« 久正人『ノブナガン』第二話(アーススター誌) | トップページ | 久正人『エリア51』第一巻 »

2011/06/12

長谷川裕一『マップス・ネクストシート』第53話 地獄の蓋は開いたか?

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html

『一時的とはいえ、ズザンガディクスを退けたナユタ。対してズザンガディクスは、ついに「進化」することを決意し……』

 キター!!役者は揃った。そう、揃ったのだ!!
 ラストの“増援”の到着にはもうゾックゾク来ましたよ!ゲンの帰還自体は今更誰も驚きませんが、彼の“船団”には度肝を抜かれました!伝承族と勇者のタッグマッチ!!ブゥアーVSブゥアーのラストバトル!ああ、まさにマップスの続編であることの意味がここにある!

|

« 久正人『ノブナガン』第二話(アーススター誌) | トップページ | 久正人『エリア51』第一巻 »

コメント

>まさにマップスの続編であることの意味がここにある

で・す・よ・ね!

マップスなんだからこの展開は予想されて然るべきだったんだけど、全く考えてませんでしたので、それはもう度肝を抜かれました。預言者さんが生き残ってたのはそのためか! やりやがる!

今さらながら、伝承族も本来は宇宙の記録に身を捧げた立派な人たちだったことを思い出しましたよ。メタルビーチさんがご存命だったら泣いて喜んだろうなあ。

投稿: エム | 2011/06/13 22:34

 伝承族の登場には、だばだばと涙が。
 生贄砲と宇宙のエネルギー化は許せるものではありませんが、滅びた宇宙を記録し「私達を忘れないで」という記憶をつむぐことであった彼らの本来の役目は、決して悪いものではなかったはずであります。
 前作ではどうしたって悪役にならざるをえなかった彼らを、こうした形で再登場させてくれるところにこそ、長谷川裕一先生の作品とキャラへの愛がこめられていると思います。

投稿: 銅大 | 2011/06/16 23:04

・エムさん
>預言者さんが生き残ってたのはそのためか! やりやがる!
預言者さんが仲間になるところまでは予想の範疇でしたが、彼を足がかりに伝承族たちをひっぱってくるとは思いもしませんでしたよ!


・銅大さん
> 前作ではどうしたって悪役にならざるをえなかった彼ら
つい忘れてしまっていましたが、リングロドがそうであったように、かれら一人一人がただの記憶素子ではなく人格を持つ個人なんですよね。
これから彼らがどういう道を選択するのか楽しみでたまりません。

投稿: Johnny-T | 2011/06/19 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51929655

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川裕一『マップス・ネクストシート』第53話 地獄の蓋は開いたか?:

« 久正人『ノブナガン』第二話(アーススター誌) | トップページ | 久正人『エリア51』第一巻 »