« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

レイトで

 『少年マイロの火星冒険記』見てきた。
 岩崎書房やあかね書房の少年向けSF文庫とか緑色だったころの朝日ソノラマ文庫みたいな話だった。いい意味でも悪い意味でもなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンジャが刀で11台の車を破壊して逃走

http://dailynewsagency.com/2011/04/28/ninja-run/

……またニンジャか!
 ちっとは忍べよ!!

>気になるニンジャの復讐についてサンティーノさんはまったく気にしていない
>とのこと。「俺は合衆国憲法修正第2条の信者だからな」と力強くコメントしています。

 こっちはこっちでヘストンワールド人だー!
 気の聞いたこといってんじゃねーよ!!

修正第2条(人民の武装権)
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/29

今日の読了本『小説 馬車馬戦記 ディエンビエンフー大作戦』

・富永浩史『小説 馬車馬戦記 ディエンビエンフー大作戦』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クジラの歌にも流行がある? オーストラリア研究

http://www.cnn.co.jp/fringe/30002478.html

>オスのクジラが求愛のために歌う「歌」には流行があり、ヒットソングは
>南太平洋を横断して群れから群れへと伝わっているという研究結果を
>オーストラリアの研究者が発表した。

>オスのザトウクジラは仲間内で目立つため、あるいは隣で歌っている
>オスとは違う所をメスに見せるため、持ち歌の「プレイリスト」を常に
>入れ替えているらしいことが分かった。

>どこかで耳にした曲を覚え、いわば「南太平洋トップ40」のような
>ランキングが出来上がることもあるという。

 そういや竹本泉の『はたらきもの』にそれっぽいテーマの話があったね。クジラの歌の新作を盗み撮りした海賊版が出回る話。3000年前からの伝統歌とかあったりして。

>「新曲」の流行はオーストラリア沿岸沖から始まって太平洋を東へ移動、
>仏領ポリネシアにまで到達する。群れから群れへと伝わるペースも
>比較的早く、約2年でこの全域に行き渡るという。

 意外に早いなクジラネットワーク!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Transformers: Dark of the Moon予告編

 トランスフォーマー新作の最新トレイラーが公開されました。相変わらず良く動く。よく動くけれど、今回は前作よりもさらに動きが分かりやすくなっているようで、良い進化です。
 GIジョーの皆さんは今回も大活躍の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人から

HDレコーダーをいただいたでゴザル。ありがたやありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/28

福岡県警:手榴弾を使用した犯罪が急増

http://www.police.pref.fukuoka.jp/keiji/keiso/caution.html
ネタ元:イヤ展スレ

>手りゅう弾を発見した場合
>絶対に踏んだり、触ったり蹴飛ばしたりしない
>早急に手りゅう弾から離れる
>物かげなどに隠れて身の安全を確保する

「福岡ってボスニアの南だっけ」
「日本の九州地方」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしや大ピンチ? 宇宙では風邪薬も効かなくなってしまう恐れがあると判明

http://www.gizmodo.jp/2011/04/post_8793.html

>35種類の薬を4つの箱に分けて国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送し、
>13~28日間の宇宙空間への滞在ミッションの終了後にそれぞれ持ち帰って
>地上でテストし直してみたところ、なんとこのわずかの期間中に薬が
>大幅に効力を失ってしまっており、通常の地上での保管では考えられない
>スピードで宇宙では薬が無効になってしまう危険性が判明したんだとか。
>とりわけ抗生物質や頭痛薬の効力の失われ方が尋常ではなかったそうですね。

 薬効がなくなるとは!?宇宙線の影響?
 これはまったく意外な話ですね。てっきり、特殊な環境で人体のほうが変調をきたすから薬が効かなくなるという話かと思ったら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/26

ニコニコ動画で配信している黄金バットが

……面白すぎる!
 ドラマツルギー(作劇技法)など知らん!と言わんばかりの、行き当たりばったりに展開する物語から目が離せねぇ!このアニメまるで先が読めない!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/25

宇宙英雄ローダン・シリーズ、特別無償配信のお知らせ

http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000433

>被災地域への配本は徐々に再開されておりますが、いまだ書籍が
>手に入りにくい状況が続いております。そのため弊社では、著者ならびに
>訳者のご賛同のもと、被災されたために続巻を読むことができない
>愛読者の方々が、宇宙英雄ローダン・シリーズを引き続きお読み
>いただけるよう、3月刊行の396巻と397巻のPDFデータを、無償で
>配信することにいたしました。

 すばらしい!!
 記念すべき400巻を目の前にして一巻たりとも読み逃せないこの時期に2冊を丸ごと無償で公開してくれるとはなんと太っ腹なのだろう!!
……のではあるけれど、これってどのくらいの人が恩恵を受けられるんだろうか?395巻までをすでに読んでいる的な意味で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Conan the Barbarian予告編

 リメイク版蛮人コナンの予告編が公開されました。
 まだ本編のシーンが公開されていない現状ではまだなんともいえない感じですが、それほどイメージを外してはいないんじゃないかと思います。
 予告映像だけ見るとちょっときれいすぎるかなという印象も受けますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/24

(◕‿‿◕)<ボクと契約して、マスケット銃を作ってよ!


ネタ元:とんがりさんの日記

 マミさんのアレを1/1スケールで再現!いいなぁこれ。構えてみたい。

 模型投稿サイトFGのほうにも製作レポートが投稿されていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 コレクションフィギュア

http://www.amiami.jp/shop/ProductInfo/product_id/204397

 うちのメインパーティのメンバーで採用されているのはふわふわゾディアック(色違い)だけか。クラスは4人かぶってるんだけどな。
 つーか、まさか超鉄板キャラと思われたファラ子さん(マッシュルーム)が外されるとは思わなかったよ!第二段のメイン枠に期待か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/23

『第2次スパロボZ』の世界では日本列島が2つあるらしい

http://blog.esuteru.com/archives/2922648.html

 なに言ってんだお前?と思ったらマジだった。なんというアホくさい力技だろう!素晴らしい!!
……あー、なんかデジャヴあるなと思ったらこれだ(↓)

110423a
(竹本泉『あんみつ姫 みつの巻』より引用)

 そうかなるほど、あまから国あまから城はZの世界にあったのか。あのちゃんぽん文化っぷりを考えるとまったく納得だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の電力異常について

http://www.jaxa.jp/press/2011/04/20110422_daichi_j.html

平成18年1月24日に打上げられた陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)は、
設計寿命3年、目標寿命5年を超えて運用しておりましたが

……ソニータイマー。そんな言葉が頭をよぎりました。真面目に考えると、デプリでも喰らったのかな?
 世界最大級の地球観測衛星を失うのはもったいないので、何とか復活してくれるといいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食器乾燥器 YD-180


ネタ元:武装神姫スレ

 レビューとこの商品を買った人は~に注目。
 食器乾燥機なのにフィギュアのドライブースとしての評価しかされてないぞっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/21

F2、防空の要所復活へ、奮い立つ松島基地

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110417/dst11041721530051-n1.htm
ネタ元:泡沫の日々@はてなさん

 「スクラップ&ビルド」ならぬ「スクラップでビルド」。
 使えるのなら直してやってほしいものです。泥にまみれた機体が再び大空に舞い上がるなんて燃える展開ですしね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラのように広がる銀河 NASA、ハッブル望遠鏡21周年で公開

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110421/scn11042111050002-n1.htm

>別の銀河の重力の影響でバラの花びらのように広がって輝く
>渦巻き銀河をハッブル宇宙望遠鏡が捉え、米航空宇宙局(NASA)が
>20日、画像を公開した。同望遠鏡の打ち上げ21周年を記念した。

>銀河は、地球から3億光年離れたアンドロメダ座の方向に位置する。
>画像の下部にある小さな銀河の重力で引っ張られ、このような形に
>ゆがんだという。上部で宝石のように青く輝く光の帯は活発に輝く
>若い星の集まりとみられる。昨年12月17日に撮影した。

 これは素晴らしい!まさに宇宙の薔薇の花!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/20

魔夜峰央〈May探偵プリコロ〉窓の明かりの謎

http://www.webmysteries.jp/maya/pricoro.html

 んー、待望のパタリロ登場ではあるのだけれど、この使い方はちょっとだめだろう。あれを物語の粗を隠す便利なツールとしてつかうとは!これではこの先再登場の機会があったとしても、あちらの方が上というヒエラルキーが明確に生まれてしまったから対等のクロスオーバーにはなりえない。
 これはまったく残念な話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画『远去的飞鹰』


ネタ元:真理省さん

 日中戦争の中華民国空軍と日本軍の航空戦を描いた映画ですよ。九六艦戦とカーチス・マークIII(多分)のドッグファイトなんてほかでは見られないチョイス。この時代の空戦はなかなか映像になる機会がないからちょっと見てみたくはありますが、国内上映どころかDVD販売だって出来るかどうか怪しいところですね。

 ところで、映画つながりで同じネタ元情報。
 『若き勇者たち』のリメイク映画『RED DAWN』の敵役が、中国軍から北朝鮮軍に変更されたそうです撮影が終わった今になって。
>2011年版『若き勇者たち』の制作チームはデジタル技術を駆使して
>中国軍を北朝鮮軍に変更中だとか
……大変だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)

公式サイト

 ヒーローが日常化した世界で、スポンサーロゴを背負って戦うスーパーヒーローたちの物語。正面切ってベッタベタの王道ヒーローをやっていて素敵。

 今ならバンダイチャンネルで1話2話を視聴できます。マスト見れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/19

今日の読了本『無頼船長と中東大戦争』

・ブライアン・キャリスン『無頼船長と中東大戦争』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川裕一『マップス・ネクストシート』第51話 二万二千年の旅人

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『エラルード=ミヤコ!? すべての謎が今明らかに!! 二万年前、ミヤコに何が起こったのか!?』

 伏線なんてもんじゃねーぞ!
 伏線なんてもんじゃねーぞぉぉぉぉ!!
 いやもう、ここにきてここまでの驚きが!まさかアレがネムローネだったとは!!
 支配者様が"ミヤコ"であるということが最初から決まっていたのであれば、初出がクロノアイズ時代に出た同人誌『ひとりスーパーロボット大戦 大外伝』の"ネムローネ"がそのパートナーとして配されるというのは(今から振り返れば)理解できるし辻褄も合うのですが……それにしたってロングパスすぎる!

