« 「狂気の山脈にて」の製作中止(確定) | トップページ | ボイジャー1号、21年ぶりの向き変更で太陽風を測定 »

2011/03/16

はやぶさ:イトカワの微粒子組成、隕石と似た特徴

http://mainichi.jp/select/science/news/20110311k0000m040135000c.html

>チームは、はやぶさのカプセルに入っていた0.03~0.1ミリ
>程度の比較的大きな岩石質の微粒子52個について、中に含まれる
>鉱物や元素の組成、立体構造などを分担して分析した。宇宙線などに
>さらされてできた「宇宙風化」の痕跡が確認されたことなどから、
>微粒子はイトカワ表面で採取されたと結論づけた。風化の程度は月の
>岩石より低かった。

>組成は、地球上で見つかる隕石の大部分を占める「普通コンドライト」と
>一致した。生命の起源につながる有機物の有無も調べたが、試料からは
>見つからなかった。

 大ニュースではないけれど、旅の成果は確実に現れています。
 「宇宙風化」ってことばの響き、心踊るね。

|

« 「狂気の山脈にて」の製作中止(確定) | トップページ | ボイジャー1号、21年ぶりの向き変更で太陽風を測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51135594

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:イトカワの微粒子組成、隕石と似た特徴:

« 「狂気の山脈にて」の製作中止(確定) | トップページ | ボイジャー1号、21年ぶりの向き変更で太陽風を測定 »