« Camcorder found in 2000yr old archaeological dig from Egyptian Tomb | トップページ | 機動戦士ガンダムUC episode 4「重力の井戸の底で」冒頭映像 »

2011/10/16

シャークトパス

 一年前に紹介したロジャー・コーマン製作のトンチキ海洋モンスターパニック映画『シャークトパス』ですが、知らない間にツタヤの準新作の棚に並んでいたので借りてきました。

 海水浴場に現れた一匹のサメが女性に襲い掛かろうとしたまさにそのとき、巨大な触手がサメを絡めとり縊り殺す。それは海軍の依頼でブルーウォーター社が遺伝子工学的に製作したタコとサメの合成生物「S-11号」であった。という解説が5分足らずの間に手早くまとめられ、開始7分にして船のスクリューに引っ掛けられてコントロール装置が破損して逃走する「S-11号」。そして本能のままに人々を襲う怪物シャークトパスが誕生した!
 10分足らずの間に必要な情報提示とステージセッティングを纏めるテンポのいい展開。これは期待できるかと思ったら……そこから先がタルいタルい。

 観光地の海水浴場でビキニの女の子が遊んでいる。そしてシャークトパスに食われる。の繰り返し。
 それが、気の利いたアレンジがあるならまだしも、何の工夫もない文字通りの繰り返しだから見ていて本当につらい。面白かったシーンほぼ全部予告編で使い切ってるし!
……ぼくはこれでもトラッシュ映画にはそれなりに寛容なつもりだけれど、それでもこれはダメだなぁ。

|

« Camcorder found in 2000yr old archaeological dig from Egyptian Tomb | トップページ | 機動戦士ガンダムUC episode 4「重力の井戸の底で」冒頭映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/53006156

この記事へのトラックバック一覧です: シャークトパス:

« Camcorder found in 2000yr old archaeological dig from Egyptian Tomb | トップページ | 機動戦士ガンダムUC episode 4「重力の井戸の底で」冒頭映像 »