 そして懐かしのあの歌っ!歌う流星の歌!
 懐かしさのあまり久しぶりに歌う流星のエピソードを読み返してみたら、さまよえる星人が広めた風船草なんて小ネタがありました。草と一緒に歌も伝わっていたのかな?そういうのは、
「ちょっと……良い――だろう?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

@バンチ7月号より、佐藤明機先生の「パラダイスバード」が始まります!!

http://www.comicbunch.com/blog/hensyubu/2011/04/post-130.php
ネタ元:佐藤明機コミュ

見なれた風景に隠れた
不思議なセカイ、
そっとのぞいて
みませんか?

 そしてその@バンチの新連載ニュース!待ちに待った佐藤明機の「パラダイスバード」が復活するといううれしいお知らせ!!
 古い繁華街のごちゃごちゃと寄り集まった古いビルの……そのまたうら側にある月の出町うら側商店街のごちゃごちゃした町並みにまた会える!ぼくらのみっしぇるさんやまもるちゃんやザ・スネイルドラゴン嬢が帰ってくるぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人『エリア51』(@バンチ誌)

 そろそろ次の号が出ようかという時期ですが、入手が遅れたんだから仕方がない。

 今回はちょっとメロウないい話。ペナンガランに泣かされるとは思いもしなかったですよ。

 とはいえ、いい話の裏っかわでいろいろなネタが散々仕込まれてもいるのも相変わらずなわけですがね。今回のゲストは超有名人な引きこもり癖のあるおねーさんとか、伝説の鉈(マチェーテ)使いとか大物だし、水棲っぽい酒場で出される酒は“ハンギョ”ジンに“ダイマ”ジンにワイルド・ターキーを超える120プルーフ(アルコール度数60%)のワイルド・フェニックス。

 そろそろ“声”が大きくなってきたようですよ。そろそろお目覚めの時かしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/18

スケール アヴィエーション 2011年5月号:フィンランド空軍特集

 端から端まで、丸ごと一冊、ほぼ全てがフィンランド空軍機の記事でした。うは、たまんねぇ!
 メッサーシュミットにバッファロー、フォッカー、フィアット、ポリカルポフにグラジエーター。そのほか世界各国から集めたリアル・エリア88なごった煮空軍戦闘機がほとんど立体化。オマケに戦後フィン空のドラケンも紹介。バリエーション豊かで、ただ写真を眺めているだけでも楽しい。

 ところで、情報ページによると、3年も前に紹介したドイツ製第一次世界大戦映画『レッドバロン』が劇場は限定されますが、ついに日本でも公開されるそうです。順次全国ロードショーかぁ、福島に来てくれるかなぁ。来てくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生色辞典 366日の誕生色 Happy Birthday Colors

http://www.nicopon.com/iro/birth/

>4月3日の誕生色(フクシャピンク/fuchsia pink)
#f5a0bd

……いまいちぱっとしないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出崎統監督が肺がんで死亡

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110418/ent11041811020008-n1.htm

 『ガンバ』『コブラ』『宝島』も大好きでしたし、それらの作品から多くを学ばせていただきました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/17

今日の読了本『ダブルクロス リプレイ・トワイライト 帰ってきた快男児』

・田中天『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・トワイライト 帰ってきた快男児』

 20世紀とは何か?……それはマレーネ・ディートリッヒが歌った時代である。
 あの快男児が帰ってきた!自由の国、若き国家アメリカ合衆国に危機が迫る。ナチスの脅威から歌姫を守れ!敵は強大なパワーを持つプロレスラー・ナチ・マスカラス!!
 3rdシステム対応の新作も、胸がすくような活劇とトンチキなネタが満載です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発供養

http://blog.tatsuru.com/2011/04/08_1108.php
ネタ元:イヤ展スレ

>呪鎮の目的は「危険を忘れ去ること」にあるのではない。
>逆である。
>「恐るべきもの」を「恐るべきもの」としてつねに脳裏にとどめおき、
>絶えざる緊張を維持するための「覚醒」の装置として、それが必要だった
>と私は申し上げているのである。

 ネタかと思ったら意外に真面目な話だった。マインドセットのありようについて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/04/16

今日の読了本『彷徨える艦隊6 巡航戦艦ヴィクトリアス』

・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊6 巡航戦艦ヴィクトリアス』
『敵艦隊の追撃をふりきり、ついに味方星域に帰り着いたアライアンス艦隊。運営審議会にその攻績を認められ、一介の大佐から元帥へと特進したギアリーは、すぐさま艦隊を再編し、再度シンディック本拠星系をめざす。百年以上も続くこの戦争を終わらせるために!だが、つぎつぎに襲い来る敵の防衛艦隊を撃破し、敵本拠星系にようやくたどり着いたとき、シンディック幹部会は思いもよらぬ怖るべき罠を仕掛けて待ち受けていた! 』

