑戦心と空への憧れを感じさせる機体で、“これ”をやれてしまう土壌があるから現在のスペースシップ・ワンにもつながったんだろうなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASAの細菌が見つかった『モノ湖』がどうみてもエヴァな件

http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51573629.html
ネタ元:PETAPETAさん

 昨日のアレが発見されたというモノ湖の風景写真ですが……これはどう見てもセカンドインパクトの影響を受けているよね?
 引き伸ばしてポスターにしたい異界の風景です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/03

英海軍の軽空母「インヴィンシブル」がネットオークションに登場

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101201_royal_navy_invincible_tenders/
ネタ元:掃き溜めさん

 一家に一台軽空母。
 パパ、ぼくこれほしい!

>「もし買い手がつかなかったらスクラップにする」

 もったいねぇ!
 どこか空母持ってない海軍で引き取ろうよ。スイス海軍とかモンゴル海軍とかで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍楽隊&事務員 VS 特殊部隊

http://muraji-zare.blog.so-net.ne.jp/2010-11-05
ネタ元:掃き溜めさん

「特殊部隊が司令部を襲撃したら、軍楽隊所属で音楽専門の大尉が率いる数人の古参下士官を除き戦闘経験皆無の軍楽隊&後方事務のおねーさん方に返り討ちにあい殲滅された」

 うは、これは実にステキだ。それなんてラノベ?

>金管担当の、お嬢様陸曹

 写真うP。
 ぼくのプロファイリングによると金髪縦ロールなのは間違いない。俺の占いは当たる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NASA「ヒ素を摂取し生命維持できるバクテリア発見」と発表

http://sankei.jp.msn.com/science/science/101203/scn1012030443001-n1.htm

>米航空宇宙局(NASA)は2日(日本時間3日未明)、ワシントン
>市内で記者会見し、普通の生物にとって有毒なヒ素を摂取して生命を
>維持できるバクテリアを発見したと発表した。これまでの生物の概念を
>広げる発見で、同様の過酷な環境の中で存在する可能性もある地球外生命の
>探索にも大きな影響を与えそうだ。

>研究チームは採取したバクテリアを培養したところ、これまで生物の
>生命活動に不可欠と考えられてきたリンがなくても、ヒ素を取り込んで
>利用することで生命を維持していることが確認された。

>NASAは声明で、新たなバクテリアの発見で「生命の定義を広がった」
>との認識を示した上で、「太陽系内で生命が存在する兆候を探索する際にも、
>より広く、より多様に、われわれの知らない形の生命についても考慮しなければ
>ならない」と語った。

 あれだけ煽っておいてこれかよ!とは思わないでもないですが、これはこれで楽しいニュース。
 今まで思いもよらなかったところに誰かがいる可能性と、人類が生息できないところに送り込んでテラフォーミングさせるために都合のよいツール。
 いろいろな意味でワクワクがとまりませんよ。

……これが、新型のストロマトライトが砒素を撒き散らしてこのバクテリアが世界を取る伏線であったとは誰にも予想できなかったのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/02

ダンガム

……畜生、目が離せねぇ。最後まで見ちまった。なんなんだこれは!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉学園・東映通りのヒーローイベントがあまりにもひどい

http://www.cow-spot.co.uk/tokusatsu/16/src/1291193455520.jpg
ネタ元:イヤ展スレ

106 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:2010/12/02(木) 18:42:24 ID:+NblZta9
これは嫌過ぎる・・・
さしものアンチスレでも同情が集まる

アンチ天装戦隊ゴセイジャー epic.42
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1291075715/

94 名前:名無しより愛をこめて[sage] 投稿日:2010/12/01(水) 18:00:18 ID:8O5ElniG0 [2/3]
http://www.cow-spot.co.uk/tokusatsu/16/src/1291193455520.jpg

ゴセイどこ行ったのん?

……(無言で天を仰ぐ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/01

太陽系近くに「未知の巨大天体」が存在?

http://wiredvision.jp/news/201012/2010120123.html

>過去100年分に及ぶ彗星のデータを分析したところ、太陽系の
>最外縁部に「木星サイズの質量を持つ天体」が存在し、それが
>地球へ向けて彗星を飛ばしていることを示唆する結果が得られた。

 おお、ちょっとワクワクする話。
 木星サイズの質量となれば衛星の数にも期待できますよ。冒険の舞台がさらに広がったということです。さあ、どんな星かな『テュケー』?というかほんとにあるかな『テュケー』?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »