« 時雨沢恵一『キノの旅XV』 | トップページ | マーベル『アヴェンジャーズ』予告編 »

2011/10/13

“ガンダム好き”の研究者が開発 日立建機の双腕式油圧ショベル

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111012-00000000-diamond-bus_all

>世の“メカニック愛好家”のお父さんたちばかりでなく、本職の
>ライバル・メーカーの設計担当者たちからも、熱い視線を一身に
>集める重機(土木・建築工事などに使う大型の動力機械)がある。

>建設機械業界2位の日立建機が開発した新型マシン「双腕式
>油圧ショベル」がそれで、業界の内外から“ガンダム建機”と
>呼ばれている。なぜなら、1979年にテレビアニメが放映されて以来、
>現在でも人気がある「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する
>モビルスーツ(人間が搭乗するロボットの一種)に近い操作性を持ち、
>機体の動きも酷似しているからだ。

 個人的には最初にレイバーを作るとしたらコマツかなと思ってますが、日立もかなりやりますね。
 しかし、

>この双腕式油圧ショベル「ASTACO」(アスタコ)は、英語のAdvanced
> System for Twin Arm Complicated Operations(双腕複雑操作
>先進システム)の頭文字をつなげたものであると同時に、スペイン語で
>「ザリガニ」を意味する“astaco”を掛け合わせて命名された。

……このネーミングにボトムズ派の密かなる暗躍(重複表現)を感じる。

|

« 時雨沢恵一『キノの旅XV』 | トップページ | マーベル『アヴェンジャーズ』予告編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/52984385

この記事へのトラックバック一覧です: “ガンダム好き”の研究者が開発 日立建機の双腕式油圧ショベル:

« 時雨沢恵一『キノの旅XV』 | トップページ | マーベル『アヴェンジャーズ』予告編 »