« ビッグバン以前の宇宙の存在に新説 | トップページ | 今日の読了本『夜が運ばれてくるまでに』 »

2010/12/31

「重爆撃期」の衝突証拠=月からの隕石で初発見―生命起源研究貢献期待・東北大など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000035-jij-soci

>地球と月は約46億年前に形成された後、40億~38億年前に大量の
>隕石(いんせき)が降り注ぐ「重爆撃期」があったと考えられているが、
>月から飛来した隕石で初めて、この重爆撃の衝突を受けた証拠の
>鉱物が発見された。

>重爆撃の証拠は、地球の地表では大陸の生成・消滅や風化で
>失われたが、月面ではクレーターとして残っている。重爆撃期の
>隕石に含まれていた有機物が生命の起源との学説もあり

>分析した隕石は、南極・あすか基地近くで1988年に観測隊によって
>採集された。

 それで、物体Xは?物体Xは付着していなかったんですか!?

|

« ビッグバン以前の宇宙の存在に新説 | トップページ | 今日の読了本『夜が運ばれてくるまでに』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/50445843

この記事へのトラックバック一覧です: 「重爆撃期」の衝突証拠=月からの隕石で初発見―生命起源研究貢献期待・東北大など:

« ビッグバン以前の宇宙の存在に新説 | トップページ | 今日の読了本『夜が運ばれてくるまでに』 »