« 新「ターザン」3部作が製作へ | トップページ | 今日の読了本『優しい侵略者』 »

2011/06/06

1350光年の彼方、宝石の雨降る星 NASA観測

http://www.asahi.com/science/update/0604/TKY201106040120.html

>地球から1350光年ほど離れた天体で、かんらん石という鉱石の
>結晶の雨が降っているらしいことがわかった。

>このような結晶ができるには、かんらん石が一度、かなり高温に
>なったあと冷やされなければならない。研究チームは、天体から
>噴き出す高温のジェットで熱せられたかんらん石が遠方まで
>吹き飛ばされて低温で結晶化し、再び天体に向けて降っているとみている。

 かんらん石のモース硬度は7……悪魔将軍のエメラルドボディと同じ硬さの小石がそこら中を飛び回っているのか。
 周辺宙域は地獄だな。

|

« 新「ターザン」3部作が製作へ | トップページ | 今日の読了本『優しい侵略者』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51875023

この記事へのトラックバック一覧です: 1350光年の彼方、宝石の雨降る星 NASA観測:

« 新「ターザン」3部作が製作へ | トップページ | 今日の読了本『優しい侵略者』 »