« 欧州宇宙機関、2015年に小惑星へ突っ込んで軌道をそらすミッションを敢行 | トップページ | 植物を入れた気密室で生存できるか?英学者が挑戦 »

2011/09/12

金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の軌道制御用エンジン(OME)の第2回テスト噴射計画の変更について

http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2011/0909.shtml

>金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の今後の金星再会合に
>向けた軌道変更計画検討の一環として、軌道制御用エンジン(OME)の
>第1回テスト噴射(注1)を9月7日に実施し、取得したデータの
>解析を進めていたところ、噴射による加速度が想定よりも小さな値を
>示していることが分かりました。これは、第2回テスト噴射(注2)の
>前提として当初予測していた状況と異なるため、9月14日に
>計画している第2回テスト噴射の計画を変更し、OMEの噴射状況を
>再確認することを目的として、約5秒間噴射することといたします。

>なお、第1回テスト噴射後の衛星の状態は正常です。

>注1:姿勢外乱(横推力等)の定量的把握を目的とし、噴射時間は
>約2秒であった(計画通り)。
>注2:当初計画は姿勢制御ロジックの検証を目的とし、計画噴射時間は20秒であった

 がんばれよ、あかつき。無事金星にたどり着けるよう祈ってる。

|

« 欧州宇宙機関、2015年に小惑星へ突っ込んで軌道をそらすミッションを敢行 | トップページ | 植物を入れた気密室で生存できるか?英学者が挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52713872

この記事へのトラックバック一覧です: 金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の軌道制御用エンジン(OME)の第2回テスト噴射計画の変更について:

« 欧州宇宙機関、2015年に小惑星へ突っ込んで軌道をそらすミッションを敢行 | トップページ | 植物を入れた気密室で生存できるか?英学者が挑戦 »