« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/31

家族の目の前で40人もの屈強な男達に輪姦されそうになっていた少女をククリナイフ一本で救った男

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1592696.html

……意外とすげぇなリアル。名前がヴィシュヌとか、マジ主人公。

 しかし、このノリはセガールというよりはヴァン・ダムだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/30

シンギュラリティ・アフターTRPG『eclipse phase』

"eclipse phase"紹介とクイックスタート翻訳予告
簡易ルール&ワールドサマリー・抄訳(→pdf)
The Wapentakeトップページ
ネタ元:桶や本望さんの日記

精神はソフトウェアにすぎない。書き直してしまえ。
肉体は殻に過ぎない。変えてしまえ。
死は病に過ぎない。治してしまえ。
絶滅は間近い。さあ、戦うのだ。

 テクノロジーが極限まで進化し、特異点(シンギュラリティ)に至った未来。
 暴走する科学の進歩は社会の崩壊をもたらし、人類は絶滅の寸前まで追い込まれた。だが、人類は死ななかった。絶望を生き延びた彼らはもはや単なる人間ではなく、もっと異なる存在、人間を超えた(トランスヒューマン)何かに進化したのだ。

 古くは『スキズマトリクス』、最近なら『カズムシティ』や『オルタード・カーボン』に『ニュートンズ・ウェイク』、そのものずばりの『シンギュラリティ・スカイ』のような超進化したハイパーテクノロジー世界での冒険を扱ったSF・TRPG。
 なんて素敵な破滅世界だろう。情報に満ち溢れたにぎやかなポスト・ホロコーストの荒野!
 ワールドサマリーを読んでるだけでワクワクしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女になった-!

http://shindanmaker.com/83523

Johnny-Tが魔女になったら、『髪型はぼさぼさ、髪の色は茶色で、得意なことは空を飛ぶことの、人見知りな魔法使いになります。ちなみに相方はいません。』

 どうしよう、すげぇ萌える!
 誰も足を踏み入れないような深い森の奥で一人暮らししてるんだよ。でかい鍋をかき混ぜたりするんだよ。コケモモのジャムを作ったりするんだぜ!魔女はそのようにあるべきだ!
 異論は認めないが、ズボンは認める!

・関連
 ぼくの脳内植物『こけもも』について

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/29

今日の読了本『第二段階レンズマン―レンズマン・シリーズ〈3〉』

・E・E・ スミス『第二段階レンズマン―レンズマン・シリーズ〈3〉』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプトはどうネットを遮断したのか?

http://www.gizmodo.jp/2011/01/post_8406.html

 えらいことになってるエジプトですが、今度はインターネットの遮断までやらかしたのだとか。

>DNSは関係ない。BGPは結果として出た症状であり、原因ではない。
>単にケーブル抜いたのさ。

 うへぇ、現代社会でこんな大規模のネットの孤島なんてものがこんな簡単に発生するとは思わなかった。
 今回のこの騒ぎ、良い方向で収まってくれるといいのですが。プラハの春みたいなのは御免ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/27

銅大の『魔法少女まどか☆マギカ』二次創作「旋条が刻まれた日」と本編3話までの感想

 戦い倒れた戦士に黙祷。何も恐れる必要のないところで安らかに眠ってください。

・旋条が刻まれた日
http://drupal.cre.jp/node/3373

 『魔法少女まどか☆マギカ』3話で、主人公(と視聴者)に魔法少女のありようとはいかなるものであるかをもっとも残酷な形で教えてくれた先輩魔法少女の巴マミさん。
 彼女の魔法のマスケットに旋条(ライフリング)が刻まれた日の物語。強くもなければ勇敢でもない少女が思いを込めて刻んだ螺旋。少女の刃金の意思がその弾丸に与えるのは運命を打ち砕くベクトル。

……というか、「魔法のマスケットにライフリングが刻まれている」というネタからこうもってくるか!同じものを見たのに、そこまで思考(別名妄想力)を発展できなかった自分が憎い!思考せよ若者よ!


・本編3話までの感想

 さてそれはさておき本編3話まで見ましたが……これ虚淵玄が関わっているという情報である程度の心構えができてるからまだ耐えられるけど、前情報まったくなしで(もしくは虚淵玄がどういう人間か知らないで)見たらただの極悪テロじゃんよ!?
 ただ残虐非道なだけではなく、丁寧な丁寧な情報の仄めかしで先に痛みが待ち構えているとわかっているのに進まざるをえなくする。そこが地獄だとわかっているのに足を踏み入れてしまう極上の罠。断片的に提示される情報の洗い出しとそこから推測できる背景やルールの分析が面白くてたまりません。バンゲリで懲りたんじゃなかったのか、おれ。
 スタッフどもはぼくらを骨の髄まで楽しませるつもりだぞ。畜生、このキュウベエどもめっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TOKYO MXの機動戦士ガンダム00各話紹介がエンドレスエイト

http://www.mxtv.co.jp/gundam_oo/episode.php

110127_00
110127_01

110127_02

 ずっとコーラサワーのターン!2000回なんだよー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

オオカミの群れと遭遇 逃げる→× ヘヴィメタルを聴かせる→○

http://blog.livedoor.jp/hisabisaniwarota/archives/51910054.html

 オオカミもふりてぇ!>13
 クマに偶発的に遭遇したとき、状況によってはにこやかに話しかけるのが有効だったりするそうです。

・参考

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ロードス島戦記」オンライン

http://news4vip.livedoor.biz/archives/51724016.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 トップレベルの廃人プレイヤーが100人集まって「もっとも深き迷宮」で死んだり殺されたりするゲームですね。わかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/25

闘病中の少年を支える「ロボット小学生」、ロシア

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2782973/6706301

>プラスチック製ロボットの「ステパン(Stepan)」は、白血病の
>少年の代わりに授業に出席しているのだ。

>ステパン・スピン(Stepan Supin)君(12)は、家でパソコンの前に座り、
>プラスチック製の友達の目と耳を借りて先生の話を聞いている。
>ステパン君は、2年前から闘病生活を続けている。免疫系が弱く、
>家から出ることはできない。

>ロボットにはウェブカメラ、マイク、スピーカーが取り付けられており、
>教室内で起きていることをリアルタイムでパソコンに中継する。
>ステパン君は、ロボットを通して担任のアラ・ゲバク(Alla Gevak)
>先生に質問したり、先生の質問に答えたりできる。

>ステパン君の母親、ニーナ(Nina Supina)さんにとっては「存在感」が
>もっとも重要だという。「子どもたちは教室で遊んだり、騒いだり、
>交流したりします。普通の子の日常をステパンが経験できることが
>大切なんです」

 これはすばらしいSF的リアル。鉄腕アトムの世界だね。
 システムの長所短所ひっくるめて有意義な運用だと思います。

>1台につき3000ドル(約25万円)のコストがかかる

 ずいぶん安いと感じるのだけれど。
 それともここでいうコストは製作コストではなくランニングコストのことなのかしら?