 百年後の世界で目覚めさせられた男の苦闘の物語もついに最終巻。
……とはいえ本国ではすでに次のシリーズが始まっているわけですが。

 アライアンスとシンディックの戦争とギアリーの個人的な戦いも一段落。相変わらずの緻密な描写とダイナミックな展開で第一部を締めくくるにふさわしい盛り上がりを見せてくれます。
 昇進を告げられて、階級が上がるのがイヤでイヤで抵抗するギアリーっちが可愛くてたまりませんよ。
 次のシリーズが和訳される日が今から楽しみです。われらが先祖に名誉あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史を変えちゃダメ! 中国で「タイムトラベル」系映画が禁止される

http://rocketnews24.com/?p=88462

 そろそろ本格的に歴史捏造にでも手をかけるつもりなのかしら?だから「歴史を改変する」という概念が一般に広がらないようにしているのかも。つまり1984年ですよっ!

ふーんふふーん、ぉーいぇー、びっぐぶらざーがぼくらをみてるー、びっぐぶらざーがぼくらをきいているー♪
 ぼくらはみんなびっぐぶらざーのむすこ、だからぼくらはぶらざーをあいするー、だけどぼくらはしったのさー、あいをかたったそのよるに、まっくろなくるまがやってきてー♪
 ぼくらはみんなけいむしょおくりー、はいいろのかべのなかでしったのさー、ぼくらはみんなにんげんだ、びっぐぶらざーのむすこなんかじゃないー、だけどー♪
 おーのーおーのー、ねずみっ、ねずみはやめてっ、ねずみーねずみー! おーのー! ねーずみー!
(うた:藤村大河)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは画期的!その場であっという間に鼻づまりを治す方法

http://labaq.com/archives/51650825.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 おおっ!これは確かにすばらしい効果だ!

……問題は、はたからどう見えるかを考えると往来では実行しにくいことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/15

SF小説映画化祭?

・その1:レイ・ブラッドベリの「火星年代記」が映画化
>米パラマウント・ピクチャーズが、レイ・ブラッドベリのSF小説
>「火星年代記」の映画化権を獲得したことがわかった。

>「火星年代記」は26の短編が連なって構成された小説で、火星の
>植民地化を目指す地球人と火星人の対立を軸に描かれる。1997年に
>ユニバーサルが映画化権を獲得し、スティーブン・スピルバーグ監督や
>プロデューサーのジョン・デイビス(「プレデターズ」「ガリバー旅行記」)が
>企画開発に着手したものの、映画化実現には至らなかった。

>ハリウッド・レポーター誌によれば、パラマウントがデイビスを
>引き続きプロデューサーとして起用することを決定したという。

……「プレデターズ」と「ガリバー旅行記」の人はちょっとなぁ。あの空気を再現できるほど繊細(テクニカル)だとはちょっと思えないわけで……。

>同作は79年に「マーシャン・クロニクル」としてテレビ映画化
>されたことがある。

 これDVD化されてたりしないですかね。何話かだけはビデオで確保してるんだけど、見てない話や好きなのに確保し損ねた話とかあって、まとめて見たいと思ってるんですよ。


・その2:「ウォッチメン」脚本家、"パーンの竜騎士"シリーズの映画化を計画
>「X-MEN」シリーズ、「ウォッチメン」の脚本家デヴィッド・ヘイターは、
>アン・マキャフリイの傑作SFファンタジー“パーンの竜騎士”
>シリーズ第1作『竜の戦士』の映画化を計画していることを
>明らかにした模様。

 おお、それはちょっと見たい!素直に楽しみ。
 『パーンの竜騎士』の映画化なら、そうそう大事故も起きないだろうと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビに見入る猫

……コイツ絶対アタゴオルに登場してたって!この表情といい体型といい間違いないって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/14

323年前の難問「モリニュー問題」、MIT科学者らが解く

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2795291/7074093

>「先天的に目が見えず、球体と立方体を触覚によって区別していた人が、
>突然目が見えるようになった場合、手を触れずに球体と立方体を見分ける
>ことができるか」

>「経験論者」は、人間はまったく何も知らない状態で生まれると考え、
>人間とは経験の総体だとみなす。

>一方、「生得論者」は、人間には特定の観念が生まれつき備わっていて、
>視覚や聴覚、触覚によってそれらの観念が起動されるという立場を取る。
>すなわち、生まれつき目が見えなかった人が突然見えるようになって、
>すぐに球体と立方体を見分けられれば、その知識は人間に生まれつき
>備わっていたものだということになる。

