« 『鋼鉄都市』映画化 | トップページ | 三菱重工、F2完納=戦闘機の国内生産終了 »

2011/09/28

英デザイナー、「安楽死ジェットコースター」を設計

http://slashdot.jp/story/11/09/26/0016232/
ネタ元:イヤ展スレ

>英ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの博士課程にて学ぶ
> Julijonas Urbonas 氏が「安楽死ジェットコースター」なるものを
>デザインした

>このジェットコースターは 2 分かけて 480 m 以上の高さにまで上り、
>その後一気に下ったあと 7 つの連続したループで宙返りするというもの。
>360 km/h に及ぶこの落下と宙返りでは 10 G もの力がかかるそうで、
>脳が低酸素状態に陥りその機能を停止するという仕組みだそうだ。
>上りに 2 分、下りに 1 分かかるとのことで、論理的な証拠は無いものの、
>恐らく最初の落下と 1 つ目もしくは 2 つ目のの宙返りで目的は
>達成されるだろうと Urbonas 氏は言う。

 耐G訓練を重ねた宇宙飛行士とF1レーサーには使えないんですねわかります。
……というか、「360 km/h」「10 G」「下りに 1 分」という数字だけ見ると普通の人間でもなんとか死なずに耐えられそうに思えるけどなぁ。

>Urbonas 氏は、安楽死は「世界からの知的および芸術的旅立ち」で
>あると考えているとのこと。ジェットコースターはゆっくりと時間を
>かけて上り、頂上ではさらに最終決断を下すための時間が
>設けられるという。ジェットコースターは「FALL (降下)」ボタンを
>押すことで「最後の旅」が始まるとのことで、本人が納得した上で
>実行できるようになっている。地上 500 m 近くの高さから下を
>見下ろし、落下のことを想像するという張りつめた状況は
>究極の選択をするのにふさわしいのだそうだ。

 これだけの施設とそれを稼動させるためのエネルギーがたった一人の「自殺するかな?やめるかな?」に費やすかと考えるとワクワクしてきますね。

|

« 『鋼鉄都市』映画化 | トップページ | 三菱重工、F2完納=戦闘機の国内生産終了 »

コメント

 ギャンブルに使えそうですな。
 あるいは竜骨くぐり。
「こいつを生き延びられたら無罪放免! 回ってこい!」

投稿: 茗荷屋 | 2011/09/29 05:33

ジェットコースタードリームですね!!わかりますん!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm94827
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8242663

投稿: トンガリ | 2011/10/02 01:17

・茗荷屋さん
現代の船員は大変だな!(違う)
あ、根性試しにこれを使う困ったちゃんは絶対発生すると思います。

・とんがりさん
なにこのゲーム!?こんなのあるなんて知らなかった!
頭が悪くていいなぁ。きっと売れなかったんだろうなぁ。

投稿: Johnny-T | 2011/10/03 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52851894

この記事へのトラックバック一覧です: 英デザイナー、「安楽死ジェットコースター」を設計:

« 『鋼鉄都市』映画化 | トップページ | 三菱重工、F2完納=戦闘機の国内生産終了 »