 ところで、これが『Real Steel』まで進化するのはいつごろですか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年から2030年までの米軍戦闘機の配備予定

http://img21.imageshack.us/img21/4219/usaftacticalaircrafts20.png
ネタ元:掃き溜めさん

 A-10磐石すぎワラタ。
 コイツ、初飛行1972年の機体なんだぜ?

何のために生まれた!?
――A-10に乗るためだ!!
何のためにA-10に乗るんだ!?
――ゴミを吹っ飛ばすためだ!!
A-10は何故飛ぶんだ!?
――アヴェンジャーを運ぶためだ!!
お前が敵にすべき事は何だ!?
――機首と同軸アヴェンジャー!!!
アヴェンジャーは何故30㍉なんだ!?
――F16のオカマ野郎が20㍉だからだ!!
アヴェンジャーとは何だ!?
――撃つまで撃たれ、撃った後は撃たれない!!
A-10とは何だ!?
――アパッチより強く!F-16より強く!F-111より強く!どれよりも安い!!
A-10乗りが食うものは!?
――ステーキとウィスキー!!
ロブスターとワインを食うのは誰だ!?
――前線早漏F-16!!ミサイル終わればおケツをまくるッ!!
お前の親父は誰だ!?
――ベトコン殺しのスカイレイダー!!音速機とは気合いが違うッ!!

我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!
我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!
我等空軍攻撃機!機銃上等!ミサイル上等!被弾が怖くて空が飛べるか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

今日の読了本『グレー・レンズマン―レンズマン・シリーズ〈2〉』

・E・E・ スミス『グレー・レンズマン―レンズマン・シリーズ〈2〉』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/23

今日の読了本『銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉』

・E・E・ スミス『銀河パトロール隊―レンズマン・シリーズ〈1〉』
 買うだけ買って積みっぱなしだった新訳版。やっとこ読みました。
 いや、だってホラ、中身は旧版と同じなわけだしさ……。

 しかし、読むのが久しぶりということを差し引いても、このワクワク感はたまりませんね。全銀河を駆け巡る若きパトロールマンの胸躍る大冒険。ああ、ヘルマスさまかっけぇ!

 新訳版の翻訳を担当した小隅黎氏が訳者あとがきで「このシリーズほど翻訳人生の掉尾を飾るのにふさわしいものはなかった」と仰っているのが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

今日の読了本『銀河乞食軍団 黎明編 4 誕生!〈星海企業〉』

・鷹見一幸、野田昌宏『銀河乞食軍団 黎明編 4 誕生!〈星海企業〉』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速水螺旋人『大砲とスタンプ』(モーニング・ツーNo.42から連載開始)

 銃の代わりにペンを持て!
 我らは「カミの軍隊」なり。

 こちらも新連載。螺旋人テイスト満載の一風変わったミリタリーマンガです。

 ひとことで兵士といってもその姿は一様ではないものだ
 鋼鉄の騎士戦車兵たち
 巨弾の雨を降らせる砲兵たち
 地上を支配する歩兵たち
 他にも工兵、騎兵、衛生兵、憲兵、そして……

 輸送や補給を主な任務とする兵站軍。その新米将校、書類第一な官僚主義娘マルチナ少尉が主人公。口癖は「責任問題ですから!」。
 舞台はこことは違う『大公国』と『帝国』と『共和国』が相争う世界。でも、地名や地理はこちらと同じ、モスクワにクラクフにTsargrad(イスタンブール)。もしかするとパラレル地球?モスクワ大公国とポーランド帝国にオスマン共和国って辺りかな?
 テックレベルは2次大戦後期くらい?歩兵のヘルメットの迷彩がローゼンジーパターン(なのかな?第1次世界大戦のころのドイツの戦闘機に使用された迷彩塗装)なのも、ご近所異世界感があっていいな。

 そんな世界のこんな最前線で戦うマルチナの結果オーライな特別任務。第一話からしてろくでもない役人根性萌えを見せてくれますよ!
 もちろん速水メカもがんがん登場します。最新鋭の重装甲砲艦「平和号」なんか1話限りのゲストにはもったいない。

 表紙のコピーが『"Military法螺話"の巨匠、ついに参戦!』でしたが、"Military法螺話"という字面はイイね。螺旋人テイストにすごくマッチしてると感じられる。
 次回の"法螺話"はどんなだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@バンチ誌創刊……というか主に久正人の『エリア51』が連載開始だイエー!

……あれ、今年が2011年だから……つまり99年目かっ!

 オリュンポスのヘルメース神からフラットウッズの3メートル宇宙人まで、世界中の異形をかき集めて隔離した「無人地帯」、洋の東西を問わぬ人外大集合の街、ひと呼んで「エリア51」。
 この街をタフな女探偵マッコイが年代物のコルトを右手に走り回る!

 というわけで久正人テイスト大全開の新連載『エリア51』が始まりましたよー!
 ハッタリのきいた派手なアクションは格好いいし、あちらこちらから節操なくつれてきた節操ない住人たちが繰り広げるドラマは今まで以上に何でもあり!今回も期待大だぜ!

 第一話からしてネタはてんこ盛り。
 客に人魚の肉を出すインスマウス寿司のマーシュ店長とかひどいね。生簀の中にはネッシーだ。
 マッコイに5回も壊されたウェイトリーさんのお店は"THE BEST BEEF"なステーキハウス(もしくはハンバーガーショップか?)"ダンウィッチ"ってところかしら?そんなおいしそうなにおいをさせてたらお兄ちゃんがワンコにかじられちゃうよ!
 そして強敵、超☆有名人のあの人は第一話からこれでいいの!?というレベルに大暴れ!スタイリッシュにスラッシュ!
 しょっぱなからこれで、次回以降どんなハチャメチャをやらかすのか、ワクワクがとまりませんよっ!

 さらに、マンガだけではなくテキストコラム『百頭菜単』も掲載。こちらのネタは中華料理屋で出会った食材について。タイトル的に毎回グルメネタなのかしら?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス、海底原発を開発=16年の稼働開始目指す

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000011-jij-int

>仏造船大手DCNSは20日、原子炉を積載した筒状施設を
>海に沈めて発電し、沿岸に電力を供給する「海底原子力発電所」の
>開発計画を明らかにした。

>2013年の早い時期に試作機の建造に着手、16~17年ごろの
>本格稼働開始を目指している。

>「フレックスブルー」と名付けられた海底原発は、
>長さ約100メートル、直径12~15メートルの筒状で、
>重さ1万2000トン、出力5万~25万キロワット。
>沿岸から数キロ沖合の深さ60~100メートルに
>沈めて陸上から遠隔操作し、海底ケーブルで送電する。 

 大西洋側に作る分には何もいいませんが、何かあったときの被害がえらいことになりゃしないかしら?
 同じ海中に作るなら潮汐発電か温度差発電にすればいいものを。
……まあ、コストに見合わんといわれればそれまでだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

今日の読了本『シノビガミ・リプレイ戦(2) 妖狐、中天に舞う』『奇想天外兵器番付 西』

・ 河嶋陶一朗『シノビガミ・リプレイ戦(2) 妖狐、中天に舞う』
・渓 由葵夫、河野 嘉之『奇想天外兵器番付 西』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やらない夫は狂王の試練場で試練をスルーする様です

http://yarumo.blog83.fc2.com/blog-entry-2413.html

 くわっ!
 あまりの「あるある!」っぷりに、久しぶりにWizを遊びたくなりましたよ!