>この「経験」対「生得」の論争は、現代の神経科学においても続いている。

……まあ、結果はといえば「まあ、そうだよな」というものであったわけですが。
 もちろん、実験で確認したというのが一番重要なんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲームシナリオのためのSF事典

http://www.sbcr.jp/products/4797364217.html
ネタ元:墨東邸主人さんの日記

 『「ケルト神話」がわかる』や『萌え萌えナチス読本』などの読みやすくて分かりやすい、ただ読むだけでも面白い、初心者向けガイドブックのライターとして安定株な森瀬繚/クロノスケープの新作はSF的ガジェットのガイドブック。
 これはよさそう。SF-TRPGを遊ぶときにたいへん悩ましい、参加者間の知識の差をどう埋めるかとか、ガジェットについてセッションの流れを止めない程度に手短にかつ分かりやすく解説するにはどうすればいいのかとか、そういったことの助けになってくれそうだ。次に本屋に行った時には探してみよう。
【その本がどれだけいい本だとしても、作るシナリオが『宇宙サムライが宇宙将軍のために宇宙宝刀の探索をする』では意味がないだろう?】
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/13

今日の読了本『暗黒太陽の浮気娘』

・シャーリン・マクラム『暗黒太陽の浮気娘』

 日が変わる前に寝るつもりだったのだけれど、途中で読むことを止めることが出来なくて夜更かし。
 SFファンの集い〈ルビコン〉で起きた殺人事件の顛末。『天使墜落』『ギャラクシー・クエスト』のミステリ版。オタクのオタクによるオタクのためのミステリ。
……おれ、このSFコンベンション〈ルビコン〉参加したことあるって絶対。

「それじゃ、ホテルには午前十一時ごろ到着したんですね」
「そうです。けど誰も見かけませ……いや、見ました。廊下をダンギャノンの部屋のほうへ歩いていく途中で、帝国軍のストームトルーパー二人とすれ違いましたし、部屋を出た時にドラキュラにぶつかりました」
 アイハン警部補はためいきをついた。「この事件(やま)ときたら、こたえられん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMS、外部より分子コンピュータ内のポピュレーションコード書き換えに成功

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/11/082/

 なんだかすごいことだというのは分かるんだけど、なにがすごいんだか良く分からない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/12

リアル・サンダーバード

http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2011/04/09/1antonov/

>世界最大級の高所放水ポンプ車、日本へ福島第1原発の原子炉冷却のため、
>世界最大級の高所放水ポンプが8日、アメリカ・ロサンゼルス空港から
>ロシアのアントノフ貨物機An-124に乗せられて日本に向かった。

 うは、TBマシンみたいなスーパーマシンがTBマシンみたいな輸送機(An-124は量産された輸送機としては世界最大)に運ばれてきますよ!
 タフな状況だというのは理解しているつもりですが、それでもワクワクしちゃう気持ちは抑えられませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

Amazonが被災地向けに新サービス

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=amb_link_61666309_1?ie=UTF8&nodeId=200651800&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=right-csm-1&pf_rd_r=0GVM1PGAJFE5AB54RFF4&pf_rd_t=101&pf_rd_p=100241869&pf_rd_i=489986

 避難所の方が欲しい物資をリスト化して、支援者から差し入れを募るというもの。
 あのダメダメといわれた「ほしいものリスト」にこんな使い方があったとは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/10

暁の出撃

『 第2次大戦たけなわの1943年春。イギリスは、ドイツの戦力を支えるルール工業地帯の電力源である巨大ダム群を爆撃する計画を立てる。要塞のようなダムを攻撃するために発案者のバーンズ博士は特殊爆弾を開発。その爆撃任務はベテランパイロット、ギブスン中佐の第617飛行中隊に託される。そして5月17日の夜、猛訓練を受けたギブスン率いる特殊爆撃部隊は出撃した。
不可能といわれたドイツ国内の巨大ダム爆撃作戦を、イギリス空軍の全面協力により実話に基づいて描く航空戦記映画の名作。主役である爆撃隊のみならず、爆弾の開発者といった裏方にもスポットを当て、作戦の経過を多面的に映像化しているところがイギリス映画らしい。重厚感あふれるランカスター爆撃機の飛行シーンは航空ファンの語り草となっており、本作に惚れ込んだピーター・ジャクソンによるリメイクも待機中だ。』

(パッケージより)

 ストライクウィッチーズ2に反跳爆弾を放り出すランカスター爆撃機が登場したときに、桶や本望さんにその存在を教わって興味を抱いたものの、当時はまだ映像ソフト化されておらず手が出ないものとあきらめていました。
 ですがつい先日、この映画が昨年の11月にDVD化していたと知り、早速注文しました。
……SWに登場したのが8月でDVD化が11月。さすがに偶然か?偶然だよな?

