« 元気の出るあいさつの魔法 | トップページ | 福島市内書店事情 »

2011/03/22

魔法少女まどかマギカ10話「もう誰にも頼らない」

 やっと見た。

<ネタバレ>
 コブラの『ロボットはいかが』のエピソードを思い出しました。「マドカ ハ キュウベエ ト ケイヤク シナイデクダサイ。ヤクソクデス」
 あと、ループし続けるほむらを見て連想したのがヒーローズリボーン・ラストエピソードの(ギャラクタス攻略のため複数のコミックを飛び回る)ドクター・ドゥームだったり。でも改めて振り返るとループ以外の共通項は特にないか?

「わたしは鹿目さんとの出会いをやり直したい。彼女に守られるわたしじゃなくて、彼女を守るわたしになりたい」
 というほむらの願いではあるけれど、願いの結果手に入れた彼女の能力が時間操作ということは「まどかを守る」よりも「出会いをやり直したい」のほうにウエイトがかかっているのは明らか。
……この“願い”ってのはさ、システム的にどうなっているんだろう?願って得た「出会いをやり直す」という結果を強制的に執行されたりしないものなんだろうか?
 第10話の中でおきた「出会いのやり直し」はほむらの意思によるものだったけれど、今回、もしくは未来のループでワルプルギスの夜を倒したその先の時間に進めたときに「出会いのやり直し」は発生しないのかな?というのがちょっと気になりました。
 ワルプルギスの夜を倒したとしても、その後の時間軸でまどかが倒れて「彼女を守るわたし」であることが出来なかったときにはまた最初に戻ってしまうんじゃないか。さらにいやな可能性としては、『Fate/hollow ataraxia』の繰り返す四日間のように、最初の時間軸の最後の時間、ほむらがキュウベエに願ったその時間になったら「出会いのやり直し」を行うために強制的にループするんじゃないか。
……とかそういうことがちょっと心配になりました。

 まどかに過去のループの記憶がある(ように思える)ということは、ループの度にほむらだけが過去に飛んでいるのではなく、世界ごと全部まき戻してるのかな?すごいな、願いの力。

……そういえば、「やっと名前で呼んでくれた」という発言はその回のみじゃなく、それまでのループ込みのことなのかな?

 ところで、ほむらの武器調達方法が時間を止めてのヤクザの組事務所や米軍基地(?)への侵入&窃盗なあたりが実に虚淵テイストで心和みますね。本当に心和みますね。つーかそこしか心和まねぇ!
</ネタバレ>


|

« 元気の出るあいさつの魔法 | トップページ | 福島市内書店事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51192173

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女まどかマギカ10話「もう誰にも頼らない」:

« 元気の出るあいさつの魔法 | トップページ | 福島市内書店事情 »