……とはいえ、ソフトはどうしたもんだろう。ノーマルなのを遊ぼうと思ったら何を買えばいいんだ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月のCOMIC (コミック) リュウ

 というか『靴ずれ戦線 魔女ワーシェンカの戦争』。
 連載4回目にして皆さんお待ちかねのお風呂の話ですよ!そうだとも、冬といえばもちろん暖かいお風呂ですよね!サービス回だ!マスト買え!
 にぎやかなロシア妖怪モブの皆さんもまた愛らしいぞ。

 いや、それにしても……思ったことはとりあえず口にしておくもんだなぁ。まさかこんなにも早く夢がかなうとは思わなかったけれど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ軍の軍編成すげぇ!

http://hp.kutikomi.net/military-units/?n=page77
ネタ元:イヤ展スレ

 「機動医療コマンド司令部」配下の「初期介入軍団」だとか、「医療教導連隊」だとか、蓬莱学園でも見たことないようなイカス単語が並んでますよ。
 さすがドイツの軍隊だ、かっこいい名前をつけさせたら右に出るものが無いな!信じられるか、これ第二次大戦当時じゃなく、現代の軍編成なんだぜ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/01/20

今日の読了本『奇想天外兵器番付 東』『ブラック・ラグーン2 罪深き魔術師の哀歌』

・虚淵玄『ブラック・ラグーン2 罪深き魔術師の哀歌』

「人生ややこしく考えるほどに損をするんだよ。結局、浮かれ騒いだヤツの勝ちってことさ」

 ロアナプラの善良な市民の皆さんの視点で語られる、犯罪都市のちょっとだけ特別な一日。
 今回のメインはぼくらのウィザード。ロットン・ザ・ウィザード!
……ということはつまりギャグ回かと思ったらシリアス中のどっシリアスで……でもやっぱりギャグだった。といういつものブラック・ラグーンです。
 ガンアクションあり、剣戟あり、コンゲームありの豪華劇場版。ぼくらが読みたいものは全部ここに詰まってる!


 あと、ここぞとばかりにソーヤーが萌えキャラアピールしてますよ、対抗馬がいないのをいいことに。いいぞもっとやれ。
 素の一人称視点シェンホアもヤバイくらいに可愛いしな。フカフカの枕じゃないと眠れないんだぜ!!

 そして、そしてっ!おれたちの見たかったアレが現実のものにっ!!

<ネタバレ>
 そう、夢のトンチキ対決、魔術師VS忍者!今回は出番が無いものと思っていましたよシャドーファルコンさんっ!!
</ネタバレ>

……ああ、バカは高いところが大好きなんだなぁ

・渓 由葵夫、河野 嘉之『奇想天外兵器番付 東』


| | コメント (2) | トラックバック (0)

メキシコの図書館

http://hamusoku.com/archives/4009461.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

……素敵だ。

 素敵だけど、高所恐怖症の人にはつらいよね。あと、本を整理する司書の人はマジで死ねそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床に落ちたコインをフォークリフトで運ぶ方法

http://www.kotaro269.com/archives/51158254.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

斑鳩悟「お前に魂があるなら、応えろ!」
 これがASEドライバーというものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

今日の読了本『ドイツのロケット彗星―Me163実験飛行隊、コクピットの真実』

・ヴォルフガング・シュペーテ『ドイツのロケット彗星―Me163実験飛行隊、コクピットの真実』

 世界初にして唯一のロケット推進戦闘機Me163「コメート」。その実験部隊の指揮官として、また後には唯一のコメート実戦部隊JG400を率いた撃墜王ヴォルフガング・シュペーテの激闘の記録。
 主な敵は、進まないエンジン開発とか機体製作にやる気の無いメーカー(メッサーシュミット)とか近代戦闘機にまるでついていけない上司(ゲーリング)とか実戦経験も無いのにコネに物を言わせて余計なところに首を突っ込んでくる女パイロット(ハンナ・ライチュ)。
 がんばれシュペーテ!世界初の実用ロケット戦闘機の完成は君の両肩にかかってる。設計者(リピッシュ博士)は別の仕事に逃げたからなっ!

 大学生のころに買ったこの本が、ぼくが初めて買ったミリタリー関連本ですよ。あのころは兵器になんてまるで興味の無い若者だったというのに、どうしてこうなったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女まどか☆マギカ 第1話「夢の中で逢った、ような……」

 各方面からの猛烈なプッシュを受けて、やっと見ました虚淵玄の最新作『魔法少女まどか☆マギカ』。

 かわいらしい女の子を取り巻く穏やかな日常、暖かな家族、心許せる友人たち。それでいて、それとは裏腹にそこかしこから匂い立つダークな空気。崩壊した世界と謎に満ちた転校生。謎の生物、謎の魔法少女、謎の魔女。謎、謎、謎。
 深く静かに溜まっていくストレスがたまりません。あと、テリー・ギリアム的な魔女の世界(結界?)のビジュアルがいいね。


……しかし、今のぼくには提示されている数々の謎よりも、先輩魔法少女のおねーさんが使う鉄砲にあからさまにライフリングが切ってあることのほうが興味深い。
 つまり、あの銃がマスケット(滑腔銃)ではなくライフル(施条銃)であるということが、意図的なデザインなのか、それとも特にその辺りは気にせず見栄えのいいパーツを描き加えただけなのかが気になる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?ぼくは重傷です。
 脚本・虚淵玄ということを考えれば、フリントロック・ライフルというややマイナーなチョイスは十分にありえる話ですが、それならば具体的な銃の種類まで指定しそうにも思えるんだよね。ウロブチテイスト的に。

 ちなみに、19世紀の中ごろにミニエー方式(銃身よりも口径が小さく装填しやすい弾丸を発射時の圧力で膨張させる)の弾丸が開発される以前の前装銃のライフルは、ライフリングにかませるための布でくるんだ弾丸を木槌で叩いて銃身に無理矢理押し込めなくちゃいけないから装填に時間がかかるんだ!
(こんな時しか披露する機会の無いトリビア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラン核施設感染のウイルス 米、イスラエル共同開発か