 ドイツ軍工場に電源を供給する水力発電所のある巨大ダムを破壊するため、低空飛行から投下した爆弾を水面で跳躍させてダムに命中させるという危険な超低空爆撃任務に赴くアブロ・ランカスター爆撃隊を描いた作品。中身が濃い、充実した、一瞬たりとも目の離せない2時間でした。
 2時間の上映時間のうち1時間半は爆弾開発のための幾度もの実験と修正の過程や役人との交渉、危険な夜間低空飛行のための訓練と地味な展開が続きます。だからといってこれがけっして退屈ではなく、爆弾をどう飛ばすのか、夜間低空飛行の際にいかにして高度を保つのか、投弾距離をどのように測るのか、そういった技術的な問題を解決するさまを娯楽映画としてのツボをおさえつつ描いてくれるので、緊張と驚きに満ちた時間を楽しめます。
……これほとんど史実通りなんだぜ。

 イギリス空軍の全面協力によるリアルで迫力ある航空映像は素晴らしいものです。
 また爆撃機ランカスター(一部は後継機のリンカーン)やウェリントン、それにモスキートの実機が飛んでいるというのも飛行機好きにはたまりません。

 ちなみに、後のスターウォーズEP4のデススター攻撃シーンはこの映画がモデルなのだそうですよ。

 すごくぼく好みの何度も見てしまう映画。DVDを買ってよかった。良いものを教えてくださった桶や本望さんには心からお礼を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル賞級!? 現代物理学で定義できない粒子発見か

http://www.asahi.com/science/update/0409/TKY201104090120.html

>米フェルミ国立加速器研究所(イリノイ州)は7日、同研究所の
>大型加速器テバトロンで、現代素粒子物理学の枠組みである
>「標準模型」で想定されない全く未知の粒子が見つかった可能性がある、
>と発表した。自然界にある4種類の力以外の力の存在を示唆しており、
>確認されれば、私たちの自然観を変えるノーベル賞級の発見となる。

>自然界には、比較的なじみのある重力や電磁力に加え、原子核の中で
>陽子や中性子を結びつける「強い力」と、原子核の崩壊を起こす
>「弱い力」と計四つの力があると考えられる。標準模型は重力を除く
>三つをうまく説明し、反する現象がほとんど見つからないことから、
>自然の状態を説明するのに都合がいいと考えられている。

>ところがテバトロンの実験で、トップクォークと呼ばれる素粒子より
>やや軽い質量(140ギガ電子ボルト程度)を持ち、「第5の力」
>ともいうべき未知の力の特徴がある粒子の存在を示すデータが得られた。

 すげぇ!
 ワクワクするSFニュースですよ。本物だといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近藤科学の新製品6脚ロボットKMR-M6を実際に動かしてもらってみた

 なにこのステキなアクトポッド!!いいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/09

今日の読了本『鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音』

・池田朝佳『鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音』
『「その扉がひらくと、世界は滅んでしまうんだよ。あの扉の奥には、今でもわたしたちの師匠がいるんだから」
 天才的な解錠術を持つ少年キリエをして開けられないどこにも繋がっていない扉の、とんでもない秘密を大統領は明かす。
 しかし、その言葉を聞いても、彼の中で思考は止まらない。あの人を自由にしたい。あの人に触れたい。だから、あの檻をなんとしてでも開けたい――
「わたしを、どうしてもここから出したい?」
果たして、キリエはどこにも繋がっていない扉を開け、大統領を解放するのか。運命の扉は静かに彼を待ち受ける。』

 少年少女の夏の終わり。
 ただなんとなく突っ走っていたスパークする鍵開けバカが、己の意思で前進し燃える鍵開けバカに進化する!
 余韻が残る綺麗な終わり方でした。

 巻末に番外編短編を2編収録。女の子たちの幸せな時間。大統領もリュリュもミドリカもジニィもみんなかわいいなぁ。萌えではなく、まさに可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール・クパーバーグ『超人ハルク対スパイダーマン』

『人工衛星スターラブが落ちる!――落下の軌道の定まらないスターラブの取材のため航空母艦に乗ったピーター・パーカーは、そこで異様なものを見た。スターラブがレーダーから忽然と姿を消してしまったのだ。そしてその一方では、次期無人ロケットにかんするNASAの資料が何者かに盗まれるという一大事件が起こっていた。この二つの事件には重大なつながりがある!その予測を裏づけるように、超人ハルクが、あやつられるままにスターラブの落下点へ向かっていた。悪党どもの恐るべき計画とは?また、ハルクとスパイダーマンの運命は?』
 
 小説オリジナルの超人ハルク&スパイダーマンのクロスオーバー。
 や、正直あまり期待していませんでしたが、これは見事なコミックの空気の再現。予想外の拾い物でした。
 元コミックのキャラクターを殺すことなく小説という媒体に滑り込ませています。特に、モノローグや会話でしゃべりまくりのピーター・パーカー。

 この作品中のピーターのガールフレンドとしてシンディ・セイヤーズという女性が設定されているのだけれど、これは小説オリジナルの設定なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の子供をブービートラップに嵌める父親


ネタ元:狼牙堂さん

 なんという幼児虐待!なんという非道!!(腹を抱えて笑いながら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトドリンク名称由来まとめ

http://twuruttwuru.2chblog.jp/archives/1844968.html
ネタ元:狼牙堂さん

 カルピスが古代サンスクリット語に由来してるとか、ミロが古代オリンピック由来だとか、意外な由来が明らかに。
 知らないドリンクが結構あるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/08

今日の読了本『放浪惑星骸骨の洞窟』

・二ール・R・ジョーンズ『放浪惑星骸骨の洞窟 ジェイムスン教授シリーズ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/07

『映画秘宝』で気合いが入る映画名セリフ大募集!

