« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

今日の読了本『現代伝奇バトルRPG シノビガミ怪 冥王裁判』『スターダスト・シティ1』『スターダスト・シティ2』

・河嶋陶一朗『現代伝奇バトルRPG シノビガミ怪 冥王裁判』
 現代忍法絵巻、新シリーズ開幕!
 強大な魔物を封じてきた結界『地獄門』が破壊され、妖魔たちが現れ出でた世界。忍びの者たちは妖魔を退治するために表面上は手を組んだが……。
 シノビガミ・バージョン2版ルール『退魔シリーズ』と、そのルールによるリプレイが収録された一冊。今までのシリーズを知らない人でも大丈夫、この一冊でゲームプレイできるし、読んで楽しいプレイガイドも収録されています。
 そのリプレイは曲者だらけのバトルロイヤル。先の読めない展開と、先を読ませないダイス目の織り成す物語。っていうか魚蹴さんのダイス目ヤバ過ぎ。
 奈良県警の偽ミニスカポリスことスクリーミング・ミーミーのトンチキとシリアスが混沌としたムーブがいいね。

……正直に言います。店で手に取ったとき、表紙のかなりあが全裸なのかと思いましたぁ。だって白い服で逆光だし、変なところに突起とかあるしさぁ!


・笹本祐一『スターダスト・シティ1』
      『スターダスト・シティ2』

 『妖精作戦』復刊の記事を読んでたら久しぶりに読みたくなりました。
 この80年代テイストが大好きですよ。全てのシーンが頭の中にアニメで浮かんでくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/30

博物館など含め町を丸ごと6千万円で売ります。人口10人もいないので頑張ってください

http://news4vip.livedoor.biz/archives/51813947.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

……なんという西部開拓村だろう。
 隠居するには良い土地かもしれませんね。水ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国高速鉄道事故の真相を中国ネットユーザーが解明「ウルトラマンだった」「今は信じるしかないだろ!」

http://rocketnews24.com/2011/07/28/116521/

この投稿に対し、中国のネットユーザーは
 
「そうだったのか!」
「常識的には信じられないが、今は信じるしかないだろ!」
「落雷よりも信頼性が高い」
「私も信じる」
「俺も信じる」

 
と、ほとんどのユーザーがこのウルトラマン説を信じるという結果になっている。

 なるほど、信じざるを得ない!確かにゴモラなら大陸にいてもおかしくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/29

トランスフォーマー見てきた

 一作目からGIジョーSVトランスフォーマーの風味ではありましたが、今作ではさらにGIジョー組がメインに。
 もうイボンコさんお払い箱にしてもよくね?

 というか、本気でシリーズを閉じるつもりでもあるのか、ネームドキャラがガンガン殺されるのにショックを受けましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/28

Star Wars The Clone Wars シーズン4トレイラー

 クローントルーパーのスーツもEP3バージョンに進化して、いよいよ物語の佳境に入るクローンウォーズ・シーズン4の予告編。
 そろそろ少年ボバ・フェットが出てきたりしないかしら?
 そしてトレイラー前半に登場するあの人はやっぱり若い頃のアクバー提督だったりするのかな?
 ツインブレード二刀流の謎ジェダイも気になります。

 ああ、早く日本でも放送してほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作家の小松左京氏が死去

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9C81E2E2E3E2E2E2E18DE0EAE2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

 どうにも訃報が続きますね。
 それにしても、御三家最後の一人になってしまった筒井御大には一日も長く生きてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/27

速水螺旋人『大砲とスタンプ』(モーニング・ツー48号)

 おお、大装甲列車強盗!今回も素敵な"Military法螺話"っぷり。いいなぁ。
 このナアナアの緩やかな腐敗っぷりが実に素敵。
 そしてマルチナは役人根性娘かわいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人『エリア51』&佐藤明機『パラダイスバード』(@バンチ9月号)

久正人『エリア51』
――問題「いらくデ大量破壊兵器ガ発見サレナカッタノハ何故カ?」
 その答えに納得。そりゃあイラクでは見つからないさ。

 今回のマッコイの仕事は犬探し。とはいえこの町のそれもマッコイのところに来る依頼がまともなわけがない。ナイルの神様とイギリスの犬妖怪と日本の引きこもり神様に包囲されたマッコイはどう立ち回るのか!?世界神話クロスオーバーのエリア51でしかできない話。まさにステージセッティングの妙!
 いやもう、マッコイの啖呵が気持ちいい話でした。犬派も猫派も大満足。

 アマテラス姐さんの引きこもりっぷりがひどいね。
 深海系ヒロイン「くとぅるん」に吹いたけど、あの街だとモデルご本人がどこかで居眠りこいてる可能性があるかも。
 ところでこのゲーム日本では発売しないの?