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011601000248.html

>イランのウラン濃縮施設の遠心分離機制御システムに感染した
>コンピューターウイルス「スタックスネット」は、イランの核開発を
>遅らせるために米国とイスラエルが共同開発した可能性が極めて高い

>ウイルス感染により、イランの核開発は実際に2~3年遅れたと
>みられている。

遠心分離機の回転制御などに使われるドイツ電機大手シーメンスの
>コンピューターソフトの脆弱性について研究を重ねたとみられる。

 ああ、なるほど。そういうところを狙って仕掛けるのか。適度にセキュリティが甘くて、妨害工作の結果が致命的な事故に結びつかない(=イスラエル本国に被害が出ない)、それでいて核開発に壊滅的なダメージを与える部分。なるほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

Google翻訳の「同人作家」の英訳がひどいありさま

……まあ、主旨が間違っているとはいわないが。

・Google翻訳:同人作家

 あと、こっちのもひどい。決して間違っているとはいわないが。

・Google翻訳:ボーイズラブ作家

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔夜峰央〈May探偵プリコロ〉連載スタート!

http://www.webmysteries.jp/lounge/pricoro.html?mailmag

推理は全部外れるのに、
必ず犯人は言い当てる!?
ヨーロッパはコロネラ王国を舞台にした、驚異のMay探偵プリコロことプリンス=コロネットの活躍をとくとご覧あれ。

 魔夜峰央の新連載は探偵物。主人公は推理マニアの王子様。パタリロやフリッツ・フォン・マンテル博士とは違って本人の推理能力は大したことは無いけれど、なぜだか正しいゴールに行き着いてる不思議能力の持ち主。ジャック・リッチーのターンバックル部長刑事シリーズを思わせる『裏目探偵』物語。
 これからどんな活躍を繰り広げるのか(もしくは繰り広げないのか)が楽しみです。

 「世界名探偵友の会」の面々のゲスト出演とかはあるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミカ新作「恐竜搬送車」

http://twitpic.com/3qmp3z

 うっは、これ素敵だ!


……アザラシ搬送車……だと!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/16

組曲Xボンバーがkonozamaりそうな気配

誠に申し訳ありませんが、以下の注文商品の入荷に時間がかかっており、お届け予定日がまだ確定しておりません。
(注文日:2010-11-19 )(注文番号:503-7502046-8735025)


BOWWOW "組曲Xボンバー"
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0048JEELU

ご注文商品のお届け予定日が現時点で確定していないことをお詫びいたします。

……まあ、元作品の知名度を考えれば、それほど多くはプレスしてそうにないものなぁ。実際には、ぼくに見える範囲だけでも相当の人数が購入するとか注文したとか言ってるのだけど。
 さて、結果が出るのを待つか、それともさっさと注文をキャンセルして探索の旅に出るか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真や動画をミニチュアっぽい映像に変換するソフト『チルトシフトスタジオ』

http://grafficia.com/tss/
ネタ元:狼牙堂さん

>チルトシフトスタジオは、デジタルビデオカメラや携帯電話などで
>撮影した俯瞰(見下ろし)映像を「チルトシフトレンズ」で撮影した
>ようなミニチュア風映像に加工する Windows7専用ソフトウェアです。

 ぱっと使い道を思いつかないけれど、面白そうなのでメモ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3万4千年前の微生物、生きていた 砂漠の岩塩から発見

http://www.asahi.com/science/update/0115/TKY201101150246.html

>米カリフォルニア州の砂漠デスバレーの2万2千~3万4千年前の
>岩塩の中に、単細胞の微生物が生存しているのを、ニューヨーク州立大の
>研究チームが見つけた。これほど古い生物が生きた形で見つかったのは
>非常に珍しい。

>この微生物は、掘り出された岩塩に閉じこめられた塩水滴の中で見つかった。
>栄養を与えて最大90日間培養したところ、900の試料のうち五つが
>成長した。そのDNAを調べたところ、古細菌と呼ばれる生物の仲間で、
>高い塩分濃度の環境を好む特徴を持っていることがわかった。

>塩水滴に残っていた緑藻が栄養源になったり、体の形を小さな球状に
>変化させて「休眠モード」状態になったりしていたことで生き残れたらしい。
>チームは、今回のような「長生き生物」の秘密を探ることが、地球の
>奥深くや惑星などでの生命探しのカギになると指摘している。

 そして現代によみがえる古代細菌の恐怖!バイオハザードで人類滅亡の危機ですね!

治療のヒント:インディアンのお茶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/15

今日の読了本『爆撃聖徳太子』

・町井登志夫『爆撃聖徳太子』

「皇太子。あなたは何を考えてるんですか」
「僕が考えているのはつねに、愛と平和だ」
「やってることが逆じゃないですか」

 ずっと探していた『爆撃聖徳太子』入手&読了。畜生、無茶苦茶おもしれぇ!
 世界の全てを手中に収めんと迫りくる巨大帝国・隋。故郷を守るべく立ち上がった二人の男、聖徳太子と小野妹子がその圧倒的な兵力に立ち向かう!気球で空を飛んで“爆撃”してみたりしながらなっ!
 こんな聖徳太子見たことない!

「憲法第一条」
「『和をもって貴しとなせ』」
「意味は?」
 妹子は立ち上がった。
「まさか、和を乱すやつはぶち殺せ、なんて言わないでしょうね」
 厩戸はにたりと笑う。
「やれぇぇぇぇっ」

 でもね、こんな気が狂ったコンセプトの本なのに、きちんとした考証に基づく、地に足のついた、まともな歴史小説してるんですよ。びっくり。

 聖徳太子はバカだ。
「日出るところの天子、日没するところの天子に書を致す」
 相手を誰だと思っている。
 隋の煬帝。日本中火の海にされても文句は言えないぞ。
 バカでなければ答えは一つ。
 宣戦布告。
(著者のことば)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F-15グローバル・ストライクイーグル

http://muraji-zare.blog.so-net.ne.jp/2010-12-07
ネタ元:掃き溜めさん

 なんという素敵センス!これ、アオシマの4体合体プラモ?
 F-15は見た目が偉そうであまり好きではないけれど……こいつなら愛せる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世紀末覇者に学ぶ成功哲学――アミバ天才手帳&世紀末覇者手帳

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101112-00000092-zdn_b-bus_all

 正直、欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/14

今日の読了本『鉄砲を手放さなかった百姓たち 刀狩りから幕末まで』

・武井 弘一『鉄砲を手放さなかった百姓たち 刀狩りから幕末まで』
『1543年、日本に鉄砲がもたらされた。このかつてない最強の兵器・鉄砲が、戦国の争乱に終止符を打った。そして豊臣秀吉の「刀狩り」により、すべての武器が没収され、民衆は武装解除されてしまった――!?
 日本人は鉄砲を取り上げられたわけではなかった。それどころか、江戸時代の百姓は戦うことを本業とする武士よりも鉄砲を多く持っていた。「鉄砲改め」を行った家綱、「生類憐みの令」の綱吉、鷹狩り好きの吉宗からアウトローが跋扈する幕末まで、2世紀にわたる泰平の世を築いた江戸幕府の下で、百姓たちはなぜ、どのように鉄砲を死守していったのか。将軍の行う「鷹狩り」は銃規制とどのように関係したのか。銃の摘発強化のなかで、幕府・役人・鳥獣としたたかな攻防をくり広げ奮闘する百姓たちの姿を、江戸時代の文書を一つ一つ丹念に読み解きながら描きだす』

