« 自分の子供をブービートラップに嵌める父親 | トップページ | 今日の読了本『鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音』 »

2011/04/09

ポール・クパーバーグ『超人ハルク対スパイダーマン』

『人工衛星スターラブが落ちる!――落下の軌道の定まらないスターラブの取材のため航空母艦に乗ったピーター・パーカーは、そこで異様なものを見た。スターラブがレーダーから忽然と姿を消してしまったのだ。そしてその一方では、次期無人ロケットにかんするNASAの資料が何者かに盗まれるという一大事件が起こっていた。この二つの事件には重大なつながりがある!その予測を裏づけるように、超人ハルクが、あやつられるままにスターラブの落下点へ向かっていた。悪党どもの恐るべき計画とは?また、ハルクとスパイダーマンの運命は?』
 
 小説オリジナルの超人ハルク&スパイダーマンのクロスオーバー。
 や、正直あまり期待していませんでしたが、これは見事なコミックの空気の再現。予想外の拾い物でした。
 元コミックのキャラクターを殺すことなく小説という媒体に滑り込ませています。特に、モノローグや会話でしゃべりまくりのピーター・パーカー。

 この作品中のピーターのガールフレンドとしてシンディ・セイヤーズという女性が設定されているのだけれど、これは小説オリジナルの設定なのかな?

|

« 自分の子供をブービートラップに嵌める父親 | トップページ | 今日の読了本『鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51344744

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・クパーバーグ『超人ハルク対スパイダーマン』:

« 自分の子供をブービートラップに嵌める父親 | トップページ | 今日の読了本『鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音』 »