佐藤明機『パラダイスバード』
 ハイチソレノドンやウロコフネタマガイのぬいぐるみを買えるのはみっしぇるさんの露店だけ!今回は裏町モールを作った男の孫娘みっしぇるさんとイヤ生き物とお風呂の話。
 そう!お風呂!後半ページはちちぶくろ満載!素晴らしい!!

……お風呂にうなぎ人魚姫がいないか探したのはぼくだけではないと信じたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーズごっこ

引用元:卓ゲ板神埼スレ

423 名前:NPCさん 投稿日:2011/07/24(日) 08:03:54.93 ID:???
高度なプレイを見たのでコピペ

780 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[sage] 投稿日:2011/06/20(月) 19:51:00.71 ID:ZQHnrzxO0 [2/2]
息子がオーズごっこしようって言うから
怪人役でもやってやろうと付き合ってやったら
俺が仮面ライダーオーズ役で
「おい!これをつかえ!」と息子がメダルを俺にどんどん投げつけてきた件

 テクニカルなロールプレイだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/26

地球の「100兆倍」の水、120億光年のかなたに発見

http://www.cnn.co.jp/fringe/30003490.html

>地球からはるか120億光年離れたクエーサー(准恒星状天体)に、地球上の
>海水の100兆倍の水が存在することが、科学者らの研究で明らかになった。

>地球の340億倍の質量を持つこのクエーサーを分析していたコロラド大学
>ボルダー校のジェーソン・グレン准教授らが、数百光年の範囲に広がる大量の
>水蒸気を発見した。カリフォルニア工科大学がハワイ島マウナケア山に
>設置している天体望遠鏡で、分光器を使って観測された。

>120億光年離れた天体を観測すると、見えるのは120億年前の姿だ。宇宙は
>136億年前のビッグバンで誕生したと考えられているが、その16億年後には
>すでに水が存在していたことになる。

>これほどの量の水が見つかったのは観測史上初めて。銀河系内で数光年の
>範囲に分布する水を全部合わせても、同クエーサーに比べれば4000分の1に
>すぎないという。

 「120億光年」に「340億倍」ときて「100兆倍」。文字通りの天文学的数字が並びますね。
 水で溢れた星域。なんだかとてもスペオペ風味ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人と動物の交雑種、いわゆる「獣人」が研究施設で極秘裏に生み出されていたことが明らかに

http://gigazine.net/news/20110726_animals_mixed_with_humans/

>人間と動物の両方の特性を持つ、「獣人」とでも呼ぶべき交雑種が研究施設で
>極秘裏に生み出されていたことが明らかになりました。

>なんだか映画の中での出来事のような話ですが、すでに3年間にわたって研究が
>行われており、150を超える交雑種が生み出されていたとされています。

 フムン。それで研究所を脱出した犬耳美少女がぼくのところに逃げ込んでくる展開はまだですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/25

笹本祐一『妖精作戦』創元SF文庫から復刻

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488741013?mailmag

『主人公たちの通う都内の高校へ転校してきた少女。彼女は超能力をもち、そして謎の超国家組織に追われていた。日本SF史に残る名作四部作が装いも新たに復活。オリジナル版あとがき・1994年版あとがき・2011年版あとがき=笹本祐一/解説=有川浩』

 おお、懐かしい。これが出るって事はこっそり世界が続いてる『スターダスト・シティ』も復刻かな?
 って、1994年版ってなに?まだ朝日ソノラマが健在の時期だけど、その時期にも復刻してたの?それともソノラマ文庫の「白」バージョンで出しなおしたついでにあとがきも書き加えたとかかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/24

世界最初の女性空軍パイロット サヴィハ・ギョクチェン

ネタ元:ストライクウィッチーズって軍板的に見てどうなのスレ

 ストライクウィッチーズ世界でトルコ人ウィッチが出てくるとしたらそのモデルになるパイロットは誰?という話題で出てきたすごい人物。

837 名前:名無し三等兵 投稿日:2011/07/11(月) 23:21:30.62 ID:???
>>823
一応、モデルにするとしたらサヴィハ・ギョクチェンかなぁ?
トルコ初、というか世界初(!)の正式な女性軍人としての戦闘機パイロットでケマル・アタテュルクの養女
しかもデルスィムの叛乱というクルド人蜂起の鎮圧がらみで一応は実戦にも参加してるという女傑w

あと、後に彼女が教官として訓練したトルコ人女性パイロットが何人かいるんだけど、さすがにその娘らは
難しいかな


838 名前:名無し三等兵 投稿日:2011/07/12(火) 07:29:34.57 ID:???
>>837
ググレカス先生に聞いてみたら・・・何だこの魅力的な人ww
世界初の上に初代大統領の娘か!空港の名前になってるぐらいだから相当有名な人なんだろうな

サヴィハ・ギョクチェン(1913年3月22日~2001年3月22日)
1925年にトルコ航空協会の設立に携わり、1937年にエーゲ海での演習、1938年にはバルカン半島で5日間の飛行をした。
教え子はこの方達
(Edibe Suba??, Y?ld?z Ucman, Sahavet Karapas,Nezihe Viranyal?)

Nezihe Viranyal?(1925年- 2004年12月22日)
サヴィハ・ギョクチェンの飛行に感動して、わずか16歳で飛行学校に入学
ブルガリア語、ロシア語、英語、ドイツ語に堪能。飛行時間は2800時間を超える


トルコってすげえなあ


839 名前:名無し三等兵 投稿日:2011/07/12(火) 08:08:38.00 ID:???
ちょっ、生まれた日と亡くなった日が同じかよ
最後の根性で88歳の米寿まで生きたのかな?


 なにこの設定。本当にリアル人物なのかよ!すごいなトルコ!
 あと、世界最初の女性空軍パイロットが生まれたのがトルコというのは意外でした。女性兵士のことですし、てっきり旧ソ連あたりかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/23

今日の読了本『角川つばさ文庫版 キノの旅(1) the Beautiful World』『大反撃一式砲戦車隊』

・時雨沢 恵一『角川つばさ文庫版 キノの旅(1) the Beautiful World』
 電撃文庫版の『キノの旅』から「コロシアム」を抜いて書き下ろしの短編を入れたちょっと再編集版。
 「小学中級から」レーティングの割には本編の毒はそのままで、文体もいじらずに漢字に振り仮名を振っただけというロックンロールっぷり。収録されている最後の話も電撃文庫版のまま「平和な国」というあたりのチョイスがもうね、実に素晴らしい後味の悪さ。
 書き下ろしの「偉人の国」はちょっといい話。

 久しぶりに読んで驚いたのだけど、そういえばキノはきれいな毛布に包まって「しあわせー」とつぶやくような可愛いところがありおりはべりいまそかり。


・陰山琢磨『大反撃一式砲戦車隊』
 対戦車戦闘能力だけを極限まで追求した、チハたん(バンジャーイ!)に88ミリ高射砲を積み込んだ魔改造戦車がM4戦車をばったばったと打ち倒す架空戦記。バランスの取れた歴史改変で素直に楽しめました。
 大型の大砲を進行方向と逆向きに設置するという設定に聞き覚えがあるなぁと思ったら、これ(8/21)か。なるほど、舞台がサイパンということにはこんなに重要な意味があったのか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトル最後の輝き 大気圏突入を宇宙ステーションから撮影

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110722/scn11072222530001-n1.htm

>最後の米スペースシャトル「アトランティス」が、地球帰還の直前に大気圏に
>突入して光り輝く姿を、高度約400キロの国際宇宙ステーションに滞在する
>飛行士が撮影し、米航空宇宙局(NASA)が22日、公開した。

>目の下に見える地球に向かって、高度100キロ前後で大気圏に突入し輝く
>アトランティスの光跡が写し取られている。写真からはどちらの向きに
>突入したかは読み取れない。

>ステーションには古川聡さんが滞在中。たまたま、着陸地の米フロリダ州
>ケネディ宇宙センターの上空を飛行する軌道にいたため撮影が可能となり、
>30年間にわたるシャトルの歴史でも前例のない写真となった。

 ジョー、君はどこへ落ちたい?
【縁起でもない事を言うな!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこめ~わく …ぺたぺた ねこめスタンプ

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hfclub/nekomehh01_0001.html

『睡眠不足の百合子が、お構いなしにねこの世界に呼び出された。その時、百合子が手に持っていたのはダイレクト・メールだった。まぁ、これくらいは大丈夫と思ったのだが、ちょっと甘かった!! ほんわかムードで贈る、竹本ワールド全開のねこだらけコミック』

 ねこめ~る。
 切手を集めるシマちゃんかわいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川裕一『マップス・ネクストシート』第54話 連合

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/maxtupus01_0001.html
『進化するズザンガディクスに、絶体絶命のナユタたち。その時、ナユタたちの前に現れたのは、ファーストシートと、なんと伝承族だった!』

「殺されたぐらいじゃオレたちは死なないんだよ!」

 (ファーストシートの生還は)予定通りだ!
面白い!
(伝承族との共闘展開は)予想外だ!!