 豊臣秀吉の「刀狩」ですべての武器を取り上げられた後も百姓の手には鉄砲が残されていたし、江戸時代の百姓たちは戦士階級であるはずの武士よりも多くの鉄砲を持っていたという、ちょっと意外な視点から追いかける日本史。
 2世紀にわたる泰平の時代の、“武器”ではなく“農具”としての鉄砲をめぐる役人と庶民と鳥獣の生存競争。

 鉄砲をめぐる攻防についての話も面白かったのですが、それ以上に100年以上続く太平の世の中で書類管理に追われる武士のありようが興味深かったです。溜まりに溜まった書類を保管するために、戦争施設であるはずの櫓を書類保管庫として流用するのが一般的になったとか、どんだけ平和ボケよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバイバル上映の『僕の村は戦場だった』を見てきました。

 じつは、この映画を見るのはこれが初めて。タルコフスキーということできっと名作だけどタルいタルい映画なんだろうと身構えていましたが、意外にも素直に物語が展開し、タルコフスキー映像を満喫しつつ眠くならないというすばらしい映画でした。
 理不尽でやりきれない映画ではありますが、不思議と後味は悪くない……というか、もうこれ以上圧迫感を感じなくていいんだ!的なやけっぱちな開放感がありました。


 ところで、今日も今日とてたいへん気温が低かったので、風邪をひかないように分厚いコートと耳まで隠れる帽子という暖かい格好で身を包んで映画館へ行きましたが……この映画にこのコーディネートは空気を読んでいなかったかもしれないね。

110114

 しまった、ゴンタ君に無理やり着せたから首のボタンが切れそうになってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人が描いた大正時代の世界地図

http://livedoor.blogimg.jp/weekchange-beronupes/imgs/e/1/e183cef5.jpg
ネタ元:バカ一スレ

 世界各国の領土の形と脅威度を動物に置き換えた世界地図。そのデザイン力は見事の一言。
 大正3年といえば1914年。第一次世界大戦が始まった年。ロシアの圧倒的な存在感とドイツのブルファイターっぷり、そしてツギハギ植民地のアフリカが目を引きます。って、ポルトガルーっ!
 同じコンセプトの5年後の地図はないのかしら?

……はっ!そうだ、時代時代の各国領土をいろいろなポーズ・衣装の女の子に置き換えた地図を作ればもっと歴史を覚えやすくなるんじゃないか(MC☆あくしず脳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特撮リボルテック『SERIES No.020 骸骨剣士』品薄状態について

http://tokusatsurevoltech.com/news20110111/

 先日、友人が買ったのをいじらせてもらいましたが、確かにこれはいいものです。売り切れ続出するのも良くわかる。
 おもちゃとしてよくできた造りでよく動くし、キャラクター商品とはいえ見た目はただの骸骨なので原作映画『アルゴ探検隊の大冒険』を知らなくてもただの骨格フィギュアとして受け入れられる。
 これは確かにいいモチーフの選択でした。再生産がかかったらぼくも買おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/12

今日の読了本『青き月と闇の森〈下〉』

・サイモン・R・グリーン『青き月と闇の森〈下〉』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリア人にとってケチャップで味付けした日本のナポリタンはありえない?

http://digimaga.net/2011/01/italian-says-no-spaghetti-napolitan
ネタ元:あさけのさんの日記

 フムン。
 というか、ナポリと関係ないのにナポリタンと呼ぶなというごく真っ当な主張はさておいて、むしろショックなのは……

>トマトケチャップのスパゲティがこれほどまでに認められないとは
>文化の違いにはビックリですね。

 スパゲッティにトマトケチャップというのは一般的だったのか!?俺はそっちのほうがビックリだよ!そりゃあそんな適当なものに自分の地元の名前をつけられたらイタリア人も怒るだろうよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/11

今日の読了本『青き月と闇の森〈上〉』

・サイモン・R・グリーン『青き月と闇の森〈上〉』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーク族文明の興亡 「オーク太腕繁盛記」

http://togetter.com/li/88234
ネタ元:アカガネさんの日記

 多くのファンタジー作品で敵役としてさまざまな活躍を見せるザ・雑兵種族オーク。
 その社会のありようについての考察と、そこから発展したオーク文明勃興記。

しかしそうなると、文明国はたびたびオークに負けて、オーク朝がたたねばなりませんな。5胡(オーク、ゴブリン、コボルド、トロル、リザードマン)16国時代の到来

 畜生、噴いた。しかし、これは魅力的な社会情勢ですよ。種族生き残りをかけた群雄割拠!この世界を舞台にTRPGしたいぞ。
 薔薇戦争を勝ち抜け、オーク朝!(ちげぇよ)

関連:オークのロジスティックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーのノッポン兄、ピーポにイタズラして怒られる

http://life.oricon.co.jp/83718/full/

>東京タワーのマスコットキャラクター・ノッポン兄が10日、警視庁の
>マスコットキャラクター・ピーポくんにイタズラをして女性警察官に
>怒られる…という一幕があった。

>ノッポン兄とピーポくんはこの日行われた「110番の日」イベントで共演。
>ノッポン兄が綴ったブログによると、「おれは国家権力には負けん!」
>という意気込みでピーポくんの隙をつきカンチョーを繰り出したようだ。

 マスコット界の闇の部分が白日の下に。どう見てもテロリストです本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

今日の読了本『闇よ落ちるなかれ』

・L・スプレイグ・ディ・キャンプ『闇よ落ちるなかれ』
 西暦500年代の古代ローマにタイムスリップしてしまった20世紀人の考古学者が挑む歴史を変えるための孤独な戦い。最初の武器は複式簿記だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇皇后両陛下のお歌

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gyosei/gyosei-h22.html
ネタ元:のんでけ!バルサミコすさん

「はやぶさ」
その帰路に己れを焼きし「はやぶさ」の光輝(かがや)かに明かるかりしと

小惑星探査機「はやぶさ」は,小惑星イトカワにおいて試料を収集し,本年6月13日に地球に帰還を果たした。御歌は,長い宇宙の旅を終え,「はやぶさ」が煌々と輝きながら大気圏に突入した時のことをお詠みになったもの。

 こういうものも題材に取るのね。面白かったから紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神話生物を科学する 第一回「インスマス人」

http://togetter.com/li/87025

 ディープワンのありようについての考察。シナリオフックとしてメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中天さんのNPCオーディション!

