« 笹本祐一『妖精作戦』創元SF文庫から復刻 | トップページ | 地球の「100兆倍」の水、120億光年のかなたに発見 »

2011/07/26

人と動物の交雑種、いわゆる「獣人」が研究施設で極秘裏に生み出されていたことが明らかに

http://gigazine.net/news/20110726_animals_mixed_with_humans/

>人間と動物の両方の特性を持つ、「獣人」とでも呼ぶべき交雑種が研究施設で
>極秘裏に生み出されていたことが明らかになりました。

>なんだか映画の中での出来事のような話ですが、すでに3年間にわたって研究が
>行われており、150を超える交雑種が生み出されていたとされています。

 フムン。それで研究所を脱出した犬耳美少女がぼくのところに逃げ込んでくる展開はまだですか?

|

« 笹本祐一『妖精作戦』創元SF文庫から復刻 | トップページ | 地球の「100兆倍」の水、120億光年のかなたに発見 »

コメント

国家錬金術師の兄弟が苦言を呈したその日の夜、
スカーさんによって研究所が壊滅するんですね、わかります。

投稿: エム | 2011/07/27 01:17

畜生、その発想はなかったが……あれはちょっと動物すぎる!
「耳だけでいいんだよっ!」(C)島田フミカネ/ハリー・ポッターの猫ハーマイオニーについてのコメント

投稿: Johnny-T | 2011/07/30 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52317613

この記事へのトラックバック一覧です: 人と動物の交雑種、いわゆる「獣人」が研究施設で極秘裏に生み出されていたことが明らかに:

« 笹本祐一『妖精作戦』創元SF文庫から復刻 | トップページ | 地球の「100兆倍」の水、120億光年のかなたに発見 »