« 近所の映画館の上映予定表を見ていたら | トップページ | 月面車の走行跡くっきり アポロ着陸地点の画像公開 »

2011/09/06

今日の読了本『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』

・ゲイル・キャリガー『http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%AE%E9%83%A8%E9%9A%8A、飛行船で人狼城を訪う』
『異界族の存在を受け入れた19世紀のロンドン。この地で突然人狼や吸血鬼が牙を失って死すべき人間となり、幽霊たちが消滅する現象がおきた。原因は科学兵器か疫病か、あるいは反異界族の陰謀か。疑われたアレクシア・マコン伯爵夫人は謎を解くため、海軍帰還兵で賑わう霧の都から、未開の地スコットランドへと飛ぶ――ヴィクトリア朝の格式とスチームパンクのガジェットに囲まれて、個性豊かな面々が織りなす懐古冒険奇譚』

 ここで引きだとっ!?われわれわぁ、文化的な生活のためぇ、一刻も早い三巻の発売を要求するっ!

 世界観説明の都合でちょっとテンポが悪かった前巻に比べて、話の展開もキャラクターの魅力もスチームガジェットも大幅にアップ。懐古冒険奇譚の名に恥じぬ、ワクワクさせてくれる冒険小説。次の巻が早く読みたい!

 序盤の、裏路地のいかがわしい酒場の前で殺人許可証持ち異界管理局捜査官マコン卿とディレッタント吸血鬼アケルダマ卿配下の有能美青年スパイ・ビフィが遭遇するシーンで、バンコランとタマネギを連想したわけで。
……アケルダマとパタリロは割と似てる気がする。

|

« 近所の映画館の上映予定表を見ていたら | トップページ | 月面車の走行跡くっきり アポロ着陸地点の画像公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52665966

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』:

« 近所の映画館の上映予定表を見ていたら | トップページ | 月面車の走行跡くっきり アポロ着陸地点の画像公開 »