 預言者との掛け合い含めて実にあの二人らしい。そんな変わらないままの二人を見た戦友組の喜びがどれほど大きかったことか。この戦いの後にゆっくりと再会を楽しむ時間があるといいな。

 アンソロ組の活躍も熱い!というかお前も来てたのかヨシキ!ああなるまいと思ってたはずの兄貴との再会が楽しみだ!

……そろそろリムも幸せになって良いとは思うのだけど、あの子が幸せだと次の不幸の前フリなんじゃないかと不安になってしまうよ。がんばれ、今度はきっと大丈夫……だといいね。

 そして今更発動する伏線なんてものじゃないアレが、まさかこうも燃えるシーンを演出してくれるとは。ああ、金子は本当にすごい男になったなぁ。読み始めた頃はここまで化けるとは思いもしなかったよ。


 さあ、最後の戦いだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/22

仕事が早くひけたので、

 最終日ギリギリでスーパー戦隊映画『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』に行ってきました。
 レポートは後で書くとして、とにかく素晴らしい映画でした。
 冒頭からレジェンド大戦。シグナルマンの「現着」やリオとメレの再登場、マジパパンの「この星の全ての家族の未来のために」で心を鷲掴み。
 戦う力をなくしたけれどやっぱり心はスーパー戦隊なあの人たちにほろり。
 ピンチの現役組に贈られるそれぞれの主題歌になぞらえた先輩ヒーローからのメッセージに俺様マジ泣き。
 そして35大マシーンの大競演!!ヒートアップ!興奮が加速しすぎる!!
 本当に素晴らしい映画でした。ありがとう、本当にありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画版「極道兵器」予告編公開

 うん、原作を好きな人が、愛を込めて、ネタもいろいろ詰め込んで、がんばっているのは分かるんですが……やっぱり原作のインパクトが強すぎてねぇ。どうしても原作の岩鬼将造と見比べちゃうと凶暴さというか、ケン・イシカワ力(ちから)が足りなく見えちゃう。
 でもすごく期待してる。公開されたら見に行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/21

最後のスペースシャトル、無事帰還-30年の歴史に幕

http://jp.ibtimes.com/articles/20746/20110721/859456.htm

>最後のスペースシャトル「アトランティス」は米東部時間21日早朝、米フロリダ州の
>ケネディ宇宙センターに無事着陸した。30年間におよぶシャトルの歴史が幕を閉じた。

 最後のスペースシャトルの最後の仕事が終わりました。
 今まで本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天の川銀河の中心に浮かぶ「無限大」のリング

http://www.astroarts.co.jp/news/2011/07/20warped_ring/index-j.shtml

 きっとダークマターの仕業だよ!(←ソウヤー脳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/20

レトロフューチャーアニメーション「甲鉄傳紀」シリーズ「鉄路ゆかば(ミチユカバ) 義勇装甲列車隊」


ネタ元:武装神姫スレ

 石油が枯渇した2040年の日本内戦を描いたミリタリードラマ。

……って畜生、オープニングのシリアスな空気にだまされた!
 なんだこれすげぇ面白い!このアンチクライマックスな激闘が癖になる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/19

“出来事の遮蔽”、理論上は可能?

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110712001&expand

>光の速さを調整する素材で出来事を見えなくするという記事が、物理学の
>専門誌に掲載された。単なる物ではなく出来事全体を見えなくする方法を
>見つけたと科学者が話している。

>規模は小さいが実際に機能するものも作られている透明マント(invisibility cloak)は、
>物の周辺の光を曲げる。出来事を隠すマント(event cloak)はこれよりもすごい。

>出来事のクローキング(遮蔽)には、光が通過するスピードを調整できるように
>作られた、金属元素が並んだ特別な素材が使われる。

 これってスロウ・グラス(『去りにし日々、今ひとたびの幻』ボブ・ショウ)が実用化できるってこと!?すごいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

原始地球の熱が残存 東北大・井上教授チームが解明

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/07/20110718t15007.htm

>地球が形成された約40億年以上前に発生した熱が、現在も地球内部に
>残っているとする研究結果を、東北大ニュートリノ科学研究センターの
>井上邦雄教授(素粒子実験)らの国際研究チームが明らかにした。
>地球内部の放射性物質の崩壊で発生する「地球ニュートリノ」の観測で判明。

>地球の内部で生じている熱(地熱)は約44兆ワット。この熱エネルギーは
>マントル対流や大陸移動、地震などを起こすとされる。

>この結果、地熱の約半分が、地球内の放射性物質起源によるものと判明した。
>宇宙のちりが集まって誕生した地球は、溶解して鉄を中心とした重い成分が
>中心に沈み、約40億年以上前に核を形成。このとき発生した重力エネルギーが、
>原始の熱に変換されたと考えられる。
>地球ニュートリノ以外に地熱に寄与する大きな要因はなく、研究チームは残りの
>約23兆ワットが地球形成時の原始の熱であると推定。地球の核が徐々に冷えながらも、
>原始の熱を残しているとの結論を出した。

 そしてその原始の熱が冷め切る頃には金星軌道よりも大きく膨張した太陽がすぐ近くで地球を温めてくれるということですね。地球の未来は明るい。
【そのりくつはおかしい】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超絶スキルで叩き出したマリオ史上「最低得点」プレイ

http://www.gizmodo.jp/2011/07/mario_lowscore.html
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

……旗はタイムアップ直前に一番下で取得だとか、直接攻撃した敵はジャンプの足場として必要不可欠のクリボー一匹のみだとか、「最低」を導き出すためのテクニックと知識が半端じゃねぇ! 
 8-3のVSハンマーブロスのギリギリの回避っぷりとかすばらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

今日のコンベ

 卓上遊戯研究会さんのコンベンションに行ってきました。
 記念すべき200回記念ということで、『ロードス島戦記コンパニオン』だの『モンスターメーカー(富士見書房版)』だのの卓が並ぶ90年代感あふれる会場でした。

……『ロードス島戦記コンパニオン』の出版は80年代だと!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/16

ジョージ・オーウェル「動物農場」を「猿の惑星」監督が映画化

http://eiga.com/news/20110711/4/

> ジョージ・オーウェルの風刺小説「動物農場」を、人気SFシリーズ最新作
>「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のルパート・ワイアット監督と、同作に
>出演する英俳優アンディ・サーキスがタッグを組んで映画化することがわかった。

>「動物農場」は、人間の農場主に対する革命を起こした動物たちを主人公に、
>ロシアのスターリン主義と共産主義を批判した風刺小説。人間に代わって農場を
>支配し、やがて独裁者と化していく豚のナポレオンが、スターリンをモデルにしているとされる。

 エンタテイメントなアレンジをされないならぜひ見たいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリウッド版「ゴジラ」に「バットマン」シリーズの脚本家

http://eiga.com/news/20110714/14/

ハリウッドリメイク版「ゴジラ」を製作する米レジェンダリー・ピクチャーズと
>米ワーナー・ブラザースが、脚本家デビッド・S・ゴイヤーを起用した。

>ゴイヤーは、レジェンダリーとワーナーが共同製作した「バットマン・ビギンズ」の
>脚本、「ダークナイト」の原案を手がけており

……あのね、君たちはもはやゴジラの名前にこだわらずにオリジナルのクリーチャーパニック物を作ったほうがいいものができると思うんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

John Carter(映画版『火星のプリンセス』)トレイラー公開

http://trailers.apple.com/trailers/disney/johncarter/

 フムン、小道具とか美術とかは悪くないけれど、『火星』らしさはちょっと薄いような……。まあ、最初の予告編だから、『火星』ならではのあれやそれはこれから出してくるのかなぁ?
 でも、あの緑色人はちょっと細すぎるよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

インドのターミネーター


ネタ元:辻旅籠さん

……なんだよこの一本ずれたかっこよさ!?
 昨年公開されたらしいインドのSF映画『Endhiran』の映像だそうですが、トンチキ極まりないロボットアクションが素晴らしい。この発想力はまさに神の領域!
 インドの人は頭がおかしいですね(賞賛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サモンナイトシリーズ復活か!?バンナムがサモンナイトのドメインを更新!

http://gamerabbit.jp/2011/07/post-1290.html

>2010年に自社ビルを閉鎖したフライト・プランの代表作「サモンナイト」シリーズの
>ドメイン情報が「NAMCO BANDAI Games」によって2011年7月8日に更新されていた
>ことがわかった。長く公式サイトが見られない状態だったが、何が起ころうとしている
>のでしょうか。

 ほう。復活とはめでたい。
 旧フライトプランのスタッフによる正式なシリーズ新作が出てくれるのならとてもうれしいのだけれどなぁ。(『Web POWER DoLLS』を悲しい瞳でプレイしながら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/13

今日の読了本『神様のメモ帳 7』

・杉井光『神様のメモ帳 7』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マインスイーパー 映画版


ネタ元:イヤ展スレ

 畜生、なんだこの格好良さ!
 それにしても「あの時暇だったんです!」が秀逸すぎる

 映画版『スペースインベーダー』にもこのレベルを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人戦で「人力発電」、スタッフを募集

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110708-00000836-yom-base
ネタ元:イヤ展スレ

>読売巨人軍は、26日から8月25日までに東京ドームで主催する計15試合で、
>試合中に外野スタンド内で自転車をこいで発電する「人力発電」のスタッフを募集する。

>発電した電力はヒーローカーに使用する。

 節電パフォーマンス乙。あからさますぎて笑う気にすらならんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

新作映画『スーパー!』

公式サイト

 シャラップ・クライム!
 面白そうだけど、今この時期だとどうしても『キック・アス』と比較されちゃうのが不利だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

今日の読了本 『学園キノ5』

・時雨沢 恵一 『学園キノ5』
 これは本当にひどいアストロ球団ですね!!
……へー、プーマとアディダスってそうなんだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/10

今日の読了本 『天翔けるバカ―flying fools』『天翔けるバカ We Are The Champions』

須賀 しのぶ 『天翔けるバカ―flying fools』
     『天翔けるバカ We Are The Champions』

 世にもまれな第一次世界大戦テーマのライトノベル。義勇兵という名の傭兵部隊に所属する若き戦闘機パイロットたちの青春を描く。ちなみにレーベルはコバルト文庫。女っ気は全然ないけどね。
 
 シビアで残酷で悲惨な「新しい戦争」の姿を正面からきちんと描きながら……爽やかにバカ。どうしてこの二つを両立できるのか分からないが、シリアスでバカ。
 第一次世界大戦や飛行機に詳しくなくても読めるので初心者にも安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本物の武将の刀を展示『戦国BASARA』岡山「備前長船刀剣博物館」とコラボ ― 近隣でイラスト展も

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1665165&media_id=47

>カプコンは、岡山県にある「備前長船刀剣博物館」にて『戦国BASARA』との
>コラボレーション企画展示「特別展『戦国BASARA』HERO武器・武具列伝」を
>開催すると発表しました。

 おじーちゃんちの近くだよそこ。
……しかし何でそんな辺鄙なところで。

 こういう記事を読むと久しぶりに長船博物館に行きたくなるなぁ。あそこは小さいけれどよい展示をする博物館です。イベントのついででもお客さんが行ってくれるなら喜ばしいことです。
 ただ、あそこはアクセスがちょっとよろしくないのが困ったところなんですよね。もしもJR赤穂線を使うときは『長船』駅ではなくその隣の『香登(かがと)』駅で降りないとかなり歩くはめになるから注意だ。

■特別展『戦国BASARA』HERO武器・武具列伝
開催期間:2011年7月23日(土)~9月4日(日) 9時~17時(入館は16時30分まで) 会期中無休
入場料:大人500円、高大生300円、中学生以下無料 (65歳以上、障害者割引等有)
団体料金(20名以上):大人400円、高大生250円
会場:備前長船刀剣博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

公式サイト

 今日は体調が優れなかったので『マイティ・ソー』と『SUPER8』と『スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』と『アジャストメント』と『アイ・アム・ナンバー4』はあきらめて、『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』だけ見てきました。

 原作11巻の幕間でこっそり起きていた大事件。西部国境、血塗られた歴史をもつ異形の町の秘密をめぐって、エドとアルが等価交換はどこへ行った?と問いたくなるような派手な練成で大スクリーンを縦横無尽に飛び回ります。
 アクションあり謎解きありの退屈させない構成で楽しめました。登場人物は絞られていますが、その分それぞれに見せ場が与えられていてファンにも満足のいく構成。脚本の真保裕一頑張った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/09

今日の読了本『ストライクウィッチーズ 弐ノ巻―スオムスいらん子中隊恋する』『ストライクウィッチーズ 参ノ巻 スオムスいらん子中隊はじける』

・ヤマグチ ノボル『ストライクウィッチーズ 弐ノ巻―スオムスいらん子中隊恋する』
          『ストライクウィッチーズ 参ノ巻 スオムスいらん子中隊はじける』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の天下繚乱TRPG

 本日の天下繚乱TRPGセッション。
 異国から江戸の町にやってきた吸血鬼の少女と、彼女を利用しようと企む狂的蘭学者が引き起こした事件。英傑たちは泰平の江戸の町を守ることができるのか!?
 PCの内訳は、黄泉帰りの半神、悪代官、妖怪油すまし、大関VR(ヴァーチャロイド)ライデン為右衛門(PC番号順)。
 悪の野望はくじいたけれど、身長15メートルのロボットが両肩からレーザーを連射しながら走り回ったので江戸の町の平和は守れてない気がするよ。

 ぼくのPCは己の私腹を肥やすために江戸の町の平和で活発な経済活動を守る北町奉行曲渕景漸。じつはこの名前は天明7年の江戸打ちこわしの際の実在の北町奉行からのいただき。この人の暴言のせいで江戸打ちこわしが起こったという歴史的大人物ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スペースインベーダー」映画化が始動

http://eiga.com/news/20110708/10/

>1970年代に一大ブームを巻き起こした、アーケードゲーム「スペースインベーダー」の
>映画化が始動したことがわかった。

……それって、あれのどの部分を切り出して映画にするんだろう?
 宇宙戦争ものとしてみたときに、「スペースインベーダー」ならではの部分なんてどこかにある?

>ボナベンチュラは、同じくアーケードゲームの「アステロイド」の映画化企画も手がけている。  

……ボードゲームの『アステロイド』のことかと思った。
 あれなら登場人物のキャラも立ってるし、映画にしてもそれなりに映えそう。そして、ゲームプレイを参考にシナリオを作ったら上映劇場ごとに違うエンディングが用意されるんだ。(C)殺人ゲームへの招待

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハプスブルク氏死去…冷戦終結に一役

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110704-OYT1T01144.htm

>オーストリア・ハンガリー帝国最後の皇帝の長男のオットー・フォン・
>ハプスブルク氏が、4日、ドイツ南部ペッキングの自宅で死去。98歳。

……まだご存命だったのね。
 ネタ話としては最近までオーストリアの領有権を主張してたとか聞くけど、どうだったんだろう?

>1979年から20年間、欧州議会議員を務めた。89年、オーストリア・
>ハンガリー国境で東ドイツ市民が西側へ越境を求めて集まると、積極的に
>支援し、冷戦終結に一役買った。

>4歳で父親のカール一世が皇帝に即位したことにより皇太子となった。
>ハプスブルク氏は第1次大戦後、帝国が崩壊した後は、ベルギーやスペイン、
>米国などを転々とした後、54年からペッキングに居住した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

今日の読了本『ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる』

・ヤマグチノボル『ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉工大のデススティンガー

http://dariusnews.blog11.fc2.com/blog-entry-990.html
ネタ元:神野敏光さんの日記

 これはクオリティ高い!
 というか、ここでデススティンガーというチョイスも良いね。
 さあ、ラジコンモルガと対決だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕なので

 今年も短冊をつるします。


           ,イ二ニ=、
    ,ィ' _ rーー(⌒ヽ⌒ヽ、
  /ソ" ̄ /::::/ \::::\;;;;;`、
/ "     |/   iヽ:::::| \:|
            i \|  !
         ┌─┐
         │ダ.| 
         │イ..| 
         │ス .| 
         │目 .| 
         │が..|   
         │良 .| 
         │く ..| 
         │な..| 
         │り .| 
         │ま..|
         │す .| 
         │よ..| 
         │う .| 
         │に..|  
         └─┘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/06

和田慎ニ逝去

……これはあまりにもショックだ。まだ61歳なのに。
 ピグマリオもスケバン刑事も超少女明日香も大好きでした。
 ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

今日の読了本『魔道書大戦RPG マギカロギア』

・河嶋 陶一朗『魔道書大戦RPG マギカロギア』

 鬱展開自動生成システムは面白そうだけど、『シノビガミ』よりもさらにプレイヤースキルが要求されそう。

「朝は四本足、昼は二本足、夕方は三本足の者はなんだ?」
「ボンボエリカ虫や!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンジャと障子


ネタ元:神姫スレ

 畜生、これはジワジワくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/04

「容量無限のHDD」実現の可能性も、新たな物理現象が発見される

http://gigazine.net/news/20110704_limitless_hdd/
ネタ元:武装神姫スレ

 しかし、データを保持し続けるためには莫大なエネルギーが必要なんですねわかります。
 はっ、あなたは神帝ブゥアー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Today we celebrate our Independence Day!

 というわけで、今年も『インデペンデンス・デイ』を見て夏に向けての英気を養うぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

今日の読了本『アルシャードクロスオーバー リプレイ2 爆誕! ゴッドウォリアーズ!!』『決闘の社会文化史―ヨーロッパ貴族とノブレス・オブリジェ』

・田中天『アルシャードクロスオーバー リプレイ2 爆誕! ゴッドウォリアーズ!!』
 ドラマ性は高いがトンチキ性も高い。
……つまりいつもの田中天か。感動とダイナシのギリギリのせめぎあい!

 ネコミミ機械神(ぽんこつ)がかわいいな。


・山田 勝 『決闘の社会文化史―ヨーロッパ貴族とノブレス・オブリジェ』

 ヨーロッパ上流階級の『義務』のひとつである決闘について、そのルール・作法についての解説本。MCあくしず誌の黒色火薬時代(速水螺旋人)でネタにされていたので久しぶりに読み返してみた。
 昔読んだ時にはプライドのために命をかけなきゃならないお貴族様もたいへんだとかそんなことを感じて終わりだったのだけど、今回読んでいて、これはつまり学業などで校内での立場が危うくなった学生がヤンキーになって校則から逸脱(アウト)し、いきがってタイマンの喧嘩をするのとまったく同じ構造なのだと気がついてしまった。何だこのダイナシ感。

「社会の潮流はいかにあろうとも、名誉をかけた決闘はファッションであった」ウォルポール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/02

今日の読了本『白い国籍のスパイ 下』

・ヨハンネス・M・ジンメル『白い国籍のスパイ 下』
 運命のいたずらからスパイになってしまった若き銀行家。
 さまざまな情報機関のために働くことになりながらも、あくまでも己の良心に忠実に、善良な市民には害をなさず、悪党のみを敵として痛快な活躍をする。
 敵味方、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、ソ連、軍民を問わず全ての人々の生命を第一に考える心優しい陰謀家の軽妙洒脱な大冒険。

「私は人を撃つこと、人を脅迫すること、人を逮捕すること、そして、人を苦しめることをお断りします。」
「職務上許された範囲でなければ、私は誰をも害せず、誰からも金品を取り上げません。職務の範囲内といえども、相手がそうされるいわれを持っていない限り、やりません。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「酒」と軍隊

引用元:2ch軍板信じられないが本当だスレ/掃き溜めさんからの孫引き

> 600 名前:名無し三等兵 本日のレス 投稿日:2011/06/26(日) 06:51:13.96 ???
> アメリカが独立戦争後始めて大規模な軍を動員した戦闘は「酒」が原因で起きた
> 
> 独立戦争と建国費用で多額の負債を抱えた連邦政府は
> 債務返済の為にウィスキーへの課税を図った。
> これに反発したのが内陸部の酒造業者である。
> 重税かけたブリテンを追い払ったら今度は連邦か!裏切り者め!!
> 
> 又、この税が流通ではなく製造段階でかかる税だった事も怒りを増幅させた。
> 当時内陸部において痛みにくく、コンパクトで価値の高い蒸留酒は
> 物々交換にも便利に使われていたのだ。東海岸の連中に何がわかると言うのだ!
> 
> かくして徴収官が襲われる事態が相次いだ。
> 特にペンシルベニアの田舎でそれは顕著だった。連邦の威信の危機である!
> 保安官の集団が、「特に悪質」な納税拒否者の農民数名の逮捕に向かった。
> 
> 
> 601 名前:名無し三等兵 本日のレス 投稿日:2011/06/26(日) 07:06:37.47 ???
> 続き
> 保安官が農民の家の前についた時事件は起きた。
> 農民の仲間が保安官に対して発砲したのだ。(負傷者は居なかった)
> これをきっかけに暴動が発生する。
> 武装集団「ウィスキーボーイズ」は連邦政府出先機関と交戦を開始。
> 人数はどんどん膨れ上がり、500名が二日後には6000に達していた。
> 反乱軍はピッツバーグ近郊に集結、合衆国からの独立を目指して戦うと誓う。
> 
> これに驚愕したのが連邦政府である。譲歩か、鎮圧か?
> 鎮圧だった。ワシントン大統領直卒の13000の民兵が鎮圧に向かった。
> 独立戦争時のアメリカ軍と大差ない兵力である。
> 
> ……結果は、と言えばショボいものだった。
> 軍が到着した頃には内紛で反乱軍は雲散霧消。
> おまけに、13000の顧客からの臨時収入はウィスキー業者に
> 税金を払うのに十分な利潤をもたらしたのだったw
> 首謀者2人は死刑判決後すぐに大統領令で恩赦されている。
> 
> なお、この際他の土地に移動した酒造業者はトウモロコシで蒸留酒を作り始める。
> 後にその酒は土地の名前で呼ばれるようになる。
> バーボンの誕生である。

 へぇ、そうだったのか!!
 あの酒にこんなドラマがあったとは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webパワードール | Web POWER DoLLS

http://pd.gamania.co.jp/index.aspx

 PDまでネットゲーム化かよ!
……と思いつつクローズドβテストに応募。仕方ないだろう!パワードールなんだぜ!!

 面白いものになると良いな。マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/01

出張から帰宅

 これでやっと読みかけのまま家に忘れていった『白い国籍のスパイ』の続きが読めるぞー!
 ああ、この一週間は長かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »