« 峰守ひろかず『俺ミーツリトルデビル!』 | トップページ | 事務用品レンタル とーるりーす »

2011/06/14

今日の読了本『大列車強盗』

・マイクル・クライトン『大列車強盗』

 19世紀中盤、ロシアと戦っていた時代のイギリス。世界最大の大帝国の首都を舞台に展開する一大強奪計画。狙うはクリミア戦争の前線で戦う兵士のための俸給1万2千ポンド!
 犯罪紳士ピアースはロンドン名うての悪党どもを集め、大胆不敵な強奪作戦を開始する!

 や、おもしろかった。
 本文339ページのうち270ページが盗みの計画準備に費やされ、実際の強奪シーンはわずか38ページのみという内容の濃い犯罪小説。
 丁寧に描かれた当時の生活・風俗、急増する列車線路や犯罪社会に上流階級といったロンドンのさまざまな世界の描写が魅力的。

|

« 峰守ひろかず『俺ミーツリトルデビル!』 | トップページ | 事務用品レンタル とーるりーす »

コメント

映画もいいですよ。オススメです!

投稿: 速水螺旋人 | 2011/06/15 01:25

おお、映画化してるんですか。
早速探してみます。

投稿: Johnny-T | 2011/06/19 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/51945969

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『大列車強盗』:

« 峰守ひろかず『俺ミーツリトルデビル!』 | トップページ | 事務用品レンタル とーるりーす »