http://togetter.com/li/87004
ネタ元:天日録さん

 個性的なキャラクターが登場するTRPGセッションで知られる田中天と矢野俊策のキャラクター作成に関する会話のとりまとめ。
 NPC作成に困ったときの参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

今日の読了本『北極海へ』

・野田知佑『北極海へ』
『風になぶられ、日に灼かれ、原始の大河マッケンジーをただ一人、北極海へ。ウイスキー、釣竿、テントを積みこみ、いざ無垢の世界に……。幸福も不幸も自分が決める。身にしみわたる清澄な孤独感。そして流域のインディアンに友を得る歓び。男の望むものがすべてそろった痛快無比、カヌー1800キロの冒険譚。』

 カナダ北部の大河マッケンジー川をカヌーで下り北極海に至る1800キロの旅。あせらず急がず肩肘張らない冒険記……だけど甘くも温くもない。
 広大な大河を下る間に目にする自然、触れ合う人々。河という別世界のありようと極北に住む人たちの生き方に、あるときは驚き、あるときは感心し、あるいは頷き、時に呆れる。
 旅の魅力が満載の一冊。これを読んで旅に出たくならない人間はいないと断言できます。

「これはいったい何だね?」
 カナダのバンクーバー空港の税関で、気難しい顔つきの老係官がぼくの荷を指差していった。大小八個、総重量90kgの荷物である。
「えー、カヤックです。折りたたみ式の。こちらがカメラ、フィルム、キャンプ用具で……」
 するとその男の顔が輝いて、いかめしい官僚が好々爺に豹変してしまった。
「なになに、カヤック?こんなに小さくなるのか。で、組み立てるとどのくらいの長さになるのかね?このパドルも折りたたみだな?フムフム。こいつは良くできてるなぁ」
彼はニコリと笑い、握手の手をさしのばして、大声でいった。
「カナダへようこそ!グッドラック!実はね、俺もカヌーを三バイ持ってるんだ。カナディアンだ。十六フィート、十八フィート、それと十三フィートのやつもあるぞ、今年の夏は家内と三週間かけて、湖から湖へ伝ってツーリングする予定なんだ。おれは60歳だが、みてくれ。この腕を!(と力こぶを作って見せる)まだまだ若いとも。おお、早く夏休みがこんかなあ。なーつーやーすーっみっと」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの古流剣術


ネタ元:イヤ展スレ

 ドイツの古流剣術サークルの練習風景だそうです。ランツクネヒト傭兵の衣装を着込むあたり本格的ですね。
 受け払い、リポストといった剣の使い方だけではなく、蹴り技や腕を巻き込んでのディスアームと実戦に即した多彩な技術が盛り込まれていて面白い。
 ウォーハンマーとかルーンクエストとか、あの辺りの金属が重いゲームを遊びたくなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実写版ワイリーコヨーテとロードランナー

 ワーナー・ ブラザーズ・カートゥーンの永遠のおっかけっこコンビ、ワイリーコヨーテとロードランナーのドタバタをキャストを人間に置き換えて再現した実写ショートムービー。
 このクオリティの高さはいったい何事ですか!?
 あの「ミッ!ミッ!」の声と踏み切りネタがあればパーフェクトだったのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/08

今日の読了本『アルシャードff リプレイ 天使がくれた世界滅亡』

・緑谷明澄『アルシャードff リプレイ 天使がくれた世界滅亡』
 なんという危険な二者択一!
 丁寧な作りのシナリオで、アルシャードを遊びたくなるよいリプレイでした。あと、クエスター最大の敵はじゅんいっちゃん。ポンコツヴァルキリーやネコミミ大司教の存在する“美しくない”ミッドガルドである限りいつヤツが暴れだすかわからん。

 ところで、ブレードランナーを「古い洋画」と形容されたことにショックを受ける今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム式洗濯機を頑張って回す猫

http://www.kotaro269.com/archives/51141049.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

……かわいいな!
 特に、ドラムが停止したときの「まわれー、まわれー」というアクション!畜生、すげぇかわいいな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーマニアの魔女に所得税課税、呪いで対抗?

http://www.cnn.co.jp/fringe/30001436.html

>ルーマニアで1日から新しい労働法が施行され、魔女や占星術師、
>占い師なども所得税を課税されることになった。魔女たちの一部は、
>政府に呪いをかけると宣言している。

>新法では魔女や占い師のほかボーイやモデルなども専門職に
>分類され、所得を申告して納税することが義務付けられる。
>政府は脱税対策の一環と説明している。

……どうしよう、ごく真っ当なお話だ。

>魔女のブラタラ・ブゼアさんも「この国の指導者は頭が逆さまに
>付いているらしい」と憤る。魔女たちに所得税を払わせようと
>すれば、政治家は呪いをかけられるだろうとブゼアさんは予想、
>そのための呪文には犬の排泄物と砂ひとつまみ、黒こしょうを
>使うと明かした。

 いいのか、秘儀をもらして?
 それにしても、オランダでは魔女学校が教育機関として認められてたりするわけで、割と一般に認知されてないですかい、魔女?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/07

翼をヌンチャクのように使う古代鳥類

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110106002&expand#title

>現在のジャマイカに生息していた古代の飛べない鳥は、翼を古武術の
>ヌンチャクのように振り回して敵を倒していた

>学名クセニシビス(Xenicibis)というこの古代鳥類は、上腕部を
>ヌンチャクのように振り回し、翼角の関節から伸びる頑丈で
>湾曲した翼の骨で敵に一撃を与えていた。

 なにそのウルトラ怪獣みたいなの!?すげぇワクワクする!

>研究の共著者であるエール大学のニコラス・ロングリッチ氏は、
>この武器のような翼は独特な形をしていたため当初はこの翼を
>奇形の名残だと推察していた。「武器を持つ鳥は多いが、
>このような武器は初めて見た」とロングリッチ氏は驚く。

>クセニシビスには同種のオス以外にも強力な翼を叩きつける
>対象がいた可能性もある。「ドードーをはじめとして、
>飛べない鳥のほとんどは近くに捕食者が存在しなかった。
>それに対し、ジャマイカには多くのヘビや猛禽類などの敵がいた。
>クセニシビスはほんの少し余計に身を守る術が必要だったのかも
>しれない」とロングリッチ氏は推測する。

>研究チームは、武器となる翼だけでなく、この先史時代の
>鳥がたどった運命に興味を持っている。化石の研究によれば
>クセニシビスは少なくとも1万2000年前には生息していた。
>しかし記録が少ないため正確な絶滅時期は判明しておらず、
>また古代の人類が絶滅の一因となったか否かも分かっていない。

 きっと巨大な怪獣になるまで進化して山奥か深海に住処を移したんだよ!

