« 今日の読了本『ハレーション・ゴースト―妖精作戦 PART II』 | トップページ | 6500万年に1秒しか狂わない時計 東大など精度実証 »

2011/08/08

映画製作会社が「ブレードランナー」権利獲得、前章編&続編製作がいよいよ現実的に

http://www.hollywood-ch.com/news/11080809.html?cut_page=1

>アルコン・エンターテイメントは今夏、「ブレードランナー」の権利を獲得したことを
>発表したが、基本的には、これによって登場キャラクターや内容などを好きに
>扱うことができるようになった。

>「ブレードランナー」主演のハリソン・フォードは、
「彼ら(アルコン・エンターテインメント)が、オリジナルを呼び覚ますに相応しい
新たな素晴らしいアイディアと熱意を持っているとすれば、企画は成功するだろう」
>と応えている。

はははははくだらない
ははははは面白い
ははははは褒めて無い
ははははは面白い

>フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、
>リドリー・スコットがメガホンを取った「ブレードランナー」は、近未来を描いた
>SF映画の金字塔として、今なおカルト的人気を誇っている。

 「二つで十分ですよ」だけが話題に出る程度の人気だけどな。

|

« 今日の読了本『ハレーション・ゴースト―妖精作戦 PART II』 | トップページ | 6500万年に1秒しか狂わない時計 東大など精度実証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52428528

この記事へのトラックバック一覧です: 映画製作会社が「ブレードランナー」権利獲得、前章編&続編製作がいよいよ現実的に:

« 今日の読了本『ハレーション・ゴースト―妖精作戦 PART II』 | トップページ | 6500万年に1秒しか狂わない時計 東大など精度実証 »