« 今日の読了本『マギカロギア リプレイ 幻惑のノスタルジア』 | トップページ | 今日の読了本『魔道書大戦RPG マギカロギア』 »

2011/12/04

長谷川裕一『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』(ガンダムエース新年号より連載開始)

 宇宙世紀153年――髑髏を掲げたガンダムが帰ってきた!!

 連邦とザンスカール帝国の争いが激化していく中、戦火とはまったく無縁のサイド3に住む少年フォント・ボー。MSマニア(※)の彼は、ザンスカール帝国の新兵器の情報を偶然手にしたことで銀色の海賊騎と関わることになる。
※:“あの”機械獣サンドージュを「見れば分かる」と言ってしまえるレベル。ズブロフ社長も大喜びだ。

 さて、『鋼鉄の七人』から17年後の地球圏に復活した銀色のクロスボーンガンダム。その素性はいったい?
 ザンスカール帝国の新兵器エンジェルハイロゥに足りないものとは?
 そして謎の"エンジェル・コール"は彼らにどう関わってくるのか?
 謎だらけの新シリーズ開幕です。
 今回のメインテーマはあの奇天烈兵器エンジェルハイロゥ。長谷川考証であの円盤の戦略的意義をどう料理するのか楽しみです。

 実際の所、UC130年代製クロスボーンガンダムの性能でザンスカールの最新鋭ガイキチMSにどこまで通用するのかちょっと気になったので、スペックをざっと調べてみましたが、153年当時の量産MSが相手ならクロボンやF91は十分タイマンはれるんですね。さすが高級機。
 とはいえパイロットのトビアカーティスは盲目。彼らはこれからどう戦い抜いてくれるのかな。

 そうそう、Vガンダム時代といえば、すでに旧クロボンシリーズで登場したオーティスさんやミューラ・ミゲル、木星爺さんことグレイ・ストークの再登場はあるのかしらね?

「きみは見てはいけないものを見――
 ひきあててはならない真実をひきあててしまった。
 この先取るべき道は二つしかない。われらと共に来るか、ここで死ぬかだ」

|

« 今日の読了本『マギカロギア リプレイ 幻惑のノスタルジア』 | トップページ | 今日の読了本『魔道書大戦RPG マギカロギア』 »

コメント

いきなりのサンドージュ大暴れに「よし」と唸りました。それでこそ長谷川ロボ漫画!

>今回のメインテーマはあの奇天烈兵器エンジェルハイロゥ。長谷川考証であの円盤の戦略的意義をどう料理するのか楽しみです

実は僕、ずーっと前から、あれはそもそも伝承族の念動力に対抗するための装置じゃないのかなーと思ってたんですよね。サイキッカーの念力を掛け合わせて機械的に増幅することで惑星レベルの脳に拮抗するとかそんな原理。

……そうだったらいいのになあ。(それはない)

投稿: エム | 2011/12/07 22:51

つ生贄砲

投稿: Johnny-T | 2011/12/10 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/53407723

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川裕一『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』(ガンダムエース新年号より連載開始):

« 今日の読了本『マギカロギア リプレイ 幻惑のノスタルジア』 | トップページ | 今日の読了本『魔道書大戦RPG マギカロギア』 »