公式サイト

 というわけで、『映画秘宝』誌で「気合いが入る映画名セリフ」を募集しているそうです。

【気合いが入る映画名セリフ大募集!】 『映画秘宝』では、4/21発売6月号の掲載用にて、読者の皆様が選出する「気合いが入る映画名セリフ」を大募集いたします。次のつぶやきに記載の専用アドレス宛にメールか、発売中の本誌5月号に備え付けの読者ハガキにて、奮ってご応募ください!
【応募方法】件名には「名セリフ」。本文に①映画題名②名セリフ③選出理由200文字以内④お名前かペンネーム。以上を明記のうえ、4/11(月)必着にてご応募ください。採用の結果は4/21発売の『映画秘宝』6月号を要チェック!専用アドレス→ eigahiho@gmail.com

 とのこと。あなたの一番「気合いが入る映画名セリフ」を送ろう!
 さて、ぼくの「気合いが入る映画名セリフ」となるとなにがいいだろう。
 「ジェロニモー!」(GUNHED)か「やっちまおうゼ、同志たちよ!」(ガンマン大連合)か「may the Force be with you!(フォースのともにあらんことを!)」(スターウォーズと思わせてスペースキャンプ)か……悩ましい

 ところで、これ、Twitterでアナウンスされていたそうですよ。こんなときにはTwitterやっとけば良かったなーと思う。
……思いはするのだけど、手を出したらその瞬間にこのブログの更新が止まるのは目に見えてるんだよなぁ。それはヤだよなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

恋祭☆綺想カメリアノート

http://ninetail.tk/tt02/RensaikisouCamelliaNote.htm

 どう見てもシノビガミです。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会 - 知事選

http://energy-policy.net/index.php

 ああ、これはぜひ聞かせていただきたいね。臭い物に蓋をせずに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

献血のススメ

 震災からもうすぐ1ヶ月。献血は採血後の寿命が21日しかないので、そろそろ震災直後の輸血ラッシュで集めた分が使えなくなるころです。
 そして、400cc献血(次回献血まで3ヶ月)をした人が次に献血できるようになるまでまだ2ヶ月あります。
 だから、いま献血することが出来る人は週末にでも献血に行ってくるといいと思いますよ。
 無論ぼくも行きます。何せこのタイミングのために予定を延期しておいたんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

何かを続ける理由

http://pedalfar.tumblr.com/post/1096927149
ネタ元:たんぶらの中のさまよえるひつじさん

自転車発祥の話なのかどうかわかりませんが、自転車乗りが時々引用するこんな話があります。
走らない(=練習を休む)理由を探せば10でも20でも見つかる。
でも走り続けるヤツの理由はただ一つしかない。「走ると決めたから」。

 ああ、そうだよね。ぼくが始めると決めたからぼくが始めた。ぼくが続けると決めたからぼくは続けている。ぼくがやめると決めたならそのときぼくはやめるだろう。
 何か、ごく当たり前のことなのだけれど言葉にすると落ち着くな。

『俺が決めた!俺がやった!結果を引き受けるのは俺だ!』フィリオ・ロッシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫ー!


ネタ元:イヤ展スレ

 そっちはだめだー!!
 しかし、この運動性能ならば……もしかしたら生き延びられたのではないかという望みを抱かずにはいられない。アニモーはすごいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬ー!

http://gifmovie.tumblr.com/post/4290226186/exit-through-the-gift-shop-29
ネタ元:ERROR888-Tumblrさん

 忙しい街角の癒し。でもあまり長持ちはしなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

今日の読了本『二重太陽系死の呼び声』

・ニール・R・ジョーンズ『二重太陽系死の呼び声 ジェイムスン教授シリーズ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ海洋大気圏局が公開した震災前後の日本の夜間照明

http://naglly.com/archives/2011/04/noaa-nighttime-lights.php

 うへぇ。これはあまりにもショッキングだわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「君よ、散財にためらうなかれ」という

http://mainichi.jp/enta/keiba/isaki/news/20110326org00m050011000c.html?inb=yt
ネタ元:のんでけ!バルサミコすさん

◇大正の大震災の「教訓」を生かすべき時
「君よ、散財にためらうなかれ。君の10銭で浅草が建つ」

>1923(大正12)年の関東大震災の直後、浅草ではそう書かれた
>立て看板が随所で見られたという。

>浅草を訪れた人が5銭、10銭と浅草にお金をおとしてくれたおかげで
>浅草は立ち直り、第二次大戦下の空襲で再び焼け跡となるも、
>これも克服して立ち直り、いまのにぎわいがある。

 お金を使えば経済が廻るし、そのお金は被災地にも廻る。自明の理ですよね。適度に楽しんでお金を使いましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

“トモダチ作戦”パッチ ~OPERATION TOMODACHI~

http://www.monoshop.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=1163

 例の“トモダチ作戦”パッチが期間限定受注商品として発売開始されました。1枚1000円。
 コストを引いた分の収益は義援金として赤十字に寄付されます。
 というわけで、ぼくも2枚買いました。 どれに貼り付けようかしら?