>ロングリッチ氏はこう話す。「クセニシビスは、人類が
>ジャマイカに到達した数千年前より前に絶滅したのか、
>それとも人類がやって来た後に絶滅に追い込まれたのか。
>この鳥は家族で食べるには手ごろなサイズだし、飛ぶことも
>できない。こん棒を操る能力にかけては人類も引けをとらないので、
>あっさりやられていただろう。今の時点ではまだなんとも言えないが」。

 上手いこと言ってんじゃねーよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/05

峰守ひろかず『ほうかご百物語あんこーる』

『妖怪少女イタチさんと過ごす文化祭を描く『食いしん坊、万歳!』。イタチさんがドレスで音楽コンクールに出場する『タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン!』。新井さんの唇を狙う妖怪との対決のため、新井さんちに泊まり込みする『ビューティーズ・アンド・ザ・ビースト!』。さらに、夜の学校で真一たちを襲った妖怪の正体は!?『ユー、ロボット?』など、電撃文庫MAGAZINEに掲載された短編4編に加え、9巻で消滅の危機を免れたイタチさんと真一のその後を描く書き下ろし『拝啓、十七の僕へ』も収録。
 ピュア可愛いイタチさんと僕の放課後不思議物語、皆様のあんこーるにお応えして、短編集が登場です!!』

 9巻終了後の時間軸で語られる最後の“放課後”。その後のあの連中のやっぱりにぎやかな日々。
……ところで、ちょっと奈良山の後ろ髪を切り落とす会を結成しようと思います。ヤツだけは許しておけない

 電撃文庫MAGAZINE誌に掲載された4本と書き下ろし1本の計5本収録の短編集。ただ短編が5本入っているだけではなく、短編集であるということ自体を物語を構成する要素に組み込んでいるので雑誌掲載版で読んだ人にもおいしい設計です。遊びはあるけど無駄はない。このあたりが実に構成に定評のある峰守クオリティ。

・『食いしん坊、万歳!』
 1巻と2巻の間の出来事。文化祭で起きたちょっとした事件の顛末。『ほうかご』のエッセンスをぎゅっと濃縮したような話。
 ろーすとちきんを探すイタチさんの可愛さがヤバイ。

・『タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン!』
 こちらは2巻の後の話。イタチさんと滝沢さんが仲良くなってからの出来事。
 ニュー吹奏楽部の助っ人として演奏会に出演することになったイタチさんが巻き込まれた事件。
 あえて言おう!しっぽギューエローイ。あとガーターベルトばんざーい!

・『ビューティーズ・アンド・ザ・ビースト!』
 年上のお姉さんとお姉さんというにはちょっとトウがたってる感じの美女。略しておねーさんズの魅力満載のサービス回。いつもはちょっとお堅い先輩のパジャマ姿にときめいたり、クールな女教師の慌てふためく姿にたぎったりしようぜ!

・『ユー、ロボット?』
 特撮ヒーローもの定番の変身怪人編。
 この話には大きな不満があります。どうして挿絵がしかられて小さくなる滝沢さんじゃないんだ。涙ぐんだりしてるんだぜ!
【メディック、メディーック!中の人がやられたー!!】


 そして、書き下ろし『拝啓、十七の僕へ』。どんな話かというと……

 そしてラストの書き下ろしですが、これが意外に難産で。「九巻のちょっと後のいつもの日常」を書くか、それとも「九巻から数年後、大人になったそれぞれの人生」を見せるか。どっちもやりたいのは言うまでもなく、しかし書けるのは一本のみ。さあどうする俺!
(あとがきより引用)

 どっちも読みたいのは言うまでもなく、しかし読めるのは一本のみ。さあどうした作者!どうした作者ぁ!!
 そこは作者、峰守ひろかずの腕の見せ所。それはもうスマートに解決してくれましたとも!ぼくたちが読みたいものをすべて詰め込んでくれましたよ!素敵なものいっぱい。入ってないのはケミカルXと新体操部で活動中の鱗さんのレオタード姿の挿絵くらいのものだぜ!……って、ちょっと?大事なものが入ってないですよ!?(首尾一貫したスタンス)

 ところで、9巻の後ということはつまり9巻の後ということで、きちんと恋人として同居から同棲にクラスチェンジした真一とイタチさんのラブラブな日常も垣間見えるぞ!
……おれは真一の鉛筆がすべて6Bになってしまう呪いをかけねばならない。かけねばならないっ!
 とはいえ、ナチュラルギャルゲ主人公のフィル君がうらやましくないのはどうしてだろうねぇ。
 あー、江戸橋先輩は強く生きれ。というかね、8巻でカミングアウトしてからのあなたの行状は目に余りますよ。このロリコンめ!(バックベアードっツラ)

 最後に補話。最後の最後のワンシーン。
 そう、この物語の締めくくりはこのシーン以外にはありえないよね。ラストエピソードにふさわしいエンディングでしたよ。


 最終巻のお楽しみ。シリーズ最後のあとがきは作者の思い入れが詰まった12ページの大ボリューム!メインキャラクター全員への愛のこもったコメント満載。無論、求道丸と穂村にもありますよ。
 でも、ぼくのソウルブラジャー……失礼、かみました……ソウルブラザー九頭原くん(6巻登場)へのコメントがない件については……まあ別にいいか。

 全十巻、心から楽しませていただきました。楽しい時間を本当にありがとうございました。真一とイタチさんと愉快でにぎやかな仲間たちから離れた次のシリーズにも期待しています。よき青空を!
……でもね、『ほうかご百物語スピンオフ 粂神さんちの妖怪事情』とか始めても、それはそれで別にかまわないのよ。

 

●既刊感想リンク
『ほうかご百物語』
『ほうかご百物語2』+電撃文庫magazine収録短編“食いしん坊、万歳――或いは、ダリの事”
『ほうかご百物語3』
・4巻(欠番:あのころは忙しかってん)
『ほうかご百物語5』とそのほかあれこれ――或いは、ビキニアーマーが嫌いな男子なんていません!の事
峰守ひろかず『ほうかご百物語6』
『ほうかご百物語7』
『ほうかご百物語8』
『ほうかご百物語9』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マップス・ネクストシート第48話 闇の中

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『ズザンガディクスの甘い誘惑によって、新たなるブゥアーとなることを決めたナユタ。果たして銀河の運命はいかに!? そしてミュズは!? ミヤコは!?』

 ズザンガディクスの巧妙な罠、神帝ブゥアーの圧倒的な力。絶望的な状況の中で、自分が“イレギュラー”になり得ると気がついたミュズが打つ逆転の一手!逆転なるかネクストシート!
 イレギュラーとしての人があるのではなく動いた結果としてイレギュラーが起きるのであり、奇跡は起きるのではなく起こすのだ!さあ、来た!来ましたよっ!ああ、このワクワク感がたまらない!

……あとね、今回はリムにも若干の勝利の目があるといいなと思います。そろそろ幸せになれてもいいと思うんだ。一生懸命「もお~ちょっとでBカップ?」というところまで育てたおっぱいはあっさりリセットされちゃったしさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/04

安価でスタイリッシュな「触手型義腕」

http://wiredvision.jp/news/201012/2010121019.html

 シンプルな機構で大いに役に立つ高機能なものではありますが、このデザインは拒否感を示す人が多そうな気がします。蟲とかタコとかだめな人にはつらいんじゃないかしら?

……そんなことをいいながら、画像を見て暗闇大使を連想したぼくがここにいるわけですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FCゲーム『海賊蛇銃伝』

 もはやクオリティが高けぇとか言うレベルじゃねぇ!
 なつかしの忍者龍剣伝のコブラ版パロディ。主人公は無論コブ……なん……だと!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チラシの裏

 さっきまで、ニコニコ正月アニメスペシャル「化物語」一挙放送見てた。面白かったし、女の子たちも可愛かった。なるほど、評判になるわけだね。

 それはそれとして、ついさっき思いついたのだけれど、今年は2011年じゃないですか。ということは第五世界の終了/第六世界の開始の年じゃありませんか、シャドウラン的な意味で!
 エルフやドワーフの取替え子(チェンジリング)が生まれ、魔法が復活してしまうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/03

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE

公式サイト

・仮面ライダーW
 ずっとおやっさんのターン!
 仮面ライダースカルこと鳴海荘吉の仮面ライダーとしてはじめての戦い。
 “探偵”鳴海荘吉としての日々。シュラウドとのつながりや少年翔太郎との出会い。初めての変身。そして初めての「罪を数えろ」。
 ハードボイルドな男のドラマ、それでいてアクションも盛り沢山。肉弾戦あり、カーチェイスあり。吉川晃司の生身アクションも見ごたえあります。


・仮面ライダーOOO
 脚本:井上敏樹
……という時点で皆様ご理解いただけたかと思いますが、たいへんどうでもいい話でございます。
 というか、お前これ本編をせめて3話だけでも見たのかといいたくなるほどのキャラクターレイプっぷりにいろいろどうでもよくなりました。オーズである必要がまったくないのよ。英司とアンクが本編中でまったく絡まないとか。
 オーズパートのラストバトル中、隣の席の男の子がお父さんに「そろそろ終わるの?」と聞いたときの口調が大変印象的でした。うん、そうだよね。こんな画面の半分を謎のバレリーナが踊っているようなバトルじゃ熱くなれないよね。退屈だよね。クライマックスなのにな!


・仮面ライダーCORE
 バトルまたバトル!
 アクションこそがライダーの華!
 隣の男の子もCOREパートは声が出るほどに楽しんでいた様で、知らないお兄さんも一安心ですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国

公式サイト

 前作『ウルトラ銀河伝説』でウルトラマンゼロによって倒された邪悪なウルトラマン・ベリアルは別の宇宙へ逃げ延び、巨大な銀河帝国を作り上げていた。圧倒的な力を持って侵略を開始するベリアル軍。
 邪悪な計画の存在を察知したウルトラ戦士。だが、ウルトラの星のすべてのエネルギーを集めても別の宇宙へ送り出せるのはただ一人!
 たった一人、新たな世界へ旅立つ若き戦士ウルトラマンゼロ!彼が出会う新しい冒険!!

 や、文句なしに面白かった!すばらしいヒーロー映画で、SF映画でした。
 前作は内山まもるの「ザ・ウルトラマン」テイストでしたが、今作のノリはどうみても長谷川裕一の「マップス」です本当にありがとうございました!いやもう、風呂敷の広げっぷりがすごいんだ!ウルトラマンで「マルチバース宇宙」なんて単語を聞くとは思わなかったよ。
 しかも、物語はちゃんとまとめるんだけれど、今度はもっと大きな風呂敷を広げだしたよ!?くそ、次回作がこの続きだというなら見に行ってやる!だから作ってくれ、続編!!

 ウルトラ戦士がいない別の宇宙。だがそこにも弱き者を守る戦士たちがいた!ゼロに力を貸してくれる3人の戦士たち、鏡の騎士ミラーナイト、炎の勇者グレンファイヤー、そして鋼の巨人ジャンボット。
 そう、かつての円谷ヒーローたちの遺伝子がここに集結するのだ!ミラーマンが!ファイヤーマンが!ジャンボーグが!
……グリッドマンはー?

 さらに、円谷作品ファンへのアピールは三大ヒーローの復活だけじゃない。
 序盤に別の宇宙の若者ランとナオの兄弟が怪マシーンに立ち向かうために乗り込んだマシンにボンフリ号の意匠が見えたり、ベリアル帝国に立ち向かうため宇宙中から集まった軍勢の中にマイティジャック号やスペースマミーがいたりと小ネタもたくさん。ジャンボットがエスメラルダ製ロボットなのはエメラルド星人のオマージュだろうね。3大ヒーローの活躍シーンのBGMが元作品の主題歌をアレンジしたものだったりするのも現役で見てたお父さんたちにはうれしいんじゃないかな。

<ネタばれ>
 ゼロのピンチに“第7騎兵隊”を率いてやってくるグレンファイヤーにガッハのおじちゃんの姿が重なりました。
 つーか、緑川光を使うなら、グリッドマンの血も受け継いでいるっぽいジャンボットの声でいいじゃない。と、ちょっと思った。いや、もちろんキャラクターを考えるとナイトの声は緑川光であるべきなんだけど。あの「鏡を使うのは得意でね」の言い回しとか格好良すぎる。
 宇宙海賊船アバンギャルド号はネタと格好良さのバランスをよく保ったよいデザインですが、一点許せないところがあります。宇宙戦艦には三連旋回砲塔が必要不可欠だろう!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/01/02

今日の読了本『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈上〉』『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈下〉』

・リチャード・アダムス『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈上〉』
           『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈下〉』

 兔年最初の本はこれにしようと去年から決めていました。
 (あまり)擬人化されないうさぎたちの苦難に満ちた冒険行。「食べることと生きのびることと生殖すること」だけを考えるうさぎたちの生命賛歌。


 あと、今年の初プラモは5年間つみっぱなしのアドバンストヘイズルにする予定。兔年だから。(色々ダイナシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉

111002a

 峰守ひろかずさんからお年玉をもらいましたよー!
 つまり念願の『ほうかご百物語』番外編『ほうかご百物語あんこーる』を手に入れたということだー!

111002b

 そして見るがいい、これが直筆サインさまじゃー!
 じっくり読むぞー!

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/01

今年の初映画

 『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』と『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』に行ってきましたー。
  MOVIE大戦COREのオーズパート以外は大いに楽しめました。

 だがオーズ、貴様は己の罪を数えろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 今年も皆さんの宇宙が晴朗でありますように(クリア・エーテル)!

 というわけで年始にあたって今年の目標を掲げることにします。
 日記記事を書くときに一口感想に逃げない!
 がんばるぞ、おー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »