« 『とある魔術の禁書目録』を革装丁に改造 | トップページ | iPadのようなものは「2001年宇宙の旅」に既に登場している、とSamsung側が主張 »

2011/08/24

今日の読了本『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)』

・ゲイル・キャリガー『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)』
『19世紀イギリス、人類が吸血鬼や人狼らと共存する変革と技術の時代。さる舞踏会の夜、われらが主人公アレクシア・タラボッティ嬢は偶然にも吸血鬼を刺殺してしまう。その特殊能力ゆえ、彼女は異界管理局の人狼捜査官マコン卿の取り調べを受けることに。しかしやがて事件は、はぐれ吸血鬼や人狼の連続失踪に結びつく――ヴィクトリア朝の歴史情緒とユーモアにみちた、新世紀のスチームパンク・ブームを導く冒険譚、第一弾』

 看板に若干の偽りがあるけど、キャッチーで良い邦題。でも「新世紀のスチームパンク・ブームを導く」はないと思うわよ?
 吸血鬼と人狼と幽霊とマッドサイエンティストが仲良く暮らすちょっとライトなヴィクトリアン・ファンタジー。殺伐としていないワールド・オブ・ダークネスTRPGのリプレイといった風情。
 撲殺オールドミスのアレクシアも人狼頭領のマコン卿もその副官ライオール教授もオサレ吸血鬼のアケルダマ卿もじつにいいムーブをするプレイヤーキャラクター。
 あと、終盤のアケルダマ卿とそのドローン軍団の活躍を見てタマネギ部隊を連想しました。 このタイミングでこんな美味しいキャラ立てに走るとは!

 ところで、せっかく用語辞典を用意してあるなら巻末ではなく冒頭に入れておけばよかったのに。


|

« 『とある魔術の禁書目録』を革装丁に改造 | トップページ | iPadのようなものは「2001年宇宙の旅」に既に登場している、とSamsung側が主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52560280

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)』:

« 『とある魔術の禁書目録』を革装丁に改造 | トップページ | iPadのようなものは「2001年宇宙の旅」に既に登場している、とSamsung側が主張 »