オマケ:「ぴくせる☆まりたん」がエセックスに乗艦取材

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

今日の読了本『超人ハルク対スパイダーマン』

・ポール・クパーバーグ『超人ハルク対スパイダーマン』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大エイが船に飛び込み、女性を下敷きに大暴れ 専門家「100万分の1の確率」

http://blog.livedoor.jp/yumemigachi_salon/archives/51693185.html
ネタ元:狼牙堂さん

 でかい!きれい!
 空も飛べるもんなんだなぁ。なるほど、シンカーに進化ーするわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常食に。世界最大級のアリの缶詰

http://karapaia.livedoor.biz/archives/51986983.html
ネタ元:狼牙堂さん

「~ant」の缶詰ですとな!?どうして中身がミートボールじゃないんだ!?(ゲームブック脳)
【Mutantになりたいのか!?】
 正直、新訳版の「(変異現)象団子」はちょっと気が利いてないと思うわ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

今日の読了本『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト 東邦の快男児』『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト2 熱き夕陽の快男児』『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト3 さらば愛しき快男児』

・田中天『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト 東邦の快男児』
     『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト2 熱き夕陽の快男児』
     『ダブルクロス・リプレイ・トワイライト3 さらば愛しき快男児』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セシル・スコット・フォレスター『青銅の巨砲』

『十九世紀初頭、スペイン全土は戦火につつまれていた。怒涛のごとく押しよせるフランス軍の前に、スペイン軍は次々と敗退していく。ゲリラの一隊が偶然に巨大な攻城砲を手に入れたのは、そんな時だった。凄まじい破壊力を秘めたその雄姿――彼らにとってはまさに守護神であった。かくしてゲリラたちはその巨砲を擁して果敢な反撃を開始する!ふりそそぐ砲弾、たちこめる硝煙、そしてうずまく夢と野望――祖国開放のため死を賭して戦う男たちの姿を重厚な筆致で描ききった、<ホーンブロワー・シリーズ>の巨匠会心の歴史ロマン!』

 ナポレオン戦争時代のスペイン。1個の大砲と戦場に生きる野蛮人たちがレオンの平野で暴れまわる!
 ホーンブロワー・シリーズで知られるフォレスターがスペイン<半島戦争>をテーマに描いた傑作。
 原題は『THE GUN』。その名の通り、まさにこの攻城砲こそが主人公といえるでしょう。

 重量三トンを誇るこの巨砲がのっしのっしと歩むとき、その眼前に立ちふさがることの出来る敵堡塁はない。四メートル余の砲身を誇るこの巨砲がひとたび火を吹くとき、その威力のほどに抗しうる敵砦はない。巨砲が全能であればあるほど、ひとはその威のほどに信をおき、力のほどにすがりつく。そして、あげくの果ては、逆にこの巨砲にふりまわされることになる。この巨砲あるがゆえに敵を屠らなければならないはめになり、惰性(はずみ)がつき、ついには制御もままならなくなるとすれば……
(あとがきより引用)

 それは兵器ではなく、自然災害のような現象としての存在。まさに周囲の全てを飲み込む大嵐。その大渦の中で必死にもがく人々の物語。

 ナポレオニック小説ではあまりクローズアップされないスペインゲリラたちがメインというのもうれしいですね。
 世界史に始めて登場した<ゲリラ>たち。神出鬼没を武器に敵を攪乱した不正規部隊。どこまでも野蛮で残酷なろくでなしどもよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぬまあん逝去

http://alpina-x.air-nifty.com/blog/2011/03/post-b014.html

『時給戦士スマイルバン』や『超絶プラモ道』で知られる漫画家のはぬまあん氏がなくなったそうです。御冥福をお祈りします。
 スーパーロボットマガジンで連載していた『いい旅ロボ気分』はもっと読みたかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/02

RAZOR TALONパワーグローブ

http://www.razerzone.com/razer-talon
ネタ元:itsman2001 / 風待月さんの日記

 PCゲーミング用デバイスメーカーRAZORの新作がオサレなパワーグローブですよという話。正直、最初に話を聞いたときはエイプリルフールのネタだと思いました。
格好いいなこれ!

>Razorによれば、平均的なゲーマーのコマンド入力速度は一分間に
>100アクションとされているが、これを装着する事により
3倍に引き出されるという。

 言葉の意味は良く分からんが、とにかくすごい自信だ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/04/01

Princess Toyotomi 『プリンセス トヨトミ』

 なにこのアタマおかしい映画。超☆見たい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラ五つの誓い2011

 誓います。誓います!
 これはTVCMでも流してほしいレベル。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »